「大草原の小さな家」を訪ねて(前半)




f0359879_01051785.jpg
(ローラの生誕地であるウィスコンシン州ぺピン湖近くのローラ博物館:
この画像はお借りしました。
This is an image borrowed from Laura Museum in Pepin Wisconsin. )



70~80年代の人気TVドラマ「大草原の小さな家」の原作者、

ローラ・インガルス・ワイルダーを記念するローラ博物館は、

アメリカ国内に全部で6か所あります。


ローラの生誕地ウィスコンシン州ぺピンの外、

カンサス州、ミネソタ州、サウスダコタ州、アイオワ州、ミズーリ州にあり、

これらは全部、ローラが生まれてから少女期を経て、生涯を閉じるまでに住んだ場所です。


f0359879_13531298.jpg



私達が行ったミネソタ州の小さな村・Walnut Groveのローラ博物館は、

ローラが7歳から9歳までを過ごしたPlum Creek の近くにあり、

TVドラマ「大草原の小さな家」の主なロケ地でした。



f0359879_07570042.jpg

(展示館)

f0359879_00544288.jpg

(おばあちゃんの家)



「赤毛のアン」の足跡が辿れるプリンスエドワード島の「アン博物館」のように、

ローラやメアリーが遊んだ場所や住居跡を訪ねられるかもしれない。


…そんな期待で一杯だった私は、


ギフトショップとインガルス&ワイルダー家の生前の写真や所蔵品などがある展示館、

その他数種類の建物から成り立っているだけの博物館を見て、

正直言って、ちょっと肩透かしにあったような失望感を感じました。


f0359879_09435291.jpg


TVドラマ「大草原の小さな家」は、ローラ・I・ワイルダー原作の小さな家シリーズ第2作目、

”The Little House on the Prairie(大草原の小さな家)" を

テレビドラマ化されたものと思われがちですが、


f0359879_09441089.jpg
(日本語の新聞記事も展示されていました。)

f0359879_03041749.jpg



実際は、小さな家シリーズ第3作目「On the Banks of Plum Creek(プラムクリークの土手で)」の

登場人物や出来事を元に、現実にはなかったエピソードを多く交えて、

テレビドラマ化されたものだそうです。


f0359879_00593870.jpg

f0359879_09443076.jpg


f0359879_13201571.jpg

(TVドラマのキャロライン母さんが町のお店に行く時に、抱えていた篭かな?
キャロライン役の女優カレン・グラッスルさんのサインもあります。)


f0359879_09450140.jpg

(父さんが母さんに贈ったオルガン?)


f0359879_03003807.jpg



「月曜日は洗濯、火曜日はアイロンがけ、水曜日は繕い物、

木曜日はバターを作り、金曜日は掃除、土曜日はパンを焼いて日曜日はお休み。」

…小さな家シリーズ第1作「大きな森の小さな家」より


働き者のキャロライン母さんはローラ達を育てながら、こんなルーティーンの下で、

いつもくるくると働いていました。



f0359879_02044002.jpg

f0359879_00135118.jpg

f0359879_11375841.jpg



博物館の中には小さな学校が建てられていましたが、

撮影に使われていたものとは違うようだし、

原作者のローラが通った学校を縮小したレプリカかな?と思います。


f0359879_02052109.jpg


f0359879_02060437.jpg

f0359879_11391967.jpg


f0359879_05233503.jpg
(資料館のカウンターは、オルソンさんのお店を連想させます。)




私は主にローラの本のファンなので、TVドラマの見どころを見過ごしたり、

不眠の影響で頭がボーっとして、説明をよく読んでいなかったので、

間違っている所があるかもしれません。



「しっかり見てきます。」と期待させた方には申し訳ありません。



「大草原の小さな家」を訪ねて(後半)は、

原作者ローラ・インガルス・ワイルダーの生涯に焦点を合わせ、

彼女が残した手紙やキルトの写真等を紹介します。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごしくださいね!



応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-09-29 01:37 | 大草原の小さな家 | Comments(4)
Commented by yukkescrap at 2016-09-29 06:55
まぁ、
ここがプラムクリークの舞台ですか!

自分も行ったつもりで拝見してます。
テレビドラマは、放映時代、アメリカが家族主義へもう一度転換するいうにという政策の意図もあったと聞きます。
だから、家族の団結や、友情などのエピソードをいっぱい盛り込んだのでしょうね。

お母さんのキャロラインが、オルソンさんの店に卵を売りに行った時のバスケットですね。
うふふ、嬉しいなぁ。こういうのが観られて!
父さんが、木から落ちて小麦が運べなくなった時の納屋みたいなのもありますね。
これは、私のテレビの記憶です。
原作に忠実だけじゃなくて、これも充分楽しいですね。
Commented by uchinomamefuku at 2016-09-29 07:37
ミモザさんおはようございます✧

大草原の小さな家、小学生の頃に、夕方、何気なくテレビをつけると放送されているのを見てました。
主役の女の子のローラが、実際にはもう大人だと知った時は、かなり衝撃的でした。笑

私も、ミモザさんの旅行記で、一緒に行った気分で楽しませて頂いています♪
Commented by mimozacottage at 2016-09-29 13:31
> yukkescrapさん
そうなんです。プラムクリークはここから
数ブロック離れたところにあるようです。

そんな政策があったのですか?まったく知りませんでした。
それは見事に成功したと言えるのではないでしょうか?

このバスケットには、実は白い卵が入っていて
その写真があったので、記事に追加しました。^^
私の記憶では、キャロラインは確か茶色の卵を
売りに行ったように思いますが…

バスケットの取っ手には、キャロライン役の女優
カレン・グラッスルさんのサインもあります。

父さんが木から落ちる話は知りませんでした。
Yukkeさんのようにテレビドラマをよく知ってる方が、
この博物館を観られたら、
また面白さも違うんだろうな?って思います。
Commented by mimozacottage at 2016-09-29 13:43
> uchinomamefukuさん
こんにちは♪

再放送があったので、
uchimameさんはその時にご覧になったのですね。
その時、うちの子供達も小学生で
時々、私も一緒に観ていましたよ^^

子役の役者さんが大きくなっている姿って、
想像できにくし、衝撃的ですよね!
<< 「大草原の小さな家」を訪ねて(後半) ブログ友達と「大草原の小さな家... >>