<   2016年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

子供達への遺言と初めての松葉杖(くらし部門)

第一回プラチナブロガーコンテスト



昨日、12年前に亡くなった母が夢に出てきた。

母は新しく引っ越した自分の住まいに、私を迎え入れるための準備をし畳を新しくしていた。

さっぱりしたイ草の香りが、目覚める前の私の鼻にプンと届いたほどリアルな夢だった。




「出発前に、子供達へ遺言を残しておいた方がいいのかな?」

…半ば本気でそう思った。

昨日は足の手術を受ける日だったからだ。




手術そのものは簡単だから、子供達には知らせていなかったが、

朝、母の夢を見てから、

軽い手術と言っても全身麻酔を使うから、リスクが0%だとは言えないと思った。




とは言え、ぎりぎりの時間に起きたので、

身支度をしてから、シーツの取り換えやベッドメーキングで時間を取られ、

「遺言」を書く時間がなくなった。(法律関係の遺言は3年前に弁護士へ提出済み)




夫は言った。半ば笑いをこらえて、半ば真剣に…

「君の子供達のことは俺が最後まで見守るから、何も心配しなくていいんだよ。」

「ありがとう。」…私は本当に安心した。




病院での手術は11時過ぎに始まり、1時間ちょっとで終わった。

目が覚めると、麻酔科の医師が私の手を握り、

傍にいた3、4人の看護師さんもニコニコしながらこっちを見ていた。




「ミモザ、よく頑張ったわね。あなたは素晴らしい患者さんだわ!」

私は何も頑張ってない。

ただ眠っていただけだけど、握られた温かい手と笑顔が嬉しかった。


f0359879_07075107.jpg

(看護師さん達から頂いた寄せ書き)


次に「回復ルーム」に移って、

退院患者の世話をする看護師さんから、松葉杖の使い方の説明を聞いた。

「階段は松葉杖を使わないで、お尻と手を使って滑るように上がり下りすると楽よ。」




”Sounds Fun!(それは面白そうだわ!)"…私が言うと、

それまで真面目な顔で話していた看護師さんがプッと噴出した。




私の英語はまだまだ勉強中、

この10年間半余りのアメリカでのサバイバル生活は、主にユーモアで切り抜けてきた。

そばで聞いていた夫も笑った。


f0359879_07084418.jpg


家に帰ると早速、お尻と手を使って階段を滑り上がり、

瓦斯ストーブ近くのソファを自分の新しい本拠地に決めた。

ここだとキッチンにもベッドルームにも近くて、暖かい。


f0359879_07072486.jpg


夫は甲斐甲斐しく面倒を見てくれ、夕食にはピザを作ってくれた。

彼はいつも優しいが、手術を受けた後の私に対しては、まるでプリンセスのように扱う。


f0359879_07071082.jpg

(夫が作ったピザ:冷凍ピザではなく、ピザ専門店から生地を買い好みの具を乗せて焼いた。)




松葉杖は少し練習したら、うまく歩けるようになった。

脇の下に当たる部分に体重を乗せて移動するのでなく、

手と腕に力を入れて、腕で体重を支えながら移動すると上手くいくそうだ。




初めは難しかったが、言われた通りにやってみると体が安定し、

腹筋と腕の力を使う、良いエクササイズになると思った。

腹筋を使うのはダイエットに良いし、腕の力が強くなれば卓球に生かせる。




だけど仰々しいブーツを履いて、床の物を松葉杖の先で動かしたりする今の私は、

卓球選手というよりも、アイスホッケー選手に近い。

f0359879_07073797.jpg

(変な恰好でごめんなさい。しばらくはこの体勢で過ごさないといけないのです。)



ひと休みして夜になってから、

子供達にラインで手術のことを初めて知らせた。




ヨーロッパに住んでいる娘は休暇でパリに滞在中、

シンガポールに住んでいる下の娘は、忙しい仕事がやっと終わって一休み中、

末息子は台湾の出張が終わって、日本へ帰って来たばかり…




ふう~ッ…相変わらずみんな世界で羽ばたいてるね~!




パリに滞在している娘は、現地で小2の息子が熱を出したので、ホテルに缶詰めになっているそうな。

シンガポールの娘は電話をかけて来て、二人で2時間以上もお喋りをした。

息子は、「ダーウィンさん(夫)に良くしてもらって、安心してる。暖かくして休んで。」とラインをくれた。




「心の優しい子に育ってくれてありがとう!

あなた達の母親になれたことが私の1番の自慢です。」

子供達への「遺言」で言いたかったのはそれだった。





それでは皆様、今年はコメントや応援をたくさん頂いてありがとうございました。

皆様とお会いできて幸せでした。来年もどうぞ良いお年をお迎え下さいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
by mimozacottage | 2016-12-31 07:18 | 家族 | Comments(10)

キッチンパントリーの大掃除




仕事でクリスマスも休めないほど忙しかった娘から、

今から最低限の大掃除とお節の準備をするとメールが来ました。




じゃ、私も頑張らないと…重い腰を上げました。

「負うた子に教わる」とはこのことです。




今年やろうと思っていた大掃除はパントリー、地下の物置、自分の部屋です。

まずは一番気になっているパントリーから…

賞味期限の点検をしながら片付けた後、棚や壁に掃除機をかけて水拭きしました。




うちのパントリーは問題点が2つあります。

1.夫と私は全く違った料理をし、ソースやスパイスの好みも違うのでストックの種類が多い。

2.月2回行く日本食品店は品切れになると長い間補充がない…買いだめが多少必要。


f0359879_15071025.jpg


この2つの問題点で、パントリーはパンク寸前だと思っていましたが、

しっかり片づけてみると、少し余裕があります。

f0359879_04291249.jpg


全体像を撮ろうとすると、廊下の壁が邪魔になって斜めにしか撮れません。

f0359879_04174105.jpg

う~ん、空き箱収納なので、形が不揃いで色が煩い。

…「美しい収納」とは程遠いですね(-_-;)。


f0359879_04182198.jpg

(上から1段目と2段目)

f0359879_15082408.jpg

(3段目、4段目)

f0359879_15142331.jpg
(5段目、6段目:1番下はキッチンの掃除道具や空き瓶、ダイニングルームで使うキャンドル等を収納)




改善しないとといけない点は、5段目の端に置いたレジ袋用の箱!…2つもあります。

プラスチックゴミを増やしたくないので、普段は布製袋を持って買い物に行くのですが、

持ち合わせが足りない等、やむなく受け取ったレジ袋が溜っていました…反省(-_-;)




できるだけ環境を汚さないようにレジ袋を減らすには、このまま捨てるより、

何かに使って、あとは出来るだけ受け取らないこと。




私がこんなにプラスチックにこだわるのは、ハーブ研究家ベニシアの影響があります。

彼女は少しお姉さんですが、二人ともまだ20代の頃京都で出会いました。

環境保護のことをほとんど何も知らない私に、プラスチックの害を教えてくれたのが彼女です。




さて、これ以上食品のストックを増やさないことを気を付け、

将来的には、お揃いの整理箱を使って(木製か紙製?)、

色の煩くない美しいパントリーを目指したいです。




恥ずかしながら、私は片付けが得意ではありません。

もし、「こうやった方がいいのに…」と思われる方がいらっしゃいましたら、

アドバイス頂けると幸いです。



では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ







[PR]
by mimozacottage | 2016-12-29 05:02 | キッチン | Comments(10)

す~ごく欲しかったプレゼント (自由部門:楽しい家族)

第一回プラチナブロガーコンテスト



夫の日本人友人、Sさん一家の手作りクッキーが届いたので、

薪ストーブの上でコーヒーを温めています。

f0359879_22545502.jpg




クリスマスカードと一緒に、S家の子供達にささやかなプレゼントを送ったら、

そのお礼だと言って、

クリスマス当日に手作りクッキーを焼いて、持って来て下さったのです。


f0359879_22555023.jpg

今年のクリスマスプレゼント…


クッキーの隣はいちごトリュフ、後ろにあるのは手作りのイクラの醬油漬け、

この2つは夫の長男のお嫁さん、ユリちゃんからのプレゼントです。



クッキーは一つ一つ、チョコレートのアイシングがしてあります。

f0359879_22563707.jpg



絵がとっても上手だな~☆ 

それに甘さがアメリカのクッキーよりうんと控えめで、

私達にはピッタリの甘さ…美味しかった~☆彡





次に、夫から私への今年のプレゼントを大公開✨




ジャーン!




因みに、10年前は大きい大きいプレゼント…このコテージでした。




今年は何かな?何かな?




あ~、期待しちゃう(〃艸〃)




f0359879_22552550.jpg




ん?




f0359879_22551419.jpg





…近づいてよくみると、赤いリボンが付いています。




わ~(*_*)、ありがとう~!




これ、す~~~ごく欲しかったの(#^^#)





コンポスト作りに凝っている私は、キッチンの生ごみを無駄にしたくなくて、

庭の隅に穴を掘って生ごみを埋めています。




ゴミが出るたびに埋めに行くのは大変だから、

3回分程溜められる蓋付きのブリキのごみ箱が欲しかったんです。

夫は金物屋を何軒も回って、私が好きそうな物をやっと見つけたそうです。




これ、これ、これ!

こういうのがす~ごく欲しかったんだ!ありがとう~💛





では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね。





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-12-28 02:32 | 家族 | Comments(6)

ぢっさまがばっさまに作る夕ご飯 : その2



夏に夫の料理特集、ぢっさまがばっさまに作る夕ご飯 という記事を書きましたが、

その後も夫は週1~2回の割合で作っています。



彼はせっかちで(熱いものが冷めるのが嫌ということもあって)、作るとすぐに食べたがるので、

「おあずけ」を食ったワンちゃんのごとく、夫を待たせるのが忍びなくて…

写真をパスすることが多く、記事が書けません。



それでも素早く撮ったり、自分の分だけ別の場所に避難させて撮った物が幾つかあるので、

今日はその写真をちょっと公開します。



「ぢっさまがばっさまに作る夕ご飯:第2弾」です。

f0359879_03372527.jpg

ガスパッチョ、ラビオリ、ピーマンのグリル焼き

私が野菜スープが好きなので、冷たい夏の野菜スープ、ガスパッチョを作ってくれました。


f0359879_03342185.jpg
ムール貝の蒸し煮、サラダ、ズッキーニ・スープ

f0359879_03342906.jpg
ムール貝の蒸し煮、サラダ、ズッキーニ・スープ(上と同じです。)

(自分の分を避難させて、写真を撮りました;^_^A)



f0359879_03350956.jpg
パブの🎄持ち寄りパーティに持って行った、アスパラと生ハムのクロワッサン

(これは自分達のための取り置き分:元の生地は出来合いです。)



f0359879_03355385.jpg
トマトソースのラビオリとサラダ



f0359879_03373414.jpg
焼き鳥


焼き鳥をする時はいつも二人で作ります。鳥を串刺しにするのとたれ作りはミモザの担当、

夫のダーウィン(愛称:ダーリンの間違いではなく、「進化論」のダーウィン由来)が、

デッキのバーベキューグリルで焼きます。



f0359879_03341124.jpg


これも二人の合作です。

手前:紫蘇が大量に採れた日、エビフライを紫蘇巻きにしてみました。(ミモザ作)

向こう側:野菜のグリル焼き、いろんなソースがついています。(ダーウィン作)


では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!





応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-12-27 04:18 | 料理 | Comments(8)

クリスマス村



クリスマスイブは毎年、夫の元上司であり今は親友のPさん宅で過ごします。

Pさんの隣人や友人等、毎年20~30人、

うち2/3ほどは顔ぶれが決まっていて、年に1回家族のように集まるのです。


f0359879_04141007.jpg




P家の一人息子、ジャスティン君は長身でハンサムな医学生、

玄関で出迎えてくれた後は、私がコートを脱ぐのを手伝い、

家族用リビングルームまでエスコートしてくれます。



紳士的態度が板についている彼は、誰に対しても同じように振る舞います。


f0359879_04135314.jpg


このパーティに来る楽しみの一つは、

リビングルームの隅に毎年登場する「クリスマス村」を見ること。



今年27歳のジャスティン君が生まれた年に、この村の建設が始まり(私は彼が15歳の時からのお付き合い)、

毎年、家やアイテムが少しずつ増えて行って…

今ではこんなに大きい村になりました。


f0359879_04130372.jpg



この村に使われている信号器や街燈などは、

村の中にある発電所で自家発電しているというから驚きです。(発電所のアップ写真がないのが残念)

氷の張った川や氷柱になった滝も上手く表現されています。


f0359879_04132635.jpg


今年のパーティは夫の長男一家と友人の日本人ご夫婦も初めて参加、

日本語を話す人が夫と私以外に6人もいたので、

例年とはちょっと変わった雰囲気でした!(*^-^*)



f0359879_04160014.jpg
(夫の友人の奥さんNちゃんが作った巻きずし…綺麗で美味しかった~!)

f0359879_04150862.jpg

f0359879_04153468.jpg
(チリビーンズ:このダッチオーブンは、
今年9月、ミネソタのNovaさんご夫妻からプレゼントされました。)


夫が作ったチリビーンズは美味しくて、ほとんど売り切れ…やったね!(^^)!


f0359879_05021231.jpg


私が持参したのはティラミスとかぼちゃのサラダ…最近同じ物ばかりだけど、場所が違うから大丈夫でしょ(^^ゞ)

ティラミスは1日前に作って、一晩冷蔵庫で寝かせました。

全然自信がなかったけど…たくさんの人に「プロの味」なんて言われて嬉しかった✨




その他、夫の孫エミリーちゃんやクリス君と一杯お喋りしたこと、

2年前に知り合った方から、私の大学での勉強(休学中)について聞かれたこと、

話題は一杯あるのですが、長くなったのでこの辺で…






それでは皆様、幸せな一日をお迎えくださいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



[PR]
by mimozacottage | 2016-12-26 06:12 | 料理 | Comments(6)

パーティ、パーティ、パーティ★




クリスマスパーティの季節がやって来た。

この時期、アメリカでは何処でもかしこでもパーティをやっている。

(因みに米語では、パーティ好きな人を揶揄って”Party Animal"と呼ぶ。例:”He/she is a party animal.")




パーティの種類は主に2種類、

1つ目は「パブリック」なパーティで、2つ目は「プライベイト」なパーティだ。




パブリックなパーティとは…何かの集まりやクラブ(私の場合は卓球)のメンバー達に、

大抵、食べ物持ち寄りで参加が期待されているもので、

パブリックな場所で開かれる。




その日パーティがあることを知らないで、手ぶらで(食べ物を持たずに)来た人や、

初めて来た人がどうなるかと言えば…




そこは大らかなアメリカ!

もちろん、その場で飛び入り参加が歓迎されます☆彡

  


今年は5つのパブリックパーティのお誘いが来たが、そのうち3つに参加した。




最初は夫と一緒に、近所の馴染みのパブ主催「醜いクリスマス衣装を着て集まる会」に参加した。


f0359879_04133889.jpg

f0359879_04134961.jpg

(パブのオーナー・スティーブと夫…スティーブには写真掲載了承済みです。)




この日、夫はよれよれのパーカー、(彼の服はいつもよれよれですが…-_-;)

私は赤いクリスマス用(モミの木の刺繡入り)セーターを着て参加、

夫が作ったアスパラと生ハム入りのクロワッサンを持参した。




次に参加したのは隣町の「ジジババ卓球クラブ」、

卓球クラブに参加するのは、やっぱり中華系(中国、台湾、香港)の方が多いので、

持ち寄りパーティが滅茶苦茶美味しくて、その上食べ切れないほどたくさん!



f0359879_04275924.jpg


f0359879_04281513.jpg

(餃子を冷やさない特別のポットがあるんですね?!…流石。。)




私が持って行ったのは「かぼちゃのサラダ」…嬉しいことに全部売り切れ。




そして、本当は「見えぬが華」なんですが…パーティ終了後、こんな写真も撮りました。


f0359879_13150226.jpg


「よし、(目障りにならないように)遠目に写ってるぞッ!」

世界各国の元気なジジババ達に交じって、日本人は私一人…白いTシャツを着ています。



f0359879_04541199.jpg



ここはわが町にある「若いもんには負けんわい卓球クラブ」

実は私、今日がパーティだったことを忘れてたのですが、持ち寄りでなくて…セーフ(〃艸〃)






それでは皆様、楽しいクリスマスをお迎えくださいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ


[PR]
by mimozacottage | 2016-12-25 06:04 | Comments(2)

薪ストーブ愛好家クリスマスツリー


皆様、おはようございます。

日本は今日がクリスマスイブですね。

それにしても、新潟県糸魚川市の大火災のことでは心が痛みます。


f0359879_03180837.jpg



死亡者や重傷者がいらっしゃらないのが、不幸中の幸いと言えば幸いですが、

年の瀬が迫るこの時期に、

家やすべてのものを奪われた人達の絶望的な心情は、察するに余りあります。




クリスマスを楽しみにしていた子供達も多いことでしょう。

町の一日も早い復興と、

被災者の方々がその日までご無事で過ごされますよう、心からお祈り申し上げます。


f0359879_03172534.jpg


さて、クリスマスツリーの話ですが…

今年のツリーは小さいので、テーブルに置きました。



木の土台も板を張り付けた簡単な物、それをカバーするために薪や松ぼっくりを使って、

森をイメージした「薪ストーブ愛好家ツリー」を作ってみました。


f0359879_03165130.jpg

たかが松ぼっくりなのですが…

実はコテージの歴史が詰まっています。



巨大なコーンは、5年前長女一家が福島から避難して来た時に、娘と孫が隣町で拾って来ました。

細長いコーンは3年前まで前庭にあった樅ノ木、当時一緒に住んでいた息子が拾いました。

小さい松ぼっくりは10年前の引っ越しの時、前の家から私が拾って持って来ました。


こんな物に愛着を感じる私達母子…やはり血は争えない?


f0359879_03170286.jpg



飾り付けはここ数年、クリスマスライト(イルミネーション)だけとか、

白をテーマにしたものが多かったので、

今年は赤をテーマにしてみました。

f0359879_03174606.jpg

(クリスマスライトを点ける前)

f0359879_03173694.jpg

(ツリーの手前にあるのは瓦斯ストーブ、
奥で夫が薪ストーブを炊き始めたので、そろそろこっちは消します。)



最後にクリスマスライトを点すと、こんな感じになりました。


f0359879_03180837.jpg
f0359879_03175750.jpg


それでは皆様、楽しいクリスマスをお迎えくださいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
by mimozacottage | 2016-12-24 04:30 | 薪ストーブ | Comments(4)

シアトルで味わった天国のコーヒー


日本領事館に用事があったので、夫と二人でバスに乗ってシアトルへ行きました。


f0359879_10033796.jpg



冬枯れだけど、この季節の街はとても綺麗✨…と言っても、歩いた所は車ばっかりですが。。

シアトルに着いたのはちょうどお昼時で、領事館は昼休み中、

私達は先にランチに行きました。






”Vintage"という名のシックなホテル内にある

イタリアンレストラン、”TULIo”

f0359879_10133449.jpg

(Hotel Vintageのロビー)


f0359879_10135451.jpg


(TULIo:ホテル側の入口)


シアトルと言えば、”スタバ”の発祥地、

シアトル周辺はスタバがやたら多いので、人との待ち合わせにはよく利用しますが、

コーヒーの味は私的にはイマイチ、日本の喫茶店の方が断然美味しい☆彡




ところがこの日、TULIoに一歩足を踏み入れると…瞬く間に芳醇な珈琲の香りに包まれ、

突然日本の珈琲専門店に迷い込んだような錯覚を覚えた。




そしてウエイターさんに飲み物を聞かれると、

夫も私も迷わず「コーヒー」と答える。


f0359879_10141381.jpg


シンプルな本物の☕カップに入っているのも嬉しい。

アメリカのカフェでは、

寸胴のマグか、紙(発泡スチロール)カップで出てくることが多いから(-_-;)。



で、コーヒーをひとくち口に運ぶと…(* ̄▽ ̄)フフフッ♪~

ここは天国?~(* ̄▽ ̄)……本当に実際に日本の珈琲専門店の味がしたのです!!



ついでに料理も紹介すると、

f0359879_10143601.jpg



夫が頼んだのは、4種類のトッピングがピザの1/4ずつを占めている「変わりピザ」


f0359879_10145491.jpg



私が頼んだボンゴレのリングイニ(パスタの種類)…どちらも飛び切り美味でした。

ついでにウエイター君も超イケメンでしたよ。(うちの夫には負けますがね…('◇')ゞ)




いやいやそれは置いといて…コーヒーの話、

自分がカフェインに弱いということも忘れて3倍もお代わりし、

領事館へ行かなくても、シアトルに来た値打ち十分!(^^)!




領事館はその後ちゃんと行きましたけどね…

f0359879_10112398.jpg

(領事館が入ってる建物の中庭)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。↓
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-12-23 14:10 | レストラン・カフェ | Comments(2)

友人、家族への今年のクリスマスプレゼント

f0359879_08591903.jpg


私自身は買い物嫌いですが、人にちょっとしたプレゼントをするのは好き☆彡

今年も外国(アメリカから見た)に住む家族や友人へ、ささやかなクリスマスプレゼントを送りました。



クリスマス前のアメリカの郵便局は大混雑するし、届くのに時間がかかるので、

いつも早めに発送します。(今年は12月9日に発送済)




プレゼント選びは難しい。

どんな物が喜ばれるかわかりにくいし、1回喜ばれた物でも毎年同じ物ではつまらない。

私が好きなのは、カレンダーの贈り物…

実用的だし、毎年新しい物が必要だから。




祭日は国ごとに違うので、アメリカのをもらっても困るという人には無駄だが、

綺麗なカレンダーは壁飾りになるし見るのが楽しい、と結構評判がいい。




9月に行ったミネソタの「ローラ(大草原の小さな家)博物館」で買ってきたカレンダーは、

信州に住む親友に送りました。




彼女は私のブログを読んで、

子供の頃、「大草原の小さな家」の大ファンだったことを教えてくれたのです。

カレンダーには「小さな家」に出てくる料理のレシピもついています。

喜んでもらえるかな~?


f0359879_09210865.jpg




カナダで買ったブルーのアンゴラのマフラーは、いつもいろいろ世話になっている姉に…

色白の姉に似合いそうな色のカシミアのセーターや、シルクのスカーフも少し混ぜて。




そして下の娘には絵本…この記事を読んで、

「私もその本を買いたい。」と言ったので、彼女の分と上の娘にも同じ本を送った。

二人共30代ですが、絵本が大好き✨ 

昔、皆で一杯本を読んだよね~!


f0359879_12535667.jpg



3冊お揃いの赤いレシピノートは、娘2人と私自身のために買った。

子育てや仕事で忙しい娘達が、料理も楽しめるようにと願って…

そして、「気持ちだけでいいから。」って言われたお小遣いも添えた。





でもね、娘たち…

あなた達が子供の頃、私にくれたクリスマスプレゼントほど貴重なものは無いの。




貧しいシングルマザーの私が子供達に渡せたお小遣いは、いつも雀の涙ほど…

そのお小遣いを貯めて、家族が何を喜ぶかを一生懸命考えて、

自分たちの全財産のほとんどを使って、いつも贈り物をしてくれたね。

何にも替えがたい、それはそれは貴重な贈り物だった!




そして息子…男の子には(もう20代後半ですが;;)どんな物を贈ればいいのかわからないので、

最近はお小遣いだけになっているけど、

末っ子の君もいつも精一杯考えて、家族に贈り物をしてくれたよね。




若くして母になった私は、未熟な失敗だらけの母親だったが、

子供達はみんな、心の優しい子に育った。

そして大変な環境でも一生懸命頑張って、私の支えになってくれた。

子供達がいたからこそ頑張って来れたし、今でも学ばされることが一杯だ。




こんなささやかなプレゼントでも、大喜びしてくれるから贈り甲斐がある。

贈り物をして幸せをもらっているのは、実は私の方かもしれない。





それでは皆様、幸せな一日を過ごしてくださいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。↓
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-12-22 09:20 | 家族 | Comments(6)

薪ストーブ争奪戦に負けた後ラーメン作り


f0359879_01575257.jpg



朝目が覚めて最初に考えることは毎日同じ、「さて、薪ストーブを磨かなくっちゃ。」

薪ストーブは炎が見えると楽しいので、私は前面のガラス扉をいつも透明にしておくのが好き。

誰でもそうだろうと思っていたら、そうでもない。




夫は朝起きるとすぐにストーブに突進して🐗(←イノシシ)、

ストーブ内に溜まった灰や、ガラス扉に付いた黒い煤も全くお構いなしにガンガン焚き始める。

綺麗好きで、キッチンの片づけや掃除は率先してやるのに、何故ストーブは汚くても平気なの?




とにかく、炎が見える綺麗な薪ストーブを楽しみたかったら、夫より先に起きないといけない。

ストーブを一度焚き始めると、ガラス扉はすぐに高温になって水拭きするのが怖いから。

毎日の早起きは、夫との薪ストーブ争奪戦に勝つためにしているようなものだ。




さて、普段は大体この争奪戦に勝つけど、今日はヤラレタ…( ノД`)




目が覚めると夫はもうガンガン焚いていた。

ガラス扉は半分以上煤で真っ黒、中途半端な炎しか見えない…( ;´・ω・)

仕方がないのでストーブ周りだけを掃除して、昼になってからラーメンを作った。


f0359879_02130945.jpg



ストーブでの煮炊きは楽しいし、燃料の節約にもなるので、

私は冬場の料理はできるだけストーブを使う。

f0359879_02115777.jpg



麵は茹でると吹きこぼれるので、その時だけ鍋をガスコンロに移すが、

あとはゆで卵もスープを作るのも全部ストーブを使う。

そうすると何故か達成感があるというか、気持ちがいい。


f0359879_02245122.jpg



はい、出来上がり~!

薪ストーブで作ったラーメンは、特別美味しいんですよ~…ナンて( ̄∇ ̄;)




では皆様、幸せな一日を過ごしてくださいね!


応援して下さる方がいると励みになります。

いつもありがとうございます。









[PR]
by mimozacottage | 2016-12-21 02:54 | 薪ストーブ | Comments(6)