薪を分けてくれと言う、隣の白人夫婦にモヤモヤ



*後半はネガティブな内容なので、読みたくない人はスルーして下さい。

f0359879_09332178.jpg



昨朝目を覚ますと、一面の雪景色…この冬3度目の積雪だ。

f0359879_09410529.jpg


雪景色を見ると、三好達治の短い詩が口をついて出る。

「雪」三好達治
太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降りつむ。


夫が起きて、久しぶりに薪ストーブを焚いた。


f0359879_09365156.jpg


雪の日は薪ストーブが似合う。

外の冷たく白い雪と家の中の暖かく赤い炎…対照的なものが調和している。

f0359879_09381172.jpg


ストーブの上に置いたお湯が沸いたので、抹茶を点てた。

f0359879_09463518.jpg


と、ここまではよかったが…



夫に「あとで隣の人(西隣に住んでいる白人夫婦)がうちの薪を取りに来るから…」

と言われてから、モヤモヤが始まった。



西隣の夫婦は、家の暖房(セントラルヒーティング)が壊れて暖炉しかなく

今まで暖炉に使う薪を店で買っていたが、

店で買うのは高いから、うちの薪を分けてくれと言ったそうだ。



「え~っ!?」



急に雪が降ったけれど、うちは先週友人から貰って来た薪があるので、(記事はこちら→記事)

薪の蓄えが十分でよかったな、と安心していたところだった。



私だって、困っている人を助けたくない訳じゃないし、

相手が普通のご近所さんなら、喜んで分けて上げたいと思う。



だけど彼らは、私達がここへ引っ越して以来、私に失礼な態度を取り続けている。

そんな夫婦が「薪は店で買うより、

隣(私達のこと)の薪をただで貰ったほうが安上がり。」と考えているのが嫌だ。



腰痛持ちの夫は、一度に大量の薪を割ることができなくて、

夏の間から少しずつ割って、冬までに蓄える。

私は夫の腰が心配で、そばでひやひやしながら見守る。



近所の人や友人達が家の木を切る時、「薪にするなら上げるよ。」と声をかけられると、

その人達にお礼を持って、頂きに行く。



うちの薪はそんな苦労を繰り返して、やっと蓄えた薪で、

何もしないで手に入れた物ではない。



方や、隣の夫婦が薪割りをしている姿は、この10年間1度も見たことがない。

そしてもっと嫌なのは、この10年間私を名前で呼ばず、名前を覚えようともしないことだ。



ここに引っ越した時、二人で隣近所へ挨拶に行って、

隣の夫婦は、うちの夫の名前はその場で覚えたが、

私の名前は、10年間隣に住んでも覚えようとしない。



彼ら曰く、”名前が難しくて覚えられない”そうだが、

私の名前の発音は簡単なので、他のアメリカ人はすぐに覚えてくれる。

また、夫婦は難しくて覚えられないと言いながら、私の名前を尋ねもしない。
(要は覚える気はなく、どうでもいいと思っているのです。)



私達に用事がある時、夫に対してはちゃんと名前で呼びかけるのだが、

私には”Hello"とか、”Hey"とか、

酷い時は、「あ~」とか、「う~」とか声を出して私の注意を引き、会話を始める。



初めの5~6年、私は彼らを名前で呼んだが、

彼らの、(たぶん私が東洋人だから)名前を覚えなくていいという態度に腹が立ち、

私も彼らを名前で呼ぶことをやめた。



その上彼らは、〇〇(芝刈り機とか)が無いから貸してくれ、タイヤがパンクしたから助けに来てくれ、

木が邪魔になるから切ってくれ、困ったことがあるからちょっと来てくれ、

保険に入ってくれ…



ことあるたびに、夫や私にいろいろ頼みごとをするが、

かといって、向こうからは何一つ申し出をしてくれたことはない。



夫が言うには、夫婦は今回持って行くのと同じ量の薪を あとで私達に返すつもりらしいが、

私としては、薪を返してもらうよりも、彼らの人種差別的な態度を改めてほしい。

(私はもう関わりたくないからどうでもいいけど、他の非白人に対して…)



そして、薪を店で買うのが嫌だったら、薪集めや薪割りを自分達でちゃんとして、

次の冬に困らないように備えてほしいのです。



今日はネガティブな内容でごめんなさい。こんな日もあるのです。


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-03-01 10:40 | 薪ストーブ | Comments(12)
Commented by otenbasenior at 2017-03-01 14:10
ミモザさん、
いるいるそんな人、我が家の近所にもいますよ〜。
日本人の名前を上手く発音できないので言えないとも?
こちらは幸い東洋人が多いので結構皆さん努力して覚えているようですが。私は言いやすいニックネームを教えて上げます。
それでもダメなら、、、、
Commented by nik at 2017-03-01 20:52 x
雪ですか、驚きです。

名前の話、ホントに嫌な感じですね。彼等は名前で呼ぶことの意味、重要性はちゃんと認識できているはず。それであえて呼ばないなんて、分かっていてやっていることですね。でも怒ったらこちらの負け。こちらはどこまでも丁寧に親しく名前で呼んだほうがいいのではないですか。

そうそうあのボトルはデカンタと呼んでましたね。今度おしゃれに使ってみます。
Commented by kakanonokoko at 2017-03-01 21:23

ミモザさんは 大草原シリーズの 初めの4年間 というのをお読みになったことはありますか?そこに出てくるローラの隣人のことを思い出しました。(差別はないけれど。)
貨した機械が壊され返されず 使うときに隣にとりに行くアルマンゾに ローラは怒るけれど彼は隣人らしくしなければいけない というんです。
豚の屠殺の時 次々と必要なものを借りに来たけれど、終わったとき、新鮮な肉一切れもくれなかった。
このいつも物を借りに来る隣人のことで2人は意見が合わなかったという場面があるんです。
ご主人は 相手はどうあれ 良き隣人でありたいのでしょうね。素晴らしい方ですね。

受け入れてくれる気がない人に気持ちよく接しようとするのはストレスになりますね。
長くて済みませんでした。
Commented by さくら at 2017-03-01 23:15 x
皆さま 素晴らしいコメントですね
私は人種差別する人と隣人でも親しくする気はないですが。。
でもご主人が誰であれ 困っているときはどうぞ と思ってあるのなら
本当に素晴らしいご主人です  でも差別された人の気持ちも
察してほしいと思う 白人の方は人種差別された経験がないから
そこのところを親身には、なかなかなれないのでしょうね
大いに怒っていいと思いますよ
私はミモザさんの味方です 他の面はともかく
差別は許しません
Commented by mimozacottage at 2017-03-02 02:09
> otenbaseniorさん、おはようございます♪

こっちも東洋人は多いですよ。
ニックネームも教えましたが、興味がないようです。
私の名前は発音が簡単なので、他のアメリカ人はすぐに覚えてくれますし、
覚えられなかったら、覚えるまで名前を聞いてくれます。

この夫婦の息子は私を名前で呼ぶので、
覚える気があったら、息子にも聞けると思います。

できればもう、関わりたくないですね(^^;

Commented by mimozacottage at 2017-03-02 04:16
> nikさん、おはようございます♪
暖かくなり始めたところで急に雪が降ったので、
ビックリしました。

そうなんです。ファーストネームの大切さを十分知っている人が、
人を10年間も「あー」とか「うー」で呼びかけて話し始めるのは本当に失礼です。
人種差別しているとしか思えません。

>こちらはどこまでも丁寧に親しく名前で呼んだほうがいいのではないですか。
私も最初の5~6年はそうして来たのです。
でもいろいろなことが積み重なって…私はその人達の名前を忘れてしまったので(笑
もう名前では呼びません(苦笑

「あー」や「うー」はさすがに言いませんが、
”Hello"とか”How are you?"とか
月並みのあいさつをするのが精一杯です💦
Commented at 2017-03-02 10:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mimozacottage at 2017-03-02 12:56
> kakanonokokoさん、おはようございます♪

初めの4年間、昔読みましたが、詳細は覚えていないです。
そうですか…本当にその隣人に似ています!

芝刈り機もうちが普通のガソリン式から電気式に替えたくて新しいのを買った時、
その夫婦がそれまで使っていたのをほしいと言うので上げたら、
数か月後に壊れたそうで、その時私に、
「壊れたのをわざとくれたんじゃないか。」と言ったので、ビックリしました。

私はあの夫婦が長い間手入れしないで茂り過ぎた藪を
無理に刈ったから、壊れたんだと思っていますが…

私ももし薪のことを丁寧に頼まれたら「どうぞ」と言うと思います。
苦情を言う時は私に横柄な態度で、頼み事をする時は夫に丁寧に…と
使い分けするので腹が立つし、人種差別を経験したことの無い夫には
私の気持ちがわからないようなので悲しいです。

とんでもない。
ローラの隣人の話とかいろいろ聞けて嬉しかったです。
ありがとうございました!
Commented by mimozacottage at 2017-03-02 12:58
> さくらさん、おはようございます♪

私も自分に直接頼まれれば、やはり「どうぞ」って言うと思います。
この夫婦は苦情を言う時、「あー」とか「うー」で私を呼びつけて文句を言うのです。
頼み事は夫に丁寧に頼みます。

私の気持ちを分かって下さって、嬉しいです💛
ありがとうございました!

夫は白人男性だから、人種差別も女性差別も経験しません。
夫と一緒にいる時と私だけの時では態度を変える人達のことを
いくら説明しても分かってくれないのです。
悲しくなります。
Commented by mimozacottage at 2017-03-02 13:10
> 鍵コメさん、こんにちは♪

聞こえない振りをして、さっと家に逃げ込む時もあります。
タイミング的に可能であれば…

アメリカはファーストネームで呼ぶのが当たり前ですから、
このように10年間も隣通しで行き来があって
そうしないのはとても失礼なんです。
夫の方も、彼らの頼みごとの多さとかいろいろ理解不能だと言います。

左隣の方、きっと鍵コメさんのお庭がすごく綺麗だから、
好奇心でいっぱいになったのでしょうが…ほんと変ですね。
早々とメロンのお返しをして、距離を置かれたのは正解ですね!
Commented by uchinomamefuku at 2017-03-03 20:18
ミモザさんこんばんは☺︎

人種差別が絡まないまでも、日本人同士であっても人によって露骨に態度を変える人、使い分ける人、悲しいけれどいます。

私も、そういう人になぜ?と悲しくて落ち込んだことも、イライラしたこともあります。

でも、気にしないのが一番だと思います。
そして、やっぱり甘いものですよね〜♪

ミモザさんもミモザさんらしく毅然とした態度で☺︎✧

Commented by mimozacottage at 2017-03-04 05:41
> uchinomamefukuさん、おはようございます♪

普段は気にしないようにしているのですが
この人達がなぜうちの物を借りに来たり、もらおうとしたり、
頼みごとをあれこれするのか不思議です。

でも人生の時間は短いので、こういう人の影響で
落ちこまないようにしないといけないですね。
おはぎのお陰で、もう元気になりましたが…(#^^#)

ありがとうございます!娘のような年頃の
Uchimameさんに励まされちゃいましたね(*^-^*)
<< 家族用リビング:本棚の整理 お隣さんをディナーに招待 >>