うちの庭を公園代わりに使うインド人、親しくなったフランス人



f0359879_23595079.jpg

(今朝、菜園前のラベンダー)




アメリカは移民の国なので、外国人が周りにいて当たり前、
(あ、015.gif …私もアメリカ人から見たら、外人だ!!)



普段、国際交流だとか国際親善とかを意識して

ほかの国の方とお付き合いすることはないのですが、

それでも、「これは面白い国際交流だな~!」と思う現象がうちの庭で起きています。



サリーを着たインド人女性が、歩道から長い間 裏庭を眺めていたり、

ロシア人が私の庭のデザインを盗みに(笑) 足繁く通って来たり、

中国人が塀に近づいて来て、裏庭の写真を撮って行ったり、

オーストラリア人にバジルの苗を分けてもらい

ラオス人にスズランの苗を分けてもらい…


f0359879_23590005.jpg

(オーストラリア人・マリアンナから苗をもらったバジル、
彼女は毎年種から育てた苗を持って来てくれます。)



最近面白いと思うのは、

近所に住むインド人達がうちの前庭を公園代わり(?)にして、

我が家のブロック塀に腰を下ろし、井戸端会議をするようになったことです。

f0359879_05372995.jpg

(家の中から隠し撮り^^;)



週に2~3度、あんなに喋って喉が乾かないかな?と思うほどの長時間、

老いも若きも、女性も男性も次々にやって来て…

多い時は一度に8人のインド人が集まって、うちの前庭でお喋りをしています。



個人主義が徹底し、人の敷地に無断で入ると、

銃で撃たれてるかもしれない国(アメリカ)で生まれ育った夫は、

最初、その様子に戸惑っていました。

 

f0359879_05374202.jpg

(井戸端会議には国境も性別もない:女性に負けじと井戸端会議に興じるインド人男性達)




知らない間に近所の人が庭に入って来て、縁側で夕涼みしてるような、

他人と自分の境界が曖昧な日本の田舎で育った私は、ちょっと反応が違います。

「うちの庭が気に入ったからじゃないの。まあ、いいじゃん。」



かと言って、私はシャイなので、

自分からその人達に話しかけることはありません。



その人達の邪魔にならないように(?)、庭に出るのを遠慮したり、

ちょっと離れた所で黙って庭仕事をします。
(どっちが遠慮しないといけないのか、ちょっとヘンだ^^)



でもその人達は庭で私を見つけると、敬意を払うかのように

「ごめんなさいね、使わせて頂いて…素敵なお庭ね。」丁寧に言ってくれるので、悪い気はしません。

むしろ私は、人が自分の庭を楽しんでくれるのを嬉しく思うくらいです。




我が家の庭で始まった意外な国際交流、

中でも印象的なのが、若いフランス人女性アデルとの出会いでした。


f0359879_00000769.jpg

(菜園:今朝、今年初めてのキュウリが取れました。)



昨秋のある日、前庭でうつむいて草取りをしていると、

何処からか、「こんにちは、素敵な庭ね。」と言う声がしました。

顔を上げると、年の離れた女性2人連れが歩道から、ニコニコとこっちを見ています。



f0359879_23592865.jpg
(トマトは2週間ほど前から食べています。)




話を聞くと二人は母娘で、

娘さんは2年前にフランスからアメリカへ移住し、最近この町へ引っ越して来たばかり、

お母さんは、身重の娘さんの様子を見に、フランスから訪ねて来られたそうです。



娘さんは、「この庭が大好きでずっと見てたわ。一度あなたとお話ししてみたかったのよ。」

と言って、二人とも笑顔で手を振りながら去って行きました。



次に会ったのはこの春でした。

可愛い男の子のママになった娘さんは、乳母車を押しながら立ち止まり、

「この子がもう少し大きくなったら、あなたのような菜園を始めたいわ。」と言います。


f0359879_00002081.jpg



3度目にアデルに会った時は、旦那様と一緒でした。

私が何気なくフランス語で挨拶をしたら、若い夫婦はびっくり。



アメリカ人で外国語を話す人はほとんどいないので、

いつも土まみれになって働いている東洋人のおばさん(私)の口から、

突然フランス語が出てきたので、面食らったのでしょう。


f0359879_15113698.jpg
(2011年9月:リヨン近郊の町・ボーヌで)



私は挨拶程度の言葉しか知りませんが、

そんな片言を使っただけで、フランスではすごく親切にされたので、

フランス人には良い印象を持っています。


f0359879_15115332.jpg
(2011年:パリ・セーヌ川で)


3人で話をしていたら、ベンチに座っていた夫も会話に交じってきました。

私達は片言フランス語で名前を名乗り合い、娘さん(奥様)の名前はアデルでパリ出身、

旦那様(名前を忘れました)はリヨンの出身だとわかりました。


f0359879_15114534.jpg
(ボーヌで)


知的なフランス人の多くは日本の文化をよく知っていて、

日本人に尊敬の気持ちを持っています。

f0359879_15120210.jpg
(パリ・ルーブル美術館内)


私達4人はすっかり意気投合して、

いつかこの庭で、一緒にお茶か食事をしましょうと約束したのです。



では、皆様にとって良い一日になりますように…




応援して下さる方がいて、とても励みになっています。
読んで下さってありがとうございました。










[PR]
by mimozacottage | 2016-07-28 01:18 | 前庭 | Comments(4)
Commented by ukico32744 at 2016-07-28 13:17
初めまして♪
とってもステキなお話を聞かせていただきました。
ミモザさんのお庭で繰り広げられる、ほのぼのとした国際交流に胸がポッと熱くなりました。
またお邪魔いたします。
これからもよろしく(*^_^*)
Commented by mimozacottage at 2016-07-28 15:25
> ukico32744さん

コメントありがとうございました♪

私自身はお付き合いに自信がなくて、尻込みしてしまう方なんですが、
庭がもたらしてくれる縁というのか、
気が付けば、人が集まって来るようになったんです。
庭をやっていてつくづくよかったと思います。

こちらこそよろしくお願いします。
Commented by さくら at 2016-07-28 23:29 x
お野菜がたくさん採れていますね
自家製はなにより美味しいですよね

さすが アメリカって気がする前庭ですね
気持ちの良いお庭は もう公園のような雰囲気なのでしょうね

フランスの景色に思わず 声
なつかしかったです ありがとう
Commented by mimozacottage at 2016-07-29 02:51
> さくらさん

おはようございます。

野菜は少しずつ採れるようになりました。
キュウリは日本のもので種から育てました。
コリコリして美味しかったです。

この写真は昔のカメラで撮りました。
残念なことにパリで紛失してしまい、
今は小さいデジカメを使っています。
フランスはやっぱり景色が違いますね。

さくらさんの次のフランス旅行記を今から楽しみにしています♪
<< 夫に内緒で滝を手作り!(前半) 残念なお知らせ >>