<   2017年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ハチドリの写真


庭にやって来たハチドリの写真が撮れました。撮影は夫です。

お楽しみ下さい。

f0359879_05180222.jpg

f0359879_05190352.jpg

f0359879_05192608.jpg

f0359879_05193948.jpg

f0359879_05194970.jpg

f0359879_05200196.jpg

f0359879_05201460.jpg

f0359879_05202390.jpg

f0359879_05203602.jpg

f0359879_05204537.jpg




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-31 05:28 | 裏庭全体

挿し芽したゼラニウムを植え替え


挿し芽で根付いたゼラニウムを庭に定植しました。

f0359879_03583426.jpg


この辺りでは、ゼラニウムは戸外で冬越しできないので、

秋の終わりに、大きな株を1個だけ植木鉢に入れ室内に持ち込んで、冬越し、

6月に、大きくなった茎を3節ずつ位に切って、小さなポットに挿し芽しました。



もう十分大きくなったので、庭へ植え替え時期☆

沢山あるので、数か所に定植しました。

f0359879_01592294.jpg


まずは前庭ドライブウェイのアプローチ、

f0359879_02001650.jpg


(玄関横の花壇)

ゼラニウムの手前は、スイートアリッサムです。


以前アリッサムを植えた時は、カラスに5回も掘り出されたのですが、

零れ種から育った苗を他の所で見つけたので、苗が無くなった所に植え直しました。

カラスが見ていない隙に…(;´・ω・)

f0359879_02004866.jpg


ゼラニウムの左右はアガパンサス、

まだ少し花が残っている2つの大きいアガパンサスに、

新しく買って来た小さいアガパンサス1個を足しました178.png



(アリッサムのような)小さい苗を植えて、

カラスに荒らされるのはもう懲り懲りなので…(´;ω;`)、

将来はアガパンサスを株分けで増やし、ここをアガパンサスガーデンにしたいと思っています✨


f0359879_02474925.jpg


裏庭:道具小屋窓辺のバスケット、

中心は挿し芽の中で一番最初に開花した、取って置きの花付き苗178.png

おッと…うっかり枯らしそうだったアイビー、見苦しくてごめんなさい。


f0359879_02143352.jpg


これは冬越しさせた元のゼラニウムの植木鉢です。

中心の株が親苗で、周りに3本の挿し芽を直接植えました。

ベンチの傍に置いています。



花期の長いゼラニウムは、どうしても我が家の庭に欲しい、言わば”必需品”178.png



かと言って、苗を毎年毎年買いたくないので、頑張って挿し芽しましたが、

大雑把な性格の私は、こんなチマチマした作業が苦手です(''◇'')ゞ

全部やり終えて、スッキリ~(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-30 02:52 | 前庭

ハーバードedX講座を修了


5月から取り組んでいたハーバード大学edXによる通信講座、

”Masterpieces of World Literature"が無事終了し、昨日修了証書を受け取りました。


f0359879_23313364.jpg



edXについては以前→こちらの記事にもう少し詳しく書きましたが、

時間やお金や住んでいる場所などの都合で、学校に通えない人達にも、

大学の講座を受講するチャンスを与えようと考案された新しい教育システムです。



大学の現職教授による講義がインターネットを通して、世界中に無償で配信されています。

参加大学はハーバード、MIT、カリフォルニア大学等アメリカの有名大学の外に、

アジア、欧州など20数か国の名実共に立派な大学、日本からは東大、京大、名大、早大等が参加しています。



今回私が取った講座は、ハーバード大学文学部教授による、

”Masterpieces of World Literature(世界文学の名作)”でした。



この講座では、古代メソポタミア文学のギルガメシュ叙事詩から始まり、

ホーマーやゲーテなどを経て、1952年トルコ生まれのノーベル文学賞受賞者Orhan Pamukに至るまで、

12回に渡って、古今東西の名作文学作品や作家について学びます。




第5回目に登場した作品は、日本文学 ”The Tale of Genji(源氏物語)” でした。

日本人の教養として、日本語で学んだ古典を

世界文学の観点から、英語で学び直したのは面白い経験でした。




2年前まで通っていた地元のカレッジで私が勉強したのは、主に理系(化学と数学)なので、

受講前は、難解な文学用語に付いていけるかな?と多少不安がありましたが、

結局、100点満点中98点の成績を収め、無事正規の修了証を手に入れました。

(*注: 65点が合格点でそれ以上の成績を収めた受講者には、所定の手続きを経て修了証が発行されます。)



講座を取っている間は大体、朝、洗濯機を回しながら掃除や片づけをして、簡単な朝食、

頭がスッキリしている午前中に、休憩を挟んで3~4時間みっちり勉強、

午後は週3回卓球、卓球が無い日は手抜き家事の穴埋め+庭仕事+ブログを書くという毎日でした。



途中、来客ラッシュで朝の勉強時間が取れず、修了が当初の計画より1~2週間遅れたのと、

クラス受講と同時に始めたフランス語とピアノが、

忙しさ+ピアノは夏に向かって窓を開けることが多くなったことも原因で(私のピアノはご近所迷惑;ノД`)

頓挫してしまった以外は、すべて順調でした。



12回の講座を無事終了して、今やっと一息ついたところですが、

またすぐに、何か別のedX講座を取ろうかな? …それとも少しゆっくりして、

フランス語とピアノにフォーカスしようかな?と考え中です(*^-^*)。



(*注: edXの受講資格は特にありませんが、履修その他(登録手続き等)で中級以上の英語力は必須です。
講義の視聴、宿題やテスト提出、採点までは全部無料ですが、正規の修了証を受け取るのは有料。
値段は講座毎にまちまちで、今回私が支払ったのはアメリカドルで99ドル。
ごく一部の講座を除き、正規の大学の単位を取ることはできません。)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-29 02:55 | 英語・英語の記事

エレガントなゲスト



ポールズヒマラヤンムスクが咲いている時期に、

4回に分けてディナー客を招待した話(その時の記事はこちら→来客)は、以前書きましたが、



それでもまだ、お宅に招待して頂いたままで、こっちはお返しの招待をしていない人達、

言わば、”借りのある”友人達が何人かいます。




先日そのうちの一人、シシリア&ジムを招待しました。

ハワイ生まれのジムはおばあ様が日本人なので、1/4だけ日本人の血が入っています。

背が高くて料理好き、周りの人を暖かい気持ちにさせてくれる素敵な男性です。




奥様のシシリアは私より10歳位?年上のフランス系アメリカ人女性、

小学校から高校まで、アメリカでは珍しい寄宿学校で過ごしたそうです。




女優のオードリー・ヘップバーンがもう少し長生きしていたら、

彼女(シシリア)のようになったのではないか?と思えるほど、上品で魅力的な女性です。

f0359879_08472015.jpg


オードリー・ヘプバーン(Borrowed from Bing Images: 画像はお借りしました。)



オードリーのようにチャーミングな外見もそうなのですが、

それよりも、唸るほど洗練された物腰や会話が私の憧れであり、お手本です✨




数年前に癌の手術をされたにもかかわらず、いつも前向きでユーモラス、

政治の話をする時はリベラルで率直ですが、周りの人に対しては気配りを忘れず、

私は常々、彼女が人を傷つけることなんて、きっとないだろうな?と思っています。




さて、我が家に夏場のディナー客が来る時は、大体、

「乾杯、飲み物片手に庭をツアー、それから食事」という流れでおもてなしをするのですが、

この日、エレガントなゲスト夫妻を裏庭の枯れた芝生に案内するのは忍びない気持ちでした。




ところがシシリアは、芝生が枯れていること等全く気付かないかの如く、小さな靴で軽やかに庭中を歩き回り、

庭の植物やブルーヘロンの像、和風ガーデンの池や石等を褒めちぎって、

心からガーデンツアーを楽しんでいる様子でした。


f0359879_05434679.jpg


(黄色のストライプの上衣がシシリア、顔の写真がなくて残念ですが…)




この日料理を担当したのは、腕をメキメキ上げている夫(最近料理はいつも夫で、ミモザはデザートだけ^^)、

写真を撮ってなくて残念ですが、夫が作ったディップ、サラダ、スープ、パスタ…全部美味しかったです✨




シシリアは庭のハーブを使ったサラダと、

パイナップルミントを飾ったティラミスが殊の外、お気に入りだったようです。


f0359879_05433599.jpg


(夫の得意料理: チキンカチトーリ)


f0359879_05435971.jpg


(ミモザ作: 庭のミントを飾ったティラミス)


f0359879_03143007.jpg


(パイナップルミント: ハーブガーデン)



そして帰り際には、「美味しい食事や素敵な庭を見せて頂いて、本当に素晴らしい夜だったわ!

ブルーヘロン(像)と池は、こっそり持ち帰りたいほど大好きだったけど、

一番羨ましいのはハーブガーデンだわ!」と茶目っ気たっぷりに仰いました(^_-)-☆。


f0359879_03150048.jpg


(花オレガノ:ハーブガーデン)

f0359879_03013936.jpg


(ハーブガーデン)


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-28 03:33 | ハーブガーデン

ブッドレア&美しくなるためのデザート


裏庭のブッドレア(蝶が集まる木)が見頃です。

f0359879_00201838.jpg



昨年に比べて2週間~3週間遅い開花です。

この辺りは今年の春は気温が上がらず、いろんな花が例年より遅れて咲いています。

ブッドレアが咲き始めたら、「待ってました。」とばかりハチドリがやって来るようになりました。

f0359879_00195711.jpg



夫は何度もカメラを構えて、ハチドリを撮ろうとしましたが、今年はまだ成功に至らず。

ハチドリはすばしっこいので、写真に収めるのは難しいですね。

f0359879_00204233.jpg



前庭から朝日が当たって、

この時間の庭は本当に美しい。

f0359879_00445055.jpg


f0359879_00205798.jpg


昨日は夫が夕方から、Boys' Night Out(男性仲間でお出かけ日)だったので、

私は家でひとりご飯、一人だと時間に余裕があるので、

日本の姉に電話をしたり、自分のためにデザート作り169.png



カロリーゼロ+デドックス効果の寒天と、 これまたデドックス効果の高い小豆で、

体の内側から美しくなる ”究極のデザート” を作りました。



私は時々無性に小豆が食べたくなるのですが、

砂糖の取り過ぎは体に悪いし、カロリーも高くなるので、

砂糖を一切入れずに小豆を炊きます。



砂糖ゼロの寒天と小豆ですが、フルーツを入れて、

上からメイプルシロップを小さじ1杯程かけたら、

フルーツの甘みとメイプルシロップで十分甘くて、美味しいです✨

f0359879_00414496.jpg


今朝は朝ご飯代わりに頂きました。

Boys' Night Outのおかげで、私は美しくなれるし(〃▽〃)、

うちの夫は放し飼いが一番なんですよ(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-26 09:39 | スイーツ

ブルーガーデンにやって来たブルーヘロン(青鷺)像



今朝の裏庭の様子です。

f0359879_05013353.jpg



バラの2番花が咲いて、庭に華やかさが戻ってきましたが

芝生が枯れているので、あまり綺麗じゃないですね。ごめんなさい!



実はこの辺りの夏は乾期でほとんど雨が降らないので、水不足になることが多いのです。



昨年は町の広報で、芝生の散水を控えるよう呼び掛けていたそうですが、

私達はそれを知らなくてせっせと水を遣り続け…

ご近所の芝生は全部枯れているのに、うちの芝生だけがやけに青くて焦りました。(-"-;A ...アセアセ



今年の春は雨が多かったせいか、今の所、散水を控える旨の呼びかけはないようですが、

夫と私は今年は町に先駆けて、「美観より環境優先」で、

芝生の水遣りは前庭のスプリンクラーだけにしようと決めました。



枯れた芝生は嫌だけど、秋になると自然に蘇るのでそれまで我慢154.png

ブログにアップする写真も見苦しいですが、しばらくご容赦下さいね。(^_-)-☆



さて、ブルーガーデンに1週間前にやって来た、新しい仲間を見て下さい。

f0359879_05513992.jpg



今までガーデンスタチューのあるよそのお庭を見て、

「素敵だな~、いいなぁ~✨」と憧れつつ、

自分の庭となると何を置いていいか分からなかったので、手を出せなかったのですが、


f0359879_05520606.jpg



ブルーガーデンに植えたブルー系のバラがうまくいかなくて掘り出した後、

何かブルーガーデンの象徴になるようなスタチューが欲しくなったのです。


f0359879_05552336.jpg


(リアトリス)



うちはお屋敷でも美術館でもなく、ただのコテージなので、

ミロのヴィーナスとか、マリア像とかはちょっと大袈裟だろうし、

少女像とか可愛らしいのは好きだけど、うちの庭には合わないかもしれない…といろいろ迷った挙句、


f0359879_05550799.jpg


(ベルフラワー)



f0359879_05553503.jpg


(前庭から移したダスティミラー)


自然をテーマにしたものなら、違和感がなくて良いかな?ということで、

この辺りの水辺に生息するブルーヘロン(青鷺)を候補に上げました。


f0359879_06090856.jpg


ブルーヘロン(青鷺):Borrowed from "1d Great Blue Heron[1],Bing Images"
(この画像はお借りしました。)



名前も外見もブルーガーデンに相応しいブルーヘロンは、夫が大好きな鳥です。

買った像の色はブルーではなく、深い緑色ですが、

光の加減でブルーっぽく見えることもあります。



f0359879_06332084.jpg


アイリスやリアトリス等、すらっと縦に伸びている植物の中に置いてみたら、

川や湖…どこか水辺の葦の中で佇んでいる、

ブルーヘロンがイメージ出来て、とても気に入りました。


f0359879_05535203.jpg


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-25 06:35 | ポタジェ

キッチンガーデンの様子



昨日、こちらは久しぶりに暑い日を迎えました。



f0359879_03270727.jpg




キッチンガーデンでは数個のトマトが赤くなって、ほぼ完熟!

こんな早い時期にトマトが熟れるのは今年が初めて(*^^)v

f0359879_03345960.jpg




この辺りは冷涼な夏が多くて、

トマトの実が赤くならずに緑のままで終わることも多いので、

この地方にしては奇跡的な早さです。



赤くならないトマトは「グリーントマト」と呼ばれ、

専用のレシピで料理されて、食卓に運ばれます。


f0359879_03360033.jpg



夫はうちの真っ赤になったトマトを大喜びで眺めて、「すごい、すごい!」とはしゃいだり、

「立派に育ててくれてありがとうね!」と私にお礼を言ったり、

写真を撮ってFacebookで自慢したりしています。(*^-^*)



トマトの苗は近くの朝市で夫が買って来たのですが、苗は暖かい地方で育てられて、

うちに来た時は既に結構大きかったので、早く実ったのだと思います。

f0359879_03351735.jpg



小さい苗で買ったピーマンと4月に室内で種を蒔いて育てた胡瓜は、

トマト程早い実りではありませんが、順調に育っています。



f0359879_03353006.jpg


(実をつけ始めたピーマン)



f0359879_03410130.jpg


(トレリスにつかまり、すくすく伸びている胡瓜)


f0359879_03420407.jpg


明日辺りに食べられそうな胡瓜が3個、

f0359879_03421524.jpg


1週間ほどしたら食べられそうな胡瓜が10個ほどあります。



f0359879_03415244.jpg


サラダ水菜は少しずつ食べています。



玉葱は成長を楽しみにしていたのですが、憎っきウサギにまたもや荒らされて、

先の部分が食いちぎられました( ノД`)…


f0359879_03422972.jpg



先っぽが無くても無事に育つのかな~? 観察中です(^_-)-☆


何はともあれ、自然の恵みは偉大なり✨




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-24 04:03 | キッチンガーデン、果樹

薪割りに意地を燃やす夫&お洒落な料理



夫が今年する予定だった薪割りが全部終わりました。

f0359879_01113851.jpg



キッチンの流し台に立ってこの風景が見えると、豊かな気持ちになります。




薪積みを外から見ると、こんな感じです。

f0359879_01144750.jpg
f0359879_01145878.jpg


今年の薪は節が多くて、割るのが大変だったそうです。

”薪割りは斧で” を鉄則にしている夫は、最後の最後までチェーンソーを使いたくなかったのですが、




最後、節のせいで、どうしても薪ストーブに入れる大きさに割れない薪が数本、

それだけにチェーンソーを使いました。




夫はもういい年をしているので、そんなに意地になって頑張らなくても…と私は思うのだけど、

何なのでしょう?男のロマン or プライド?

彼の体は心配ですが、本人が好きでしょうがないものを止める気にもなれず、静観しています。




幸い、こちらの今年の気温は日中も大体20℃前後なので、それにも助けられたようです。

そして、ご近所さんが分けてくれた切株も全部運び終えて、

裏庭の作業場は切株の山ができています。


f0359879_01333456.jpg

薪に詳しい方は既にお気づきだと思いますが、

実はこの種類の木は、薪に相応しくないのだそうです。

すぐに燃え尽き、その上大量の煤が煙突にこびりつくので、ストーブにも良くないらしいです。




この事実を知った時、「この切株を貰ったのは失敗だったかもしれない…。」

夫はかなりガッカリしましたが、




焚き付けや、ストーブの火が途中で消えかかった時には重宝しそうなので、

ほかの薪と組み合わせて、有難く使わせて頂くことにしました。




退職後の夫が、薪作りと同じくらいに情熱を燃やしているのが料理、

朝涼しいうちに薪割りに精を出し、昼寝をしてから夕方は私と交替でキッチンに立ちます。

最初はおぼつかない手付きでしたが、今や手の込んだものやお洒落な料理も作れるようになりました。


f0359879_01423358.jpg
チキンカチトーリ(イタリア料理)
f0359879_01425837.jpg
タコス(メキシカン)

f0359879_01430849.jpg

これは地元のマーケットの「ロブスター祭り」で、夫が買って来たロブスターです。

一年に一度、東海岸のメイン州からその店にロブスターが直送され、

その場で希望のサイズをボイルしてくれるそうです。




このロブスターの重さは約1.5パウンド、お値段は1パウンドに付き13ドルなので、

大体20ドル(2200円位)…二人で食べきれない程の大きさです。




そして信じられないくらい新鮮177.png

普段店頭に並んでいるのとは「天と地」程の差がありました。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-22 02:24 | 薪ストーブ

気分転換にワイナリーへ



夫は薪づくりで私は庭仕事、毎日毎日頑張っていたので、

ちょっと気分転換がしたくて

ワインの町、Woodinvilleへ行ってきました。



この日行ったのは、

今年創立50周年を迎えた老舗の”シャトー・サンミシェル”と

小さなワイナリー ”J Bookwalter”です。

f0359879_22382110.jpg


f0359879_22381123.jpg


(シャトー・サンミシェル)


走っている車の中から撮ったので、良い写真ではないですが、

雰囲気は感じて頂けるでしょうか?


f0359879_22383884.jpg


テイスティングルーム傍の庭で寛いでいると、

小さな姉妹(2歳くらいのおぼつかない足取りの女の子と、5~6歳くらいのお姉ちゃん)が、

何度も小走りで傍の通路を走り抜けます。



二人共、ブロンドの長い髪に花飾りをつけ、花柄のワンピース、小さなサンダルを履き、

まるで絵本から抜け出してきたように可愛いのですが、



私はお酒を飲む場所で、小さな子供を見るのは好きじゃないので、

「こんな所に子供を連れて来なくてもいいのに…」

何となく尖った気持ちでいると、(顔もきっと苦虫を噛み潰したようだったと思います。)



お姉ちゃんのほうが突然、私の目の前で足を止め、にっこり笑って手を振ります。

尖った気持ちを一瞬でとろけさせるような、

凄まじい破壊力(癒し力)を持った笑顔…私も笑って手を振りました。



他にお客さんがたくさんいるのに、どういう訳かその子は走り去った後にもう一度私の所に戻って来て、

ニッコリ笑って手を振ってくれるのです(この辺りでは東洋人はちっとも珍しくないのですが…)。



お酒を飲む場所に小さな子供を連れて来てほしくない、という気持ちに変わりはありませんが、

純粋無垢な子供の笑顔に心が洗われるようでした✨


f0359879_22385598.jpg


小さな姉妹が去った後、カモが餌をねだりに傍にやって来たり、

リスが遊んでいたり(自分の庭でリスを見ると、戦闘モードになってしまいますが^^;)

幸せで平和なひと時でした。


f0359879_22391086.jpg


その後、ディナーを予約したレストラン近くのJ Bookwalterワイナリーに行きました。

庭の写真はありませんが、このワイナリーも素敵です。


f0359879_23223202.jpg


(J Bookwalterワイナリー)


テイスティングを終えても夕食までに時間があったので、大好きな園芸店 ”Molbak's" に立ち寄ったら、

ずっと欲しくてたぶん手に入らないだろうと思っていた植物を見つけて、感激✨ (これについてはまた後日)



今夜のディナーはイタリア系移民のオーナーが経営するイタリアン、‘’Pasta Nova”へ


f0359879_23570086.jpg
f0359879_23225710.jpg


この店、家族経営で店構えはこじんまりだけれど、

とても美味しくて(あまり格式高くなくて写真が撮り易いのも171.png)、予約が取りにくいのです。


この日私が食べたのは、シーザーサラダとナスのトマトソース煮


f0359879_03261045.jpg

f0359879_23272688.jpg



ワインと美味しいイタリアンで気分転換できたので、また明日から頑張りますわよ…(*^^)v




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ







[PR]
by mimozacottage | 2017-07-21 01:10 | ワイン、ワイナリー

すっきりしたホワイトガーデン☆




f0359879_01585300.jpg


小菊がそろそろ終わりなので思い切って全部片づけたら、

ホワイトガーデンがスッキリしました173.png


片づける前はこんな感じでした。



f0359879_02021765.jpg


小菊の茎の下の方が枯れて見苦しいし、

咲き始めている他の花もよく見えません。



f0359879_02040292.jpg


ここはエキナセアが咲いているのですが、分かりにくいですよね。


小菊を切った後は、こうなりました。


f0359879_03053192.jpg
f0359879_02054548.jpg




小菊を切ったら、その他の花もよく見えるようになりました。


f0359879_02080485.jpg


匍匐性のある白バラ(名前は忘れました。)

f0359879_02114544.jpg


白いリアトリス


f0359879_02120951.jpg


桔梗

f0359879_02131406.jpg


鉄砲ユリとスイートアリッサム、

スイートアリッサムは去年の零れ種です。




小菊を切った後はバラや花木にマルチを敷きました。

f0359879_02245488.jpg


シャクナゲ

f0359879_02083585.jpg


植えて3年目のマグノリア(木蓮)です。




ホワイトガーデンの中央付近に咲いている花です。

f0359879_02134677.jpg


カーネーション

f0359879_02140564.jpg


小鳥の水浴び場の傍ではジギタリスがひっそりと…



ホワイトガーデン左の方(ベンチに近い方)も、

伸び過ぎたダスティミラー(白妙菊)を切ったら、スッキリしました。

f0359879_02125440.jpg


f0359879_02112411.jpg


植えて2年目のマグノリア(コブシ)



f0359879_02082229.jpg


大きくなってきたダリア


f0359879_02141565.jpg


白いカンパニュラ


カンパニュラはもっとたくさん蕾がついていて、花が咲くのを楽しみにしてたのですが、

この2つの花以外、あとは全部ウサギに食べられました( ノД`)



コテージのガーデニングはある意味、常に野生動物との闘い…

悩みは尽きないですが、

それでもガーデニングは楽しいです178.png




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしければ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-17 03:26 | ホワイト/ブルーガーデン