猛烈な後悔と仕切り直しの挿し木




f0359879_02421457.jpg

(キッチンガーデンとコンポストスペースを仕切っているツゲ)




ガーデニングをしていると、失敗も多い…少なくとも私の場合は💦



以前西洋ツゲの挿し木の記事を書きましたが(記事はこちら→「美しいキッチンガーデンを目指して」)、

その結果報告がまだなので、

ここで正直に、「大失敗の巻」を打ち明けることにします。151.png




結論から言いますと…挿し木した枝のうち20個くらいがちゃんと根付いたのに、全部捨てたのです。




プラスチックのゴミを出したくないという大看板を掲げて、挿し木を試み、

折角根付いたというのに…それを全部捨てるとは…矛盾ですよね!?




実は…根付いた小さなツゲが、半年以上経ってもさほど大きくならなかったので、

「これが理想的な大きさになるまでに、一体何年かかるのだろう?」と、

ツゲの挿し木のことが書いてあった本”A Guide to Green Housekeeping”を読み返してみました。

f0359879_03112452.jpg


f0359879_02464901.jpg

P.114 "A Guide to Green Housekeeping" by Christina Strutt



成長した西洋ツゲの木でぐるりと囲われた、可愛いキッチンガーデン、

これらのツゲは全部挿し木で増やされたそうですが、なんと25年も前のことだそうです!




Σ(゚д゚lll)ガーン! 挿し木が理想的な大きさに成長するのは25年後!?

いい年をした私には気が遠くなるような数字です。




はあ?25年後(@_@)…その頃ミモザはなんと80代!(詳しくは言いません^^;)

「そんな年まで生きているかどうかもわからないのに、25年も待ちたくないわ!」と、

折角根付いた挿し木を全部捨て、代わりに程よい大きさのツゲを12個買って来て植えました。

f0359879_02403135.jpg


今年春:薔薇とキッチンガーデンの仕切りに植えたツゲ



その時はそれで大満足だったのですが、

最近になって、ポタジェの計画やそのほかキッチンガーデンの仕切りなど、

ツゲがもっと必要になってきて、





「あの時の挿し木を捨てなかったらよかったのに…」と

猛烈な後悔に襲われました。。(´;ω;`)ウッ

とは言え、捨てたものは戻ってこないし…どうしたらいいだろう?



f0359879_01535704.jpg

(挿し木用にカットした枝)


最初は、ホームセンターで必要な分だけまた買って来ようかと思いましたが、

近頃、ごみ削減にもっと真面目に取り組みたいと考えているので、

ポット入りのツゲを新たに買わず、再度挿し木することにしました。




「仕切り直し」の挿し木…失敗の可能性も考えて、今回は50本。


f0359879_01540710.jpg

カットした枝は丸1日くらい水に浸して、十分水を吸わせます。

f0359879_01541885.jpg

f0359879_01542882.jpg


枝を切り落とす時は、切り口の面積がなるべく広くなるように斜めにスパッと切ります。

そして上部3~4枚だけ残し、あとの葉はハサミで切り落とすか、

茎を傷つけないように、葉の根本を片手で押さえながら手で丁寧に取ります。


f0359879_05133225.jpg


オーガニックの発根活性剤をつけて、ポットに挿していきますが、

この時も先に割りばしなどで穴を開けておいて、根が生えてくる場所を傷つけないようにします。


f0359879_05055075.jpg


何年経ってもいいし、未完成でもいいから…

次の時代を担う子供達のために、

なるべく地球を汚さない庭造りをしたいと思います。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-10-21 05:34 | オーガニックな生活
<< 食器洗いは誰がする? キッチンガーデンの手入れと旅行... >>