ハンギングバスケットに小鳥の巣が…




ある朝、玄関を開けると、
ドア近くのハンギングバスケットの中から突然、小鳥が飛び立ちました。

もしや?と思って、バスケットを覗き込んで見ると、

こんなものが…
f0359879_01584539.jpg

中央より少し下に灰色の小石のようなものが3個見えますが、
これは石ではなく、ジュンコー(Junco)という種類の小鳥の卵です。

「えっ?いつの間に?」…よく見れば、
卵の周りには、小さいけれど立派な巣もありました。

f0359879_01202001.jpg


実は3年前にもこのハンギングバスケットの中に、
ジュンコーが巣を作ったことがあります。

水遣りをすれば巣が濡れるのと思ったので、
その時はハンギングバスケットへの水遣りを完全にストップして

花は枯れるに任せ、
赤ちゃん鳥が巣立つのを楽しみにしていたのですが、



ある朝、赤ちゃん鳥は巣から落ちたと見えて、
玄関ドアの傍で死んでいました。

野鳥の世界には、親鳥が子育てのストレス等から
自分の子供を巣から蹴り落とすことがよくあるそうです。



過去にそんなことがあったので、
ハンギングバスケットの中に小鳥の巣を見つけても、私は全然嬉しくなくて、

できれば親鳥には、
卵と一緒にどこかへ引っ越してって欲しいと思うのですが…

私が勝手に小鳥の巣を移す訳にも行かず、

さてどうするかな?



f0359879_01550802.jpg

今年はなるべく巣を濡らさないように気を付けながら、

水遣りを続けようと思っています。

(巣は中央から少し左寄り、スイートアリッサムの中にあります。)


にほんブログ村


[PR]
by mimozacottage | 2016-06-26 02:20 | 前庭 | Comments(0)
<< ハーブの小径 サファイア色の季節~アガパンサス >>