花びらの白い色は…シャスタデイジー



f0359879_05275540.jpg

シャスタデイジーが咲き始めました。
シャスタデイジーは香りがなく、風情もあまりないような花だと思いますが、
明るくて好きです。

我が家の裏庭には6株のシャスタデイジーがあります。
背が高くてどっしりとしているので、この花が咲くと庭が急に華やかになります。



f0359879_05274104.jpg
写真では分かりにくいのですが
高さを測ってみると、120センチ以上ありました。
(と言っても、標準がどのくらいかわかりません009.gif


f0359879_05271296.jpg

この花を見ると、

060.gif花びらの白色は、初恋の色~060.gif

という昔懐かしい歌を半ば自動的に口ずさみます。

古いですね~037.gif…歌も私も。




奥のベンチ周りにあるシャスタデイジーも満開です。


f0359879_05280808.jpg



ベンチ周りの写真を撮っていると、
近くにある剪定をしてないバラ056.gifが気になり、

写真を中断してバラの剪定、
バッサバッサと思い切りやっていたら…


オッと…まだ咲いているバラも切ってしまったので、
あとで部屋の中に飾ろうと、とりあえずベンチの上へ置きました。


…話はシャスタデイジーに戻ります。

ベンチの左側にあるのがこれで、

f0359879_05254168.jpg


右側にあるのがこれです。

f0359879_05264140.jpg

あとはホワイトガーデンに3株あるのですが、
一つは咲いていて、二つは蕾~2分咲きというところでしょうか?


全部咲いたら、
ホワイトガーデンがそれらしくなると思うので、
楽しみです。




[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-30 06:11 | ホワイトガーデン | Comments(0)

ハーブの小径

f0359879_15335794.jpg



我が家の裏庭へ通じる入り口は二か所、北と南にある。

北の入り口付近には小さな和風ガーデンがあり、
南の入り口は石段を上った処にラベンダーの道がある。


煉瓦の踏み石周りにはイングリッシュラベンダーとクリーピングタイム、
道の左右は小さなキッチンガーデン。

さらに奥へ進むと、古い切り株の所で道は左右に分かれ
右手はラベンダーが誘う少し大きめのキッチンガーデン、

f0359879_16124627.jpg

左手には私が「ハーブの小径」と呼ぶ
小さなハーブガーデンがある。
f0359879_15374755.jpg
f0359879_01211086.jpg



マジョラム、花オレガノ、オレガノ、
ペパーミント、パイナップルミント、レモンバーム、ローズマリー…

f0359879_16312424.jpg
f0359879_00205501.jpg
f0359879_00203567.jpg
f0359879_04002417.jpg

今はマジョラムの花が綺麗☆

f0359879_16312424.jpg

私はハーブティをあまり頂かないし、
ハーブ料理も得意でないので、

ここに来るのは水遣りや雑草取りをする時と
たまにデザートのデコレーションに使うパイナップルミントを摘みに来る程度、


f0359879_01212884.jpg

それに引き換え、夫は料理にハーブを使うことが多いので、
頻繁にここへやって来る。
このハーブガーデン頻繁を利用している

f0359879_15393264.jpg


その彼は3日前、実家の用事をするために、
1週間の予定でモンタナ州へ出かけた。

”I love and miss you more everyday."

夕方、こんなメールが来たが、
彼はこの庭のことも恋しく思っているに違いない。






[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-28 16:20 | ハーブガーデン | Comments(0)

ハンギングバスケットに小鳥の巣が…




ある朝、玄関を開けると、
ドア近くのハンギングバスケットの中から突然、小鳥が飛び立ちました。

もしや?と思って、バスケットを覗き込んで見ると、

こんなものが…
f0359879_01584539.jpg

中央より少し下に灰色の小石のようなものが3個見えますが、
これは石ではなく、ジュンコー(Junco)という種類の小鳥の卵です。

「えっ?いつの間に?」…よく見れば、
卵の周りには、小さいけれど立派な巣もありました。

f0359879_01202001.jpg


実は3年前にもこのハンギングバスケットの中に、
ジュンコーが巣を作ったことがあります。

水遣りをすれば巣が濡れるのと思ったので、
その時はハンギングバスケットへの水遣りを完全にストップして

花は枯れるに任せ、
赤ちゃん鳥が巣立つのを楽しみにしていたのですが、



ある朝、赤ちゃん鳥は巣から落ちたと見えて、
玄関ドアの傍で死んでいました。

野鳥の世界には、親鳥が子育てのストレス等から
自分の子供を巣から蹴り落とすことがよくあるそうです。



過去にそんなことがあったので、
ハンギングバスケットの中に小鳥の巣を見つけても、私は全然嬉しくなくて、

できれば親鳥には、
卵と一緒にどこかへ引っ越してって欲しいと思うのですが…

私が勝手に小鳥の巣を移す訳にも行かず、

さてどうするかな?



f0359879_01550802.jpg

今年はなるべく巣を濡らさないように気を付けながら、

水遣りを続けようと思っています。

(巣は中央から少し左寄り、スイートアリッサムの中にあります。)


にほんブログ村


[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-26 02:20 | 前庭 | Comments(0)

サファイア色の季節~アガパンサス



前庭・玄関横に来客や家族を出迎えるための花壇があります。
西洋ツゲ、白いサクラソウとゼラニウム、アガパンサス等を植えています。

f0359879_07454538.jpg

玄関周りは見た目が煩くならないように、
花の種類は少なめ、色も白とブルーに限定していましたが、

今年は赤紫のアリッサムを加えてみました。

f0359879_07452762.jpg


今、この花壇を彩っているのは
サファイア色のアガパンサス、

f0359879_07451227.jpg


アガパンサスの開花するこの季節は、
この場所が1年中で最も華やかになる時期です。


アガパンサスの開花期間はどのくらいだったかな?
2~3週間くらいでしょうか?

f0359879_07460168.jpg
f0359879_07461346.jpg


短いサファイヤ色の季節を楽しんでいます。


[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-25 08:20 | 前庭 | Comments(0)

至福の時~ラズベリーの季節


f0359879_07152416.jpg

自分の庭で熟したイチゴやサクランボ、
ベリー類を摘んで食べる時、極上の幸せを感じる。


サクランボとイチゴが終わって、
今はラズベリーの季節…

f0359879_11151972.jpg
f0359879_11172422.jpg


我が家のラズベリーは、店で売っているのとは違って野生に近い種類、
味も見た目も素朴で、

遠い昔、姉達と野山で食べた野イチゴに似ている。



f0359879_07084281.jpg
裏庭の隅っこ、隣家との境に7年前に1本だけ植えたラズベリー、

手前にあるキッチンガーデンを占領しそうなほどの勢いで増え続けるので、
広がり過ぎないように気を付けているが、

毎年この季節には、私1人では食べ切れない程の実がなる。

f0359879_07165180.jpg

食べるのを助けてくれる人がほしいところだが、

アメリカのフルーツ農家に育った夫は
ラズベリーを食べることには興味がなく、

ラズベリー摘みに夢中の私を
ちょっと離れたベンチから眺めている。

f0359879_11144573.jpg
・・・静かな至福の時。




[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-18 11:31 | キッチンガーデン | Comments(0)

カリフォルニア・ライラック








我が家の庭はすべてを自力で作り上げた訳ではありません。
時にはプロの手を借りて大幅な改造をして来ました。


2年前の夏、夫も私も雑草が無数にはみ出した古い石垣に耐えられなくなり、
プロを雇って、前庭の石垣をブロック塀に替えてもらうことにしました。

f0359879_02544120.jpg

その他、前庭全体を平坦に均したり、芝生の下にスプリンクラーを入れてもらったりしたので、
結局3か月程かかる大規模な工事でした。


f0359879_23495372.jpg


この写真は1年前、裏庭から写した前庭です。

芝生の周り(ブロック塀の上になります)には何もなかったので、
カリフォルニア・ライラックの小さな苗を植えました。



カリフォルニア・ライラックは日本では見かけない低木ですが、
澄んだ空のような花の色、花から漂う香水のように甘い香りが特徴です。

f0359879_23502504.jpg



数年前、隣町でカリフォルニア・ライラックの生け垣のある家を偶然見かけて、
目が覚めるようなブルーと麗しい香りの虜になり、

それ以来「ブルーの生け垣」が憧れとなって、私の心に住み続けていました。



その時は花(低木)の名前も知らなかったし、
「ブルーの生け垣」はあまりにロマンチックで、現実味のない夢のように思えたのですが、

1年前、近所の園芸店でカリフォルニア・ライラックの苗を見つけた時は嬉しくて、踊りたい程でした。
置いてあった苗の数を数えてみると、ちょうど12本…我が家の前庭にぴったりです。



そして植えた苗は…
たった1年でこんなに大きくなりました。



f0359879_23510230.jpg
f0359879_23592027.jpg

カリフォルニア・ライラックは可憐な花の姿に似合わず、
物凄い勢いで成長するので、案外生け垣に向いているのかもしれません。






[PR]
# by mimozacottage | 2016-05-21 01:37 | 前庭 | Comments(0)

ジギタリスが見頃


f0359879_15285365.jpg

我が家の裏庭は7つのセクションに分かれています。

大小3つのキッチンガーデン、ローズガーデン、和風ガーデン、ボーダーガーデン、
そして物置小屋のそばにあるのは「ホワイトガーデン」です。



ホワイトガーデンは白い花で統一するのが普通なのかもしれませんが、
うちは違う色の花が少し混ざっています。

特に今は色とりどりのジギタリスが花盛り、
この時期、ここを「ホワイトガーデン」とは呼ぶのはちょっと無理があるかな?(笑)


f0359879_00400458.jpg

本当はここを白い花だけにしたかったのですが、
2~3年前、敷地内の他の場所から赤紫のジギタリスの種が飛んで来て、
勝手に根付いてしまいました。

最初は1本1本抜いていたのですが、
白だけの庭はちょっと寂しげな感じがするし、
少しはいいかな?ということで、今はそのままにしています。



ジギタリスの中でも、私のお気に入りは白とラベンダー色のグラデーション…
去年植えた真白いジギタリスと赤紫が混じったのかな?
それとも、元々こんな色なのかな?ちょっと疑問です。


f0359879_00392227.jpg


[PR]
# by mimozacottage | 2016-05-20 01:15 | ホワイトガーデン | Comments(0)

はじめまして

f0359879_15301709.jpg



はじめまして! ブログの管理人=コテージの住人ミモザです。

まず初めにコテージの庭の歴史…と言ったら、大袈裟ですが、
家を買ってから現在までの経緯をちょこっと書いてみたいと思います。



9年前のクリスマス、ガーデニングを始めたくて、
カナダに近いアメリカ西海岸で中古のコテージ風な家を買い求めました。

と言っても、当時の庭はこんな風ではなくて、

裏庭にうっそうと茂る大木と何年も見捨てられたような芝生、
おまけに、元の家主が庭の一部をトレーラー置き場として使っていたので、
地面は固く石ころだらけ…

ガーデニングには全く不向きの場所でした。



家を買った年の翌春から始まった、
膨大な数の石拾いや古い芝生との格闘にメゲることもあったのですが、

大木を伐って日当たりを確保、
庭を何度も歩き回って一番歩きやすい角度に散歩道をつけ、
その周りに花壇やキッチンガーデンを作って…

7年前に今の庭の原型ができたのです。



私は今でもガーデニングの初心者ですが、当時はわからないことだらけ、
何度も試行錯誤を繰り返しながら現在に至っています。

庭は今でも成長中、
それを記録に残したくて、このブログを始めてみました。

どうぞよろしくお願いします。




[PR]
# by mimozacottage | 2016-05-17 00:11 | はじめまして | Comments(0)