キッチンの新しいライト+我が家のキッチンの片づけ方



雪が収まったら、庭仕事を片付けてしまおうと思っていたのに、

降ったり止んだり、まだ雪が沢山残っているので庭へは出られません。

ガーデニングができない間、私の興味はインテリアに向かいます。

f0359879_05364215.jpg



ちょっと古い話ですが、早春に付け替えたキッチンの新しいライト、

工事が終わったことをブログで報告していなかったので、まずそれをお披露目✨


f0359879_05523651.jpg

ライトの明るさは調整出来て、これは1番明るい状態です。



二人で食事をするのはほぼ毎日、カウンターですが、

このままだとディナーには明る過ぎるので、(写真には写っていない)手前のダイニングルームの電気をつけて、

このライトのトーンを少し落とすと、ロマンチック?な雰囲気になります(^_-)-☆




時間が経ったので、初めの感動はちょっと薄れてしまいましたが、

夫も私もとっても気に入っています✨




ところで我が家のキッチンは、アメリカの一軒家としては小さくて収納スペースが少なく、

しかも夫と二人で使っているので、

頑固な料理人二人が喧嘩せずにキッチンを使うために、いろんな工夫が必要です。




ミモザがキッチンに求めるのは、清潔感とすっきりした見た目の美しさ、

夫は見た目よりも利便性。

つまり、何でもすぐ手が届くように物を出しておくのが好き+便利な調理道具が大好き💚


f0359879_07494763.jpg

(夫が最近買ったタイマー式電気圧力鍋:只今、夫は今夜のディナーを調理中。
使わない時は階段下のパントリーに入れます。)



二人の好みの違いにどう折り合いをつけるのか?

そして、夫専用の料理道具やスパイス類がやたら多く、収納スペースは少ないキッチンを

スッキリと美しく見せ、しかも使い易くする…という難題に取り組んで、



ミモザが見つけた解決策は、



使う頻度の多いものは外に出し、(夫が出しておきたいと言うものは取り合えず全部)

あとはなるべく、普段目の触れない所に片付けるというもの。



その時、調理用具は調理スペースに、煮炊きに必要な物はコンロ台付近に片付ける。

料理する時に無駄な動きをしなくて済むように、”使う物を使う場所”に収納します。


f0359879_07161710.jpg


コンロで使うレードル類は、ステンレス容器に立ててコンロのそばに…
(コンロ側から①菜箸、木へら ②フライ返し、お玉 ③その他)



日本のキッチンで「必ず」と言っていいほど使われている炊飯器、

ミモザが持っているのは、内釜がステンレス製でテフロン加工されてない小型電気炊飯器で、

普段は調理台下のキャビネットに仕舞い、使う時だけ取り出しています。


f0359879_07282173.jpg


f0359879_08120563.jpg
(コメは玄米、胚芽米、インド料理用のバスマッティライスの3種類:
もち米と寿司用の白米はパントリーに置いています。)



中は全部一緒に引き出せるようになっているので、出し入れが簡単、

炊飯器は米びつと一緒に置くと、便利です。

キャビネットの扉を閉めた状態↓


f0359879_07234429.jpg

片付けられる物は所定の場所に、

頻繁に使うものは外に出ているキッチン、

使い易くて、今では夫も私もとても気に入っています☆彡




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村






エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-06 08:35 | キッチン
<< 予行練習で作ったイチゴ大福 初雪+薪ストーブの火入れ+おで... >>