<   2017年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

お気に入りのタイ・レストラン



シアトル近郊はアジア人の人口比が多いので、タイフード・レストランがあちこちにあります。

一口に「タイフード」と言っても、店によって味や雰囲気が異なり、

浮き沈みが激しいように思います。


f0359879_03354104.jpg



隣町にある私達のお気に入りのレストラン、Bangkok Basil

(味がイマイチであまり流行らなかった)別のタイ・レストランがつぶれた後、

同じ場所を使って、5年前にオープンしました。

f0359879_03383029.jpg


こじんまりして、メニューの数もそれ程多くないのですが、

どんな物を食べても文句無しに美味しく、家庭的な温かい雰囲気、



他のアジアンレストランによく置いてある

プラスチック造花の代わりに、生きた観葉植物が置いてあって、

何より、客席や御手洗いが格段に清潔なので、開店以来の馴染みのお店です。



f0359879_03412738.jpg
f0359879_03541674.jpg

(カウンター:ここでテイクアウトも注文出来ます。)



私達がやって来たのは夕方の早い時間、

他に客が誰もいなかったので、バシバシ写真を撮らせて頂きました。

f0359879_03494453.jpg


f0359879_03493055.jpg


この日頼んだアペタイザーは、生春巻きとフィッシュケーキ、

フィッシュケーキは日本のさつま揚げに似ていますが、ピリ辛で甘いソースをつけて頂きます。

f0359879_03500638.jpg



私の一番お気に入りのアントレーは、ムール貝のイエローカレーなのですが、

今日はちょっと違うものを食べたくて…シーフードのグリーンカレーにしました。

夫は鴨のイエローカレーです。


f0359879_03535029.jpg


「さて、今日も美味しかったね~♪」

夕食時になり、お客さんが続々と入って来たので、

私達はそろそろ家に帰るとするかな?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-01-31 04:18 | レストラン・カフェ | Comments(4)

我が家のキッチン




キッチンと言うと、よしもとばななさんの小説「キッチン」を思い出す。

本が手元にないので、内容を確かめることができないが、

主人公は、キッチンが好きでたまらない女性だった。



以前、私はその女性に似て、

キッチンで時間を過ごすのが好きでたまらなかった。


f0359879_10311661.jpg

(10年前、コテージに引っ越して3ヵ月頃のキッチン)



ショールームのように、カウンターの上に何一つ物が無く、

何処も彼処も冷たいまでに磨かれたキッチンではなく、



使い込まれた道具があるべき所に置いてあって、

家族のために作る温かいご飯の匂いがしてくるような、

ちょっぴり生活感のあるキッチンが好きだ。


f0359879_02100528.jpg


f0359879_12092009.jpg


アメリカでは、キッチンの冷蔵庫や食洗器などの家電は、家具ではなく、

家の備品とされ、家を買えばそのまま家について来るので、

最初使っていた白い食洗器と冷蔵庫は、この家に元々あったものだ。



その後、ガスレンジの上に電子レンジを取り付け、

半年ほどで食洗器、5年後には冷蔵庫が壊れたので買い換えた。

その時、すでにステンレスが主流になりつつあったので、どの電気製品もステンレス製を選んだ。


f0359879_12100781.jpg


ステンレス製品の機能性と清潔感は良いと思うが、

温かみが無い感じは否めない。


f0359879_12051842.jpg



今は料理に凝ってる夫にキッチンを占領されていることが多く、

(彼は食事の後片付けも自分でしたがるので)

私がキッチンで過ごす時間はとても少ない。



だが時々、普段彼が掃除しない場所を丁寧に掃除したくなる。

昨日はキャビネットを拭き、ガスレンジとシンクを磨き、

食洗器の中を洗った。

f0359879_11511859.jpg

全部終わらせると、すっきり…ああ、いい気持ち。

やっぱり私はキッチンが好き💛




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-01-30 03:24 | キッチン | Comments(4)

毎日が結婚記念日(くらし部門)




貧しい農家の8人兄弟の長男として生まれたぢっさま、

6、7歳の頃から新聞配達や親戚の果樹園で働いて家計を助け、勉学に勤しみ、

大人になってからは、日米技術翻訳やコンピューターエンジニアとして、ず~っと働き詰めでした。


f0359879_03151600.jpg
(ダイニングルームで夕食をする時は、キャンドルを灯してロマンチックに…)




2年前に退職してからやっと自由な時間が出来て…料理が趣味になったのです。



f0359879_17524971.jpg

ポテトスープ


f0359879_18524308.jpg

f0359879_17534275.jpg

トマトバジルスープ




f0359879_02132719.jpg

f0359879_02131943.jpg

(食べる直前に剥く生牡蠣)



正直で働き者の両親から譲り受けた、実直さそのままのぢっさまは、

性格も外見も飾り気がなく、所謂「カッコ良さ」や「お洒落」とはまるで無縁。



なのに、綺麗なものが大好きな(本当は若い)ばっさまに作る料理は、

どんどんお洒落になっていきます。

ああ見えてぢっさま、実は根っからのロマンチストなのかもしれません。


f0359879_19175047.jpg

パブの持ち寄りパーティに持って行った卵料理:Deviled Eggs


f0359879_02122636.jpg

f0359879_02121766.jpg


ポレンタ(トウモロコシ粉を使ったイタリア料理)、ローストポーク、野菜



昨日は赤いバラを2ダース買って来て、(本当は若い)ばっさまに手渡し、

いきなり、「結婚記念日、おめでとう!…」と言うのです。

f0359879_18504437.jpg



「あれま( ゚Д゚)、ぢっさま!…もう認知症が始まったとな?結婚記念日は半年先だんべ。」

(本当は若い)ばっさまが驚くと、



ぢっさま、首を振りながら笑って…こう言います。

「いんや、ばっさま…ばっさまとの生活は、毎日が結婚記念日なんじゃよ。」


(*日本語の方言は、ぢっさまが昔住んだ日本の地方都市で習い、≪本当は若い≫ばっさまに教えたのですよ。)

f0359879_18532201.jpg

(1回目の結婚記念日、ぢっさまからの贈り物「イタリアの街」)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
by mimozacottage | 2017-01-28 04:04 | 家族 | Comments(16)

収納に凝るのを「良い趣味」だと理解した夫




「パントリーの収納を考えてワクワク♪」を書いたすぐ後で、

ふと自分の机を見ると、あるものが目に入りました。




クリスマスプレゼントにもらったアマゾンのギフトカード、

まだ使っていなかったのです!!

早速パントリーのサイズを測って、収納用のバスケットを注文しました。



f0359879_13063575.jpg


最初に届いたのがこれ、


f0359879_13062482.jpg


次に届いたのがこれで、同じ物が6個。

ちょっと赤いな。。焦げ茶色を想像していたんだけど…まあ、いっか~(#^^#)


f0359879_01543562.jpg


その次はこれです。



そしてガラス瓶は絶対、

今持っているものと同じ種類で統一したいな~✨


f0359879_01544792.jpg



現在パントリーには、こんなのが大小3個ずつあります。

以前買ったお店のオンラインで在庫情報を調べてみると…近くのお店には置いてなくて、

街の中心地にある支店まで行かなくてはいけない。



「困ったな…008.gif」私はその辺りを運転するのが怖いのです。



ダメ元で夫に相談してみると、「いいよ、行ってあげるよ。」とすんなり。

「あれ?ほんとにいいの?」実はここ最近、収納にのめり込んでいる私を 

冷たい目で見てるような気がしたから、意外でした。(*_*)



「私が収納に凝るの、ダーウィンは嫌なのかと思ってたよ。」

「いや、最近ね…収納は『君の新しい趣味』だとわかったし、中々良い趣味だと思うよ。」



朴訥な夫は、収納スペースは物を入れる所だから、物が収まりすればよいと考える人。

自分の外見もとんと気にしない人なので、

収納が綺麗だろうが、滅茶苦茶だろうが気づきもしない。



収納に使っている生活臭ぷんぷんの空き箱を前に、「こんな収納で悲しい…」と嘆く私に、

「何が悲しいの?これでいいじゃないか?」とさらなるダメ押しが…( ノД`)。



(私を悲しい気持ちにさせる、問題の空き箱はこれです。↓ )

f0359879_02251631.jpg


外見にこだわり過ぎたり、「物置が片付いてない。」と妻に小言を言う男性よりは、

夫のように何も気づかない男性のほうがずっと好みだから、

良いって言えば良いんだけど…



出来れば…家を素敵にしたいっていう気持ちを

ちっとは理解してほしいと思ってたのよね。



「ヤカン空き箱収納の悲しさ」が元で、妻は収納に目覚め、

夫は妻への理解が深まって…メデタシ、メデタシ👏

これから二人で買い物に行って来ます。016.gif



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-01-27 03:06 | キッチン | Comments(6)

自家製チャーシュー&味玉で作ったラーメン



隣町にある日本式のラーメン屋さん、輝月ラーメン居酒屋

味玉(味付けゆで玉子)がすごく美味しいので、家でも同じようなものを食べたくて…

自家製チャーシュー&味玉作りに挑戦してみました。


f0359879_12435546.jpg

(「輝月」のゆず塩ラーメン:この日はキクラゲをトッピングに追加)



チャーシューは先の記事(こちら→自家製チャーシュー)に書いたので、

今日は味玉の作り方です。



1.チャーシューを作った後、スープをしっかり冷ます。

2.半熟玉子を作り、氷水で冷やしてから殻を剝く。

3.玉子をチャーシューのスープに漬け込み、丸一日冷蔵庫で寝かす。

(*玉子の黄身は余熱で調理されてしまうので、玉子もスープもしっかり冷やしてから使います。)


f0359879_12442037.jpg


半熟玉子は玉子を入れたお湯が沸騰したら、火を止め、5分間そのままにするのですが、

私はついうっかり、7分間も鍋の中に置いてしまいました。

思ったより硬い半熟玉子になったかな?…残念(・・;)




1個だけちょっと切ってみようっと…



f0359879_12440860.jpg


まあ、ギリギリ半熟と言ってもいいかな?




夫がジムから帰って来る時間を見計らって、ラーメンを茹でるお湯を沸かし、

トッピングを用意し、スープを作って…

彼の帰りを待ちましたが、30分経っても帰って来ません。




「あれ?まだ帰って来ない。お腹空いたな~…よし、もう作っちゃって、先に食べるかな?」

ラーメンを茹で始めると、「ガチャガチャ…」夫が玄関のカギを開ける音が聞こえます。

まあ、ほんとにいつもどこで匂いを嗅ぎつけるやら…




彼は昼御飯ができる頃、ぴったしに家に帰って来るのです。


f0359879_12443350.jpg



夫「う~ん、こりゃあ…ダメだ、反則だ、美味過ぎる!

俺はもう、「輝月」に行かなくてもいいよ。」



やった~!大成功☆…私はまた「輝月」に行きたいですけどね。(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-26 03:30 | 料理 | Comments(10)

室内楽コンサートとディナー(旅行、お出かけ部門)



夫の元上司で今は親友のPさん夫妻から、室内楽コンサートのお誘いが来ました。


私の足は2日前に抜糸が終わり、「普通の靴を履いてよい」と診断が出ていたので、

夫と二人、「お祝いを兼ねて行ってみようか?」と久しぶりの外出を決めました。

「何を着て行こうかな~?」ウキウキ✧♡


f0359879_03511530.jpg


最近お気に入りの帽子に合わせて、焦げ茶のニットドレスとベージュのカーディガン、

その上にベージュのフェイクファーコートを羽織り、

足元はバッグに合わせた茶色のブーツ…久しぶりに普通の靴で外出です♪~♬。



f0359879_03120178.jpg



会場に着くと、コートを掛けるハンガーラックが置いてあって、コートがズラッと並んでいたので、

私のもハンガーに掛けようと、コートを脱ぎかけたところ…



2~3mぐらい離れた所にいらした老齢の紳士がサッとかけ寄って来て、

「お手伝い致しましょうか?」の言葉と一緒に、私のコートに手を伸ばされます。

一瞬ビックリしましたが…「どうもありがとうございます!」喜んで手伝って頂きました。



見知らぬ紳士にコートを手伝って頂く機会は、私の場合日本では皆無でしたが、

アメリカやヨーロッパでは時々あります。

そんな時には少し遠慮があっても、「自分でできるから大丈夫」だと思っても、

お手伝いして頂くことにしています。



f0359879_03122321.jpg


幼い頃から「紳士道」を躾けるような家庭に育った男性にとっては、

(相手が見知らぬ女性であっても)コートを手伝うのは当たり前のことなので、

逆に断ったりすると、その方のプライドを人前で傷つけ、親切心を台無しにするからです。



それに自分にとっても、こういう時は…

ツルハシを使って庭をガンガン耕したり、生活臭ぷんぷんのパントリーを家に隠し持ってることを

一瞬忘れ…(^_-)-☆、レディになった気がして楽しいのです✨



f0359879_04274550.jpg



さて、私達がやって来たシアトル室内楽コンサートフェスティバルは、

毎年シアトルのダウンタウンで夏は3週間、冬は10日間位開催され、

その期間中は毎回違うプログラムで、クラシック中心の室内楽を楽しむことができます。



今日のプログラムは、J・ブラームス「ビオラとピアノのためのソナタ・Fマイナー」、

新鋭作曲家A・カーニス「永遠のシャコンヌ」、

B・スメタナ「バイオリンとチェロとピアノの三重奏・Gマイナー」でした。


f0359879_03142500.jpg



この中で、私はブラームスとスメタナが好きでしたが、

中でもスメタナが圧巻\(◎o◎)/!

会場にいる人もほぼ全員が、スタンディングオベーションをしていました。



そして、コンサート終了後は会場を出て、ディナーに繰り出します。


f0359879_03150536.jpg


私達のお気に入りの店、The Brooklynはコンサート会場近くにあります。

座ったのは奥のブース席だったので、

Pさん夫妻に断ってから、料理の写真を少し撮りました。

f0359879_01070749.jpg


夫が頼んだビールのサンプル

f0359879_03152140.jpg

シーザーサラダ

f0359879_03154682.jpg


マンゴーのシャーベット



Pさん夫妻と私たち夫婦は、長い間家族同然のお付き合いをしている気の置けない仲なので、

話題は自然に先の大統領就任式の話に…




アメリカの目先の利益を追いかけるのではなく、

「若い世代、そしてその次の世代のために綺麗な地球を残したい。」

こんな思いを持つ私達に、今できることは何だろう?…そんな話で盛り上がった夜でした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
by mimozacottage | 2017-01-25 01:03 | Comments(6)

屋根の上のリス




キッチンでラーメンを作っていると、

何やらフワフワした灰色っぽいものが視界に入ってきました。

f0359879_07540084.jpg


窓に近寄ってみると、一匹のリスが屋根にいます。

どれどれ(._.)、写真を拡大してみました。↓

f0359879_07553112.jpg




f0359879_07561781.jpg


あら!アタシのこと、見てるの?

ふふん(・∀・)アタシって…なかなか可愛いでしょ?


f0359879_07555736.jpg


まだ見てるの?

f0359879_07591256.jpg


いいわ、見せてあげるわ。アタシ、いろんなことできるんだから…(〃艸〃)ムフッ

f0359879_07595267.jpg


ほら、こうやってね~、屋根の上をスイスイよ~!

f0359879_08000490.jpg


もっともっと端のほうまで行けるわ~!行くわよ~(*^^)v!!


f0359879_08004129.jpg

オッ、トッ、トッ、トッ~!



ミモザ「あぁッ~(;゚Д゚)、落ちる!落ちるってば~!」

f0359879_08161057.jpg
f0359879_08171132.jpg


だ、大丈夫なんだから…


f0359879_08013417.jpg



ンもうっ~ヽ(`Д´)ノ!…ほっといてくれない!?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-23 03:20 | Comments(6)

ぢっさまがばっさまに作るお洒落な夕ご飯



体型はクマのプーさんで、流行やオシャレにはとんと疎く、

外来語よりも純粋日本語、「スパゲティ」のことを「うどん」と言いたがる夫は、

顔さえ見なければ、「浪速のおっさん」そのもの。



ところがこの「おっさん」的な夫、クラシックとジャズと語学の勉強が大好きで、

料理をすれば、なかなかお洒落であります。



お洒落な料理を見れば、目が💛になる妻(ばっさま)のために、

いそいそと買い物に行き、じっくり長い時間をかけて料理を作ります。

では、最近のぢっさまの奮闘振りをご覧くださいね。




f0359879_02123848.jpg
野菜サラダ、ムール貝のスパゲティ

f0359879_02125827.jpg
f0359879_02124658.jpg

オルゾスープとタラのカマ焼き



「オルゾ」というのはパスタの一種、形は米粒に似てサイズは米より少し大きめです。

発祥地はイタリアですが、現在はトルコ、ギリシア、イスラエル等で食されているそうです。


f0359879_02131065.jpg

ゴールデンビートスープ、サラダ、ステーキ

ゴールデンビートスープは色が綺麗で、味も薄味で旨味があって…もう最高でした☆



因みに、ばっさまが昔むかしに作ったゴールデンビートスープの写真があるので、

比べてみると…↓

f0359879_02262043.jpg

なんと!ぢっさまのスープの方が色がずっと綺麗なのです✨

う~ん、ヤラレタ…(*ノωノ)



夫は自分のフェイスブックにこの料理を載せて、

友人の日本人女性から「レシピが欲しい。」と言われていました☆彡



そして、自分のコメントにこう書いておりました。

「評価が厳しい妻から、『今日は美味しい』と言ってもらえた。やったー!」



自分ではいつも「美味しい!」と言ってるつもりだったのに…

私は評価が厳しいのか!?…それは良くないですね、深く反省。。

いつも、すっごーく美味しいよ~(≧▽≦)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-01-22 02:54 | 夫の料理 | Comments(8)

アメリカ大統領就任式と”I have a dream”スピーチ



アメリカは今日大統領就任式を迎えた。

我が家はTVが壊れて修理に出しているので、私はPCを使ってCNNの中継を見た。

夫は「そんなもの、見たくもない。」と言って顔を背けた。



トランプのスピーチは小学3年生の語彙力のレベルで、

思いつきばったり、その時の感情をそのまま言葉にしただけのものなので、

多くの知的なアメリカ人は聞くに堪えないらしい。



私はアメリカ人ではないし知的でもないので、一応、「らしい」…と書いたが、

正直言って、彼やメラニア夫人のスピーチはあまりにもお粗末で、

ノンネイティブスピーカーの私でも聞くに堪えない。



オバマ元大統領やミシェル夫人の美しいスピーチと比べると、

明らかに雲泥以上の差があり、夫の気持ちはよくわかるが、私は一応、

彼が何を言っているかぐらいは聞くべきだと思って、我慢して聞いた。



就任式でトランプは、

「私ドナルド・J・トランプは、大統領としてアメリカ憲法を守ることに全力を尽くします。」

と宣誓し、次に宣誓書にサインをしてトランプ大統領が誕生した。

今日からトランプはMr. Trump ではなく、President Trumpと呼ばれる。



宣誓をしたのはいいが、

果たしてトランプが憲法を理解しているか、そもそも読んだことがあるかどうかも疑わしい。


f0359879_10294451.jpg


(アメリカの憲法:6年前カレッジの新学期に教科書を買おうと本屋で並んでいた時、
憲法を配って歩く人がいて、その人からもらいました。)




憲法と並ぶアメリカの最重要文書「アメリカ独立宣言」には、

「すべての人間は平等に作られている。」と記してあるが、



トランプは、アメリカ政治史上最も汚点とされる、日本人に対する人種隔離政策
(第二次世界大戦中、日本人だという理由だけで強制収容所に入れた)を

称賛すべき前例として引き合いに出し、

イスラム教国出身の人達に、かつて日本人にしたような登録制を義務付けようとしている。



また、トランプ政権の最重要ポスト(相談役)のバノンは、

「白人以外の人間は生まれながらの犯罪者である。」と発言するほどの邪悪な人種差別主義者である。


f0359879_10295420.jpg

(独立宣言:憲法の中に付録として入っています。)


2009年1月20日、私がアメリカに住んで2年半余りの時、アメリカ史上初の黒人大統領が誕生した。

その時生まれて初めて、アメリカ人のすることに心から拍手を送り、アメリカという国に誇りを持った。

アメリカは建国以来の長い年月をかけて、世界に誇るべき精神的財産をやっと勝ち得たと思った。



だから、昨年11月8日の選挙結果で、人種差別主義者の次期大統領が誕生した瞬間、

その貴重な財産は一瞬にして灰になった。



今日の大統領就任式のスピーチでトランプは言った。

「今まで一部の政治家の特権だった政治を人民のものに取り戻すんだ!」

それを聞く聴衆は熱狂して、大歓声を上げる。



息を吐くように嘘をつき、自己中心的な言動を繰り返す人物の口から出る、

こんな言葉をよく信じれるものだと、ただただ驚くばかりだ。

スピーチの持つ力は地に落ち、言葉の虚しさだけが宙を舞う。



アメリカは今週の初めに、黒人市民権運動に尽くしたキング牧師を記念する、

「マーティン・ルーサー・キング・デイ」を祝ったばかり。

アメリカで最高のスピーチと言われる "I have a dream" スピーチを改めて読んでみた。



”I have a dream” by Martin Luther King 1963年8月28日
(このスピーチの和訳は、アメリカ大使館のホームページを元にしています。)


…私には夢がある。それはいつの日かこの国が立ち上がり、
「すべての人間は平等に作られているということを自明の真実であると考える。」という
この国の信条を真の意味で実現させるという夢である。

私には夢がある。それはいつの日かジョージア州の赤土の丘の上で、
かつての奴隷の子供達とかつての奴隷主の子供達が、
兄弟として同じテーブルに着くという夢である。

私には夢がある。それはいつの日か、
不正と抑圧の灼熱で焼け付きそうなミシシッピ州でさえも、
自由と正義のオアシスに変わることができるという夢である。

私には夢がある。それはいつの日か、
私の幼い4人の子供達が肌の色によってではなく、
人格そのもので評価される国に住むという夢である。

私には夢がある。それは邪悪な人種差別者達、
洲権優位で連邦法実施拒否をする知事のいるアラバマ州でさえも、
いつの日か、黒人の少年少女達が白人の少年少女達と兄弟姉妹として手を取り合うという夢である。

(これはほんの一部の抜粋です。スピーチ全文はこちらから→アメリカ大使館のサイト



黒人として生まれ、幼い頃から様々な人種差別に苦しんだキング牧師は、

市民運動のリーダーになっても非暴力を貫いたが、1968年凶弾に倒れ39年の生涯を閉じた。



キング牧師の言葉は、一言一言が自分の人生経験から滲み出たもの、

彼の人生を慮ると、言わば命懸けで語った言葉だ。

口先だけで白人ブルーカラー労働者層を扇動する、大富豪のトランプの言葉とは重さがまるで違う。



時代が逆行したアメリカは、これからどこへ行くのだろう?

一期目の就任式直前(2009年1月)、オバマ元大統領の支持率は83%に達したが、

トランプ支持率は僅か39%である。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-01-21 11:13 | Comments(2)

本当は薪ストーブで作りたかったチャーシュー



ラーメン好きの私達夫婦がこの町に住んで嬉しいことは、

隣町に日本式のラーメン屋さんがあること。

そこのラーメン屋さん、これがまた美味しいのですよ!(^^)!



家でラーメンを作る時も、そこの味やトッピングを真似しながら作ります。



トッピングの中で私が一番好きなのは味付け卵、

中は半熟なのに、味がしっかり染みついているのが長い間不思議だったのですが、

最近ついにその謎が判明013.gif … 遅い?('◇')ゞ



卵を半熟に茹でて、タレにつけておくだけ。中でもチャーシューを作った後のタレが良いらしい。

以前からチャーシューも作ってみたかったので、

二つまとめて作っちゃおうっと、今朝頑張りました。

f0359879_03045775.jpg



こんなものは本当は薪ストーブでコトコト煮込むと楽しいのですが、

最近気温がちょっと高くて…



我が家が薪ストーブを焚くのは、うんと寒い時だけ。

そうでないと、室温が上がり過ぎるというのもありますが、

CO2の排出をできるだけ抑えることと、薪の節約のためです。



私としては夫の薪割りの負担を減らしたいので、

寒くない時にはなるべく薪ストーブを焚かないで、ガスストーブで凌ぎたい。



そういう訳で、きょうはガスコンロの上にダッチオーブンを乗せて、

コトコト煮込みました。



f0359879_04152374.jpg

冷蔵庫の残り野菜で、旨味が出そうなものをザクザクと切ります。
(我が家は玉ねぎ、ネギの青い部分、セロリを使用)


f0359879_03043622.jpg


今日は豚肉の代わりに鶏肉を使いました。

タコ糸で固く縛ってまとめた鶏肉+残り野菜+ニンニクと生姜を1かけずつを

ダッチオーブンに入れて、水、チキンスープ、調味料を加えます。

(ダッチオーブンがない時は普通の鍋で全然OK)


f0359879_03045775.jpg

途中2~3回鶏肉をひっくり返しながら、30~40分ほど煮込めば出来上がり。


f0359879_03050726.jpg


一日寝かせると美味しくなるらしいので、冷ましてから冷蔵庫に保存します。



材料は覚えやすいように、鶏肉以外「1」か「半分(0.5)」という数字にしました。

お好みで適当に変えて下さい…このままの材料で「鶏肉1㎏」もありかも?


鶏肉:650g(もう少し多くてもいい)
残り野菜:適宜
水:1カップ(あればチキンスープを半々に入れるか、鶏がらスープの素を少々)
減塩醤油と出し醤油半々:1カップ
酒:1カップ
味醂:半カップ
ニンニク、生姜:1片

f0359879_03474904.jpg


試食用に、一番小さいのを切ってみました。

柔らかくてジューシーで、とても美味しかった~!+ 超簡単(^_-)-☆

(長くなったので、味付け玉子はまた今度)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
by mimozacottage | 2017-01-20 04:07 | 料理 | Comments(6)