カテゴリ:未分類( 21 )

ブルーガーデンにやって来たブルーヘロン(青鷺)像



今朝の裏庭の様子です。

f0359879_05013353.jpg



バラの2番花が咲いて、庭に華やかさが戻ってきましたが

芝生が枯れているので、あまり綺麗じゃないですね。ごめんなさい!



実はこの辺りの夏は乾期でほとんど雨が降らないので、水不足になることが多いのです。



昨年は町の広報で、芝生の散水を控えるよう呼び掛けていたそうですが、

私達はそれを知らなくてせっせと水を遣り続け…

ご近所の芝生は全部枯れているのに、うちの芝生だけがやけに青くて焦りました。(-"-;A ...アセアセ



今年の春は雨が多かったせいか、今の所、散水を控える旨の呼びかけはないようですが、

夫と私は今年は町に先駆けて、「美観より環境優先」で、

芝生の水遣りは前庭のスプリンクラーだけにしようと決めました。



枯れた芝生は嫌だけど、秋になると自然に蘇るのでそれまで我慢154.png

ブログにアップする写真も見苦しいですが、しばらくご容赦下さいね。(^_-)-☆



さて、ブルーガーデンに1週間前にやって来た、新しい仲間を見て下さい。

f0359879_05513992.jpg



今までガーデンスタチューのあるよそのお庭を見て、

「素敵だな~、いいなぁ~✨」と憧れつつ、

自分の庭となると何を置いていいか分からなかったので、手を出せなかったのですが、


f0359879_05520606.jpg



ブルーガーデンに植えたブルー系のバラがうまくいかなくて掘り出した後、

何かブルーガーデンの象徴になるようなスタチューが欲しくなったのです。


f0359879_05552336.jpg


(リアトリス)



うちはお屋敷でも美術館でもなく、ただのコテージなので、

ミロのヴィーナスとか、マリア像とかはちょっと大袈裟だろうし、

少女像とか可愛らしいのは好きだけど、うちの庭には合わないかもしれない…といろいろ迷った挙句、


f0359879_05550799.jpg


(ベルフラワー)



f0359879_05553503.jpg


(前庭から移したダスティミラー)


自然をテーマにしたものなら、違和感がなくて良いかな?ということで、

この辺りの水辺に生息するブルーヘロン(青鷺)を候補に上げました。


f0359879_06090856.jpg


ブルーヘロン(青鷺):Borrowed from "1d Great Blue Heron[1],Bing Images"
(この画像はお借りしました。)



名前も外見もブルーガーデンに相応しいブルーヘロンは、夫が大好きな鳥です。

買った像の色はブルーではなく、深い緑色ですが、

光の加減でブルーっぽく見えることもあります。



f0359879_06332084.jpg


アイリスやリアトリス等、すらっと縦に伸びている植物の中に置いてみたら、

川や湖…どこか水辺の葦の中で佇んでいる、

ブルーヘロンがイメージ出来て、とても気に入りました。


f0359879_05535203.jpg


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-25 06:35

キッチンガーデンのトレリス&竹のフェンス

f0359879_08140348.jpg


我が家の近辺には3か所のホームセンターがありますが、

そのうちの1か所が閉鎖されることになりました。

夫のお気に入りだったので、とても残念です。



私もそこに行けば、植物だけでなく、

ハードウェアや木材、石材などいろいろ見るのが好きだったんだけどな…(;´・ω・)



今月末で閉鎖されるということで、早速、夫と二人で出かけて行って、

前から目星をつけてた物を買ってきました。

f0359879_07305636.jpg



和風ガーデンのフェンスにするための竹です。

今まで売れてなくてよかった~!(*^^)v



実はこれ、竹は既につなげてあるので、

日本で手に入る普通の竹とは違うのですが、

それでも、アメリカのホームセンターでこんな物を売ってるなんて…大感激(≧▽≦)



ついでに店内を見回っていると、欲しいものが出て来たので、それも購入。

f0359879_07360183.jpg


f0359879_07371752.jpg



上のトレリスはキッチンガーデンの胡瓜に使います。

剪定ばさみはラベンダーの剪定に役立ったし、

2股に分かれた草取り道具は、芝生の中のクローバーを取るのに便利そうです。

f0359879_07414217.jpg
f0359879_09272026.jpg

今回買ったのは平面体のトレリス3個、

f0359879_07421704.jpg


こちらのタワー型トレリスは昨年、

別の園芸店で、清水の舞台から飛び降りるつもりで買った宝物です。177.png

(宝物なので…^-^)冬の間はガレージの中へ大事に片づけてました。



ビジュアルから入りがちな私、

キッチンガーデンが楽しいと、

俄然、野菜作りにやる気が出るんですよ。178.png




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-13 09:37

ラベンダーの剪定で大失敗(泣)

f0359879_09584700.jpg



5月から楽しんだラベンダー、そろそろ終わりなので剪定しました。




剪定する前の様子です。
(前庭から見たところ:ラベンダーの間に植えているのはタイムです)。


f0359879_09594021.jpg



近くにいれば爽やかな香りに包まれ、

遠くからは青紫のベールのように霞んで見えます。



これは反対方向から撮った写真…裏庭から前庭に向かっています。

f0359879_10314744.jpg


なるべく長く置いておきたいのですが、

毎年綺麗に花を咲かせるには剪定が大事だと聞きました。



ラベンダーで有名な北海道・富良野ファームでは、

草刈り鎌でザクザクと刈っておられるようですが、

コテージの小さなラベンダー畑は小さな剪定ばさみでチョキチョキと切っていきます。



実は剪定をした前夜よく眠れなかったので、

朝ボンヤリした頭で、ボーっと鋏を動かしていたら、

あれ?おかしいな?

f0359879_11314299.jpg


剪定をした後の株は、去年より緑が少ないっていうか…全く無い‼(;´・ω・)

f0359879_11370086.jpg


(これはちゃんとしたやり方で切った株です。)


慌てて家に飛び込んで、ラベンダーの剪定をググってみたら、

私はとんでもない深切りをしたことが分かりました(;´д`)…トホホ。



ラベンダーは根元から4節ほど上の葉がついている部分より上を切ります。

切り過ぎて根元の茶色い部分だけにしてしまうと、光合成が出来なくて、

翌年花が咲かなかったり、枯れてしまうこともあるそうです。



やっちゃった~!大失敗!

(´;ω;`)ウッ、ウッウッ…涙



…でもまあ、失敗したのは一株だけだし、

あとは気を付けてやれば、まあいっか…(;´・ω・)

てなわけで、全体の2/3をやり終えて、これだけの量になりました。

f0359879_11035816.jpg


f0359879_11041085.jpg


奥の方(全体の1/3)はまだ残っていますが、

剪定後の「ラベンダーの小径」です。


f0359879_11034158.jpg

f0359879_11032661.jpg

失敗したのは右側の一番奥の茶色い株です💦




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-12 12:08

お隣りさんへお茶におよばれ



我が家の裏庭と隣接しているお隣さんは、3軒あります。

西隣は香港出身の独身女性、

北隣は白人夫婦と成人した息子の3人家族、



その2軒の間、うちとは斜め方向の位置に、

ほんの微かに、我が家と裏庭同士が触れ合っている家(裏隣り)があって、

若い夫婦と小さな女の子が住んでいます。



そのお宅へお茶に呼ばれたので、

小さい花束とイチゴ持参で行って来ました。


f0359879_00502465.jpg



若い夫婦のうち、旦那様は白人ですが…奥様は日本人!

ご両親が日本から遊びに来られているので、

「一緒にお茶でも」と初めて招待されたのです。



面白いことに…娘さん夫婦が引っ越して来てから4年もの間、

私達はすぐお隣の家に、日本人の方が住んでいることを知らなかったのです(#^^#)



この日は平日だったので、娘さん夫婦はお仕事で留守、

ジジババ4人でまったりと寛ぎました。


奥様のEさんが点てて下さったお抹茶に、和三盆の茶菓子と手作りのきな粉団子、

帯で飾られたガラステーブル…

まるで日本にいるかのような錯覚を覚えました。


f0359879_00503205.jpg



お話を伺うと…SさんEさんご夫妻&娘さんの出身地は、(私の出身地の)隣の県、

その上Eさんのお母様の出身地は、私と同じ県内の目と鼻の先だったのです。

ご夫妻のお国訛りを聞いて…故郷に帰ったような懐かしさと安心感(*´ω`)



さらに話を聞くと、娘さんと私の長女は同い年、

場所が場所なら、Eさんと私はママ友になったかもしれないのです。

娘さんと私は、日本から遠く離れたこの地で偶然隣同士になって、

故郷もお隣の県…なんて不思議なご縁でしょう!



SさんEさんご夫妻は、素朴で飾らない…いかにも田舎の方という感じで、

気持ちがフワ~っと楽になった午後でした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ







[PR]
by mimozacottage | 2017-02-17 03:17 | Comments(4)

収納に疲れた時はインド料理 & 手作り餃子 & デ〇の自覚がない夫婦


毎日毎日…断捨離、収納、ビフォー&アフターではちょっと疲れるので、

気分転換にランチに出かけました。

f0359879_01175647.jpg


f0359879_01182272.jpg


f0359879_01184525.jpg


ランチはビュッフェをやっています。

美味しいんです。💛

f0359879_01210473.jpg


朝食べてなくてお腹が空いていたので、お皿からはみ出しています…(〃▽〃)ポッ

ダイエット、ダイエットと騒ぎながら、デ〇の自覚がないですね…ったく(-_-;)



★若い頃痩せ過ぎで苦労したので、ポッチャリが悪いことだと思わない。(どちらかと言えば嬉しい)

★アメリカにいると周りを見て…「まだ大丈夫」と思ってしまう。

この2大悪があって、ダイエットがいまいち進まないのです…(;´・ω・)



f0359879_01584503.jpg

私達が行ったのは、隣町の「マユリ」です。



夜はヘルシーに和食

f0359879_01331191.jpg


f0359879_01332425.jpg



次の日は冷蔵庫の掃除を兼ねた餃子です。

f0359879_01333537.jpg



まだ中に数個は埋まっているし、きちんと並べていないのですが、

隣で夫が「お預け」を食らった犬のように見ているので、

「熱いうちにどーぞ!」と進めましたよ(;・∀・)



作った料理が直ぐに食べれないと、

夫は「クーン、クーン」と犬の鳴き声の真似までするんです(;´・ω・)。



はい、第2弾!

このお皿は、夫が先に作ったのを食べているうちに、近くへ避難させて並べました💦


f0359879_01334968.jpg


今日は焼き色がイマイチです。

カリッとこんがりきつね色が自慢なんだけどな~…(-_-;)


f0359879_01335949.jpg


シメジのみぞれ和えとブロッコリを添えて…



この日作った餃子のうち7個は私、

あとの全部(30個以上)は夫がペロリ!( ゚Д゚)

…ったく、デ〇の自覚がないんだから~!




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-02-12 03:52 | Comments(8)

雪景色と薪ストーブ



朝起きると、一面の雪景色…♡

ここはカナダに近いので雪が多いと思われがちですが、意外と少なく、

これだけの積雪は4~5年振りです。


f0359879_03520342.jpg

f0359879_03521856.jpg



夫が起きて来る前に、薪ストーブの灰を掃除し、

ガラス扉を磨いてから、緑茶を飲んで、

カメラ(スマホ)片手に、隣近所を歩いてみました。


f0359879_03524525.jpg

玄関から南側の歩道に出るところです。

f0359879_03525599.jpg

緩やかな坂を上ると、三叉路に出ます。

f0359879_03533688.jpg


三叉路に立った所、真ん前に見えるのは2つのコテージ風な家…


家の外観は雰囲気があって…たぶんこの辺で私が1番好きな家じゃないかな~?

f0359879_03532724.jpg

三叉路の右側


f0359879_03534656.jpg

三叉路の左側


f0359879_03531443.jpg


そして三叉路の真ん中にある坂を下って、我が家に戻ります。


f0359879_04112627.jpg


南門から入って裏庭へ、


f0359879_03523554.jpg

裏庭のアーチにもベンチに雪が積もっています。

f0359879_03540117.jpg



もう夫が起きて薪ストーブを焚いてるかな?と思いながら、家に入ってみると、

彼はまだ起きてない様子、自分で薪ストーブを焚きます。



薪ストーブに詳しい方に質問させて戴きたいことがあるのですが…

灰を掃除する時、少し残して置くほうがいいのか、

それともきれいに取ってしまう方がいいのか?いつも迷います。



灰は保温効果があるので、少し残しておく方が薪が燃えやすいかな?と思って、

残すのですが、どうなのでしょうか?

教えて頂けると嬉しいです。

f0359879_04255869.jpg


部屋が暖まって…やっぱり我が家が一番💕

今日は一日この部屋で、縫物その他をする予定です。





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-02-07 04:46 | Comments(2)

春を待つ庭




お天気が良い日、庭に遊びに来たリスに誘われて(?)…

私も裏庭の仕事でもしようかな~?と分厚いセーターを着たまま裏庭に出た。

f0359879_03025014.jpg


f0359879_03030753.jpg


ほったらかしだった押し車や、ワイン樽プランターの枯れた植物を片付けていると、

冷気がすごくて…

f0359879_03041231.jpg

(裏庭:ホワイトガーデンの木蓮)



春はまだ遠いような気がする。


f0359879_03043276.jpg

f0359879_03044369.jpg

(前庭:ドライブウェイのクリスマスローズ)

f0359879_03045693.jpg
f0359879_05171401.jpg


引っ越し前から同じ場所にある、

前庭ガレージ前のイベリスは推定30年以上の巨大株。


f0359879_03050887.jpg

(2年前に植えた芝生横のイベリスには花がついていた。)




前庭に廻って急いで写真だけ撮って、すごすごと家の中に退散。

やっぱりまだしばらくは、片付けやインテリアに集中しよう。

夜は久し振りに、”Blu Sardinia”(青いサーディニア)でディナー069.gif


f0359879_03072301.jpg


手術の前日に来て以来初めて…スタッフの人達が温かく迎えてくれた。

ここの人達は皆好きだが、中でも特に、水汲みやお皿を下げるだけの仕事をしている、

メキシカンの人達の屈託のない笑顔が好きだ。




皆いろいろ抱えていて、

トランプが大統領に就任してから、不安になっているでしょうに…

夫がちょっとしたスペイン語を使って話しかけると、彼らの笑顔が一層輝く✨




人種に関係なく、世界中の人が皆仲良くなれたらいいのに!


f0359879_03075083.jpg


「今日のスープ」を食べてみたら、ミネストローネに似てとても美味しかった。





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
by mimozacottage | 2017-02-03 04:00 | Comments(2)

室内楽コンサートとディナー(旅行、お出かけ部門)



夫の元上司で今は親友のPさん夫妻から、室内楽コンサートのお誘いが来ました。


私の足は2日前に抜糸が終わり、「普通の靴を履いてよい」と診断が出ていたので、

夫と二人、「お祝いを兼ねて行ってみようか?」と久しぶりの外出を決めました。

「何を着て行こうかな~?」ウキウキ✧♡


f0359879_03511530.jpg


最近お気に入りの帽子に合わせて、焦げ茶のニットドレスとベージュのカーディガン、

その上にベージュのフェイクファーコートを羽織り、

足元はバッグに合わせた茶色のブーツ…久しぶりに普通の靴で外出です♪~♬。



f0359879_03120178.jpg



会場に着くと、コートを掛けるハンガーラックが置いてあって、コートがズラッと並んでいたので、

私のもハンガーに掛けようと、コートを脱ぎかけたところ…



2~3mぐらい離れた所にいらした老齢の紳士がサッとかけ寄って来て、

「お手伝い致しましょうか?」の言葉と一緒に、私のコートに手を伸ばされます。

一瞬ビックリしましたが…「どうもありがとうございます!」喜んで手伝って頂きました。



見知らぬ紳士にコートを手伝って頂く機会は、私の場合日本では皆無でしたが、

アメリカやヨーロッパでは時々あります。

そんな時には少し遠慮があっても、「自分でできるから大丈夫」だと思っても、

お手伝いして頂くことにしています。



f0359879_03122321.jpg


幼い頃から「紳士道」を躾けるような家庭に育った男性にとっては、

(相手が見知らぬ女性であっても)コートを手伝うのは当たり前のことなので、

逆に断ったりすると、その方のプライドを人前で傷つけ、親切心を台無しにするからです。



それに自分にとっても、こういう時は…

ツルハシを使って庭をガンガン耕したり、生活臭ぷんぷんのパントリーを家に隠し持ってることを

一瞬忘れ…(^_-)-☆、レディになった気がして楽しいのです✨



f0359879_04274550.jpg



さて、私達がやって来たシアトル室内楽コンサートフェスティバルは、

毎年シアトルのダウンタウンで夏は3週間、冬は10日間位開催され、

その期間中は毎回違うプログラムで、クラシック中心の室内楽を楽しむことができます。



今日のプログラムは、J・ブラームス「ビオラとピアノのためのソナタ・Fマイナー」、

新鋭作曲家A・カーニス「永遠のシャコンヌ」、

B・スメタナ「バイオリンとチェロとピアノの三重奏・Gマイナー」でした。


f0359879_03142500.jpg



この中で、私はブラームスとスメタナが好きでしたが、

中でもスメタナが圧巻\(◎o◎)/!

会場にいる人もほぼ全員が、スタンディングオベーションをしていました。



そして、コンサート終了後は会場を出て、ディナーに繰り出します。


f0359879_03150536.jpg


私達のお気に入りの店、The Brooklynはコンサート会場近くにあります。

座ったのは奥のブース席だったので、

Pさん夫妻に断ってから、料理の写真を少し撮りました。

f0359879_01070749.jpg


夫が頼んだビールのサンプル

f0359879_03152140.jpg

シーザーサラダ

f0359879_03154682.jpg


マンゴーのシャーベット



Pさん夫妻と私たち夫婦は、長い間家族同然のお付き合いをしている気の置けない仲なので、

話題は自然に先の大統領就任式の話に…




アメリカの目先の利益を追いかけるのではなく、

「若い世代、そしてその次の世代のために綺麗な地球を残したい。」

こんな思いを持つ私達に、今できることは何だろう?…そんな話で盛り上がった夜でした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
by mimozacottage | 2017-01-25 01:03 | Comments(6)

屋根の上のリス




キッチンでラーメンを作っていると、

何やらフワフワした灰色っぽいものが視界に入ってきました。

f0359879_07540084.jpg


窓に近寄ってみると、一匹のリスが屋根にいます。

どれどれ(._.)、写真を拡大してみました。↓

f0359879_07553112.jpg




f0359879_07561781.jpg


あら!アタシのこと、見てるの?

ふふん(・∀・)アタシって…なかなか可愛いでしょ?


f0359879_07555736.jpg


まだ見てるの?

f0359879_07591256.jpg


いいわ、見せてあげるわ。アタシ、いろんなことできるんだから…(〃艸〃)ムフッ

f0359879_07595267.jpg


ほら、こうやってね~、屋根の上をスイスイよ~!

f0359879_08000490.jpg


もっともっと端のほうまで行けるわ~!行くわよ~(*^^)v!!


f0359879_08004129.jpg

オッ、トッ、トッ、トッ~!



ミモザ「あぁッ~(;゚Д゚)、落ちる!落ちるってば~!」

f0359879_08161057.jpg
f0359879_08171132.jpg


だ、大丈夫なんだから…


f0359879_08013417.jpg



ンもうっ~ヽ(`Д´)ノ!…ほっといてくれない!?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-23 03:20 | Comments(6)

アメリカ大統領就任式と”I have a dream”スピーチ



アメリカは今日大統領就任式を迎えた。

我が家はTVが壊れて修理に出しているので、私はPCを使ってCNNの中継を見た。

夫は「そんなもの、見たくもない。」と言って顔を背けた。



トランプのスピーチは小学3年生の語彙力のレベルで、

思いつきばったり、その時の感情をそのまま言葉にしただけのものなので、

多くの知的なアメリカ人は聞くに堪えないらしい。



私はアメリカ人ではないし知的でもないので、一応、「らしい」…と書いたが、

正直言って、彼やメラニア夫人のスピーチはあまりにもお粗末で、

ノンネイティブスピーカーの私でも聞くに堪えない。



オバマ元大統領やミシェル夫人の美しいスピーチと比べると、

明らかに雲泥以上の差があり、夫の気持ちはよくわかるが、私は一応、

彼が何を言っているかぐらいは聞くべきだと思って、我慢して聞いた。



就任式でトランプは、

「私ドナルド・J・トランプは、大統領としてアメリカ憲法を守ることに全力を尽くします。」

と宣誓し、次に宣誓書にサインをしてトランプ大統領が誕生した。

今日からトランプはMr. Trump ではなく、President Trumpと呼ばれる。



宣誓をしたのはいいが、

果たしてトランプが憲法を理解しているか、そもそも読んだことがあるかどうかも疑わしい。


f0359879_10294451.jpg


(アメリカの憲法:6年前カレッジの新学期に教科書を買おうと本屋で並んでいた時、
憲法を配って歩く人がいて、その人からもらいました。)




憲法と並ぶアメリカの最重要文書「アメリカ独立宣言」には、

「すべての人間は平等に作られている。」と記してあるが、



トランプは、アメリカ政治史上最も汚点とされる、日本人に対する人種隔離政策
(第二次世界大戦中、日本人だという理由だけで強制収容所に入れた)を

称賛すべき前例として引き合いに出し、

イスラム教国出身の人達に、かつて日本人にしたような登録制を義務付けようとしている。



また、トランプ政権の最重要ポスト(相談役)のバノンは、

「白人以外の人間は生まれながらの犯罪者である。」と発言するほどの邪悪な人種差別主義者である。


f0359879_10295420.jpg

(独立宣言:憲法の中に付録として入っています。)


2009年1月20日、私がアメリカに住んで2年半余りの時、アメリカ史上初の黒人大統領が誕生した。

その時生まれて初めて、アメリカ人のすることに心から拍手を送り、アメリカという国に誇りを持った。

アメリカは建国以来の長い年月をかけて、世界に誇るべき精神的財産をやっと勝ち得たと思った。



だから、昨年11月8日の選挙結果で、人種差別主義者の次期大統領が誕生した瞬間、

その貴重な財産は一瞬にして灰になった。



今日の大統領就任式のスピーチでトランプは言った。

「今まで一部の政治家の特権だった政治を人民のものに取り戻すんだ!」

それを聞く聴衆は熱狂して、大歓声を上げる。



息を吐くように嘘をつき、自己中心的な言動を繰り返す人物の口から出る、

こんな言葉をよく信じれるものだと、ただただ驚くばかりだ。

スピーチの持つ力は地に落ち、言葉の虚しさだけが宙を舞う。



アメリカは今週の初めに、黒人市民権運動に尽くしたキング牧師を記念する、

「マーティン・ルーサー・キング・デイ」を祝ったばかり。

アメリカで最高のスピーチと言われる "I have a dream" スピーチを改めて読んでみた。



”I have a dream” by Martin Luther King 1963年8月28日
(このスピーチの和訳は、アメリカ大使館のホームページを元にしています。)


…私には夢がある。それはいつの日かこの国が立ち上がり、
「すべての人間は平等に作られているということを自明の真実であると考える。」という
この国の信条を真の意味で実現させるという夢である。

私には夢がある。それはいつの日かジョージア州の赤土の丘の上で、
かつての奴隷の子供達とかつての奴隷主の子供達が、
兄弟として同じテーブルに着くという夢である。

私には夢がある。それはいつの日か、
不正と抑圧の灼熱で焼け付きそうなミシシッピ州でさえも、
自由と正義のオアシスに変わることができるという夢である。

私には夢がある。それはいつの日か、
私の幼い4人の子供達が肌の色によってではなく、
人格そのもので評価される国に住むという夢である。

私には夢がある。それは邪悪な人種差別者達、
洲権優位で連邦法実施拒否をする知事のいるアラバマ州でさえも、
いつの日か、黒人の少年少女達が白人の少年少女達と兄弟姉妹として手を取り合うという夢である。

(これはほんの一部の抜粋です。スピーチ全文はこちらから→アメリカ大使館のサイト



黒人として生まれ、幼い頃から様々な人種差別に苦しんだキング牧師は、

市民運動のリーダーになっても非暴力を貫いたが、1968年凶弾に倒れ39年の生涯を閉じた。



キング牧師の言葉は、一言一言が自分の人生経験から滲み出たもの、

彼の人生を慮ると、言わば命懸けで語った言葉だ。

口先だけで白人ブルーカラー労働者層を扇動する、大富豪のトランプの言葉とは重さがまるで違う。



時代が逆行したアメリカは、これからどこへ行くのだろう?

一期目の就任式直前(2009年1月)、オバマ元大統領の支持率は83%に達したが、

トランプ支持率は僅か39%である。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-21 11:13 | Comments(2)