庭の落ち葉でコンポスト作り



f0359879_03431559.jpg



長い間雨続きだったこの町に、やっと「晴れの日が1週間続く」という天気予報が出ました。

反対に南のカリフォルニア州は晴天続きで、またもや大きい山火事が起きているようです。

しばらくTVニュースを見ていなかったので、ブロ友さんの記事で初めて火事のことを知りました。



カリフォルニア在住2人のブロ友さんはご無事、

ロサンゼルス近郊に住んでいる義妹家族も無事なようで安心致しましたが、

早く鎮火することを祈っています。



さて、我が家ではコンポスト作りをするために、晴れの日を待ち続け、

一昨日(晴天3日目)庭の落ち葉が少し乾いたので、仕事に取り掛かりました。


f0359879_00310874.jpg



これはリーフ・ブロワー(Leaf Blower)という機械です。

f0359879_00320784.jpg




日本だと落ち葉の掃除は、箒や熊手で搔き集めるのが主流だと思いますが、

アメリカではガソリンで動くブロワーを使って、落ち葉を舞い上がらせ、

それを一箇所に集めて、ごみ袋に詰めるのが主流です。



うちのブロワー(電動式)は、落ち葉を舞い上がらせるだけでなく、

枯葉を吸い込んで細かく砕く装置が付いて、専用の布袋で細かくなった葉っぱを集めることができるので、

自家製コンポスト作りにはもってこいの、”優れもの”です。

f0359879_02214341.jpg


(スイッチを入れる前)

f0359879_02215712.jpg


(スイッチを入れた所)


この機械は私も操作できるのですが、夫がやってくれると言うので、

その仕事は全部夫に任せ、

f0359879_00324110.jpg


f0359879_00330512.jpg


ミモザは自分がやりたかった庭仕事に精を出しました。(どんな仕事なのかはまた今度)

晴れの日にしたいことが山ほどあるので、

ウズウズしながら、こんなお天気を待っていたのです。


f0359879_02265423.jpg

(細かくなった枯れ葉は生ごみと混ぜて、
夫がコンポストスペースや野菜畑に穴を掘って埋めています。)



我が家のコンポストは主にキッチンの生ごみと落ち葉を使っているのですが、

以前受講した「コンポスト作りセミナー」で、紙類も使えるというのを聞き、

玉子ケースの紙のカートンも細かくちぎって、コンポスト作りに使うようになりました。


f0359879_02393019.jpg


夕食後ミモザはTVを観ながら、時々カートンをこういう風に千切っています。

英語字幕付きで仏、独、西語の番組を観るのが楽しみなのですが、

目と耳でTV🏄しながら、手はこんな時代遅れ(?)の仕事をチマチマしてるんですよ。(〃▽〃)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-09 04:18 | 裏庭全体
<< 裏庭の改造 第2弾:庭の醜い部... キッチン:片付けにくい物の片づ... >>