夫に内緒で滝を手作り!(前半)



f0359879_11575550.jpg
(これは2年前の記録です。)



夢がいっぱい夢子さん(ミモザの別名)、実は力もいっぱいあるのです。047.gif


だからある日、こんなことを考えました。

「男もすなる滝といふものを 女もしてみむとてするなり。」By 紀夢之

f0359879_11585780.jpg

(滝になる場所の元の更地:当時は西隣との境に笹竹を植えていました。)


それと言うのも、夢子さんの夫は現実的で慎重なので、

「裏庭に滝を手作りする」という大胆な計画に 夫の賛同が得られるとは思えず、

「ならば、後戻りができぬところまで、わらわが一人でやってしまおうぞ。」と決心したのです。



f0359879_12005949.jpg



しかし夢子さん、秘密裏に計画を進めるには問題がありました。



f0359879_12021527.jpg


当時会社員だった夢子の夫は、

仕事が終われば、まっすぐ家に帰って来るし040.gif

休みの日はいつも夢子さんと一緒にお出かけします。



おまけにフレキシブル勤務制なので、職場からふいに家に帰って来たり040.gif

自宅で1日仕事なんてこともありました。



f0359879_12024312.jpg


そんな中で、最低4、5日間も夫に気づかれず、裏庭に大きい穴を掘るなんて不可能です。



ふ~む…夫に隠れて機を織った、「夕鶴」のつうのごとく、

うまく夫を煙に巻く手立てはないものでしょうか?



「夫が寝静まった後、こっそり起きだして穴を掘り、

翌朝になると何食わぬ顔で、落とし穴風に穴を隠す?」



しかし、つうの「トントン、カラリン、トンカラリン…」という軽やかな機織りの音と違って、

夢子さんの池は、



f0359879_06081166.jpg


ツルハシを使って、

ドカン、ドカン
と地面を掘り下げないといけないので、



f0359879_12062932.jpg


隣の家ですやすや眠る赤ちゃんに迷惑だし、

大いびきをかいて丸太のように眠る 夢子の夫だって気づくことでしょう。


f0359879_06111630.jpg

「う~ん、困ったな、どうしたらいいかな?」


夢子さんが悩んでいたちょうどその頃、ヨヒョウ(夢子の夫)は急な出張で、

5日間、ニューヨークへ行くことになったのです。


f0359879_12100745.jpg


「しめしめ(^^♪…

”鬼の居ぬ間の洗濯”とは、このことでござるよ。060.gif


f0359879_06281381.jpg


夢がいっぱい夢子さん、悪知恵もいっぱいあるのです082.gif


ヨヒョウがニューヨークに旅立ったその日から、

裏庭で 黙々と穴を掘り始めました。


f0359879_12144992.jpg


そして、

穴を掘り終え、シートを敷く準備ができた頃に、

ヨヒョウはニューヨークの出張を終えて、家に帰って来ました040.gif



翌朝、彼は裏庭で夢子さんが掘った巨大な穴を見つけて…



f0359879_12152897.jpg




「・・・004.gif



何も言いませんでした。



実は夢子の夫は鬼ではなく、いつも妻の未来を照らしてくれる明るい058.gifのような夫で、

妻のすることにいちいち文句をつけません。


ただ夢子さんと違って、無茶が嫌いなだけなのです。



滝の計画も、実行前なら「夢子ちゃん、そんなこと無茶だから。」とか、

「難しいから、プロに頼んだほうがいいよ。」とか言って、妻を止めたかもしれません。



f0359879_12335401.jpg


けれでも、自分がニューヨークに行ってる間に

掘られてしまった巨大な穴を見て、



時すでに遅かりし…


夢子さんにとっては…よしよし、

ここまで来ればしめたもの082.gif です。




大喜びで、敷地の別の場所からフラッグストーンを剥がして来ました。

水で洗い、池に投げ入れて、きれいに並べました。



f0359879_12353770.jpg


次に、前庭の工事で出た石の山から大きい石だけを選んで裏庭へ運びます。



いくら力自慢の夢子さんでも、抱えては運べないので、

石を後ろから押してゴロゴロと転がしながら運びました。



f0359879_12471210.jpg

(もっと大きい山があったんですが、写真を撮ったのはこの小さい山だけでした。)


f0359879_06085746.jpg



さあ、夢子さん!

池の完成まであとひといきです。

後半へ続く…006.gif




応援して下さる方がいて、とても励みになっています。
読んで下さってありがとうございました。






[PR]
by mimozacottage | 2016-07-29 01:18 | 和風ガーデン | Comments(4)
Commented by さくら at 2016-07-29 21:53 x
夢子さんは学識も高いですね
紀貫之なら知っていますが 夢之は知りませんでした

でも力もいる大変な作業を よく頑張ってやりましたね
凄いです  うちは庭が狭いので池は無理な気もしますが
でも よく水を探しにやって来るトンボに
卵を産ませてあげたいな~ と思います
バードバスしか今のところないですが 
池までいかなくとも 大鉢を買って
水草を入れてみたくなりました

後半も楽しみです
Commented by mimozacottage at 2016-07-30 04:50
> さくらさん

フフ、楽しいコメントありがとうございました♪
夢之は紀貫之さんと違って無名ですからね…
知っている人はめったにいないと思います。
それに 夢之はまだ生きていますから、もう物凄い年ですよ^^

やり始めても、途中で諦める(掘り出せない大きい岩とかがあって)
かもしれないと多少、冷や冷やしましたが、無事完成しました。
大きい鉢とかつくばいなんかがあったら楽しいですよね!
さくらさんのお庭にはすごく似合うと思います。
Commented by イチゴ農家 at 2016-11-28 19:57 x
初めまして。仕事の合間にDIYで池作りをしていてこちらに迷い込みました。。。素晴らしい!!です。女性でここまでされるなんて。うちも大昔は川が通ってたとかで石だらけです。
せせらぎは良いアイデアですね。マネさせて頂きます!
後編すごく楽しみです。
Commented by mimozacottage at 2016-11-29 07:57
> イチゴ農家さん
初めまして♪
古い記事に嬉しいコメント、ありがとうございました!
池作り、されているのですか?頑張って下さいね!
もう少し大きいのが作りたかったのですが、
女の細腕(?)ではこれが精いっぱい…^^
でも、せせらぎは日本人にもアメリカ人にも大好評です。
イチゴ農家さん、もしブログをお持ちでしたらURLを教えて下さい。
私も遊びに行けますから(*^-^*)
<< 夫に内緒で滝を手作り!(後半) うちの庭を公園代わりに使うイン... >>