夫が作ったすき焼きとお雑煮と刺身定食もどき



アメリカ人オットの和食板前修業は続いています。

お正月2日目の朝は再びお雑煮、

出汁は前日に作ったのがあったので、野菜、蒲鉾、エビにお餅を加えて出来上がり☆



写真では見えませんが、人参がちゃんと梅花型になっていたので、ビックリ(*_*)。

f0359879_05490736.jpg


あれ!正月なのにエビがえらい小っちゃいな~、ま、うちはこんなものさ(〃∇〃)

体を動かさないのに栄養だけ取ったら、後が怖い;;

お正月らしい竹の蒲鉾が入っていて…それはそれは美味しゅうございました。




そして夜はすき焼きです。


f0359879_05494808.jpg
f0359879_05492609.jpg


私の好きなしらたきが下のほうにたっぷり入っています💛

普段は二人で卓上コンロを囲み、ふーふーしながら頂きますが、

今日は一人ひとり別々に…

それでも頬っぺたが落ちそうなほど😋、美味しかった~!




3日目の夜は正月気分も抜けて、普段の食事に…

刺身定食として作ったわけではないのですが、それっぽい夕ご飯です。


f0359879_01323950.jpg


帆立刺身にアスパラマッシュルームのソテイ、ゴールデンビーツ
ご飯は玄米に胚芽米が2:1の割合で入っています。

日本の刺身定食とはちょっと違うけれど、胡瓜の飾り切りに感動~💛✧♡

またまた美味しゅうございました!




人に食事を作ってもらうのって、本当に有難いことです。

子供の時、母親に作ってもらったご飯を食べるのは当たり前だと思っていたけれど、

自分が作る立場になったら、それがどんなに有り難いことなのか身に染みてわかりました。




私は母に十分感謝していただろうか?

ちゃんと「美味しい。」と言っただろうか?

疑問です。




私がご飯を作ると、最低5回は「美味しい!」と言ってくれ、
 
手助けが必要な時には、私の好みを考えながら嬉々として食事を作ってくれる夫、

…これ以上の幸せはないと思っています。




では皆様、幸せな一日をお迎え下さいね!





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-01-05 02:28 | 料理 | Comments(6)
Commented by nik at 2017-01-05 06:44 x
すごいですね~~、ここまでやれるとは。
先日のブログではダーウィンさんからのコメントも入ってましたね。日本語がとても上手なので驚きました。どこで勉強されたのでしょう。ミモザさん、幸せ!(笑)

でも地球上の男性にとって一番幸せなのは、アメリカの企業に勤めて、イギリスの家に住んで、中華料理を食べて、そして日本の女性と結婚する、と言う事だそうですよ。(笑)

私は時期的にバラバラだけど4つの条件を叶えた事があります。(笑)

ダーウィンさんにお伝えください、あなたも日本女性と結婚できて幸せな男だって。(笑)
Commented by mimozacottage at 2017-01-05 10:38
> nikさん
夫は今から45年以上前に日本へ行き、日本語に魅了されました。
日本語の勉強が「3度の飯より好き」になって、夢中で勉強したそうです。
文章を書くのはちょっと苦手ですが、会話は完璧、英語のアクセントもありません。
翻訳を生業にした時期もあるので、漢字の読み書きもよくできます。

ハイ、お陰様で幸せですよ~(#^^#)

フフ☆彡フランス語を喋り、イギリス人の庭師を雇って…とかいろいろありますね。
Nikさんは贅沢なものをすべて手に入れていらっしゃいますよね✨。

「日本人女性と結婚」…確かにそうだと思います。
こっちでいろんな国籍の女性を見ていると、
(一般的にですが)日本人女性ほどよく気が付き、努力する妻はいないです。
私は気も付かず、努力もしませんが…彼とは相性が良いのでしょう!(^^)!
Commented at 2017-01-05 10:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mimozacottage at 2017-01-05 14:48
> waratah.さん
夫の料理は作るだけで精いっぱいで、
綺麗に見せようとは考えていなかったようですが、
胡瓜やニンジンの飾り切りは私がしているのを見て、
真似したみたいです。なんだか可愛いですよね☆彡

縦切りにすることもできるんですね。
知らなかったです。今度是非試してみたいです。
なぜか今日もホタテの刺身でしたが、次回に縦切りをやってみますね.
教えて頂きありがとうございました。(*^^*)
Commented by ☆ Rilla ☆ at 2017-01-05 17:00 x
ご主人さまが、こんなにお料理をされるという事は、
きっと、ミモザさんの褒め方がお上手だからと思いますよ。
誰だって褒められたら、もっともっと褒められたいと思いますもの。

私も、母の事を考えました。
何時も、当然のように食べていましたよね。
でも、私たちが淡路島の私の実家にに帰ってきて一緒に住むようになった時、
両親は、私が作ったものを、何時も「美味しい」と言って喜んで食べてくれていました。
それが嬉しくて、私も次は何を作ろうかしら・・・と、
楽しく作っていました。

今は、夫と二人だけになり、彼は私が作るのが当たり前だと思い、
何も言わないで食べるので、料理の意欲が沸きませんもの(苦笑)

Commented by mimozacottage at 2017-01-06 10:08
> ☆ Rilla ☆さん
夫が褒めるのが上手なので、
私も真似するようになりました。

料理をする人は誰でも「美味しい」という言葉を聞きたいですよね。
会社の仕事とは違って、
目の前にいるその人だけのために作っているのですから…
その人が喜んでくれなかったら、料理する意欲がなくなりますね。

料理だけでなく、アメリカ人は人のしたことを褒める人が多いです。
日本人は口に出さなくてもわかっているだろうと
思う人が多いように思います。

たった一言の誉め言葉があるかないかで
人を幸せにしたり、 反対に落胆もさせるし、
ちゃんと 口に出して褒めること、感謝することは
とても大事だと思います。

リラさんのお料理はさぞおいしいことだろうと想像します☆彡
<< 夫の日本語~あるブロ友さんへのお返事 兵隊さん達に出迎えられるレストラン >>