カテゴリ:年の取り方を考える( 1 )

石黒智子さんの「60代シンプルシックな暮らし方」でお洒落を学ぶ★



先日日本から取り寄せた本3冊のうちの1冊、

石黒智子さんの「60代シンプル・シックな暮らし方 それは小さな工夫の積み重ね」は、

家にある物や自分の持ち物について見直したくて買いました。


この本は8章に分かれていて、うち4章が住まいに関すること、

あとはお洒落、料理、庭、人付き合いに1章ずつ割いてあります。

お洒落についての章が面白かったので、今日はその話をします。


f0359879_04313639.jpg



帯タイトルに「持ち物は少し。豊かさは無限大。」とある通り、石黒さんのお洒落用品は少ないです。



中でもビックリしたのは、靴とバッグの数です。

お出かけ用の靴は黒のショートブーツ(冬用)とローヒール(一年中)の合計2足、バッグは1個だけ。

ブーツはドイツ製で、底を2年ごとに張り替えて大事に使っておられます。



ちなみにうちの下駄箱で私の物を数えてみたら、ブーツ7足、靴は8足でした。

この数が多いのか少ないのかわかりませんが、

石黒さんと比べればはるかに多いので、もっと数を減らし、気に入った物だけをとことん使いたいと思いました。




石黒さんは化粧も白髪染めもされず、ヘアカットはご自分でされています。




ミモザは今はヘナで髪を染めていますが、全部白髪になれば、染めないのもありだと思いました。

ヘアカットは年1回日本へ行く時の楽しみとして、銀座の美容院へ行くので、その時は別ですが、

こっちでは気に入った美容院が無いので、自分で切っています。



化粧は私も35歳までは全くしませんでしたが、

今は日焼け止めの意味もあって、外出時や庭に出る時にしています。



元々ナチュラルメイクだったのですが、春頃さらにメイク用品を断捨離して、

ファンデーション、チーク、眉ペンシル、リップクリーム、口紅だけにしました。



アイメイクを止めると、専用のブラシ・チップ類も必要ないので全部断捨離、

旅行も楽だし、洗面台の棚がスッキリしました。



信じられないかもしれませんが(笑)…アイメイクを止めてから、

いきなり私の容姿を褒めてくれるようになった、長年の友人(オーストラリア人男性)もいるんですよ(≧▽≦)


f0359879_04270673.jpg

(自室洗面台の収納棚:手作りラベンダーオイルを収納しています)


石黒さんは所謂基礎化粧品…化粧水も乳液も持っておられません。

それは私も同じで、自分で作ったラベンダーオイルを乳液代わりに使い、

アルバボタニカの日焼け止めを下地クリームに使っているので、持っている基礎化粧品はこれだけです。


f0359879_04265446.jpg


(アルバボタニカは環境にやさしいオーガニック化粧品で、
普通の日焼け止めが使えない私の姉もこれだけは使っています。)



化粧品を少なくしたからと言って、美しくなりたいと思わない訳ではないのですよ。

むしろ、年と共に美しくなることに興味が出てきました。



石黒さんは、「楽しい会話ができるように脳と心と体を鍛えることが大切、

人を老けさせるのは、不平不満を嘆くへの字に曲げた口元と眉間に寄せるしわ、愚痴と悪口です。」と書いておられますが、



私も人の美しさは表情や内面で決まり、生まれつきの外見に左右されるものではないと思います。

だから、笑顔や優しい表情でいられるように、いつも心を鍛えておくのが私の究極の美容法✨



楽しいことを考え、学び、感謝し、

人にも自分にも優しい気持ちになって、ジョークを言って一杯笑い、

状況が苦しくても何か小さな喜びを見つける…年と共に美しさを増す女性になりたいです。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-28 04:48 | 年の取り方を考える | Comments(6)