裏庭の大プロジェクトの始まり~取り合えずのビフォー・アフター



これは主に夫のプロジェクトなんですが、

今、裏庭で大きいプロジェクトが始まっています。


まずビフォーの写真から、

f0359879_05005148.jpg

和風ガーデンにあったリラの木(2012年5月撮影)です。


リラの木はこの町で自生しています。

風薫る5月に、芳香漂う可憐な花を咲かせてくれるので、

この花が咲くと庭仕事をするのが楽しいのですが、



繁殖力がすごくて、辺り一帯に次々に新しい芽を出して

放っておくと、手に負えないほど増えてしまうという難点があります。

f0359879_07463523.jpg

(リラの木全体像の写真がないので、滝を造る前の写真で
リラの場所がわかるかな? 笹竹の右側がリラの木…2014年8月撮影)


私はリラが大好きで、同じような人は多いと思うので、

こんな写真をお見せするのは忍びないのですが、1か月ほど前にこうなりました。


f0359879_05201446.jpg


f0359879_05204822.jpg

このリラの木は我が家の和風ガーデンの隅、西隣の隣人との境にあったのですが、

枝が隣家の庭にはみ出して迷惑をかけることや、

夫と私も隣人との間にフェンスを作りたくなり、木を切ることにしました。

(隣人家族は決して悪い人ではないのですが、庭の管理とかいろいろ私達とはズレがあります。)




そしてもう一つ、うちの柊の木が彼らの庭の日当たりの邪魔になるから、

切ってくれないかと言われ、それも切ることになりました。


f0359879_05460368.jpg

(和風ガーデンに覆いかぶさるように生えている柊)



柊もこの辺りの自生の木で、うちの敷地に元からありました。

秋からクリスマスシーズンにかけて、棘のある美しい葉と葉の間に赤い実がなって、

クリスマスデコレーションには大活躍するのですが、



隣人からの申し出は、うちの和風ガーデンにとっても、

いいことじゃないかと思えるようになったのです。


f0359879_05471243.jpg


伐った木を ロープで引っ張って倒そうとしている夫です。



一人で頑張っている夫を 私は横で黙って見ていた訳ではありませんよ。

歌を歌って、応援しました。

「♪~ オットは木ィ~をきるゥ~、ヘイヘイホー、ヘイヘイホー060.gif(オット以外の作詞:『与作』七澤公典)」



f0359879_05333510.jpg

(ビフォー)↑

(アフター) ↓

f0359879_06571999.jpg


天候や時間帯が違うので、アフターの写真は影があってちょっと見にくいですが、

柊がなくなったのがおわかりでしょうか?



f0359879_05325981.jpg

(ビフォー) ↑

(アフター) ↓

f0359879_23564010.jpg



f0359879_05500864.jpg


隣の芝生の向こうまで見えます。

フェンスができるまで、アメリカ版借景ですかね?



応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-08-14 00:58 | 和風ガーデン | Comments(2)
Commented by ukico32744 at 2016-08-15 22:24
リラは北海道ではライラックと呼んでいて、札幌では「ライラック祭り」があるほど愛されているお花です。
初夏を告げるお花と云われ、ワタシもライラックが花開くと嬉しくなります。
強いお花のチカラがアダになることもあるんですね。
ザンネンですね。。
Commented by mimozacottage at 2016-08-16 06:10
> ukico32744さん
おはようございます。娘さんと楽しい時間を過ごされていますか?
ああ、そうなんですか?
実はアメリカではリラと呼ばずにライラック(Lilac)と呼ばれているのですが、
日本ではリラと呼ばれているのが普通かな?と思って、リラにしたんですよ。

リラはヨーロッパ式の言い方ですが、北海道はアメリカと同じなんですね!
札幌市は私たちの住んでいる場所と緯度の高さが大体同じなので、
ライラックが多いのでしょうね。
大好きで残念なんですが、しょうがないかな。。
<< 掘った芋いじるな~ジャガイモの収穫 ガーデニングの楽しみと家に帰る喜び >>