カテゴリ:ホワイトガーデン( 8 )

冬が来る前の裏庭



カナダに近いコテージの町、例年だとこの時期は霜が降りたり、

氷が張ることも珍しくないのに、今年は冬が来るのが遅い。



今日は午前中に仕事の資料作り、午後は裏庭の手入れをしました。

ここしばらく、前庭の芝生の草取りぐらいしかしていなかったので、裏庭で過ごすのは久しぶり。

f0359879_13145480.jpg


仕事の話があってから、庭に出ることは極端に少なくなって、

手入れが行き届かないので、

そんな庭を見たくなくて、意識的に目を逸らせていたような気がします。


f0359879_13194487.jpg


ホワイトガーデンの中、立ち枯れになった植物の茎や葉を取り払い、

落ち葉をサッと掃くと、思ったほど悪くない。

f0359879_13271507.jpg

f0359879_13202035.jpg

菊もまだ頑張っているし、
f0359879_13205072.jpg

エキセアナがことのほか元気です。

f0359879_13264533.jpg



種を蒔いて育てたスイートアリッサムは、茎が伸びてボサボサだけど、

このままにして、来年もまた同じ場所で楽しむことにしましょう。

f0359879_13342708.jpg
f0359879_13343865.jpg


西隣の塀の傍には桜草が咲いています。


f0359879_13150972.jpg


そして道具小屋の前の和風ガーデンは…

うちの敷地内に放置してあった(北側)お隣さんの大量の材木のゴミ、お隣さんがやっと片付けてくれたので、

悩みの種だった場所がスッキリ!


北隣との間には、春までにフェンスを立てる計画です。

久しぶりの庭仕事、あ~気持ち良かった~!




応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ



[PR]
by mimozacottage | 2016-11-29 13:58 | ホワイトガーデン | Comments(4)

辛子のハンギングバスケットとホワイトガーデン


おはようございます。

コテージの町はめっきり秋らしくなり、朝夕肌寒く感じられるほどです。



裏庭のプロジェクトに夢中で、しばらく忘れていた前庭をふと見ると、

ハンギングバスケットのベゴニアが半分枯れていたので、

路地に植え替え、



カラフルなオーナメント辛子5個とコリウス1個を使って、

秋仕様のハンギングバスケットを作ってみました。

f0359879_00373597.jpg


うちの庭の花を色分けすると、1番多いのが白、次にブルー系、その次にピンクで、

赤、黄色、オレンジの暖色系は極端に少なくなります。



白は家の壁にマッチするし、

いくら見ても見飽きないと言う理由で多用していますが、

毎年秋になると少し秋色が欲しくなるので、この時期から🎃にかけて、



庭がちょっとだけ秋模様になります。

f0359879_00175299.jpg


相変わらず✧白さ✧が輝く(?)、道具小屋横のホワイトガーデンでは、

夏に切り戻した花が咲き、

f0359879_00271439.jpg


草取りの合間に種を蒔いた、スイートアリッサムも花盛りです。

f0359879_00274329.jpg

(道具小屋方向から見るホワイトガーデン)



アリッサムと一緒に種を蒔いたカスミソウは、花が咲き始めた頃、

憎っくき
ウサギに全部食べられてしまった…(;´д`)トホホ

だけど、アリッサムがたくさん咲いたのでまあ良いとするかな~✨

f0359879_00280561.jpg

(ベンチ方向から見るホワイトガーデン)



春には可憐な白い花を咲かせるスズランは、

実がオレンジや赤に色づき、白い花々に交じって

ここだけちょっぴり秋模様です。

f0359879_00285121.jpg

f0359879_00283612.jpg



日本も少しは涼しくなったでしょうか?

皆様の周りの「小さな秋」をお楽しみ下さいね!





応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-09-10 01:15 | ホワイトガーデン | Comments(8)

カット、カット、カット


f0359879_22073822.jpg


雨の重みで倒れたり、花が終わって枯れ始めたり…

庭には、切らないといけないものがいっぱい!

昨日は今まで伸ばし伸ばしにしていた仕事をやりました。




本当はゆっくり、庭を楽しみながら切って行きたいのですが、

一つ一つ丁寧にやっていたら、間に合わないので、

庭をダ~ッと駆け足で回るような感じで、バサバサっと行きます。




最初はホワイトガーデンから…

おや、カサブランカが咲いています。

どれどれ、取り合えず写真を…

f0359879_22082300.jpg


さて、おさぼりはこのくらいにして、

早く仕事を片付けなくっちゃ…

今日の目標は庭中を カット、カット、カット、なんだから。




カット前の写真を撮っていたら、いつまでも仕事が進まないので、

ビフォーの写真は省略して、アフターだけを撮りました。




まずは白い桔梗から…

花殻を全部カットしたらこうなりました。

f0359879_22102411.jpg



その隣のリアトリスは、倒れてるのも枯れてるのもありません。

よしよし、

f0359879_22095309.jpg



バラの横のリアトリスは倒れているので、大幅にカット、

咲き始めたばかりなので、ちょっと勿体ないかな?と思いつつ、

バッサリやると、



今までその陰に隠れていた バラの顔が見えました。


f0359879_22182174.jpg


シャスタデイジーをカットしたら、

コーンフラワー(エキセアナ)とサマースイートが顔を出しました。

f0359879_22180072.jpg


f0359879_22514717.jpg



それにしても乱暴な切り方!…性格が出ていますね。

恥ずかしや。。。046.gif




次にローズ/ブルーガーデンへ行って、

ベルフラワーの花殻を全部カット、

f0359879_22184177.jpg

ああ、さっぱり、


ベルフラワーは思い出がある花なので、見る度に胸がきゅんとなります。

もう15年以上前のことですが、当時小学5年生だった息子が

ベルフラワーの小さな苗を私にプレゼントしてくれたのです。



その頃の息子は花に興味があるとは思えず、

「一体何を思って、これを私にくれたんだろう?」と

この花を見ると 今でも暖かい気持ちになるのです。



今は東京に住み、仕事であちこち飛び回っている息子、

昨日、庭のタイムの写真をLINEで送ると、

「わ!ラベンダー!すごい!頑張って植えたねェー!」と短い返事、



息子よ、あれはラベンダーじゃなくてタイムなの。^^

でも20代の息子が、私の頑張りを認めてくれるのは嬉しい。


f0359879_22190085.jpg

(ずっとほったらかしだったバラ≪赤の叫び:Screaming Neon Red≫もスッキリ)



あれやこれやカットしていたら、大きいバケツ4杯分、

普段は庭で花を楽しむことが多いのですが、切った花を捨てるのは勿体ないので、

あり合わせの花瓶に入れて飾ってみました。(滅茶苦茶ですよ)


f0359879_00161727.jpg

(今朝撮った写真です。)


それでは皆さま、よい一日を~



どなたか存じませんが、
応援して頂き、とても嬉しいです。
ありがとうございます。





[PR]
by mimozacottage | 2016-07-25 00:38 | ホワイトガーデン | Comments(4)

夕方のベンチで



f0359879_02544058.jpg




ベンチは、

緩やかな斜面になっている裏庭を上り詰めた所にある。


f0359879_00305507.jpg


(クリーム色と薄ピンクのグラデーションが美しい蔓薔薇:名前はたぶん「エデン」です。)



南門から来る時は、

バラのアーチをくぐり、

f0359879_03022474.jpg




北門から来る時は和風ガーデンを抜けて、

f0359879_00115517.jpg



ホワイトガーデンと ローズガーデンの間にある

散歩道を通る。




私は宗教を持たないし、天国も地獄も信じないが、

このベンチに近付く時、

f0359879_02552365.jpg




モーツァルトのピアノ曲を聞きながら、天国の階段を昇っていくような、


穏やかで幸せな気持ちになる。




f0359879_03205850.jpg




ここは私にとって特別な場所…



遠い国に住む子供達や、

もう手の届かないところにいる亡き家族を思いながら、

ひとりの時間を過ごす場所、



また、夕食後は夫と二人で、

ワイン片手に過ごす 世界で一番楽しい所でもある。



f0359879_08483938.jpg



夫がリタイアしてからは大体いつも一緒にいて

お互い、どんな一日を過ごしたかはわかっているので、

「今日の出来事」的な話題は何もなく、




「あ、ハミングバードがやって来たよ。」とか、

「今日の夕食の○○は美味しかったね。」とか、


そんな他愛のない会話を飽きることなく繰り返す。




f0359879_01181883.jpg




そんな時、

麗しい花の香りが風に乗って運ばれたりすると、

ワインも一層美味しくなる。



だからここには、

f0359879_02581213.jpg




白いヘリオトロープやパンジー、アリッサム…

f0359879_09265593.jpg




香りのいい花が多い。


f0359879_03002965.jpg




サンディアシア(Sundiascia) 学名:Diascia

色は白に近い薄ピンクで良い香りがする。



f0359879_09291307.jpg




ベンチの後ろはやさしい雰囲気にしたくて、

ピンクと白の花、

白い縁取りのあるオーナメントグラス
(Silver Sceptre Sedge学名:Carex Morrowii)を植えた。


f0359879_03030569.jpg




バラはこの家に元々あったもの、

剪定をして土にコンポストを混ぜたら、元気を回復した。


f0359879_01230275.jpg



名前は知らないが、

香水の原料になるのではないか?と思われるほどよい香りがする。


f0359879_03032635.jpg



ボルケーノ(Volcano:「火山」の意)学名:Phlox Paniculata

これもとてもいい香り…







毎日の暮らしで、たまには嫌な出来事にも出くわすが、



一日の終わりにこのベンチに座ると、

そんなことが何もかも、ちっぽけに見えて来る。








[PR]
by mimozacottage | 2016-07-22 02:16 | ホワイトガーデン | Comments(2)

バラ板壁の誘引やってみました!

f0359879_00423615.jpg



去年、ホワイトガーデンに植えた蔓バラのポールズ・ヒマラヤン・ムスク、
以前から(実は去年から;)、枝の誘引のことが気になっていました。


今年の5月頃、重い腰を上げて、バラ育成本で誘引の方法を調べてみると、

がっしりしたポールにワイヤーがついていたり、
ワイヤーが四方八方に整然と張り巡らされていたり…


ふむ、…なんだか大仕事。。。008.gif



これじゃ、ますます腰が重くなります。




試しに夫に手伝いを頼んでみると、
「うん、やっていいよ。」
…すぐに快い返事053.gif


ところが、彼は他の雑用で忙しくて、
3週間が過ぎ、4週間が経っても



何も始まらず…007.gif



バラはどんどん大きくなって行きました。


f0359879_00410641.jpg


そんな時、日本ブログ村「ナチュラルガーデン」の人気ブロガー、
のばらさんのブログでこんな記事を見つけました→「バラ板壁の誘引はこうやってます


目から鱗 005.gif  ヘェ~、そんな簡単なんだ~!


これなら私にもできるかも?! で、早速試してみましたよ。

f0359879_01464176.jpg



用意するものは、タッカーと麻ひも、鋏、それだけです。


このタッカーは、以前に椅子の座面張替えをしようとして買ったものの、
ぶきっちょな私には物凄くハードルが高い気がして、

全く使わず、長い間机の引き出しにしまい込んだまま…
そんな物を買ったことさえ忘れていたのです。
(値段も忘れました)



「おお、このタッカーにもやっと日の目が!」

まず、端材でタッカーの使い方を練習してから始めました。


この板壁に、

f0359879_01400292.jpg
タッカー針を打っていきます。

タッカーをした後で麻ひも(25センチくらい)を通すのは難しいので、
先に麻ひもを板壁に置き、その上からタッカーを打ちます。


f0359879_01403209.jpg

麻ひもでバラの枝を括って行きます。


f0359879_01405391.jpg


これを繰り返します。


私はバラ栽培の超初心者、
枝を板壁に誘引するのも初めてだったのですが、

なるべく枝の流れに沿うように気を付けてみました。


誘引後の写真です。
f0359879_01412503.jpg

f0359879_01414834.jpg

びっくりするほど簡単で、20分くらいで出来ました!


ポールズ・ヒマラヤン・ムスクは、
一季咲きのバラで、五月頃に小さな薄ピンクのバラが咲き始め、

その後、花の色は次第にホワイトに変わります。



強靭で虫や病気に強く、繁殖力も旺盛なので、
大きな壁やオベリスクでも覆いつくすそうです。



この板壁にびっしりバラが咲いたら、ここはバラの香りに包まれるのでしょうか?

想像するだけでワクワクします。056.gif


f0359879_01421711.jpg


のばらさんのブログは、コメントができないようになっていたので、
ここにお礼を書かせて頂きます。

「ありがとうございました!」











[PR]
by mimozacottage | 2016-07-13 02:56 | ホワイトガーデン | Comments(4)

ホワイトガーデンの手入れ



裏庭の一番奥に、
白い花を中心に集めた「ホワイトガーデン」があります。

f0359879_11022056.jpg

広がった小菊が他の花の成長の邪魔になっていたので、
数日かけて手入れしました。


下の写真は手入れ前です。

f0359879_11102161.jpg


右側の小菊は広がり過ぎて、横のリアトリスの成長の妨げになっているし、
左側のはだらりと倒れて見苦しい。



そこで…右側の小菊はカットして小さくまとめ、
左側のはそろそろ終わりなので、根元を残して全部撤去しました。

長い茎に凭れ掛かれてへなへなになっていたリアトリスも
小菊を取り除いた後はシャッキと元気になりました。



次に、白い花の咲く木や植物を集めて植え替えの準備です。


f0359879_11164450.jpg


ハチドリを呼び寄せると言われているサマースイートとマグノリア、
百日草、ピンボール、西洋石竹など…
色は全部白です。


一度植えてみると、これだけではまだ寂しかったので、
後日ダリアとダイアモンドフロストを足しました。


f0359879_12380345.jpg

ピンボール 学名:ガムファレナ(Gomphrena)

f0359879_12395285.jpg

百日草 学名:ジニア(Zinnia)

f0359879_12422986.jpg

ダイアモンドフロスト 学名:ユーフォービア(Euphorbia)


f0359879_12432953.jpg
アーチエンジェル 学名:アンジェロニア(Angelonia)


f0359879_12472412.jpg

スパイダー・フラワー 学名:クレオメ(Cleome)


f0359879_12530193.jpg

サマー・スプラッシュ 学名:二エレムバーギア(Nierembergia)


f0359879_12542751.jpg

ダリア 学名:ダリア(Dahlia)




そして、元々植えていたユリも作業期間中にちょうど見頃になりました056.gif

f0359879_11332311.jpg



私は白い鉄砲ユリが大好きなので、
もっとたくさん植えたいのですが、

園芸店、ホームセンター、カタログショップ…
どんなに探しても、この辺りには(アメリカ全土かも?)球根が売られていません。


どうしてかな?



白い鉄砲ユリはアメリカではイースターのお祝いに使われ、
イースター前には莫大な需要があります。

園芸店、ホームセンターはもちろん、食料品店等でも
百合の鉢植えが大量に店頭に並ぶので、


その鉢植えを売るために、


花屋さんと園芸店の間に協定のようなものがあって、
白ユリの球根が市場に出回らないようにしてあるのかな?と思ったりもします。



このユリは、昨年イースターが終わった後に、
半額になっていた鉢植えを買って来て、ここへ植え替えたものです。


f0359879_13300499.jpg

ここは元々トレーラーの駐車場になっていた場所なので、
ツルハシを使わないと花を植える穴が掘れません。

石拾いや土壌改良のコンポストを入れたりもしたので、

たったこれだけの植物を植えるのに数日もかかってしまいましたが、
取り合えず、第一段階の手入れが終わりました。


f0359879_13321195.jpg

ああスッキリ、幸せ~



[PR]
by mimozacottage | 2016-07-03 14:02 | ホワイトガーデン | Comments(2)

花びらの白い色は…シャスタデイジー



f0359879_05275540.jpg

シャスタデイジーが咲き始めました。
シャスタデイジーは香りがなく、風情もあまりないような花だと思いますが、
明るくて好きです。

我が家の裏庭には6株のシャスタデイジーがあります。
背が高くてどっしりとしているので、この花が咲くと庭が急に華やかになります。



f0359879_05274104.jpg
写真では分かりにくいのですが
高さを測ってみると、120センチ以上ありました。
(と言っても、標準がどのくらいかわかりません009.gif


f0359879_05271296.jpg

この花を見ると、

060.gif花びらの白色は、初恋の色~060.gif

という昔懐かしい歌を半ば自動的に口ずさみます。

古いですね~037.gif…歌も私も。




奥のベンチ周りにあるシャスタデイジーも満開です。


f0359879_05280808.jpg



ベンチ周りの写真を撮っていると、
近くにある剪定をしてないバラ056.gifが気になり、

写真を中断してバラの剪定、
バッサバッサと思い切りやっていたら…


オッと…まだ咲いているバラも切ってしまったので、
あとで部屋の中に飾ろうと、とりあえずベンチの上へ置きました。


…話はシャスタデイジーに戻ります。

ベンチの左側にあるのがこれで、

f0359879_05254168.jpg


右側にあるのがこれです。

f0359879_05264140.jpg

あとはホワイトガーデンに3株あるのですが、
一つは咲いていて、二つは蕾~2分咲きというところでしょうか?


全部咲いたら、
ホワイトガーデンがそれらしくなると思うので、
楽しみです。




[PR]
by mimozacottage | 2016-06-30 06:11 | ホワイトガーデン | Comments(0)

ジギタリスが見頃


f0359879_15285365.jpg

我が家の裏庭は7つのセクションに分かれています。

大小3つのキッチンガーデン、ローズガーデン、和風ガーデン、ボーダーガーデン、
そして物置小屋のそばにあるのは「ホワイトガーデン」です。



ホワイトガーデンは白い花で統一するのが普通なのかもしれませんが、
うちは違う色の花が少し混ざっています。

特に今は色とりどりのジギタリスが花盛り、
この時期、ここを「ホワイトガーデン」とは呼ぶのはちょっと無理があるかな?(笑)


f0359879_00400458.jpg

本当はここを白い花だけにしたかったのですが、
2~3年前、敷地内の他の場所から赤紫のジギタリスの種が飛んで来て、
勝手に根付いてしまいました。

最初は1本1本抜いていたのですが、
白だけの庭はちょっと寂しげな感じがするし、
少しはいいかな?ということで、今はそのままにしています。



ジギタリスの中でも、私のお気に入りは白とラベンダー色のグラデーション…
去年植えた真白いジギタリスと赤紫が混じったのかな?
それとも、元々こんな色なのかな?ちょっと疑問です。


f0359879_00392227.jpg


[PR]
by mimozacottage | 2016-05-20 01:15 | ホワイトガーデン | Comments(0)