美しいキッチンガーデンを目指して~西洋ツゲの挿し木




私が目指している美しいキッチンガーデンとは、ヘルシーで見た目にも美しいもの、

健康な土や野菜であり、庭全体と調和しているものです。




我が家の菜園は、健康な土や野菜については、

無農薬と有機肥料(コンポスト)で、理想に近づいている気がしますが、

見た目の美しさはまだまだ理想に遠く及びません。

f0359879_04560092.jpg
(一番大きいキッチンガーデンの周りには、現在5株の西洋つげを植えています。)



私の理想は、如何にも野菜畑という感じで土臭さがむき出しになっている菜園ではなく、

フランスの田舎にあるような、

西洋ツゲで縁取りされたエレガントなキッチンガーデン✨…




言葉ではイメージしにくいと思うので、

Portager Piterest さんから画像をお借りして来ました。

f0359879_06354715.jpg
(This image is borrowed from Portager Piterest)


上の写真の菜園の縁取りに使われているのが西洋ツゲです。

私の好みから言えば、この菜園は少し”作り過ぎ”のデザインなので、

欲を言えば、もう少し素朴な方がいいかな?




うちの一番大きいキッチンガーデンはこれよりずっとずっと小さいですが、

それでもぐるっと縁取るには、あと20株ほどの西洋ツゲが必要です。




それを全部苗で買うとなると、コストが掛かりますが、

それ以上に、1個1個プラスチックのプランターに入っているものを20個も買って、

プラスチックのゴミを増やすのには抵抗がありました。

(私は苗を買う時についてくるプランターはできる限りリサイクルに回していますが、
引き取ってくれない物もあるので、出来れば初めから買いたくありません。)





幸い西洋つげは、ヨーロッパやアメリカで最も愛されているブッシュなので、

本やビデオに挿し木のやり方がいっぱい出ています。




挿し木が成功するとコストはほぼゼロだし、

プラスチックごみを大幅に減らすことができるので、

ダメ元でやってみました。


f0359879_09125946.jpg

まず最初に、西洋つげをカットしたものを1~2日間水揚げさせます。



f0359879_00552865.jpg
f0359879_00554200.jpg
乾燥を防ぐために、先をちょっとだけ残して残りの葉は切り落とします。


f0359879_00555809.jpg


日本では売っているかどうかわからないのですが、

アメリカやイギリスでは「ルートホルモン」という植物用のホルモン剤(?)が売られています。

これを使うと根が出やすいそうなので、使ってみました。



f0359879_00561298.jpg

根は葉を切り落とした節の所から生えてくるので、

ルートホルモンを古いお皿などに少し出して、茎の先から葉の近くまでまんべんなく付け、

用意したプランターなどに刺していきます。


f0359879_05094405.jpg

(このプランターはリサイクルです。)


挿し木用の土があればもっといいのですが、

手に入りにくい場合は普通のプランター用の土で良いらしいので、私もそうしました。




明るくて直射日光の当たらない場所に置いて、

5週間~8週間も経つと(乾燥に注意)、根がしっかりするので、

あとは何処に植えてもいいそうです。


f0359879_05100467.jpg

(うちの南側にあるベランダ:
屋根がついているので直射日光が避けられます。)


f0359879_05320649.jpg


西洋ツゲの挿し木が大きくなって、

奥のキッチンガーデンを縁取る日が来るのは、何年後のことでしょう?

考えるとちょっと気が遠くなりますが^^…焦らず、納得の行く庭造りをしたいです。



では皆さま、幸せな一日を過ごしてくださいね!

Have a Nice Day!




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-08-25 04:59 | キッチンガーデン | Comments(4)
Commented by さくら at 2016-08-25 09:28 x
ミモザさんおはようございます

あれこれと計画的に色々されていて驚きます
遠望な計画も ^^
プラ 塩ビ製品をなるべく使わないと言う生活は
大賛成 素敵な事です  気が合いますね
本当は誰でもが実行すれば、もっと綺麗な世の中になるのにね。
私も家の内外から極力減らしています
部屋の中は電化製品を除き、ほとんどないかな。。

整形式の菜園のような感じでしょうか
すでに素敵な菜園なのに。。。
ポタジェとみたいにお花と混合して、花壇そのものみたいな
やり方もありますね  庭が広いといいな~ と改めて感じます
一人では大変でも 一緒にやってくれるパートナーがいるのも
心強いですね

Commented by ☆ Rilla ☆ at 2016-08-25 11:57 x
>私の理想は、如何にも野菜畑という感じで土臭さがむき出しになっている菜園ではなく、
>フランスの田舎にあるような、
>西洋ツゲで縁取りされたエレガントなキッチンガーデン✨…

いいわね♪ そんな素敵なキッチンガーデンが出来たら・・・
我が家は、花作りよりも母が楽しんでいた家庭菜園の方が先だったので、
お庭の1番いい所はお野菜が占領しています。
そして、野菜畑を取り囲むように薔薇などを植えているのですが、
少しずつ野菜畑を取り崩してお花が占領していっています。

ちなみに、お野菜は夫でお花は私の担当。
A型の夫は、とても几帳面なので、道行く人たちは、
「まるで箱庭のような畑ですね」って言って下さるので、
夫はちょっと得意げですが、やはりそれは
花壇じゃなくて畑そのものです(苦笑)

ツゲの挿し木、上手くいくといいですね。
ちなにみこちらでも、ルートンという発根剤が手に入ります。

それから、私は4人姉妹だったので、
昔はよく「若草物語みたいね」って言われていました。
懐かしいです(^-^;

若草物語は別として、子供の頃の愛読書は、
主人公がみんな孤児。
おバカな私はその頃、孤児に憧れていたものでした(苦笑)



Commented by mimozacottage at 2016-08-25 12:53
> さくらさん
こんにちは♪

ツゲが大きくなって縁どりが出来る頃、
私はまだ生きているのかしら?と思ったりします^^

プラスチック…さくらさんもそうだったんですか?
嬉しいな~なんでこんなに気が合うんでしょう。

もう30年以上も前、京都に住んでいた頃に出会った友人が
プラスチックの害についてよく話をしてくれたので、
関心を持つようになりました。私のプラスチック嫌いは結構筋金入りです。
その友人は後々、環境保護その他で有名になりました。さくらさんもご存知の方ですよ。
環境保護ではさくらさんが仰る通り、一人一人の心掛けが1番大事だと思います。

整形式は型にはまっているようでそんなに好きではないのですが、
ツゲでゆるく取り囲んで、ローズガーデンやその他と調和が取れるような
菜園にしたいのです。洗練されているけれど素朴さも残っているような
確かに夫の協力は大きいですね!
Commented by mimozacottage at 2016-08-25 13:25
> ☆ Rilla ☆さん
こんにちは♪

実はうちもそうなんですよ。
今ジャガイモに畑になっている所は、
芝生にしようと思っていたんですが、
日当たりが良く野菜を育てるにはぴったりで、
夫が芝生よりも菜園を望んだので、そうなりました。

花よりも野菜のほうが日当たりとか条件を選ぶので、
庭の1番いいところは野菜に譲って正解なのでしょうね。
旦那様の菜園は、きっと美しいのでしょう✨

まあ☆私も4人姉妹でした!
私は順番ではエイミーですが、性格的にはベㇲでした。

>おバカな私はその頃、孤児に憧れていたものでした(苦笑)
私もまったく同じでしたよ!面白いですね^^
<< 大人しい優等生達~我が家の多肉植物 しないといけないことが沢山ある... >>