2017年 09月 04日 ( 1 )

裏庭の見取り図と「センスが無い庭」大改造計画★



夫と私が旅行中、

裏庭の水遣りをしてくれる「斜め向かいのアン」ことベイリーちゃん(10歳)が、

庭の仕事で困ることがないように、いろいろ準備中です。


f0359879_23555745.jpg



10歳の子供でもすぐわかるように、水遣りをしてほしい植物に付ける名札と

裏庭の見取り図を作成しました。

見取り図と言うか、子供のお絵描き風イラストというか…(〃▽〃)




ところで、これは旅行の準備とは全然関係ない話ですが、

只今、裏庭の大改造を計画中178.png




見取り図を使うと、庭の配置がはっきりして、説明がわかりやすいと思うので、

ベイリーちゃん用に作った見取り図をアップしてみますね。


(自分が描いたものをブログに載せるって初めてですが、滅茶苦茶恥ずかしいものですね。(*ノωノ))




f0359879_04191288.jpg


一番大きな改造はブルーガーデン(Blue Garden)です。

今まで3年間、ブルーガーデンっぽいものをやってみましたが、

見るといつも、「なんだかな~。。」という気持ち(;´・ω・)




悲しいですが…ハッキリ言って

私にはセンスが無いのです(´;ω;`)ウッ




センスが無いブルーガーデンの問題点を分析してみたところ、


1.庭の真ん中ですごく目立つところに、宿根草ばかりなので、
花が終わったら、庭全体がつまらなく見える。

2.ブルーガーデンと言いながら、
赤、濃いピンク、薄ピンク、紫の花がほぼ同じ数だけあって、まとまりがない。

3.ブルーだけ、白だけと考えながら、花を植えるのに飽きて来た。
(たった3年で…早過ぎですが。。)



…以上のことが分かったので、


この際、「ブルーガーデン」の花を全部取り払って、

フランス式キッチンガーデン「ポタジェ」を作ろうと思います。




ポタジェはデザインや管理面で難易度が高そうですが、それでも挑戦したい理由は3つあります。

1.庭のデザインに野菜をもっと取り入れたい。

2.ポタジェは宿根草と違って入れ替えが容易。

3.水問題対策など、環境のため。




ブルーガーデンに今ある植物はなるべく捨てず、

ホワイトガーデンや他の場所へ移動させるので、それらの場所も変わります。



また、植える場所の確保や水問題対策のために、芝生を大幅に減らします。

(具体的には、和風ガーデン近くの芝生をはがして花やハーブを植え、散歩道の芝生をレンガに替える。)




庭のど真ん中に、キッチンガーデンを持って来ると、一体どうなるのか?

不安は大きいですが、ワクワク感も大きいです✨




さてさて、どうなるかな~?

旅行から帰ってのお愉しみ(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-09-04 04:05 | ローズ/ブルーガーデン