コテージ風ぶどう棚




昨年植えたブドウが大きくなりました。

f0359879_02245021.jpg

春に苗を買って植え、綺麗な葉っぱが出てきたと思ったら、

あっという間にウサギが葉を食べて丸坊主になってしまったので、

鳥小屋用のネットでブドウの周りに柵を付けたのですが、今やそこから大きくはみ出ています。



今年は柵から出してブドウ棚に仕立てたいと思って、

インターネットでブドウ棚の作り方を調べてみたら、(参考にしたのはこのサイト→「ブドウの育て方」

昨年、自分がとんでもない失敗を犯してしまったことを知りました(;゚Д゚)



…ブドウ栽培1年目にするべき、大事なことをやってなかったのです!



ブドウは1年目の夏に1番元気な枝を主枝として残し、

あとの枝を切り落とさないといけないのですが、

私はそれを知らず、ただウサギに食べられた葉が再び出て来たのが嬉しくて、

葉も枝も全部伸ばし放題にしてしまいました💦



去年どうして栽培法を勉強しなかったのだろうか?と後悔しましたが、もう後の祭り…

終わったことを悔いてもしようがないので、今できる対策を考えました。



サイトには、「2年目の夏は主枝の近くに伸びている枝を副枝として伸ばす。」と書いてあるので、

10本前後伸びている枝の中から、

1番勢いよく伸びている枝2本(1本が主枝でもう1本が副枝)を

2年分(昨年と今年の分)として残し、あとの枝を切り落とすことにしました。



さて、棚づくりですが、

最終的にベランダの柵に這わすつもりなので、

今回必要なのはベランダに届くまでの繋ぎ…大掛かりな棚はいらないと思います。




で、私が憧れるのはこんな柵(棚)です。



f0359879_05294623.jpg


178.png素朴でロマンチック~178.png


画像は天野麻理絵さん「一年中美しい 手間いらずの小さな庭づくり」(第11ページ)からお借りしました。




材料は、ブドウを植えるずっと前から、この柵のようなブドウ棚を作ることを夢見て、

道具小屋の裏に木の枝を集めていたので、それを使います。



f0359879_02173365.jpg


(道具小屋裏:材料の枝を使った残りです。)



ブドウ棚に使えそうな枝を選び出して、芝生の上に並べていると、

夫が通りすがりにチラッと見て言います。

「そんな古い醜い木なんて使わないで、ちゃんとしたのを買えばいいのに…」



いえいえ…私が目指しているのは、

コテージに似合うRustic:素朴、或いは鄙びた侘びさび風なブドウ棚なので、

こんなのがピッタリなのですよ173.png



さてさて、のこぎりで枝を適当な長さに切り、ラフィアや麻ひもでくくって…

出来上がった、素朴過ぎる(?)ブドウ棚をお見せしますね。

先ほどのお借りした画像とは比べ物にならないほど、シンプルで頼りないですが💦

f0359879_02513420.jpg


前庭東側


f0359879_02514598.jpg


南側


f0359879_02515741.jpg

ブドウを植えてるスペース全体


これからブドウが成長したら、少しずつそれらしくなるかな?と期待してます。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-08 03:17 | キッチンガーデン、果樹
<< ブドウの葉の天ぷら 豪雨被害に遭われた方へのお見舞い >>