カテゴリ:ワイン( 2 )

ワインの町の美しいワイナリー


ワシントン州のワイン生産高は、カリフォルニア州に次いでアメリカ第2位、

我が州は知る人ぞ知るワイン王国なのです。


f0359879_04051634.jpg


隣町のWoodinvilleという町には、ワイナリーや試飲ルームが240~250か所あり、

地元では「ワインの町」として有名です。

f0359879_04072251.jpg
f0359879_04064039.jpg


数あるワイナリーの中でも特に有名なのが、今年開設50周年を迎える

シャトー・サン・ミシェル(オフィシャルサイト→Chateau Ste Michelle)です。

(*オフィシャルサイトは、誕生日を入れると21歳以上の方のみアクセスできます。)



ここ数年の間に、建築家グループやワイン愛好家の方、

また、シアトル観光のついでに来られた観光客の方等、

日本からの訪門客にも何度か偶然、ここでお会いしたことがあります。


f0359879_04075218.jpg
f0359879_04080298.jpg

クリーンで洗練されたワインは、

日本人ワイン愛好家の間でも、近年静かなブームを呼んでいるとか…。


f0359879_04085754.jpg

ここでは1時間毎に開催される無料のワイナリー内ツアーがあって、

ワイン造りの工程を見学した後、3種(赤、白、デザート)ワインの試飲ができます。




私達は友人や家族がシアトルにやって来る度に、ここへ案内し、

何度も一緒にツアーを楽しんだことがあるので、

今日はそれはパスして、メンバー用試飲ルームへ行きました。


f0359879_04093010.jpg

メンバー用ルームの入口です。

f0359879_04100289.jpg


この中を進んでいくと、正面に私の大好きなステンドグラスがあります。

このステンドグラス、何度見ても飽きません。


f0359879_04244799.jpg

f0359879_04280670.jpg
f0359879_04284331.jpg

私はワインのことを語れるほど知識はありません。

味より雰囲気が好きなミーハーですが、

ソムリエからワインの蘊蓄を聞くのは、大好きです💛



夫は買いたいワインが決まったようなので、ショップに移動します。

f0359879_04322786.jpg

f0359879_04324409.jpg

f0359879_04330491.jpg

ワインやチーズ、小物などを置いているショップの入り口です。


f0359879_04331835.jpg
f0359879_04333846.jpg

ショップ内は生憎、開設50周年記念の大規模リノベーション中で、

カメラを向けると、あちこち工事中…(〃▽〃)

工事が終わったら、また来てみます。

f0359879_04393632.jpg
f0359879_04395177.jpg

午後3時台ですが、辺りは少し暮れかけて…楽しい気持ちで家路に着きました。

(*試飲はワシントン州の法律で許可される範囲内です。)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
by mimozacottage | 2017-02-04 05:08 | ワイン | Comments(6)

ワインの試飲と夫の手料理

f0359879_10013875.jpg


(天気がいいので、ベルギーレースを手洗いしてキッチン窓の処に干しました。)



久しぶりにお天気が良い日の午後、

ワインの試飲に行きました。



ワシントン州は、知る人ぞ知るワイン王国、

アメリカではカリフォルニア州に次ぐ第2の生産高を誇ります。

f0359879_10425131.jpg


  中でも隣町のWoodinvilleには 200か所前後のワイナリーがあり、

アメリカ国内やカナダだけでなく、

遠く日本からも、ワイン好きな方達が試飲に見えています。


f0359879_12322188.jpg

(シャトー・サン・ミシェル:Woodinvilleを代表するワイナリーで、
日本からのツアー客も多い。今日は行きませんでした。)




地元民である夫と私は、ワインクラブのメンバーになっていて、 

定期的に訪ねるワイナリーもあるのですが、


今日は「ワインパスポート」と呼ばれる 通行手形のような物を使って、

普段行く所とは別のワイナリーで試飲しました。





ワインパスポートは一冊50ドル(5000円ちょっと?)で誰でも買えて、


これを提示すれば、50か所以上のワイナリーで1回無料で試飲が出来ます。


(ワインの試飲は大体1回10ドルなので、お得です。)

f0359879_10431811.jpg



因みにワシントン州の交通法では、ある程度までなら、

飲酒をしても運転できるのですが、


私は飲まないに越したことはないと思っているので、

二人で試飲に行っても、一人分を注文して二人で分けます。


(夫の体重から計算して、2軒ワイナリーを巡っても、
法律で許されている量の半分かそれ以下にするようにします。

私は自分が運転する時には1滴も飲みません。)

f0359879_22522544.jpg


(最初行ったのがこのワイナリー、J. Bookwalterです。)


平日なので人が少なく、ゆっくりできました。


f0359879_23210995.jpg


はじめはシャイそうに見えたオーナーも、

こちらが質問をすると饒舌になり、ワインの特徴やワイナリーの歴史など

いろんな話を聞くことができました。


f0359879_23213313.jpg


f0359879_23220794.jpg


以前私は地元のコミュニティカレッジで イタリアワインのクラスを受講して、

終了証をもらったことがありますが、


ワインの薀蓄を語れるほど詳しくはないので、説明は省略します。
(ツルハシの使い方ならいくらでも語れますけどね^^)


個人的には、白はリーズリング、赤ならメルローが好きです。


f0359879_23344285.jpg


(Gorman Winery)



家に帰りついて、私は庭でガーデニングemoticon-0155-flower.gif

今日の夕食は夫の担当なので、

楽だわ~ ^^


f0359879_23365687.jpg


夫が作ってくれたのは、庭で取れたトマトやバジル、青じそをふんだんに使った

カプレーゼとパスタサラダ、

ワインは、夫はシャルドネ、私は今日の試飲ルームで買ったリーズリングです。



滝の音を聞きながら、食事をしました。

美味しかった、ありがとう~emoticon-0152-heart.gif










[PR]
by mimozacottage | 2016-07-23 00:03 | ワイン | Comments(4)