2017年 07月 11日 ( 1 )

薪づくりを頑張っている夫

f0359879_08052335.jpg

薪にする切株を分けてくれるご近所さん、夫はまだ毎日のようにそこへ通っています。



心配していた腰痛もなくて、

「自分の運動だと思ってやってるから、大丈夫だよ。」と言うので、

私が一緒に付いて行ったのは初日以外には一日だけですが、その時はまだたくさんの切り株が残っていました。



f0359879_08055988.jpg

f0359879_08054410.jpg

f0359879_08051105.jpg


(車のタイヤと比べてみると、切株の直径がどんなに大きいかお分かり頂けるでしょうか?)



そのままでは重くて運べないので、

ナタとハンマーを使って、適当な大きさに割ってから運びます。

f0359879_08065588.jpg



f0359879_08070962.jpg



車が一杯になると家に持って帰り、その後すぐに夫は薪割りを始めます。

f0359879_08063809.jpg


割るのはこの時貰って来たのではなく、数年前に集めて庭で十分乾かした切株です。

切ったばかりの木は割るのが大変ですが、ある程度乾くとずっと割り易くなります。



夫がこの夏割る予定にしている切株を置いているデッキの傍です。

f0359879_08075653.jpg




割らないといけない切株はこんなにたくさんあるのですが、

6月下旬から少しずつ割っているので、薪置き場の薪もちょっと溜まって来ました。

f0359879_08074599.jpg


リビング側にある薪ラック



f0359879_08072910.jpg


キッチン窓下の薪置き場




薪積みが少しずつ高くなって、キッチンの窓枠を超えるようになると…

キッチンの中からも薪がいっぱい見えて、

何とも言えない安心感を感じるのです。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-11 11:51 | 薪ストーブ