2017年 09月 14日 ( 1 )

おとぎ話の町~ニュルンベルクにて



f0359879_05055800.jpg

皆さま、おはようございます!ヨーロッパからの「コテージ便り」です。



9月5日火曜日3時半(現地時間)、ワシントン州シアトルを出発し、

サンフランシスコ経由でドイツのフランクフルトに到着したのが、

9月6日(水)の午後3時頃(現地時間)でした。



こう書くと、まるで丸1日経過したかのようですが、

飛行機に乗っている間に日付が変わっただけで、実際の飛行時間は、

シアトル→サンフランシスコ(2時間)+サンフランシスコ→フランクフルト(10時間)で合計12時間、




ヨーロッパ初日はフランクフルト空港ビル内にあるホテルで一泊しました。



f0359879_06591007.jpg


近代的なビル内にあるレストランで、

ドイツの伝統料理と美味しいドイツビールで乾杯し、

ヨーロッパにいる喜びを味わいました。



f0359879_15111702.jpg


次の日、列車で最初の旅先ニュルンベルクへ向かいます。


f0359879_14534265.jpg
(フランクフルト中央駅)



列車の中では、年配の上品なオーストリア人カップルと隣り合わせになり、

ウイーンやニュルンベルクの見どころを教えて頂きました。


f0359879_05160943.jpg

フランクフルトから約2時間、お城と要塞の町ニュルンベルクに着きました。

ここへ来たのは、夫も私も今回が初めてです。


f0359879_14535897.jpg
f0359879_05054181.jpg


この町は特に目的があって来た訳ではなく、

フランクフルトからオーストリアのウィーンまで、連続6時間半列車に乗り続けるよりも、

のんびり旅をしたいという理由でここに立ち寄りました。


f0359879_04563779.jpg
f0359879_07000444.jpg


ニュルンベルクの市街地は、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだような、

可愛い場所でした178.png

f0359879_15055935.jpg



ベンチに座って人の行き来を見ているお土産屋さんのご主人も、

昔話に出てくる職人さんのような風情で、景色の中に自然に溶け込んでいます。



次の日は、ニュルンベルク城やドイツ一と言われる大きな蚤の市を見に行きました。


f0359879_15135731.jpg
f0359879_05225835.jpg
f0359879_04325801.jpg


蚤の市でゆっくりし過ぎて、お城の開館時間に間に合わず、

内部へは入れなかったので、見晴らし台や外側を見学しました。

f0359879_05415609.jpg
f0359879_05422440.jpg
f0359879_05421150.jpg
(お城の見晴らし台から眺めたニュルンベルクの町)



お城の堀ではちょうどカーニバルが開かれていて、

中世の格好をした人がバンドを演奏していたり、ラクダに乗った観光客がいました。


f0359879_05424204.jpg
f0359879_06020691.jpg


下の写真は町のおもちゃ屋さんです。

ショーウインドーの中におとぎ話の世界が作ってあるのですが、


f0359879_04305510.jpg
f0359879_05014130.jpg


私達が実際に見た現実の景色も、

こんなおとぎの世界とあまり変わらなかったのですよ。(*^^*)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村


[PR]
by mimozacottage | 2017-09-14 05:14 | 旅行(ヨーロッパ)