裏庭の改造 第2弾:庭の醜い部分を新しいスペースに変える☆



裏庭の改造で一番大きな仕事は、旧ローズ/ブルーガーデンをポタジェに替えることでしたが、

まだまだやりたいことがあります。

先日は、(新)ブルーガーデンとポタジェの一部を削りました。

f0359879_23145164.jpg


道具小屋の近くがブルーガーデン、散歩道の左側がポタジェです。



ブルーガーデンは道具小屋の前にベロンと突き出ている部分、

ポタジェは手前(ツゲの木周辺)の鋭いカーブ、

どちらも傾斜がきつくて、水遣りをしてもすぐに水が流れてしまうという問題があり、

そのうちにだんだん、形も嫌いになって来たのです。



何とかしたいなと思って、夫に相談すると、

「何処が悪いの?そのままでいいじゃないか。」と言います。

必要があればどんどん変えていきたいミモザと違って、彼は変化を好まないのです。



夫にそう言われると、

プロの手で整然と並べられたコンクリートブロックを動かして、

自分でレイアウトし直す勇気は無くて、長い間そのままにしました。



実はこの裏庭は、引っ越した時(11年前)には何もなくて、

2年後にミモザが大まかなレイアウトを考え、

細部のデザインと工事はプロの業者に任せたのですが、


f0359879_00251130.jpg

(2007年2月≪コテージへ引っ越して2か月後≫の裏庭)



花壇の枠にレンガを希望しても、コンクリートブロックしか使わないとか言われて(´;ω;`)…

結果は私の思い通りではありませんでした。



年月が経つと庭の欠点も目立つし、

業者の人に遠慮しないで、自分の希望をもっと強く言えばよかったとか思ったり、

今頃思っても、もう遅過ぎですが(;^_^A アセアセ・・・



とにかく何だか悶々としてた時に読んだ本、

ロザリンド・クリージーさん「食べられる植物で庭作り」”Edible Landscaping”がきっかけで、

それまでの遠慮というか、迷いがキッパリなくなりました。

f0359879_03163013.jpg


Rosalind Creasy ”Edible Landscaping”



°˖✧ この庭は私の夢と想像力のカンバスだから、もっと自由に描けばいいんだ! ✧˖°




コンクリートブロックを動かして、嫌いな部分を削り、

もっと可愛いカーブをつけて、新しい庭を作りたい!と思ったのです。



緑の線からこっち側が削りたい部分です。↓

f0359879_23150468.jpg


方向を変えてみると…

f0359879_23152156.jpg



大分歪んでいますが、二つの緑の線を繋ぐと、

円の周囲のような緩いカーブになります。



そして頑張って、コンクリートブロックを動かした結果は…

大体思い通りの形のカーブができました。


f0359879_23153750.jpg

f0359879_23155045.jpg

f0359879_23160287.jpg

(ブロックの並べ方がガタガタ💦 …あとで直します。)



削って広くなった所に丸い形のガーデンスペースを作り、ハーブを植えたい178.png

ハーブガーデンの周りをぐるっと回りながら、色んな方向へ繋がる散歩道を作りたい178.png



夢(妄想?)はどんどん広がります。




以前私が描いた庭の見取り図はバランスが悪くて、実際の大きさと少し違うのですが、

これを使って説明すると、もっとわかりやすいかな?

f0359879_23170157.jpg

9月の庭↑ こうなる予定↓

f0359879_00081671.jpg

(茶色の線が今回削った所、ハーブガーデン予定地は円形のスペース、
その横の滅茶苦茶な落書きは先月作ったアイリスガーデンです。)



これはまだ完成ではないのです。



設計図は無いですが、妄想はもう十分練ったと思うので、

これからは いちいち夫に相談しないで 計画を進めて行き、

進み具合をまた報告しますね(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-10 04:30 | 裏庭全体
<< 兵隊(人形)さんに会えるレストラン★ 庭の落ち葉でコンポスト作り >>