夏野菜料理と玉葱の保存法


7月中旬ごろまで涼しい日が多かったコテージの町、

ここ2~3週間ほど暑い日が続いています。



この辺りは暑くても湿気がないので、

日本の夏より、ずっとずっと、ず~~~~~っと(ごめんなさいね、でもリアルな実感💦) 凌ぎやすく、

夏野菜の成長には、持ってこいの暑さです174.png

f0359879_02402971.jpg

(水菜とルッコラのサラダ、スズキのフライ: 料理は夫です)




キッチンガーデンでは、胡瓜とトマトが二人では食べ切れないほど取れるので、

ご近所さんや友人達に配って、食べるのを手伝ってもらいながら、

うちでも夏野菜をせっせと料理しています。


f0359879_02404454.jpg

(シシトウとマッシュルームの串焼き:夫
胡瓜の味噌載せ、ナスと牛肉の焼肉味の炒め物:ミモザ)


f0359879_02492650.jpg

(ある時は、夫が剥いた生牡蠣に庭のトマト)



話は変わりますが…先日の玉葱の記事を読んで下さったブロ友、

「Garden 東の谷」のリラ様からメールを頂き、

私の玉ねぎの保存法が気になると教えて下さいました。




リラさんがメールと一緒に送って下さったHPを簡単にまとめると、



1.収穫は葉が倒れた1週間後を目安に
晴天がしばらく続く日に収穫を行い、収穫後は、2~3日畑に置いて乾燥させる。


2. 畑で乾燥させたタマネギは、葉を15㎝程残して切り取り、
根は付け根から切り落とす。

葉を根元で切らず、15㎝程残しておくと萌芽葉が出にくくなり、
根を切り落としておくと、
根から空気中の水分を吸い取れず、乾燥が早くなるそうです。




玉葱の産地として有名な淡路島にお住まいのリラさん、玉ねぎ栽培はお手の物です。

この春お宅にお邪魔し、宿泊までさせて頂きました。

その時、りらさんの立派な玉葱畑を拝見して、私も玉葱栽培に挑戦してみたくなったのです。

(言うまでもないことですが…リラさんの畑とうちの畑は月とスッポンです。)




散々お世話になった上に、今でも私のことを気にして下さって、

有難いと言うか、申し訳ないような気持ちで一杯です。

リラさん、本当にありがとうございました!

f0359879_03131611.jpg



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
# by mimozacottage | 2017-08-12 07:05 | 料理

ヨーロッパ旅行の計画


コテージの暮らし、4月の終わり頃から9月までは、

明けても暮れても庭、庭、庭…

庭仕事が落ち着く9月頃から春の庭仕事が始まるまでは、インテリアや旅行を楽しむ期間です。




今年の旅行シーズン、皮切りは9月初めに3週間の予定でヨーロッパへ行きます。

航空券を手配するのは夫の役目ですが、旅程を立てるのとホテル等の予約は私の担当です。

f0359879_01585714.jpg
(ドイツ・ノイシュバンシュタイン城: Borrowed Image from Bing, Pinterest)



夫は仕事等で度々ヨーロッパに行っていますが、ミモザにとっては6年前の旅行が初めて、

その時夫は仕事で忙しく、私はヨーロッパのことを何も知らなかったので、

旅行の手配をすべて代理店に任せてしまい、

結果は…値段が高い割にホテルはイマイチ、移動もスムーズではありませんでした。




2回目(5年前)、夫は相変わらず多忙でしたが、私は前回の旅行でヨーロッパのことが少しわかったので、

今度は自分が手配した方がよいかも?と、ホテルも列車も全部自分でやってみると、

値段は旅行代理店の2/3で良いホテル、移動もスムーズでした。




さて今回のプランは、

シアトルからドイツのフランクフルトに飛んで1泊した後、ニュルンベルク(ドイツ)で2泊、

ウィーン(オーストリア)に住んでいる娘家族と合流し、一緒にハンガリーを旅行後、

f0359879_01331920.jpg

(ドナウ川: Borrowed Image from Bing, Pinterest)



ハンガリーで娘家族と別れ、夫と私はプラハ(チェコ)、

ミュンヘン(ドイツ)、チューリッヒ(スイス)を訪ね、最後にまたフランクフルトに戻ってきます。




今決まっているのは、ハンガリーのドナウ川クルーズ、プラハのオペラ観劇、

ミュンヘンでは、夫の友人と一緒に有名なビール祭り167.png「オクトーバーフェスト」に参加、




その後ノイシュバンシュタイン城まで足を延ばし、フランクフルトではライン川下り、

スイスではのんびりする予定です。

f0359879_02133248.jpg

(オクトーバーフェスト: Borrowed Image from Bing, Pinterest)



ビール好きの夫は、オクトーバーフェスト167.pngが一番楽しみなようですが、

私はドナウ川&ライン川クルーズとオペラが楽しみです。

f0359879_01521529.jpg

(ライン川: Borrowed Image from Bing, Pinterest)



オペラの曲目はモーツアルト作曲「ドン・ジョヴァンニ」、

チェコの首都プラハにある、プラハエステート劇場(Prague Estates Theater)で観劇します。

この劇場は、モーツアルト自身が「ドン・ジョヴァンニ」の初演を指揮したことで有名です。

f0359879_01443304.jpg

(Prague Estates Theater: Borrowed Image from Prague Estates Theater)



夫はオペラが好きで、何回となく生のオペラを観劇しているようですが、私は今回で2度目、

分からないことが多いので、旅行前に少し勉強しておいた方が良いかな?と、

最近、無料のedXオンライン講座で、

Dartmouth Universityによるドイツオペラのクラス、 ”Introduction to German Opera" を取り始めました。




あと、今回の旅行ではハンガリーとチェコ以外、ずっとドイツ語圏で過ごすので、

サバイバル程度のドイツ語が話せたら楽しいかも?(*^^)vと、




初めてヨーロッパに行く時に買って、ちっとも勉強しなかった入門者用ドイツ語教材を

本棚から取り出して、やっと埃を払った所です。(;´・ω・)

*この記事の画像はすべてお借りしました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
# by mimozacottage | 2017-08-10 03:00 | 旅行(ヨーロッパ)

(;´д`)トホホな玉葱収穫



「ジャーン!立派な玉葱が収穫できましたよ~ん(*^^)v」

となる日を夢見て、玉葱を育てていたんですが、

結果はトホホでした(;´д`)。。。

f0359879_02264524.jpg



玉ねぎは今年初めての挑戦!

知らないなら知らないで、よく調べてから慎重に始めたら良いのですが、

無鉄砲に何かをやって後から慌てる私の性格、昔っから変わりません💦



玉ねぎを育ててみたくて、ホームセンターで売れ残っていた

ひょろっと芽が出た玉葱の球根を買って来て、

ダメ元で植えてみたのは、4月の終わり(;´・ω・)



そもそも、この植え付け時期が完全に間違ってました(;´д`)トホホ

玉ネギは秋植えが基本なんですね!?

f0359879_02292778.jpg


(収穫直前の我が家の玉葱畑、苗がほぼ100%倒れている…収穫としては遅過ぎ)



そして苗が60~70%倒れて来ると、収穫時期だそうですが、

そんなこととは知らず、

倒れた苗を起こそうと土を被せてみたり…無知で無駄な努力もしました(-_-;)。



玉ネギが立派に育つと、普通は大人の握りこぶしから野球ボール位の大きさになりますが、

うちのは、出来の良い7~8個が子供の握りこぶし大で、

あとは赤ちゃんの握りこぶしか、猫の握りこぶしくらい…(;´д`)トホホ

f0359879_02321381.jpg


(精一杯見栄張って大きいのを一番上に置き、小さい玉ネギを中に隠しています(〃▽〃)

全部でカレー5、6回分作れる位あるかな?)



保存方法は数個ずつ一緒に括って、雨を避けられる廂の下に吊るしておくとよいそうです。

やってみれば、玉ねぎを吊るした光景がいかにもコテージらしく見えて、

「なかなか、サマになってるじゃん!(*^^)v」…これだけは気に入りました171.png


f0359879_02562003.jpg

f0359879_02365484.jpg

アホな玉葱栽培でもいろいろ勉強になったし、

よ~し、…今年の失敗を教訓に、来年は立派な玉葱を作るぞ~!



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
# by mimozacottage | 2017-08-08 04:08 | キッチンガーデン、果樹

カナダの山火事&「大人のブルーガーデン」を目指して


ここ10日ほど、コテージの町は煙っぽい空気に包まれています。

カナダで起きている山火事の煙が国境を越えて、ここまで来ているのです。

ワシントン州に11年以上住み続けていますが、こんなことは初めてです。



煙はこの町を超えて、なんとシアトル市内まで届きました。

(ワシントン州北側に隣接している)カナダのブリティッシュ・コロンビア州と、

ワシントン州シアトルは直線距離で約160㎞あります。



山火事の煙がこんなに遠くまで届き、何日間も上空に停滞しているのは、

煙の量が凄まじく多いことと、近海からの風が吹いてこないからだそうです。



ブリティッシュ・コロンビア州では、現在240か所もの山が燃えているそうで、

その原因はたばこや焚火の不始末等ではなく、地球温暖化の影響で山が乾燥し、自然発火したのだそうです。

温暖化の影響は色々な場所、色々な形で出ていますね。



我が家は屋根にソーラーパネルを設置し、

夫と私はなるべくバスと徒歩で移動して、出来るだけ車に乗らない生活を心がけていますが、



アメリカでソーラーパネルを置いている家はほとんど見かけないし、車に乗るのは当たり前、

いったい何%のアメリカ人が、温暖化を気にしているのだろうか?と時々憂鬱になります。

何せ、地球温暖化防止策に反対している人物を大統領に選ぶ国ですからね(;´д`)


f0359879_13232207.jpg


(夕方の空…写真では分かりにくいのですが、
空は晴れているのに煙っぽく、肉眼では煙の影響で月が赤く見えます。)



さて、今日のメインの話題に移りますが、

最近、我が家の幼稚なブルーガーデンを大人っぽい雰囲気にしたいと試み中(*^-^*)



素敵なよそのブルーガーデンとうちの庭を比べてみると、素敵なお庭は単にブルー系の花を植えるだけでなくて、

ブルーの色が映えるように、いろんな色の花や植物を組み合わせてあるんですね。173.png



我が家のブルーガーデンを占領していた、花の終わったアジュガを引き抜いて、

スペースを作り、

そこに植えたい「大人っぽい感じ」の植物を探しました。

f0359879_08135026.jpg



見つけたのがこれ!大人植物第1号178.png「グリーンボール」

これは美女ナデシコの改良品種で、花弁が出ず、

緑の総苞がボールのような花に見えるお洒落な植物です。



とは言え…この鉢植えは売れ残りなのか、時期を過ぎてヨレヨレ(-"-;A ...)

値引きもされてないのでちょっと迷いましたが、やっぱり欲しくて買っちゃった~(*'▽')。


f0359879_08171810.jpg

(この写真は2週間位前です。)



庭に植えてみても、やっぱりヨレヨレ(-"-;)…

ネットで調べてみると、切り戻せば花が繰り返し咲くそうなので、

根元だけ残してバッサリ切って、切った茎はダメ元で挿し芽にしてみました。

f0359879_08190526.jpg



切り戻した花は新しい芽が出て、2週間くらいでこんなに伸びました。



f0359879_08180121.jpg



大人植物第2号178.pngは「ロシアンセージ」


f0359879_13461006.jpg

美しい立ち姿と優しい水色の花は、ぐっと大人っぽい雰囲気✨



大人植物第3号178.pngは「フロックス(Phlox Divaricata)」

普通のフロックスとはちょっと違いますが、これも優しい水色の花が咲きます。

f0359879_08330009.jpg


植えたばかりでグッタリしてますが、そのうち元気になるでしょう。


f0359879_08363841.jpg



ここにブルーガーデンを作り始めて3年目です。

ここが「大人のブルーガーデン」に成長する日はまだまだ遠いなあ~(;´・ω・)





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-08-06 14:31 | ホワイト/ブルーガーデン

タイムの絨毯



昨年より1週間~10日遅れてタイムが満開になり、

「ラベンダーの小径」は今、まるでタイムの絨毯が敷き詰められたようです✨



f0359879_23481760.jpg


奥で咲いているブッドレアやバラに映え、

傍を歩くと、爽やかな強い香りが立ち上ります。




ここにタイムを植え始めたのは3年前です。




一昨年と昨年は散歩道に大体均等に広がるように、苗を植え替えましたが、

今年は茂り過ぎたタイムを少し減らして、ラベンダーの邪魔にならないようにしたぐらいで、

あとは自然にこんな感じになりました。



f0359879_23540678.jpg



この写真を撮ったのは朝なので、蜂が1匹もいませんが…




麗しい香りのせいでしょうか?

昼間は、世の中にはこんなに蜂がいるのかと思うほど、

たくさんのクマン蜂が寄って来て、ブンブン唸っています。



f0359879_23541969.jpg


クマン蜂が人を刺すことはめったにありませんが、

それでもここを歩くのが怖くなるほど沢山来るんですよ。



f0359879_01353940.jpg


タイムの種類は「クリーピングタイム」、グランドカバー用です。



料理にも使えますが、茎が折れてダメになる訳ではないので、

歩く時に多少踏んでも、全然大丈夫178.png



ですが…



蜂がいなくなった夕方、子供のようにわざとタイムを踏みつけて、

香りを楽しんでいる人が一人、我が家にいます…(*´ω`)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-08-04 01:08 | ハーブガーデン