動物王国ワイナリー~ウェナチー旅行記



1日目の夕食は、夫の友人夫妻の小さなワイナリーに招待されていました。

ディナーは7時だけど、動物や農場を見せたいから早めに来てほしいとのことで、

ちょっと早めにB&Bを出発しました。

f0359879_08454630.jpg


ワイナリーのご主人アレンはノルウェー出身、ワイン雑誌に記事を載せるジャーナリストでもあり、

ワインを造るほかに、趣味でビールも作っています。

アレンとうちの夫は、手作りビールが縁で知り合いになったのです。

f0359879_08442651.jpg


奥様のスーザンはニューヨーク出身、昨年まではコミュニティカレッジの数学教授でした。

今は菜園で野菜を作ったり、ブドウ畑の世話をするほかに、

バターを手作りしたり、自分で作ったオーブンの窯でパンを焼いたりしています。

f0359879_07321064.jpg
(スーザンの手作りバター)



そしてたぶん、彼女にとって何より大事な仕事は動物の世話です。



3匹の猫、家畜としては価値のない年取った3頭のヤギ、10頭のヒツジ、鶏、20羽くらいのカモ、

鶏はどうだったか忘れましたが、ヤギや羊は猫と同じように皆、

オペラやその他楽曲の歌手の名前を付けられて、ペットとして大事に育てられていました。

f0359879_08460989.jpg


私は旅行で家を空けることが多いのと命を預かる責任の重さを考えて、

自分ではペットを持ちたくないと思っていますが、

f0359879_08450367.jpg


捨てられたり行き場のない犬や猫、家畜としては価値のなくなった動物達を

愛情深く育てている人に対して、心から尊敬の気持ちを持っています。

f0359879_08444500.jpg
f0359879_08452478.jpg

(撮影日の2日前に生まれたカモの雛鳥達)



アレンとスーザン、二人共私よりも一回り位年上ですが、

リベラルで私達とは話が合って、喋っても喋っても話が尽きません。



アレンはジャーナリストなだけに博識で饒舌、話し出したら止まらない人なので、

スーザンは時々アレンを止め、「ちょっと待って、ミモザが話したいかもよ。」と言って、

他の人より一歩遅れがちな私に話をするチャンスを作ってくれる、優しい人でした。


f0359879_08464401.jpg


家族の話題になった時、彼女はふと、

自分のお母さんはバレリーナで、お父さんは振付師のマイケル・キッドだと漏らします。


f0359879_08320498.jpg


私は映画やその他エンターテインメントの知識は皆無なので、その時は何の反応もできずじまい、

夫がマイケルは有名人だというので、後でオンラインで調べてみると、



マイケル・キッド:アメリカの映画界で超有名なダンサー兼振付師、

5回もトニー賞を受賞した実力派、 と書かれていました。

(なるほど…それで動物達にいろんな歌手の名前がついてたんだ。)

f0359879_08442651.jpg


スーザンはそれ以上のことは何も言わず席を立ち、家の中に入ったかと思うと、

羊の毛を紡いで作った自作の縫いぐるみの入ったバスケットを持って戻ってきました。

「ミモザ、この子達を見て!可愛いでしょ?」

f0359879_08462215.jpg

(1番下に写っている子が私のお気に入り)


促されて触ってみると、ふわふわモコモコと柔らかくて、

温かいスーザンの心がそのまま詰まっているような感じです。



手に取ってよく見ると、

ワイナリーでお土産として売られているもののようで、

小さな値札が付いていました。



お値段は、私の経済観念からしたら少しお高かったのですが、

こういう物はプライスレス(お金では買えない物)のような気がするし、

元々、私は動物達のために何か貢献したい気持ちがあったので、一目惚れした羊を買わせて頂くことにしました。


f0359879_08080460.jpg

(自宅に持ち帰った羊)


夫はスーザンにお金を支払い、次に私の方を向いて、

「結婚記念日(1か月前です)おめでとう!」と言いながら、ぬいぐるみを手渡してくれました。


f0359879_08465827.jpg

(向こう側がスーザン…よく見えませんが、写真と記事を掲載することは了承済みです。)


私達4人はその後も盛り上がって、ふと気が付くと時計は11時を回っています!

夫と私は通常パーティで早く切り上げる方なので、こんなに遅くなったのは初めてです。

再会を約束し、しっかりとハグをしてから、友人夫妻に別れを告げました。




どなたか存じませんが、応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。





[PR]
by mimozacottage | 2016-08-08 08:57 | 旅行(アメリカ) | Comments(2)
Commented by lanova at 2016-08-08 09:47
素敵なお話をありがとうございました。
実は、私の夫もワインとビールを作っています!
でも、今年もジャパニーズビートルにやられて、自作の材料を使うことはできないようですが…
何だか不思議なご縁を感じています。
Commented by mimozacottage at 2016-08-08 12:30
> lanovaさん

こんばんは~
コメントありがとうございました♪

>実は、私の夫もワインとビールを作っています!
わあ、そうなんですか?
夫は20年ほど前まで作っていたのですが、
その後は忙しくなってやめたので、
いつかまた始めたいと話しています。

あのジャパニーズビートルの被害は酷いですよね。ううん、残念ですね…
私もNovaさんのブログを拝読して、
似通ったところが一杯あると思いました。ご縁を感じます。
<< 水の庭園と巨大な滝の跡~ウェナ... バラが出迎えてくれるB&B~ウ... >>