バラ板壁の誘引やってみました!

f0359879_00423615.jpg



去年、ホワイトガーデンに植えた蔓バラのポールズ・ヒマラヤン・ムスク、
以前から(実は去年から;)、枝の誘引のことが気になっていました。


今年の5月頃、重い腰を上げて、バラ育成本で誘引の方法を調べてみると、

がっしりしたポールにワイヤーがついていたり、
ワイヤーが四方八方に整然と張り巡らされていたり…


ふむ、…なんだか大仕事。。。008.gif



これじゃ、ますます腰が重くなります。




試しに夫に手伝いを頼んでみると、
「うん、やっていいよ。」
…すぐに快い返事053.gif


ところが、彼は他の雑用で忙しくて、
3週間が過ぎ、4週間が経っても



何も始まらず…007.gif



バラはどんどん大きくなって行きました。


f0359879_00410641.jpg


そんな時、日本ブログ村「ナチュラルガーデン」の人気ブロガー、
のばらさんのブログでこんな記事を見つけました→「バラ板壁の誘引はこうやってます


目から鱗 005.gif  ヘェ~、そんな簡単なんだ~!


これなら私にもできるかも?! で、早速試してみましたよ。

f0359879_01464176.jpg



用意するものは、タッカーと麻ひも、鋏、それだけです。


このタッカーは、以前に椅子の座面張替えをしようとして買ったものの、
ぶきっちょな私には物凄くハードルが高い気がして、

全く使わず、長い間机の引き出しにしまい込んだまま…
そんな物を買ったことさえ忘れていたのです。
(値段も忘れました)



「おお、このタッカーにもやっと日の目が!」

まず、端材でタッカーの使い方を練習してから始めました。


この板壁に、

f0359879_01400292.jpg
タッカー針を打っていきます。

タッカーをした後で麻ひも(25センチくらい)を通すのは難しいので、
先に麻ひもを板壁に置き、その上からタッカーを打ちます。


f0359879_01403209.jpg

麻ひもでバラの枝を括って行きます。


f0359879_01405391.jpg


これを繰り返します。


私はバラ栽培の超初心者、
枝を板壁に誘引するのも初めてだったのですが、

なるべく枝の流れに沿うように気を付けてみました。


誘引後の写真です。
f0359879_01412503.jpg

f0359879_01414834.jpg

びっくりするほど簡単で、20分くらいで出来ました!


ポールズ・ヒマラヤン・ムスクは、
一季咲きのバラで、五月頃に小さな薄ピンクのバラが咲き始め、

その後、花の色は次第にホワイトに変わります。



強靭で虫や病気に強く、繁殖力も旺盛なので、
大きな壁やオベリスクでも覆いつくすそうです。



この板壁にびっしりバラが咲いたら、ここはバラの香りに包まれるのでしょうか?

想像するだけでワクワクします。056.gif


f0359879_01421711.jpg


のばらさんのブログは、コメントができないようになっていたので、
ここにお礼を書かせて頂きます。

「ありがとうございました!」











[PR]
by mimozacottage | 2016-07-13 02:56 | ホワイトガーデン | Comments(4)
Commented by Ray at 2016-07-13 11:18 x
綺麗ですね〜〜。いつも一生懸命お庭を作っていらっしゃって、理想的なお庭です。
私もこのぐらい根性があったらいいのですが、なにせ庭を目の前にして、メゲてしまいます。

こちらのお庭を見て、うっとりと楽しませていただいています。
自分の庭は、今、干ばつでボロボロです。(汗)
Commented by さくら at 2016-07-13 21:16 x
こんばんは~
朝コメントしたけれどなぜか送信できなくて引き上げました

タッカーはまだ使ったことないですがいい感じですね
釘を打つより楽かも。。  
ミモザさんのブログで色々工具を勉強出来て良かったです

実は我が家のメインの薔薇は お宅のこの子と一緒
こちらでは ポールズヒマラヤンムスクと言うようです
良かったら見てくださいね
<a href="http://blog.goo.ne.jp/rou-daisuki-aitaiyo/e/26f4eb2f8ef790f79f4f4e310b39d359"></a>

花が可愛いくて強健だから20年前くらいに植えたのですが
棘がきついですね そこが難点 枝を更新するときに難儀しています

爽やかな空気感が伝わってきました
いいな~  
いつか行きたいです シアトルとかが近いのかしら?
Commented by mimozacottage at 2016-07-14 00:21
> Rayさん

おかえりなさい!
ブログをご訪問下さってありがとうございます。

日本からアメリカへ帰ってくると、時差ボケというか旅の疲れが残りますよね。
無理をしないでゆっくり休んで下さいね。

学校へ行かなくなったら時間がいっぱいできて、庭で1日の大半を過ごしています。

春にUC Berkley が出している大学のcreditとは関係ない心理学の講座を
オンラインで取って、私はもっとリラックスしたり、
好きなことを追求する必要があると感じ…庭に没頭するようになりました。

まだ「下手の横好き」風の庭ですが、癒されています。

海外旅行から帰ってみると、うちの庭もいつも干ばつでボロボロになっています。早く疲れが取れるといいですね。



Commented by mimozacottage at 2016-07-14 02:30
> さくらさん

おはようございます。

コメントの件、すみませんでした。
エキサイトブログは使いやすいと息子から聞いて始めたのですが、
コメント欄が使いにくいという難点があると思います。
お時間を無駄にさせて申し訳ないです。何か対策を考えないと…

ポールズヒマラヤンムスクですね。ありがとうございました!

実は私はバラの品種がなかなか憶えられず、この薔薇の名前もうろ覚えでした。
名前を確かめようとバラの本を探したのですが、生憎見つからなくて、
うろ覚えの名前を書いてしまいました><;

さくらさんのコメントを拝読して「ああ、そうだった…」と思い出し、
記事を訂正しました。教えて頂きありがとうございました。
これからはインターネットできちんと調べてから記事にしないと…

確かに棘はきついですね。
この誘引をしてる時も、棘に洋服や帽子が引っ掛かったり
手を引っ掻いたり、四苦八苦しながらでした。

シアトルの郊外ですが、少しカナダ寄りです。
いつか是非いらして下さいね。
<< 小さな天国~ハチドリと庭のフルーツ 薪割りと草取りバーナー >>