カリフォルニア・ライラック








我が家の庭はすべてを自力で作り上げた訳ではありません。
時にはプロの手を借りて大幅な改造をして来ました。


2年前の夏、夫も私も雑草が無数にはみ出した古い石垣に耐えられなくなり、
プロを雇って、前庭の石垣をブロック塀に替えてもらうことにしました。

f0359879_02544120.jpg

その他、前庭全体を平坦に均したり、芝生の下にスプリンクラーを入れてもらったりしたので、
結局3か月程かかる大規模な工事でした。


f0359879_23495372.jpg


この写真は1年前、裏庭から写した前庭です。

芝生の周り(ブロック塀の上になります)には何もなかったので、
カリフォルニア・ライラックの小さな苗を植えました。



カリフォルニア・ライラックは日本では見かけない低木ですが、
澄んだ空のような花の色、花から漂う香水のように甘い香りが特徴です。

f0359879_23502504.jpg



数年前、隣町でカリフォルニア・ライラックの生け垣のある家を偶然見かけて、
目が覚めるようなブルーと麗しい香りの虜になり、

それ以来「ブルーの生け垣」が憧れとなって、私の心に住み続けていました。



その時は花(低木)の名前も知らなかったし、
「ブルーの生け垣」はあまりにロマンチックで、現実味のない夢のように思えたのですが、

1年前、近所の園芸店でカリフォルニア・ライラックの苗を見つけた時は嬉しくて、踊りたい程でした。
置いてあった苗の数を数えてみると、ちょうど12本…我が家の前庭にぴったりです。



そして植えた苗は…
たった1年でこんなに大きくなりました。



f0359879_23510230.jpg
f0359879_23592027.jpg

カリフォルニア・ライラックは可憐な花の姿に似合わず、
物凄い勢いで成長するので、案外生け垣に向いているのかもしれません。






[PR]
by mimozacottage | 2016-05-21 01:37 | 前庭 | Comments(0)
<< 至福の時~ラズベリーの季節 ジギタリスが見頃 >>