アルプスの少女ハイジの村へ~スイス・マイエンフェルト



ミュンヘンから列車に乗って約4時間、次の旅先スイスのチューリッヒへやって来ました。

スイスでは何の予定もなく、ゆっくり寛いだり、山歩きでも出来たら良いなと思っていました。



夫から、「ミモザはスイスで何がしたいの?」と聞かれて、

「はて、何をしよう?」…ふと頭に浮かんだのは、「アルプスの少女ハイジ」です。



その瞬間、昔観たTVアニメの中のヨーデルの歌声が聞こえてきました。

ヨ~ホ~、レリホロ、レリ、ヒ~~~♪♪、レリホロ、レリホロ、レリッヒ~♬

「よし、ハイジが私達を呼んでるから、ハイジの村へ行かなくっちゃ…!」



チューリッヒから、ハイジの村の最寄り駅Maienfeld(マイエンフェルト)までは、

列車で1時間ちょっと、そこからハイジの村へ行くバスが出ているようです。



マイエンフェルトに着いてみたら、そこはものすごい田舎で、駅で降りたのは夫と私だけ、

小さな駅には私達以外、人っ子一人いなくて、シ~ンと静まり返っています。

(観光客が一杯いて、皆の後について行ったら、自動的にハイジの村に着けると期待してたのですが…)



駅を出てバス停の時刻表を見ると、

多分それだろうと思われるバスは出た後だったので、途方にくれました。

「こんな所に、何の情報もなくやって来たのが間違いだった…。」



通りに出てみると、幸いインフォメーションセンターがあって、ドアを開けると、

観光パンフレットが並んだカウンターに、流ちょうな英語を話す女性がいました。

彼女の説明によると、ハイジの村は徒歩でも40分くらいで行けて、目印があって歩きやすいそうです。



な~んだ、40分なら悪くないと言うか、楽勝だ(^^♪

私達はハイジの村を目指して歩き始めました。


f0359879_22123224.jpg



良く晴れて気持ちのいい午後、ウォーキング日和です。

f0359879_22125120.jpg



村にはこのような水飲み場があちこちにあります。

f0359879_22155546.jpg


f0359879_22161202.jpg


f0359879_22165338.jpg



ブドウ畑も一杯

f0359879_22173698.jpg



f0359879_22190923.jpg



ちょうど40分くらい歩くとハイジの村の入口に着いて、日本語の看板もありました。

この辺りまで来ると、「カラ~ン、カラ~ン…」と

牛の首に付けられたカウベルの長閑な音が間近に聞こえます。

f0359879_22201003.jpg



写真の中ほどに見えているのがマイエンフェルト駅辺り、

結構登って来たように見えますが、山歩きよりはずっと歩きやすい道でした。


f0359879_22261069.jpg



ハイジ博物館の前の看板には、

アニメのハイジより、ずっと大人っぽくて逞しい感じのハイジの絵が描かれていました。

f0359879_22292057.jpg



ハイジ博物館は、作者のヨハンナ・シュピリを記念する「ヨハンナ・シュピリ館」、

「ハイジの家」、「ハイジの小屋」…3つの建物があって、3つ全部を回る通しのチケットがあります。

「ヨハンナ・シュピリ館」に入ると、懐かしい日本のアニメの写真が目に飛び込んできました。

f0359879_22325733.jpg



明るくて思いやりのあるハイジの物語は世界中の人々に愛され、

その発行部数は、聖書とコーランに次いで世界第3位だそうです。



駅では人っ子一人見なかったのに、ハイジの村に近づくと、

ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、日本語、韓国語、中国語、

アラビア語、トルコ語、ヘブライ語(最後3つの言語を聞き分けたのは夫です。)…沢山の言語が飛び交っていて、




それだけでも世界中の人々にハイジが愛されているのがわかります。(皆さん、車や観光バスで来られたのかな?)


f0359879_22284426.jpg

(ハイジの家)


f0359879_22464745.jpg



狭い階段を上がって行くと、ハイジの部屋があります。

f0359879_22471289.jpg

(ハイジの部屋)


f0359879_22473510.jpg



車いすが置いてあるので、クララの部屋として使われたのでしょうか?

f0359879_22514264.jpg


f0359879_22520822.jpg


f0359879_22524014.jpg

(裸足のハイジが今にも飛び出して来そうな山の牧草地)



帰り道…来た道と違う道を歩いて迷ったのと、

うっかり履いてきた薄い靴下のせいで靴擦れができ、その痛みがどんどん酷くなって、

「困ったな~!」と思った所で、ちょうどワイナリーの看板が目に入ったので、

f0359879_00504447.jpg



ここでワインを飲みながら、一休みさせて頂こうと立ち寄りました。


f0359879_22541324.jpg



ドアを叩くと、出て来たのは、

もし物語のハイジが大きくなったら、こんな感じになったかな?と思えるような、

働き者で純朴そうな、凄く感じの良い女性でした。



ドイツ語で「英語が話せますか?」と聞いたら、「はい。」と仰るので、

「ワインの試飲をさせて頂けませんか?」と言うと、ワイン樽が並んだ素朴な試飲ルームに通されました。



彼女の英語はわかりにくかったので、時々夫と私の拙いドイツ語を混ぜて、

私達がアメリカから来たことや私が日本人だということなどを話すと、

目を輝かして、「日本、大好きなんです。いつか日本へ行ってみたいです!」と仰います。



彼女の英語は初級で私達のドイツ語は入門レベル以下なので、

多くのことは話せませんでしたが、

私の足は、椅子に座らせてもらってバンドエイドを貼ると、すっかり楽になりました。



そして出されたワインは、赤も白もとても美味しく、

しかもビックリするようなお値段だったので、白ワインを1本買いました。


f0359879_23090762.jpg

(ワイナリーで飼われていたヤギ)

f0359879_04171287.jpg

f0359879_23114357.jpg


(駅の近くの通り:この辺はホテルやレストランが多い)


今はすっかり近代化されて、住民の豊かな生活振りが伺い知れるハイジの村ですが、

どこか昔ながらの生活も残っていました✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2017-10-03 04:46 | 旅行(ヨーロッパ) | Comments(8)
Commented by otenbasenior61 at 2017-10-03 05:12
ミモザさん、
ブログからヨーロッパの景色堪能しました。
過去に訪れた場所など想い出に浸りながら拝見しています。
スイスは山が特によいですね。
なによりも地元の人とのふれあいが一番楽しいこと。
残念なこともあったけれど時が経つと笑い話のようになりますね。
楽しんでいらしゃる様子にこちらも嬉しくなりました。
Commented by mimozacottage at 2017-10-03 06:24
> otenbasenior61さん
お転婆さん、おはようございます♪
日本を満喫していらっしゃるとのこと、何よりです。

スイスは初めてでしたが、すごく気に入って
引っ越して来たいと思うくらいでした。(*^^)v
ブログでは書ききれないほど、楽しいふれあいがありました。

>残念なこともあったけれど時が経つと笑い話のようになりますね。
ほんとにその通りですね!偽札事件も今では笑い話です(^-^;

日本で美味しいものをいっぱい召し上がって下さいね!
Commented by Rilla at 2017-10-03 09:42 x
ミモザさん、お久しぶりです♪
コメント欄が閉じられていたので寂しい思いをしていましたが、
今、再度開いているのを発見!
嬉しい~~~☆彡

ヨーロッパ旅行記を楽しく拝見しています^^
私の大好きなスイスへも行かれたのですね。
スイスは、日本人観光者が多いですよね。
私は何時も、高山植物が咲き乱れている夏に行っていたのですが、
秋の風景も素晴らしかったのでは?

ワイナリーに立ち寄られるなんて、流石ミモザさんご夫婦ですね。
スイスのワインも美味しいですものね。
レストランでは、コーラよりワインの方がお安かった記憶がありますよ。

Commented by pecorinoniwa at 2017-10-03 09:47
ミモザさん こんにちは♪ 初めてお邪魔します(*^-^*)
以前から楽しく読ませていただいてました!

しかも今日は もうずーっと行きたかったハイジの家のお話(*''ω''*) 
あーもう 本当にありがとうございますっ❤
何年後になるかは分かりませんが 絶対に行って来ますねー!

ミモザさんの記事は 本当にそのお人柄が伺えるような
読んでる私の気持ちが 暖かくなるようなお話で毎回楽しみにしています
更新楽しみにしていますね ⤴
Commented by ukico32744 at 2017-10-03 17:18
こんにちは。
コメント欄明けてくださってありがとうございます。

ヨーロッパの風景、素晴らしいですね!
時間を贅沢に使ってのご主人とのご旅行は、ツアー旅行にはない別格の優雅さを感じました。
ご親戚やご友人が世界各国にいらっしゃるのも強みですね。
旅が一段と楽しくて有意義なものになりますよね。
平和の生ぬるい水に浸かっているような日本にいると、信じられないことが、海外では起こるものだと、ミモザさんご夫妻のアクシデントには、もうビックリしましたが、旅にはいろいろなハプニングがつきものですね。
それも全部込みで、旅の思い出ですものね。

引き続き、旅のメモリーズ、楽しみにしております(^-^)
では♪
Commented by mimozacottage at 2017-10-03 21:51
> Rillaさん
リラさま、お久しぶりです。
コメントありがとうございました(^-^)

すみません、コメントを頂くとすごく嬉しくて、
楽しみに待っているというのが本音なのですが、
タイプがものすごく遅いので、お返事を書くのに時間がかかることと
日本語に自信がなくて、言葉遣いは大丈夫だろうか?などなど
悩んでしまうので、普段は閉じさせて頂こうと思っています。

リラさんもスイスがお好きなんですね!
私は今回が初めてで、すごく気に入って、引っ越したいくらいでした。
と言っても、今住んでいる町も大好きなので、
現実的ではないですが…(^^;)

私はリラさんのようにあちこちを旅行している訳ではありませんが、
日本人観光客の方は趣味が良くて、見どころをよくご存じだと思いました。

私達はスイスのワインのことを今まで知らなかったのですが、
沢山のワイン畑を見て、足が痛くなる前から
「試飲してみたいね…」なんて話しながら歩いていたのです。

コーラよりお安い?それはビックリですが、
このワイナリーのワインは旅行中でなかったら、
まとめ買いしたいくらいでした(*^^*)
Commented by mimozacottage at 2017-10-03 22:26
> pecorinoniwaさん
ペコリさん、初めまして♪
コメントを頂いて、とても嬉しいです(*^^*)

ペコリさんの美しいお庭が僅か3年余りの歴史と知ってビックリしました。
これからますます素敵になるんですね、楽しみです✨

ハイジファンでなくても、皆さんに行って頂きたい場所なので、
是非とも行って下さいね☆彡
もうすでに行かれた日本人の方も多いようなので、
ハイジの村への行き方とか
私の記事よりも詳しく書かれたブログもあるかと思います。

歩いた場所すべてが美しかったのですが、
生憎スマホの電源が切れそうで、ハイジの村に着くまでは…と思って
写真を撮るのを控えたことが、今となっては残念です(^^;)

ブログをそんな風に読んで下さってありがとうございます。
私には勿体ないお言葉ですが、とても嬉しいです。💙
Commented by mimozacottage at 2017-10-03 22:50
> ukico32744さん
こんにちは、Ukicoさん♪
コメント、ありがとうございます(*^^*)

コメントを頂くのはすごく嬉しいのですが、
私はタイプが異常に遅、言葉のセンスもないので、
普段は閉じさせて頂こうと思っています。すみません。

二人共マイペースなので、団体旅行はまず無理なのですが(^^;)
ツアーなら、ガイドさんが付いて、
見どころを見落とさない、効率的な旅ができるのがいいですね。

今まではこんなことは何もなかったのですが、
アメリカに帰ってから、友人数人に今回の出来事を話したら、
人を信じてはいけないとか、話しかけられても口をきいたらダメだとか、
いろいろ注意されました。寂しいことですが自衛は大事ですね。
かと言って、本当はこれからも
旅で出会う人々との触れ合いを捨ててしまう気持ちはありません(^_-)-☆

鎌倉検定、頑張って下さいね!
Ukicoさんに触発されて私も何かに挑戦したくなりました。!(^^)!
<< チューリッヒ湖のクルーズ~スイ... シンデレラのお城~ノイシュヴァ... >>