ハーバードedX講座を修了


5月から取り組んでいたハーバード大学edXによる通信講座、

”Masterpieces of World Literature"が無事終了し、昨日修了証書を受け取りました。


f0359879_23313364.jpg



edXについては以前→こちらの記事にもう少し詳しく書きましたが、

時間やお金や住んでいる場所などの都合で、学校に通えない人達にも、

大学の講座を受講するチャンスを与えようと考案された新しい教育システムです。



大学の現職教授による講義がインターネットを通して、世界中に無償で配信されています。

参加大学はハーバード、MIT、カリフォルニア大学等アメリカの有名大学の外に、

アジア、欧州など20数か国の名実共に立派な大学、日本からは東大、京大、名大、早大等が参加しています。



今回私が取った講座は、ハーバード大学文学部教授による、

”Masterpieces of World Literature(世界文学の名作)”でした。



この講座では、古代メソポタミア文学のギルガメシュ叙事詩から始まり、

ホーマーやゲーテなどを経て、1952年トルコ生まれのノーベル文学賞受賞者Orhan Pamukに至るまで、

12回に渡って、古今東西の名作文学作品や作家について学びます。




第5回目に登場した作品は、日本文学 ”The Tale of Genji(源氏物語)” でした。

日本人の教養として、日本語で学んだ古典を

世界文学の観点から、英語で学び直したのは面白い経験でした。




2年前まで通っていた地元のカレッジで私が勉強したのは、主に理系(化学と数学)なので、

受講前は、難解な文学用語に付いていけるかな?と多少不安がありましたが、

結局、100点満点中98点の成績を収め、無事正規の修了証を手に入れました。

(*注: 65点が合格点でそれ以上の成績を収めた受講者には、所定の手続きを経て修了証が発行されます。)



講座を取っている間は大体、朝、洗濯機を回しながら掃除や片づけをして、簡単な朝食、

頭がスッキリしている午前中に、休憩を挟んで3~4時間みっちり勉強、

午後は週3回卓球、卓球が無い日は手抜き家事の穴埋め+庭仕事+ブログを書くという毎日でした。



途中、来客ラッシュで朝の勉強時間が取れず、修了が当初の計画より1~2週間遅れたのと、

クラス受講と同時に始めたフランス語とピアノが、

忙しさ+ピアノは夏に向かって窓を開けることが多くなったことも原因で(私のピアノはご近所迷惑;ノД`)

頓挫してしまった以外は、すべて順調でした。



12回の講座を無事終了して、今やっと一息ついたところですが、

またすぐに、何か別のedX講座を取ろうかな? …それとも少しゆっくりして、

フランス語とピアノにフォーカスしようかな?と考え中です(*^-^*)。



(*注: edXの受講資格は特にありませんが、履修その他(登録手続き等)で中級以上の英語力は必須です。
講義の視聴、宿題やテスト提出、採点までは全部無料ですが、正規の修了証を受け取るのは有料。
値段は講座毎にまちまちで、今回私が支払ったのはアメリカドルで99ドル。
ごく一部の講座を除き、正規の大学の単位を取ることはできません。)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-29 02:55 | 英語・英語の記事
<< 挿し芽したゼラニウムを植え替え エレガントなゲスト >>