石黒智子さんの「わたしの台所のつくり方」で我が家のキッチンを見直し☆




私が家の中で一番綺麗にしておきたい所はキッチン、

我が家のキッチンは取り合えず、散らかってないのですが(自分の基準では)、



もっと良い片づけ方法があるのではないか?と思うことが度々あるので、

何かヒントを得たいと、

気になっていたお掃除本3冊を日本から取り寄せました。


f0359879_04002545.jpg


最初に読んだのは石黒智子さんの「わたしの台所のつくり方」、

参考になるところとそうでもないところがありました。

f0359879_04405042.jpg




まず設計に関する記述が多く、それは今の私には手の届かない領域、

もし将来キッチンを改装する機会があれば、この本を参考にしたいと思います。

特にタイルの色を白、目地をライトグレーにされているところが気に入りました。



白は汚れやすいと思われがちですが、

シンク周りの水撥ねでシミになるのは、水道水に含まれているカルキ成分(白っぽい)なので、

逆に黒っぽいタイルの方が目立ちやすく、白い方がよいのだそうです。



目地はシミができやすい場所なので、グレーにするのが良いと書いてありますが、

これは私も実証済み、

うちの客用バスルームをデザインした時、同じ理由で目地をグレーにしました。


f0359879_02455245.jpg


(2年前に私がデザインした客用バスルーム)



石黒さんのお台所は壁にかける収納が多いですが、

うちのキッチンは壁がほとんどないので、今のステンレス容器収納のままでいいと思う。



小麦粉や砂糖等粉状の物をガラス容器に収納されていて、これはうちと似ています。

我が家は使用頻度の多い小麦粉、パン粉、砂糖だけを調理台に置き、

あとは引き出しやパントリーに収納しています。(石黒さんは全部引き出し)

f0359879_04494437.jpg



これを書きながら気づきましたが、私が砂糖を使うのはデザートを作る時だけです。

すし飯を作る以外、料理には全く砂糖を使わないので再考が必要かもしれません。



ダブルシンクもうちと同じですが、

我が家のシンクは石黒さん宅と比べるとおもちゃのように小さい💦


f0359879_13164149.jpg

(我が家のシンク:石鹸は小さくなった物を集めて白いネットに入れ、使い切っています。
スポンジ立てや包丁等を立てて乾かす篭、この位置だとシンクに立たない限り目に入りません。
包丁等を立てる篭はステンレス製に替えたいですが…)



私は洗い桶を使いませんが、片方のシンクにステンレスの水切り篭をかけてあるのは同じ、

今まで、これでいいのかな?工夫の余地があるのでは?と思っていたのですが、

石黒さんの本を読んで、このままでいいんだと納得!(^^)!



冷蔵庫の中の食品は透明のガラス容器に保存されているのですが、

味噌を透明の容器に入れると綺麗に見えないので、白いホーロー容器を使うとのこと、

これは早速マネしたいです(^_-)-☆



その他、我が家に取り入れたいと思ったことが4点あります。


① 新聞紙でガラス磨きをする。

② 使いかけ袋入り食材の袋を止めておくクリップがシンプルで使いやすそう。

ウェーロック社 クリップイット 特特大320mm 1個パック(ダークブルー) POM320FD-DB


スウェーデンWelock社のクリップ


③ 引き出しを仕切る箱を木の端材で手作りされていること。

④ ゴミ箱の下にローリエとローズマリーの葉(ドライ)を敷くと、嫌な臭いがしない。



石黒さんのお宅は、主にご主人が買い出しとお料理を担当されているそうです。

買い出しは主に夫、料理は半々(私の方がやや多い)の我が家と似ていますが、

大きく違うことは、キッチンを設計したのが奥様の智子さんだということ。



キッチンに置く物や内装を全部、

自分で決められるというのが、何とも羨ましい °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-16 05:49 | キッチン
<< 園芸専門店のディスプレイとちょ... ポタジェの進み具合:やっとここ... >>