吊り橋、吊り橋、また吊り橋★


カナダ旅行の最後の日、

バンクーバー市街から15分ほどのところにある有名な吊り橋、

Capilano Suspension Bridgeに行きました。詳しい説明は→オフィシャルサイト


f0359879_08061878.jpg
f0359879_08063806.jpg


カナダ原住民の伝統工芸、トッテムポールに出迎えられて、

吊り橋の入口まで行きます。

f0359879_08065821.jpg
f0359879_08072683.jpg



吊り橋の長さは140m、高さは地上70mです。

ワイヤーで吊るしてある以外、何の支えもないので、

歩くと結構ユラユラ揺れます。




私がここへ来たのは今回で2回目、最初に来たのは約10年前でした。

その時は橋の上に立つと怖くて、ワイヤーでできた手擦りにしっかり摑まって

下を見ないように気を付けながら、そろりそろりと歩いたものですが、




今回は何故か、手放しでドンドン歩いて行ったので、

「あれ?君はいつの間に高所恐怖症が治ったの?」夫が不思議そうに聞きます。




あら?そうだった!私は高所恐怖症だったんだ。

でも今日は怖くない!

高い場所も揺れもへっちゃらになって、自分でも不思議です。




誰も見ていなければ、手摺を揺さぶって橋をもっと揺らしてみたいくらい(・∀・)

年を取って大胆不敵になったのでしょうか?


f0359879_08080609.jpg

f0359879_08091137.jpg

f0359879_08085386.jpg


ほら!こんなに深い谷をのぞき込んでも、ちっとも怖くないぞ~!006.gif



さて、大きな吊り橋を無事渡り終わって、

森の中へどんどん進んでいくと、

また吊り橋があります。今度は頭上高いところに…

f0359879_08093229.jpg


森の中に四方八方に張り巡らされた吊り橋は合計7個もあり、

観光客はサーカスで空中歩行でもするように、木の間を歩くことができます。

f0359879_08094857.jpg


遠くからは細いベルトか紐のようにしか見えない吊り橋も、

近づいて見れば…

f0359879_08442772.jpg


ちゃんと人ひとり分が通れるほどの幅があって、

f0359879_08420646.jpg


地上30m~50mくらい?の空間を歩き回ることができるんです。


多少揺れるけど、空中ブランコより安全です(#^.^#)

f0359879_08103555.jpg

吊り橋、吊り橋、また吊り橋…

私が例え子供でも、「もういいよ~!」って言うくらい

長い間、空中歩行散歩を楽しめました。




そして私達が何よりも感心したのは、

この吊り橋は釘を1本も使わず、特別の金具で木に固定してあることです。

金具は木の成長に合わせて位置を少しずつ変えていくので、成長を妨げることはありません。




知恵と熱意の結晶で維持されているこの公園に、

自然を守ることに並々ならぬ情熱を注ぐ「カナダ人魂」を感じました。




自然を全く傷つけること無しに、人間が生きていくことは不可能ですが、

破壊は最小限に止め、自然と人間、うまく共存できたらいいですね。






では皆様、幸せな一日を過ごしてくださいね!


応援して下さる方がいるので励みになります。

いつもありがとうございます。












[PR]
by mimozacottage | 2016-12-16 00:44 | 旅行(カナダ) | Comments(4)
Commented by ☆ Rilla ☆ at 2016-12-16 08:23 x
Capilano Suspension Bridgeは、十数年前に1度行ったことがあります。
でも、私たちが行ったのは、最初の吊り橋だけ。
その奥に、こんなに次々と吊り橋が出てくるのですね。
知りませんでした。なんだか、損をしたみたい(苦笑)

1998年にニュージーランドのミルフォードトレッキングに参加した時に知り合った高松市在住のご夫婦と、
翌年カナダ旅行をしたのです。
そのご夫婦のご主人が左ハンドルの道に慣れてらっしゃるので、レンタカーを借りて、
バンフ→レイクルイーズ→ジャスパー→バンクーバーと、20日間近くかけて旅行をしたのですが、
その時に行ったのです。
吊り橋の事は日本の旅行誌を見て行ったので、そこまで詳しくは出ていませんでした。

今考えると、その時はまだ50代。
若かったんだな~って思います。
偶々昨日、そのご夫婦の切り絵作家の息子さんが作られたカレンダーが送られてきたので、
みんなで行った旅行の事を、久しぶりに思い出していた所でしたが、
今この吊り橋を見て改めて懐かしく思い出しました。
ありがとうございます。
Commented by nik at 2016-12-16 09:37 x
アメリカの自然公園は徹底して自然保護の精神が貫かれていますよね。いつも感心。
ちょっと関係ない話ですが、日本のそうした景勝地に行くと、あちこちに注意書きの張り紙、工事現場のような柵、赤い三角コーン等自然の景観ぶち壊し。自然に優しい日本人と言いながらぜんぜんやさしくない・・・といつも不満を持ってます。

それにしてもどうして高所恐怖症が治ったのでしょう?私も恐怖症だから教わりたいです。(笑)
Commented by mimozacottage at 2016-12-18 00:12
> ☆ Rilla ☆さん

おはようございます♪
私達が10年前(2006年)に行った時にはありましたから、
数年間の間にできたのですね。
最初の吊り橋もいいですが、奥のつり橋は本当に
空中散歩でもしているようで楽しいですよ~
もしもう一度来られる機会があったら、ぜひHarrison温泉と
セットで行かれるといいかと思います。
その時はご案内します。

ミルフォードトレッキングにも行かれたんですね!
私達は新婚旅行でNZに行きました。
当時は私の家族の都合で
夫と私はまだ別々(アメリカと日本)に住んでいたので、
北島のオークランド空港で待ち合わせて、合流。
そこからは二人でレンタカーで、
南島のクイーンズタウンまで2週間半かけてドライブしました。

当時は娘がクライストチャーチに留学していたので、
娘に会いたがっていた私のために、夫が旅行先をNZに決めてくれたのです。
実はミルフォードトレッキングも旅行コースに入れたかったのですが、
娘との時間を少しでも多く取りたかったので、
クライストチャーチ付近で長く過ごしました。

旅はいい思い出になりますよね~!
りらさまとはいろんなお話を共有できて、とても嬉しいです(*^-^*)


Commented by mimozacottage at 2016-12-18 00:24
> nikさん
アメリカも自然保護に熱心で、いろいろ感心することがあります。
道端の蕨一本摘めないところが残念だったりしますが(;^_^A
自然がそのまま残されていて、気持ちいいですよね~!

このつり橋はカナダのバンクーバー付近にあるのですが、
カナダはアメリカよりさらに自然保護に熱心で技術も進んでいると感じます。
高速道路で野生動物が事故に遭わないよう、
動物の通り道だけを残して、道路をフェンスで囲ってあったり…
すごい予算と労力がかかっていると思います。
(「メキシコに壁…」とのたまう誰かさんと大違い(-_-;)

高所恐怖症の治療法は私にもわかりません。
一度来たことがあって、絶対大丈夫と思ったからでしょうか?
今度他の場所で試してみます^^

<< ☆コテージ10周年記念(前半)... 手作りのイチゴ大福 >>