カナダの温泉旅行


(今、旅の途中です。この記事は2日前に書きました。)


昨日からカナダ・ロッキー山脈の麓に来ています。

冬間近になって、さらに北の山間へ…聞くだけで寒い感じですが、



実はこの季節、カナダ・バンクーバーから2時間弱東寄りにある温泉リゾートで、

ゆっくりと暖を取るのが、夫と私のここ数年の定番行事です。

まずは国境越え、自宅から3時間弱でカナダとの国境(Sumas)に着きます。

f0359879_09225388.jpg

(このゲートの向こう側はカナダ、こちら側がアメリカ。)



無事国境を越えたら、近くにあるレストランでランチ、

f0359879_09300453.jpg
f0359879_09295650.jpg


ここはただのファミリーレストランのチェーン店なんですが、

この店のチキンポットパイが大好きなので、

このルートでカナダに来るたびに立ち寄ります。



国境から1時間程で、

カナディアンロッキーの麓・Harrison Hot springsに着きました。





私達がここへ来るのは、毎年感謝祭とクリスマスの間、

この時期は客が少ないので予約が取りやすく、値段もお手頃になるのです。




クリスマスの飾りつけで華やかになったロビーが私達を迎えてくれます。

f0359879_10075002.jpg

f0359879_10083699.jpg

f0359879_10114966.jpg


このホテルは普通のホテルとは違うユニークな特徴が2つあります。



一つは服装。館内にあるレストランに入る以外は、

水着の上に、ホテルから提供される白いバスローブ+ビーチサンダルという格好で、

ホテル内をどこでも自由に歩くことができます。




そして、もう一つは英国式のアフタヌーン・ティーがあること。

毎日午後4時になると、メインロビーで無料の紅茶とお茶菓子が振舞われます。


f0359879_10095855.jpg

紅茶もお菓子もどうってことないし、

紙ナプキンとカップは味気ない(多い時は800人分ですから、しょうがないですね)ですが、

「英国式のアフタヌーン・ティー」という贅沢な時間の過ごし方が好きです。




お茶を頂いた後、

温泉でゆっくりしていると、辺りはもう真っ暗、

村内を散歩して、夕食をするレストランを決めます。

f0359879_10112790.jpg
f0359879_10105013.jpg




ここは温泉街(村)というより、山間の小さな集落、

どこに何があるかもわかっているので、どこへ行っても、

「ただいま~」と呼びかけてしまいます(#^^#)




お目当てだった日本食レストランが閉まっていたので、

丸太を組んで建てられた昔ながらのパブ、”Old Settler's Pub”で、

ビールを飲みながらカジュアルな夕食をしました。

f0359879_10110032.jpg


ホテルに戻ると、

自分達の部屋へ行く前に、ホテル内のバーに立ち寄り、白ワイン。

f0359879_04215820.jpg

(ロビーから見えるバー:昼間はカフェ、夜はバーになります。
アフタヌーン・ティの時間は店で注文をしなくても、中に入ってお茶を頂くことができます。)



従業員の方が皆フレンドリーでゆっくりできるので、ここも大好きなスポットのひとつ、

お酒を飲むことよりも、お喋りしながらまったりと過ごすために来ます。

f0359879_10121102.jpg


それでは皆様、幸せな一日をお迎えくださいね!



応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




[PR]
by mimozacottage | 2016-12-03 03:33 | 旅行(カナダ) | Comments(2)
Commented by lanova at 2016-12-03 04:52
お久しぶりです!
う~ん、ステキなバカンスでしたね。
お仕事をお始めになる前に、最高のタイミングだったのではないでしょうか。
こちらもようやく落ち着いてきて、やっと秋の出来事をブログに挙げ始めています。
ミモザさんたちとのとても楽しかった時間、これから書きます!
あの時は本当にいい時間をありがとうございました。
Commented by mimozacottage at 2016-12-03 15:47
> lanovaさん

コメントありがとうございます♪
今はまだカナダ・バンクーバーにいて、バカンスの途中です。 明日家に帰るか、
このまま旅行を続けようか迷っているところです。
仕事が待っているんですけどね…^^

記事が楽しみです。
私たちのほうこそ、本当にありがとうございました!
いくらお礼を申し上げても足りないくらいです。
<< 温泉の写真 冬が来る前の裏庭 >>