カテゴリ:キッチンガーデン( 9 )

美しいキッチンガーデンを目指して~西洋ツゲの挿し木




私が目指している美しいキッチンガーデンとは、ヘルシーで見た目にも美しいもの、

健康な土や野菜であり、庭全体と調和しているものです。




我が家の菜園は、健康な土や野菜については、

無農薬と有機肥料(コンポスト)で、理想に近づいている気がしますが、

見た目の美しさはまだまだ理想に遠く及びません。

f0359879_04560092.jpg
(一番大きいキッチンガーデンの周りには、現在5株の西洋つげを植えています。)



私の理想は、如何にも野菜畑という感じで土臭さがむき出しになっている菜園ではなく、

フランスの田舎にあるような、

西洋ツゲで縁取りされたエレガントなキッチンガーデン✨…




言葉ではイメージしにくいと思うので、

Portager Piterest さんから画像をお借りして来ました。

f0359879_06354715.jpg
(This image is borrowed from Portager Piterest)


上の写真の菜園の縁取りに使われているのが西洋ツゲです。

私の好みから言えば、この菜園は少し”作り過ぎ”のデザインなので、

欲を言えば、もう少し素朴な方がいいかな?




うちの一番大きいキッチンガーデンはこれよりずっとずっと小さいですが、

それでもぐるっと縁取るには、あと20株ほどの西洋ツゲが必要です。




それを全部苗で買うとなると、コストが掛かりますが、

それ以上に、1個1個プラスチックのプランターに入っているものを20個も買って、

プラスチックのゴミを増やすのには抵抗がありました。

(私は苗を買う時についてくるプランターはできる限りリサイクルに回していますが、
引き取ってくれない物もあるので、出来れば初めから買いたくありません。)





幸い西洋つげは、ヨーロッパやアメリカで最も愛されているブッシュなので、

本やビデオに挿し木のやり方がいっぱい出ています。




挿し木が成功するとコストはほぼゼロだし、

プラスチックごみを大幅に減らすことができるので、

ダメ元でやってみました。


f0359879_09125946.jpg

まず最初に、西洋つげをカットしたものを1~2日間水揚げさせます。



f0359879_00552865.jpg
f0359879_00554200.jpg
乾燥を防ぐために、先をちょっとだけ残して残りの葉は切り落とします。


f0359879_00555809.jpg


日本では売っているかどうかわからないのですが、

アメリカやイギリスでは「ルートホルモン」という植物用のホルモン剤(?)が売られています。

これを使うと根が出やすいそうなので、使ってみました。



f0359879_00561298.jpg

根は葉を切り落とした節の所から生えてくるので、

ルートホルモンを古いお皿などに少し出して、茎の先から葉の近くまでまんべんなく付け、

用意したプランターなどに刺していきます。


f0359879_05094405.jpg

(このプランターはリサイクルです。)


挿し木用の土があればもっといいのですが、

手に入りにくい場合は普通のプランター用の土で良いらしいので、私もそうしました。




明るくて直射日光の当たらない場所に置いて、

5週間~8週間も経つと(乾燥に注意)、根がしっかりするので、

あとは何処に植えてもいいそうです。


f0359879_05100467.jpg

(うちの南側にあるベランダ:
屋根がついているので直射日光が避けられます。)


f0359879_05320649.jpg


西洋ツゲの挿し木が大きくなって、

奥のキッチンガーデンを縁取る日が来るのは、何年後のことでしょう?

考えるとちょっと気が遠くなりますが^^…焦らず、納得の行く庭造りをしたいです。



では皆さま、幸せな一日を過ごしてくださいね!

Have a Nice Day!




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-08-25 04:59 | キッチンガーデン | Comments(4)

青じそでペーストを作りました!…夫がネ




青紫蘇が毎日毎日大量にできる我が家のキッチンガーデン、


f0359879_02151795.jpg


丸ごとの葉は刺身の飾り、紫蘇の天婦羅、餃子に巻いて、

細切りにした葉はスパゲティにかけて、蕎麦にかけて、ソーメンにかけて、冷やしうどんにかけて、

散らし寿司にかけて、ビビンバにかけて…



使っても、使っても、使っても…2日後にはさらに葉っぱが増えて復活します。

「使へども 使へども 猶我が青じそ減ってくれず ぢっと葉を見る」 by 石川夢木

f0359879_01123107.jpg



日本食品店で10枚パック入り青じそを買って、

1枚1枚、大事に食べていた頃には想像もできなかった、夢のような食卓✨



が、夢は何時でも終わりがありまして…

日本食が大好きで、特に青じそに目がない夫でさえ、emoticon-0103-cool.gif

日に日に嬉しい悲鳴を上げるようになってきました。emoticon-0104-surprised.gif



でも食べ物を無駄にするなんて私たちの辞書にはありませんから、

この夏2回目の青紫蘇ペーストを作りました!…夫がネ

f0359879_01265050.jpg


我が家では、ペーストなど保存食づくりは夫の仕事です。←(他の事も与作さん≪夫≫がしてるのと違うのん?)

(保存食作りは宅の趣味ざますから、任せてるざますのよ~、ホホホemoticon-0136-giggle.gif

f0359879_01270459.jpg

私はニンニクの薄皮を剥いて、

パルメザンチーズを5mmの 細の目切りにする手伝いをしました。


f0359879_01271648.jpg

「出来た出来た、早く写真撮って。」と与作が呼びに来ました。


う~ん、おい紫蘇う~ °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



このペーストはスパゲティにかけるとよく合うんですが、その他

ジャガイモのホイル焼き、ピザ、タコス、オムライス等に添えて食べても美味しいです。






応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-08-18 02:30 | キッチンガーデン | Comments(6)

イングリッシュガーデンに憧れた日々とそれを諦めた時

f0359879_02485989.jpg

(2013年6月我が家の裏庭:現在はジャガイモ畑になっている所ですが、
当時はイングリッシュガーデンでした。)




イングリッシュガーデンに憧れてガーデニングを始めた頃(7年ちょっと前)、

何をどうすればいいのやらさっぱり分からず、


イングリッシュガーデン作りの教科書になるような本を

オンラインで探して、これを見つけました。

f0359879_15183266.jpg

(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)


ターシャ・チューダーさんによる序文と

写真家でもあるガーデナー、マーガレット・ヘンセル(Margaret Hensel)さんの

美しい写真と文で構成されています。

f0359879_03314946.jpg
(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)



ターシャさんの庭やマーガレット・ヘンセルさん自身の庭、

イギリスのいくつかのコテージガーデンの写真など、

イングリッシュ(コテージ)ガーデンファンならどのページも楽しめるし、庭造りのヒントにもなると思います。

f0359879_03312999.jpg

(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)


本を購入当時、ガーデニングの超入門者だった私は、

この本に出てくる庭に植えられている花、ひとつひとつの名前を紙に書き出して、

園芸店に通い始めました。


f0359879_02194869.jpg
(我が家のハーブの道…元は曲線でハーブはありませんでした:2012年6月撮影)



買ってきた種や苗を イングリッシュガーデン予定地に少しずつ植えて行って…


f0359879_02210136.jpg


枯れた芝生だけの見苦しい場所が、

2~3年くらいで、裏庭の中で最も美しい場所に生まれ変わったのです。


f0359879_05435509.jpg

f0359879_02240168.jpg



2年前、

イングリッシュガーデンが理想に近づきつつあった頃のことですが…



当時通っていた大学の勉強が急に忙しくなって、庭の世話が追い付かなくなり、

あれこれ悩んだ末に、庭を諦めて大学を優先させようと決断しました。

f0359879_02220890.jpg


手のかかるイングリッシュガーデンの代わりに、シュラブ(低木)と芝生中心の庭にしようと考え、

ここを一旦全部更地にしてしまいました。

f0359879_05471469.jpg


その時は大学の勉強が一番大事だと思ったし、

自分の決断を後悔する気持ちは全くないのですが、

f0359879_02224472.jpg



体調を壊して休学し、たぶん大学にはもう戻らないだろうと考えている今…

昔の写真を見ると、複雑な気持ちになります。

f0359879_03490974.jpg

(2014年7月:大学が忙しくなり始めた頃)


昨日、久しぶりに”English Cottage Gardening"を手に取って、

序文を読み返してみました。



ターシャは言っています。

「アメリカでは、花よりもシュラブが多く植えてある庭をよく見かけるけど、

なんて退屈なのかしら! なんて想像力がないのかしら!



『でもシュラブは手がかからないわ。』って、その人達は言うけど…

本当に価値のある物は、何でも簡単ではないのよ。」

f0359879_07312198.jpg

(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)



…なるほど、初心に帰って、また頑張ってみようかな~?



ところで、更地に戻した場所がなぜ今はジャガイモ畑になっているのか?

話せば長くなるので、それはまた別の機会に…


それではみなさま、Have a Nice Day!  チャオemoticon-0105-wink.gif



応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-08-16 05:33 | キッチンガーデン | Comments(10)

掘った芋いじるな~ジャガイモの収穫


ジャガイモの茎や葉っぱが枯れて来たら、それは良い知らせ、

「もう、芋が出来てるよ。」のサインです。



夢子さん(ミモザ)のキッチンガーデンでも、

枯れてしまったのや、枯れ始めのやら、半々のやら…いろいろありました。

f0359879_00111210.jpg



夢子「今日はジャガイモ掘りをして、ブログのネタにしよっemoticon-0159-music.gif

庭に出ようとしたら、


背後で「ちょっと待った~!emoticon-0103-cool.gif」の声が…夫の与作です。



夢子「なに?emoticon-0108-speechless.gif

与作「ジャガイモ、俺に掘らして~、お願い!emoticon-0116-evilgrin.gif

夢子「いいよ。掘らせてあげるよ。emoticon-0108-speechless.gif


f0359879_00120111.jpg


食いしん坊の与作は、夢子さんのキッチンガーデンで野菜を収穫するのが大好き。emoticon-0111-blush.gif

f0359879_00130304.jpg


一人で頑張っている与作を 

夢子は今日も歌を歌って応援しましたよ。


「♪~ 与作は いィも ほォる~ ポテポテト~、ポテポテト~emoticon-0159-music.gif」by 夢子



妻の美声を聞くと、夫の仕事もはかどって…芋があとからあとから出てきます。

夫が掘った芋を夢子が拾い集めようとすると、

与作が言います。「掘った芋、いじんな。」

f0359879_00150386.jpg


ホッタイモイジンナ?

知らない人も多いでしょうね。特に40代以下の若い人達は…



その昔、与作(アメリカ人です)は日本の英会話教室で英語を教えていたのですが、

ある日本人の生徒さんから、このフレーズを聞いたそうです。


その人は、”What time is it now?”は言いにくいので、

代わりに「ホッタイモイジンナ…(掘った芋、いじるな。)」と憶えて、実際使っていたそうです。



当時、与作は英語を教えると同時に日本語を学習中、

英語と日本のギャグを考えるのが大好きだった彼にとって、



このフレーズはもう、大受け!…おぉemoticon-0103-cool.gif♪(ノ)’∀`(ヾ)、

忘れられない和製英語(?)として、頭の中に深く刻み込まれ、

今でも家で時間を聞く時に使いたがるのです。(夢子にとっては大迷惑なんですけどね。)




さてさて、与作のきょうの台詞「掘った芋、いじんな。」は、

文字通り「掘った芋をいじるな。」の意味でふざけて言ったのですが、



夢子はこれを当~然無視して、掘った芋をブリキのバケツに拾い集め、

与作&夢子夫婦の芋ほり大会は無事終了しましたとサ。


f0359879_00165665.jpg


正統派英語学習者の一言:ちなみに米語では、
時間を聞く時、普通What time is it now?とは言わないで、What time is it?と言います。

なぜ”Now”を言わないかというと、
Nowはわかりきっていることなので、それを強調したい時以外には使わないのです。




例えば、時間を気にしている時など、一度時間を訊いた後に、
しばらくたって、もう一度時間を確かめたい時がありますよね?

その時は、What time is it now?と言いますが、
”What time is it now?”という具合に、nowを強く言います。


f0359879_00160813.jpg

それではみなさま、Have a Nice Day!


応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-08-15 01:38 | キッチンガーデン | Comments(4)

ガーデニングの楽しみと家に帰る喜び



旅先で見たB&Bの広大な庭、それはそれで素晴らしいのだけど、

実は私が心を動かされるのは、愛情込めて育てられている個人の家のガーデンスペースです。

f0359879_01204630.jpg


庭の大きさや、そしてベランダとかコンテナとかそんな区別も関係なく、

愛されている植物を見ると心が和む。

路地裏の狭い空間に置いてある鉢植えに感動する。

f0359879_01235829.jpg


植物を育てながら感じる癒しや幸せ…それが伝わってくる庭が好きです。



大規模な庭園やホテルの庭は立派だけれど、言わばビジネス用で、

育てている人の愛や幸せが伝わって来る小さな庭には敵わない。

f0359879_01370788.jpg

ターシャの庭が人々の心を捉えて離さないのは、

そこに植物への愛や、自然を慈しむ心を見るからだと思う。


f0359879_01182048.jpg


そういう意味では、ターシャの庭も、 

軒先にプランターを並べただけの小さなガーデンスペースでも、

(規模が違うだけで)変わりがないのだと思う。



ガーデニングは、スペースや時間に余裕がある人だけの特権ではなくて、

植物を愛する心があれば、誰にでも味わえる楽しみだ。


f0359879_01200386.jpg


旅に出ると家に帰りたくなる。そして親しんだ庭に会いたくなる。

たった2~3日会わないだけだけど、その間にどう変わっているだろう?

そう思うとわくわくする。

f0359879_01184677.jpg


ハーブの道はあれからどうなっているかな?

f0359879_01191988.jpg

(上の2つの写真は今朝のハーブの道)


ホワイトガーデンに撒いたアリッサムとカスミソウは大きくなっているかな?

f0359879_01203031.jpg

f0359879_01201718.jpg

(3,4週間前に種を撒いたアリッサムは、もう白の魔法を見せてくれています。)


キッチンガーデンの野菜たちはどうだろう?

f0359879_01220531.jpg

f0359879_01175365.jpg

(家に到着した日に収穫した野菜)



旅先から家に帰り着くと、いつもドキドキしながら庭に向かうのです。

f0359879_01173075.jpg


ただいま~♪ 

そして本当に声に出して言います。

”I love you, my roses. I love you, my cucumbers. I love you, my apple trees. I love you, all of you!"

f0359879_01205792.jpg



植物を育てている方もいない方も、 良い一日をお過ごしくださいね!



応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-08-12 01:50 | キッチンガーデン | Comments(4)

☆憧れのトレリス☆



タワー型トレリスのあるキッチンガーデンは、長い間のemoticon-0171-star.gif憧れemoticon-0171-star.gifでした。



うちの庭は今でも土の中に石ころが無数にあるので、

毎年胡瓜の支柱に悩みます。



支柱にする竹や木の棒を地面に突き刺して、力自慢の私が思い切り力を込めて押し下げても、

途中で石にぶつかってしまうのかな?

中の方まで入っていかないので、グラグラとして頼りないのです。



胡瓜が大きくなって来ると、重みでよろけそうになっている支柱を 

何とかなだめすかして秋まで待つ…それを毎年毎年繰り返して、

いい加減飽きた私、そこで目を付けたのがタワー型トレリスです。




タワー型トレリスの良いところは、地中に埋めなくても

そのままでまっすぐ立っているという安定感、

もう一つは見た目の美しさ、



実は春先、隣町の園芸店に展示してあったタワートレリスを見て、

いいなあ~☆と憧れの目で見ていたんです。

でも庶民の私には、お値段が…



半額になるのをず~っと待っていたんですが、胡瓜はどんどん大きくなって、

日に日に自分が作った棒のトレリスが傾いてきたので、

旅行前に、「エイ、ヤ~ッ!」と清水の舞台から飛び降りるつもりで買っちゃいました。




もう嬉しくて嬉しくて☆彡…トレリスを抱えたまま、

すぐにキッチンガーデンに走って行って、据え付けました。



ジャーン!



f0359879_03443467.jpg

f0359879_03442503.jpg

夫に事後報告すると、「お、かっこいいじゃないか。」とあっさり、

…なら、最初から我慢するんじゃなかった。。





旅行から帰ってみたらキュウリが大きくなって、

すっかりトレリスに馴染んでいました。

f0359879_14413484.jpg



f0359879_03495630.jpg




応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-08-11 03:57 | キッチンガーデン | Comments(2)

小さな天国~ハチドリと庭のフルーツ



f0359879_13454602.jpg
(ブッドレア≪バタフライ・ブッシュ≫の花の傍を飛ぶハチドリ:ハチドリの撮影は全部夫です。)


11年前に今の夫と再婚した時、彼は言いました。


「これから二人で小さな天国を作ろうね。」

f0359879_13174045.jpg
(ブッドレアの蜜を吸っているハチドリ)


9年前にこの家を買った時は、


「孫達がいつでもやって来て、

遊んだり、

果物を木から取って食べたりできる庭があったらいいな。」と言いました。





夫は24歳で学生結婚をして、48歳の若さでおじいちゃんになったので、

私と再婚した時には既に小さな孫が3人いたのです。

f0359879_13464858.jpg



「リンゴやブドウが実っている小さな天国!?」



f0359879_13472502.jpg


そんな所に、夫と私のお互いの子供達や孫達、
(この時の私にとっては将来の孫でしたが、現在は私にも一人います。)

世界の何処かで苦しみを抱えながらひっそりと生きている見知らぬ人達も…



みんなが疲れた心や体を癒しにやって来て、

動物や鳥や昆虫達とも仲良くできたらいいなあ…



f0359879_13493338.jpg



そんな夢を持って、


トレーラー置き場だった裏庭の石ころを拾い、

枯れた芝生を剥がし、

固い土をツルハシでせっせせっせと耕して、



花を植えフルーツを植え、ハーブや野菜を植えていきました。



f0359879_13502682.jpg

(さくらんぼ)



ここ数年、庭や私を取り巻く状況も変化して、

停滞や後戻りもしていたのですが、

f0359879_13542287.jpg

(サーモンベリー)



今年の春、好きなことをとことん追求したくて、

庭作りの原点に戻ってきました。


f0359879_21262365.jpg

(ラズベリー)


「そうだ、ここに本当に小さな天国を作ろう!」


f0359879_13523653.jpg

(ブッドレアに止まっているハチドリ:
紫の花房の右上に止まっている黄緑っぽいのがそうです。)



そんな気持ちで、今年は

葡萄3本、キウイフルーツ2本、イチジク、
ナシ、リンゴ、ブルーベリーを植えました。

f0359879_14030473.jpg

f0359879_14033661.jpg

(葡萄とイチジク:ウサギの被害が酷いので、夫が作った鶏小屋のような囲いに入っています。)

f0359879_14065413.jpg
(キウイフルーツ:雌と雄)
f0359879_14073732.jpg

(梨:ちょっと元気がないので心配です。)

f0359879_22143728.jpg

(ブルーベリー)

f0359879_14140922.jpg

(リンゴ)



フランスでは酷い事件が起きましたね。小さな子供まで犠牲に…


ヨーロッパに娘夫婦と孫が住んでいるので、ゾッとしました。

犠牲になられた方のご冥福と怪我の被害に遭われた方のご回復をお祈りします。




私にできることは何だろう?

明日も、これから先もずっと…庭で自分の仕事をすると思います。




憎しみの連鎖を断ち切るには、一人一人が幸せに生きて

幸せの種を世界にばら撒くことだと信じているから。








[PR]
by mimozacottage | 2016-07-15 21:57 | キッチンガーデン | Comments(2)

キッチンガーデンの様子




北海道の札幌より緯度が高く冷涼なこの地は、

夏が過ごしやすい半面、
野菜の成長にはもうひとつです。



とは言いつつ、コテージの裏庭は日に日に夏らしくなって…
ゆっくりですが、野菜も成長しています。


f0359879_23374715.jpg

ラベンダーの道横にあるキッチンガーデンでは、
ミニトマトがやっと色付き始めました。



大きなトマトと中振りトマトが色づくのはまだまだですが、
だいぶ大きくなりました。

今年の春は割と暖かい日が続いたので、これでもいつもの年より成長が早いほうです。

f0359879_23375674.jpg
f0359879_23380462.jpg

その他、ピーマン、シシトウ等も実がなってきました。
f0359879_23381464.jpg
f0359879_23382299.jpg
f0359879_23383325.jpg

f0359879_23385159.jpg
今年、このキッチンガーデンには、

(ミニトマトも合わせて)トマト6本、ピーマン5本、シシトウ4本、
…ナス科の野菜だけをまとめて植えました。




その隣のキッチンガーデンでは、
ジャガイモが大きくなっています。

f0359879_23392147.jpg


奥のキッチンガーデンにはキュウリ、ネギ、バジル、青じそを植えています。


キュウリと青じそが大きくなっています。

f0359879_23373575.jpg


4月中旬に室内で種を蒔いて育てた日本の白イボ胡瓜です。

やっとここまで大きくなりました♪



f0359879_23371392.jpg



青じそは苗を買って植えたのと種から育てたのがあります。

種を蒔いた時にちょうど気温が上がらなくて…種から育てたのはまだ小さいですが、
苗から植えたのはすくすくと育っています。



f0359879_23325863.jpg



旅から帰った夫が、
大きく青々としている青じそを見つけて大喜び!
 
夫はアメリカ人ですが、青紫蘇が大好きなんです。emoticon-0118-yawn.gif

f0359879_01122447.jpg



昨日のメインは彼の大好物の天ぷら、

青紫蘇を大量に揚げました。emoticon-0167-beer.gif






[PR]
by mimozacottage | 2016-07-07 00:47 | キッチンガーデン | Comments(2)

至福の時~ラズベリーの季節


f0359879_07152416.jpg

自分の庭で熟したイチゴやサクランボ、
ベリー類を摘んで食べる時、極上の幸せを感じる。


サクランボとイチゴが終わって、
今はラズベリーの季節…

f0359879_11151972.jpg
f0359879_11172422.jpg


我が家のラズベリーは、店で売っているのとは違って野生に近い種類、
味も見た目も素朴で、

遠い昔、姉達と野山で食べた野イチゴに似ている。



f0359879_07084281.jpg
裏庭の隅っこ、隣家との境に7年前に1本だけ植えたラズベリー、

手前にあるキッチンガーデンを占領しそうなほどの勢いで増え続けるので、
広がり過ぎないように気を付けているが、

毎年この季節には、私1人では食べ切れない程の実がなる。

f0359879_07165180.jpg

食べるのを助けてくれる人がほしいところだが、

アメリカのフルーツ農家に育った夫は
ラズベリーを食べることには興味がなく、

ラズベリー摘みに夢中の私を
ちょっと離れたベンチから眺めている。

f0359879_11144573.jpg
・・・静かな至福の時。




[PR]
by mimozacottage | 2016-06-18 11:31 | キッチンガーデン | Comments(0)