芸術の都ウイーンにて




ニュルンベルクから列車で4時間半、

途中で国境を越えオーストリアの首都ウイーンに到着すると、

娘が出迎えてくれました。




久し振りに会った孫は頭一つ分背が高くなっていて、

大きめだと思ったお土産の洋服がぴったりだったので、ビックリ(*^^*)




家で少し休憩をした後、パブでカジュアルな夕食をし、

翌日は市内を観光しました。


f0359879_16122145.jpg
f0359879_16123286.jpg

市立公園Stadt Parkには、

世界的に有名な画家や音楽家の銅像があちこちにあります。



f0359879_16120176.jpg

(ヨハン・シュトラウス像)


ウィーンは重厚な建物や美しい公園が多くて、街全体が芸術作品のようですが、

個々の芸術作品(音楽や絵画など)に触れるチャンスも多く、文字通り「芸術の町」です。


f0359879_16124368.jpg

市立公園から、こんな素敵な河川敷を通り抜けて、

お目当ての「クリムト展」を見にベルヴェデーレ宮殿に移動、


f0359879_16323094.jpg
幾何学模様の庭園を通って宮殿へ進みます。


f0359879_15390437.jpg
f0359879_16374215.jpg

有名な「接吻」の外、他のクリムトやモネの作品も展示してありました。


f0359879_16400578.jpg
クリムト「フリッツアー・リドラーの肖像」


f0359879_15511928.jpg
クリムト「接吻」


f0359879_16561075.jpg
モネ(作品名は不明です。)



f0359879_16541316.jpg
(宮殿内のチャペル)


絵画だけでなく、宮殿内の内装も見ごたえたっぷり、

写真を撮り始めると、次から次に撮りたいものが増えて…収拾がつかないほど(^^)


f0359879_16535423.jpg
(宮殿内の窓から見える前庭)


夜は西ウィーン駅のすぐ傍にある古い古いレストランで、伝統的なオーストリア料理182.png

建物はもちろん、テーブルも椅子も昔の儘で年季が入っています(^-^)

f0359879_17043581.jpg
繊細な外見をしたピアニストさんの

繊細な生演奏でウィーンの夜を満喫しました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村


[PR]
by mimozacottage | 2017-09-17 22:55 | 旅行(ヨーロッパ) | Comments(2)
Commented by otenbasenior at 2017-09-18 04:24
mimozaさん、こんにちは!
ご家族が世界中に点在してらっしゃるのですね。尋ねる楽しみがあって良いですね。ウィーンの歴史ある建造物やアート、思い存分楽しんでらしてくださいね。
お気をつけて旅を続けてくださいね。
Commented by mimozacottage at 2017-09-22 14:15
> otenbaseniorさん

お転婆さん、こんばんは!ヨーロッパは今、朝です。
ホテルの部屋では夫がまだ休んでいるので、ロビーで書いています。^^

子供達には世界中に羽ばたいてほしいと願ったものの、
こんなに世界中に分かれて住むようになろうとは思ってもみませんでした(笑)

ありがとうございます!お陰様で無事旅を続けています。
今はスイスにいますが、あと数日でアメリカに帰ります。
<< 娘の案内で歩いたブダペスト おとぎ話の町~ニュルンベルクにて >>