薪をもらいに友人の家へ行ったら…



私達が住んでいるコテージは森の中ではないし、

山を所有しているわけでもないので、

薪ストーブに使う薪を集めるのは、結構大変な仕事です。




友人の一人が、「木を切ったから、薪が欲しい人は取りに来て。」

という記事をフェイスブックに投稿したので、「薪をもらいに行って来る。」と言う夫、

…私も一緒について行くことにしました。

f0359879_12595590.jpg


(友人が住む町の入口辺り)


人里離れた森の中のログハウス、家の中では薪ストーブが赤々と燃え、

家の外では、顎髭を生やしている男性がオーバーオールかなんかを着て、

チェーンソーで木を切り、そばには木の切りくずや丸太がごろごろ転がっている。




…そんな光景を頭に思い浮かべて、

汚れても良いジャンパーと靴と軍手を用意し、

「久しぶりの力仕事だ、頑張らなきゃ~!」と張り切って出かけたのですが…




夫が「はい、ここだよ~!」と言って車を止めた場所は、

英語ではGated Communityと言って、その地域一帯がゲイトに囲まれた高級住宅地、

(そこの住人かゲスト以外の)一般の人は、中に入れなくなっている区域です。




管理人ブースで、ここに来た目的と名前を告げ、ゲイトを開けてもらって中へ入ります。

区域の中はすごく広くて…

なんと、ゴルフ場までありました。

f0359879_13004105.jpg

f0359879_13000831.jpg



「はあ~(◎_◎;)、広いね~!」でもゴルフをしない私達には無縁の場所です。

ここがもし、貧しき者も富める者も、誰でも平等に楽しめる公園なら素敵だと思うけれど…。




広い広いゴルフ場を通り越して、立ち並ぶ家はどこを見ても豪邸だらけ、

森の中にポツンと建っている「大きな森の小さな家」風の丸太小屋を想像していた私は、

キツネにつままれたような感覚で、通りを眺めました。




そんな一角に姿を現したのは、「とんがり屋根の大きな家」、

門の傍に、薪がちょこんと積み上げてありました。


f0359879_09192831.jpg



森の中で、大きい丸太をエッサエッサと担ぐ姿を想像して、意気込んでいた私…

小ちゃな薪の山を見て、ちょっと力が抜けそうでしたが、

雨が降っていたので、このぐらいの薪の量でちょうどよかったです。




先々週降った雪の重みで木が1本倒れて、それを切ったのと

昨冬まで使っていた暖炉用の薪の残りだそうです。

暖炉は瓦斯ストーブに替えたので、薪はもういらないとのこと。




友人にお礼のビールを渡して、

雨の中、夫と二人で素早く薪を車に積み込み、有難く頂いて帰りました。


f0359879_02090042.jpg

1番上の段の大きい薪と、その下の小さなのが今回もらって来た薪です。

今年は薪ストーブをもう焚かないかもしれないけど、

これだけあると安心だね~(*^-^*)

f0359879_02092616.jpg


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-21 02:55 | 薪ストーブ | Comments(4)

おもてなしのキャロットケーキ☆





f0359879_02090582.jpg

冷蔵庫の中で、☆お宝☆発見!

去年からグランマニエ(コニャックから作られたオレンジ・リキュール)に漬け込んでいた

ドライフルーツが1年経って…ちょうど食べ頃です。





一口味見してみると…キク~(◎_◎;)

お酒が浸み込んで、か弱い私^^には強すぎる程でした。





週末に夫の元上司/親友のPさん夫妻をディナーに招いていたので、

これを使ってキャロットケーキを作りました。

Pさんはお酒の入ったデザートがお好きで、キャロットケーキが特にお気に入り💛





キャロットケーキは30年以上も作っていますが、

分量は少々アバウトでも大丈夫なので、

今回は分量を覚えやすいように、極力100gか半分(50g)にしました。





最低1日前に作って、一晩以上寝かせてから食べます。(2~3日前がベスト)




(材料:キャロットケーキ)

★ニンジン200g~250g
★洋酒漬ドライフルーツ100g
★ココナッツ50g
★クルミ50g
★小麦粉100g
★玉子2個
★ブラウンシュガーかキビ砂糖80g(甘さ控えめなら…60g~70g)
★バター50g
★シナモンパウダー小さじ2
★グランマニエ(ラム酒でも良い)大さじ1杯
★塩少々

(*ドライフルーツ…洋酒に漬け込んで1か月以上のもの)



(材料:フロスティング)

★クリームチーズ100g
★バター50g
★砂糖40g
★レモンゼスト用のレモン1個


作り方

1.ニンジンを摺り下ろす。

f0359879_12465433.jpg

2.ボールに玉子2個を割り入れ、砂糖を徐々に加えて泡立て器でよく混ぜる。

3.溶かしバターを入れる。

4.ドライフルーツ、ココナッツ、刻んだクルミ、シナモンパウダー、塩少々を入れる。

f0359879_12464363.jpg


5.振るった小麦粉とベーキングソーダを入れる。

f0359879_13015732.jpg

(私が使っているベーキングソーダはアルミニウムが使われていないもの)


6.全体をさっくり混ぜてから、(バターを塗り小麦を振った)焼き型に入れる。
(形は何でも良いですが、焼き時間は形によって異なります。)


f0359879_12471082.jpg


7.180℃のオーブンで25分~30分焼く(串で刺してみて、何も付かなかったら焼き上がり)


f0359879_12541236.jpg


ケーキが焼きあがったら、フロスティングを作る。

1.クリームチーズ、砂糖、室温に戻したバターを泡立て器でよく混ぜる。

f0359879_12552529.jpg

白っぽく滑らかになったら、フロスティングの出来上がりです。

キャロットケーキをよく冷ましてからフロスティングを塗ります。

その上にレモンゼストをふりかけ、ミントを飾る。

f0359879_02090582.jpg
オレンジを飾っても、涼し気でいいかも…💛

f0359879_02091792.jpg

アバウトな分量で作り始めたキャロットケーキですが、Pさん夫妻や夫に絶賛されたので、

これを定番レシピにして、クックパッドへ初投稿しました。

よかったら、見て下さいね(^_-)-☆ こちらをクリック → クックパッド



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-20 04:06 | スイーツ | Comments(8)

☆肘掛け椅子のリフォーム☆:途中経過



おはようございます。

朝から見苦しいものをお見せして、申し訳ありません。

家族用リビングに置いているフレンチチェア(肘掛け椅子)です。



そんなに古い物ではない(10年前購入)のですが、こんなことになっています(-_-;)

そしてこれよりはマシですが…似たようなのがもう1脚あります。


f0359879_00035143.jpg


自分で布を張り替えてみたいけど…難しそうだし、プロに頼めばお高くつきそうな気がして

この椅子をずっと見ないように過ごして来たのです。(;'∀')



夏にダイニングチェアの座面張替えをした時、

まず最初に、ハードルが低そうなダイニングチェアをやってみて、

それがうまく出来たら、肘掛け椅子にも挑戦しよう、



出来なかったら、

自分でするのは諦めてプロに頼もう…そんな気持ちでした。



ダイニングチェアが上手くいったので、次は肘掛椅子に進むはずですが…

今度はレベルがぐんと高そう…またもや怖気づいて、時間が過ぎました。



替えないといけない所は座面だけでなく、背面、背面の裏、肘掛2つ…5か所もあります。

それをどうやって剥がすのかも、全く見当もつかず…(´;ω;`)



You TubeでDIYのビデオを探して探して、

やっと剥がし方から張り替えまで全部が載っているビデオを見つけたので、

まず、布を剥がしにかかりました。

f0359879_01431713.jpg



タッカーの固さに根を上げそうになりながら…やっとここまで辿り着きました。



座面の方は布を剥がしている途中で、座面を取り外せる構造だと発見!

全体を取り外してから、布を剥がしました。

こちらは簡単でした。


f0359879_02170652.jpg

(中は綺麗です。)


背面のクッションは、タッカーがビッシリ打ってあり、

そのタッカーが固くて固くて…

夫にやってもらっても、全く外せず(-_-;)、



クッションが外せないので、背面の裏側を張り替えるのは諦めることにしました。

f0359879_03092093.jpg


「背面の裏側」と言うのは、矢印の部分です。(下手な図で失礼💦)

幸い、ここは全く汚れ無し…

このままの状態にして、背面(表側)の布だけ張り替えることにしました。

f0359879_01442534.jpg


次に木枠…フレンチっぽく白にしたいので、

サンドペーパーで擦って、木枠のステインを落としました。

f0359879_01445925.jpg


2日間かかってやっとこれだけ💦

実際見るとステインの色はかなり落ちているのですが、写真ではわかりにくいので、

2つを比べてみると、こんな感じです。

f0359879_02101623.jpg

ビフォー↑↓アフター
f0359879_02100665.jpg



さて、これからこの椅子はどうなるのでしょう?

進行中なので、まだ私にもわかりません。


(白とブルーの °˖✧フレンチカントリー✧˖° っぽい椅子を頭に描いています。#^^#)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-19 03:42 | DIY | Comments(4)

冷蔵庫の続き



我が家の冷蔵庫を公開してみて、

思った以上に反響が大きかったので、ちょっとビックリしました。

f0359879_04334165.jpg




冷蔵庫の整理に苦労しているのは、私だけじゃなかったんだ…という発見も、

ちょっと嬉しかったというか、安心(〃▽〃)ポッ



✨美冷蔵庫✨にはまだまだ遠いですが、

今日は、前回触れなかった部分の写真をUpしますね。

(ドアの中身の配置は前回から少し変更しています。)



右側のドアから



f0359879_05284770.jpg


1番上はチーズ、バターなどの乳製品

f0359879_02492013.jpg


2段目は飲み物で、3段目は調味料、1番下は玉子入れに使っています。

うちはキッチンのキャビネットが少ないので、

キッチンをスッキリさせる為、調味料はなるべく冷蔵庫に入れます。




冷蔵庫はガスレンジのすぐそばにあるので、

料理をする時、必要な調味料がすぐに取り出せて便利…酒、味醂、だし醤油等。

2種類のだし醤油…普段手抜き料理をしているのが見え見えですね(;'∀')




調味料やソースなどの瓶に統一感がある、美しい冷蔵庫に憧れはありますが…✨

うちは夫がパッと見て、中身がすぐわかる方がいいと言うので、

大体そのままの瓶で使っています。(簡単だしね…〃▽〃)

f0359879_02395553.jpg



料理に使うお酒は一升瓶で買うので、

使いやすいようにガラス瓶に移し替えています。


f0359879_05250471.jpg


1番下の段、玉子はケースのまま入れています。

こう見ると…綺麗さよりも、どれだけ簡単に収納できるかを追求した冷蔵庫ですね。

(将来の夢→玉子は篭などに入れると綺麗かも…)



左側のドアです。

f0359879_01505050.jpg


1番上は背の低い瓶に入ったスパイスなど

2段目、ドレッシング

3段目はソース、醤油など。

f0359879_02032603.jpg


これは冷蔵庫中央部分ですが…前回忘れていた海苔の収納場所です。

右の扉のそば、端っこの隙間に立てて収納しています。


f0359879_04521049.jpg


ではでは…冷蔵庫は当分、

(もっと片付けレベルがアップするまで?)おしまいです(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ









[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-18 04:30 | キッチン | Comments(0)

お隣りさんへお茶におよばれ



我が家の裏庭と隣接しているお隣さんは、3軒あります。

西隣は香港出身の独身女性、

北隣は白人夫婦と成人した息子の3人家族、



その2軒の間、うちとは斜め方向の位置に、

ほんの微かに、我が家と裏庭同士が触れ合っている家(裏隣り)があって、

若い夫婦と小さな女の子が住んでいます。



そのお宅へお茶に呼ばれたので、

小さい花束とイチゴ持参で行って来ました。


f0359879_00502465.jpg



若い夫婦のうち、旦那様は白人ですが…奥様は日本人!

ご両親が日本から遊びに来られているので、

「一緒にお茶でも」と初めて招待されたのです。



面白いことに…娘さん夫婦が引っ越して来てから4年もの間、

私達はすぐお隣の家に、日本人の方が住んでいることを知らなかったのです(#^^#)



この日は平日だったので、娘さん夫婦はお仕事で留守、

ジジババ4人でまったりと寛ぎました。


奥様のEさんが点てて下さったお抹茶に、和三盆の茶菓子と手作りのきな粉団子、

帯で飾られたガラステーブル…

まるで日本にいるかのような錯覚を覚えました。


f0359879_00503205.jpg



お話を伺うと…SさんEさんご夫妻&娘さんの出身地は、(私の出身地の)隣の県、

その上Eさんのお母様の出身地は、私と同じ県内の目と鼻の先だったのです。

ご夫妻のお国訛りを聞いて…故郷に帰ったような懐かしさと安心感(*´ω`)



さらに話を聞くと、娘さんと私の長女は同い年、

場所が場所なら、Eさんと私はママ友になったかもしれないのです。

娘さんと私は、日本から遠く離れたこの地で偶然隣同士になって、

故郷もお隣の県…なんて不思議なご縁でしょう!



SさんEさんご夫妻は、素朴で飾らない…いかにも田舎の方という感じで、

気持ちがフワ~っと楽になった午後でした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ







[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-17 03:17 | Comments(4)