カテゴリ:友人、ホームパーティ( 2 )

夫の元上司/親友夫妻のお宅でディナー



夫の元上司で今は親友Pさん夫妻のお宅に招待されました。

元々は今週中に何処かのレストランで、夫の誕生日を一緒に祝う予定になっていたのですが、

日程が決まっておらず、



夫と私の都合がよかった日、当日になって、「今日、一緒にレストランに行けますか?」と聞いたら、

奥様のKさんの親友Eさんが泊りに来ているから、

「レストランへ行く代わりに、うちで簡単なディナーをしない?」と誘われたのです。



モンタナ州に住んでいるEさんは知的な女性で、私もこれまで2度会ったことがあります。

たぶん私より年上ですがバリバリ働いておられ、今回は出張でこの町へ来たそうです。

私達はもちろん二つ返事でお邪魔させて頂くことにしました。


f0359879_23373417.jpg

(P家のダイニングルーム)

f0359879_23382559.jpg

(リビングルーム:左の方にある2つの彫塑はKさんの今は亡きお母さま、マーガレットさんの作品。
Kさんと兄Lさんが子供の頃の頭像です。)


f0359879_00012594.jpg

(マーガレットさんが育てていたクリスマス・カクタス)


このカクタス、実は我が家で育てているカクタスの親なのですよ。

数年前、マーガレットさんが亡くなる前に一茎だけ頂いたのが大きくなって、今も大事に育てています。

これを見るたび、最期までユーモラスだった彼女を思い出して楽しい気持ちになるのです。


f0359879_00021949.jpg

(我が家のカクタスはちょうど満開です。)


ワイン、社会の出来事、モンタナの自然や動物、環境のこと…次から次に話が弾みましたが、

こんな時いつも私は、英語力をあと一歩伸ばさなければ…と思うのに、

もう3年ぐらい同じ場所で踏み止まっている気がします。


f0359879_00015365.jpg

f0359879_00020548.jpg

(P家にある日本画のコレクション)


Eさんはテクニカルライターで仕事をバリバリこなし、

Eさんの旦那様Mさんは小説を書いておられますが、無名の方です。



Eさん夫妻は美しいモンタナの大自然の中で、好きなスキーや山歩きを楽しまれ、

夢のような暮らしをされていますが、

Eさんが言うには、Mさんは(作家になる)夢を追いかけることへの悩みが深いそうです。


f0359879_23423524.jpg


純文学で成功すること、それを目指して何十年も努力を続けること、

それがどんなに難しいことか…大体の想像はつきます。


f0359879_00081065.jpg


f0359879_00082178.jpg

(Pさん夫妻から夫へワインとビールのプレゼント。飲兵衛の夫にピッタリ過ぎる…)



夢をとことん追いかけるのは素晴らしいことだと思います。

ミモザもかつては小説家になりたいという夢を持ち、文学学校に通ったこともあったのですが、

今はもっと現実的なところで手を打つかな~?…なんて考えてしまいました。



例えば、ブログを書くとかね…(^_-)-☆、



好きなことを好きなように書いて、

文章がグダグダ長かったり、下手だったりするのに読んで下さる人がいて、

どなたか存じませんが、お手数なのに応援クリックも頂いて、

どんなに有り難いことかと思います。



大袈裟だと思われるかもしれませんが…

嬉しくて有難くて胸がきゅんとなるんですよ(≧▽≦)。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!

読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-06 04:44 | 友人、ホームパーティ

日本語を愛する若者たちとホームパーティ



日本にいる頃はファッションデザイナーだったお洒落な日本人友達、

Tちゃん家のパーティに参加しました。


この日のメンバー構成はちょっと変わっていて、

20代3人、30代2人、40代0人、50代1人、60代3人

若者5人にジジババ4人…(50代の人もジジに入れちゃってごめんなさい🙇)。



集まった人の国籍は日本人3人、アメリカ人5人、中国人1人、

合計9人のうち、7人が日本語を話すので、

英語と日本語が交互に飛び交う面白いパーティでした。



そもそもこのユニークな集まりは、

Tちゃんと私が参加している卓球クラブの広告を日本語のSNSに出したことから始まりました。

f0359879_01391139.jpg

(連絡をしてきた女性3人:Mちゃん、Tさん、Wちゃん
:このキッチンはTちゃん≪連絡して来たTさんではなく日本人友人Tちゃん≫のデザインです。)


日本語を話す若い女性3人(日本人、アメリカ人、中国人)が、窓口になったTちゃんに連絡して来たのです。

その女性達は、卓球よりも日本語を話すコミュニティに関心があったようですが、

とにかく、女性達全員で一度集りました。



その時、「今度はボーイフレンドや配偶者も交えて集まりましょうよ。」という話になって、

このパーティが企画されたのです。

f0359879_01383778.jpg

(後ろで腕組みをしているのは夫です。「まったく、近頃の若者ときたら……可愛いのう(・∀・)」)



この日集まった多くの人はお互い、初対面や2度目だったのですが、

まるで数年来の友人同士でもあるかのように、話が盛り上がりました。



日本語を外国語として学んでいる人達4人(夫も含む)の日本語は、ビックリするほど流ちょうで語彙も豊富、

それでも、もっと日本語を勉強しなくては…と口々に仰るのです。

日本語や日本文化をこんなにも愛してくれる若者がいるのを知って、嬉しくなりました。



ミモザも英語、もっと頑張らなきゃ…!(*^^*)

f0359879_01485457.jpg

(若者組)

f0359879_01490804.jpg

(写真撮影の邪魔にならないようにシャンデリアを引っ張っている、Tちゃんの旦那様Aさん)



日本語(英語)を学ぶ苦労や日本文化の独自性、

そして仕事は(Tちゃんと私以外)全員がIT関係という偶然もあって、

共通の話題いっぱいで、どんなに話しても話が尽きません。


f0359879_01095417.jpg

f0359879_01424279.jpg


(この日私が持参したのは稲荷ずし、イチゴ大福、ナスの蒸し焼き、抹茶ロール≪最後2つは写真無し≫)


1人のアメリカ人を除く全員が日本で暮らした経験があって、日本を懐かしく思っている人達ばかり。

日本語をしゃべり日本の食べ物を食べ…日本に帰ったような気分になって、

大袈裟に言えば…みんなで懐かしい家族に会うような時間を過ごしたのです。



夫も私も年代のギャップなんて、全然感じなかったけど…

そう思ってるのは、ひょっとしたらジジババ組だけ?(〃▽〃)



でも、Tちゃんが「アメリカで日本語を話すユニークなグループだから、

若い人同士はこれからも仲良くしてね。」と言うと、

「今度はみんなでカラオケに行きましょうよ!」と若者組がジジババ組を誘ってくれたので、

あながち一歩通行ではないのかも(≧▽≦)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-14 04:00 | 友人、ホームパーティ | Comments(10)