キッチンガーデンの様子




北海道の札幌より緯度が高く冷涼なこの地は、

夏が過ごしやすい半面、
野菜の成長にはもうひとつです。



とは言いつつ、コテージの裏庭は日に日に夏らしくなって…
ゆっくりですが、野菜も成長しています。


f0359879_23374715.jpg

ラベンダーの道横にあるキッチンガーデンでは、
ミニトマトがやっと色付き始めました。



大きなトマトと中振りトマトが色づくのはまだまだですが、
だいぶ大きくなりました。

今年の春は割と暖かい日が続いたので、これでもいつもの年より成長が早いほうです。

f0359879_23375674.jpg
f0359879_23380462.jpg

その他、ピーマン、シシトウ等も実がなってきました。
f0359879_23381464.jpg
f0359879_23382299.jpg
f0359879_23383325.jpg

f0359879_23385159.jpg
今年、このキッチンガーデンには、

(ミニトマトも合わせて)トマト6本、ピーマン5本、シシトウ4本、
…ナス科の野菜だけをまとめて植えました。




その隣のキッチンガーデンでは、
ジャガイモが大きくなっています。

f0359879_23392147.jpg


奥のキッチンガーデンにはキュウリ、ネギ、バジル、青じそを植えています。


キュウリと青じそが大きくなっています。

f0359879_23373575.jpg


4月中旬に室内で種を蒔いて育てた日本の白イボ胡瓜です。

やっとここまで大きくなりました♪



f0359879_23371392.jpg



青じそは苗を買って植えたのと種から育てたのがあります。

種を蒔いた時にちょうど気温が上がらなくて…種から育てたのはまだ小さいですが、
苗から植えたのはすくすくと育っています。



f0359879_23325863.jpg



旅から帰った夫が、
大きく青々としている青じそを見つけて大喜び!
 
夫はアメリカ人ですが、青紫蘇が大好きなんです。019.gif

f0359879_01122447.jpg



昨日のメインは彼の大好物の天ぷら、

青紫蘇を大量に揚げました。068.gif






[PR]
# by mimozacottage | 2016-07-07 00:47 | キッチンガーデン、果樹 | Comments(2)

玄関のアプローチ



家を買う時、中古住宅が大半を占めるアメリカでは、


家のドライブウェイ辺りから玄関までの景観は、
家屋や土地の広さ等と共に重要だとされています。


f0359879_02260995.jpg

そんなことには全く無関心で、
雑草が伸び放題になっているような家もチラホラ見かけますが、

季節の花や植木、あるいは家の個性を主張するようなオブジェを置く等、
趣向を凝らした家がよくあります。



玄関アプローチを美しくして、訪問客を出迎えるのは嬉しいし、
また近所にそんな家があると、散歩をしても楽しいですね!




今日はうちのドライブウェイ辺りから玄関アプローチまでの写真を撮ってみました。
裏庭と比べると割とフォーマルな感じです。


f0359879_03262516.jpg


ドライブウェイの始まり、歩道の傍の細長いスペースには、
約1.5mおきにヘザーを植えています。

今はまだ疎らですが、
この花は横に長く成長するので、間隔を広めに開けています。

3~4年くらいで株が全部繋がって、
早春にはピンクの花の帯ができると思います。



f0359879_03511534.jpg
f0359879_04011271.jpg

マンゴー・ペプシクル 学名:二フォーフィア(Kniphofia)


この色鮮やかな花は日本ではあまり見かけないと思うので、馴染みがないかもしれません。
その後ろはボックスウッド(西洋ツゲ)です。


次にガレージの前です。


f0359879_04065931.jpg


こっちはガレージに向かって右側のスペースです。

ここは午前中は日当たりが良いのですが、午後日陰になるので、
少しの例外を除き、半日蔭用の庭木や植物を中心に植えています。

(マルチの所、木枠の右側はお隣さんの敷地です。)


f0359879_04043011.jpg


こちらはガレージ前に向かって左側の庭です。

右手の石段は玄関に続いています。

ここは午前中を除き、家やブロック塀の陰になるので、
クリスマスローズ等日陰を好む植物を植えています。

f0359879_05073322.jpg

ブルネラ(ジャックフロスト) 学名:ブルネラ・マクロフィラ(Brunnera macrophylla) 

f0359879_05074350.jpg

アスチルべ 学名:アスチルべ・シネンシス(Astilbe chinensis)



石段を上ります。


石段に沿って花を植えるスペースがあるのですが、
手すりの向こうは板壁で、あまり水遣りができないので、

セダムなど乾燥に強い多肉植物を集めて植えています。

f0359879_04270352.jpg
f0359879_04272723.jpg

セダム開花まで、あとちょっとかな?…楽しみ♪



さて、石段を上がり切った所が玄関です。


(小鳥が巣を作っているハンギングバスケット
やぱり卵が心配で水遣りを控えてしまうので、花が枯れ気味で残念ですが…007.gif


f0359879_05075431.jpg

さて着きました。

ようこそ~~~♪ ミモザ・コテージへ 006.gif








[PR]
# by mimozacottage | 2016-07-06 00:39 | 前庭 | Comments(0)

結婚記念日に夫から届いたカード




「郵便箱を見てごらん、君に何か届いていると思うから。」
旅先の夫からこんなメールが届いたので、

早速、郵便箱を覗いてみたら、
夫から私宛にカードが届いていました。


f0359879_08384476.jpg


一昨日は私達の結婚記念日だったのですが、
夫は実家の用事でモンタナ州に出かけていたので、

結婚以来初めて、記念日を別々に過ごすことになったのです。
(私達は再婚同士なので結婚年数は11年…比較的浅いです。)



夫は記念日に間に合うように、無理にでも早く家に帰りたかったそうなのですが、
逆に私は、彼に無理な運転などしてほしくなかったので、
「(記念日のお祝いは)1日くらい遅れてもいいじゃないの。」と言いました。


まあ、寂しいことは寂しいけれど、
ガーデニングや卓球を思う存分やって、一人きりの自由をそれなりに楽しんでるし…^^


でも夫は、家で一人きりで過ごしている私を思って、
旅先からこんなカードを送ってくれていたのです。


f0359879_08383284.jpg



Anything, everything, little or big
becomes an adventure
when the right person shares it.
(Kathleen Norris)

どんなことでも、何でも、事の大小に係わらず
自分にぴったりの人と一緒だと
わくわくするイベントになる。



Being with you is where
I always want to be.
Happy Anniversary To Us

Love,

君と一緒の場所、
僕はいつでもそこにいたいと思う。
結婚記念日おめでとう

愛を込めて、(夫より)




f0359879_01524811.jpg




昨夕、夫は無事に家に帰って来ました。





[PR]
# by mimozacottage | 2016-07-05 00:02 | 家族 | Comments(2)

ホワイトガーデンの手入れ



裏庭の一番奥に、
白い花を中心に集めた「ホワイトガーデン」があります。

f0359879_11022056.jpg

広がった小菊が他の花の成長の邪魔になっていたので、
数日かけて手入れしました。


下の写真は手入れ前です。

f0359879_11102161.jpg


右側の小菊は広がり過ぎて、横のリアトリスの成長の妨げになっているし、
左側のはだらりと倒れて見苦しい。



そこで…右側の小菊はカットして小さくまとめ、
左側のはそろそろ終わりなので、根元を残して全部撤去しました。

長い茎に凭れ掛かれてへなへなになっていたリアトリスも
小菊を取り除いた後はシャッキと元気になりました。



次に、白い花の咲く木や植物を集めて植え替えの準備です。


f0359879_11164450.jpg


ハチドリを呼び寄せると言われているサマースイートとマグノリア、
百日草、ピンボール、西洋石竹など…
色は全部白です。


一度植えてみると、これだけではまだ寂しかったので、
後日ダリアとダイアモンドフロストを足しました。


f0359879_12380345.jpg

ピンボール 学名:ガムファレナ(Gomphrena)

f0359879_12395285.jpg

百日草 学名:ジニア(Zinnia)

f0359879_12422986.jpg

ダイアモンドフロスト 学名:ユーフォービア(Euphorbia)


f0359879_12432953.jpg
アーチエンジェル 学名:アンジェロニア(Angelonia)


f0359879_12472412.jpg

スパイダー・フラワー 学名:クレオメ(Cleome)


f0359879_12530193.jpg

サマー・スプラッシュ 学名:二エレムバーギア(Nierembergia)


f0359879_12542751.jpg

ダリア 学名:ダリア(Dahlia)




そして、元々植えていたユリも作業期間中にちょうど見頃になりました056.gif

f0359879_11332311.jpg



私は白い鉄砲ユリが大好きなので、
もっとたくさん植えたいのですが、

園芸店、ホームセンター、カタログショップ…
どんなに探しても、この辺りには(アメリカ全土かも?)球根が売られていません。


どうしてかな?



白い鉄砲ユリはアメリカではイースターのお祝いに使われ、
イースター前には莫大な需要があります。

園芸店、ホームセンターはもちろん、食料品店等でも
百合の鉢植えが大量に店頭に並ぶので、


その鉢植えを売るために、


花屋さんと園芸店の間に協定のようなものがあって、
白ユリの球根が市場に出回らないようにしてあるのかな?と思ったりもします。



このユリは、昨年イースターが終わった後に、
半額になっていた鉢植えを買って来て、ここへ植え替えたものです。


f0359879_13300499.jpg

ここは元々トレーラーの駐車場になっていた場所なので、
ツルハシを使わないと花を植える穴が掘れません。

石拾いや土壌改良のコンポストを入れたりもしたので、

たったこれだけの植物を植えるのに数日もかかってしまいましたが、
取り合えず、第一段階の手入れが終わりました。


f0359879_13321195.jpg

ああスッキリ、幸せ~



[PR]
# by mimozacottage | 2016-07-03 14:02 | ホワイトガーデン | Comments(2)

うちの芝生は青い?(笑)~芝生でくつろぐウサギ



f0359879_00334506.jpg


昨日は午前中はずっと曇りだったので、
前庭の草取りをしてました。

芝生の草取りは時間がかかるし、根気のいる仕事なので
お日様が照っている時はやりたくないのです。



うちの庭は花檀も菜園も完全無農薬、
もちろん芝生も例外ではなく、除草剤を一切使わずに維持しています。

芝生を隈なく見渡して、雑草らしき物が見つかれば、
草取りの道具を持って近づき、

丁寧に芝生をかき分けて、雑草の茎の根元を指や草取り道具でしっかりと捉え、
根を途中で切らないように注意深く、1本1本抜いていきます。



(ちなみに私が草取りを頑張るのは前庭だけで、
家を買った時すでに手遅れだった裏庭は、
雑草だらけ自然のまま…夫が芝刈り機でザザーッと刈るだけです。)


昨日は休憩を挟んで3時間くらい?辛抱強く頑張った結果…


f0359879_00210978.jpg


うん!なかなかいいじゃん049.gif

除草剤を使ってない芝生にしては、
雑草が目立たないと思いませんか?

(今は夫が留守で芝刈りができていないので、この写真は前に草取りをした時のものですが、
芝が伸びてる以外は大体同じです。)

f0359879_00265804.jpg
f0359879_00284240.jpg


午後お天気がよくなって、窓から前庭をふと見ると、
ウサギが幸せそうに芝生に寝そべっていました。

f0359879_00073695.jpg

芝生でくつろぐウサギなんて見たことがないし、
綺麗になった芝生は余程気持ちがいいのかな~?

と思って、よく見ると…

なんと寝そべったまま、草を食べているのです。

f0359879_01000962.jpg

ぷぷッ…無精ですね~ 029.gif

f0359879_00345625.jpg






[PR]
# by mimozacottage | 2016-07-01 01:20 | 前庭 | Comments(0)

花びらの白い色は…シャスタデイジー



f0359879_05275540.jpg

シャスタデイジーが咲き始めました。
シャスタデイジーは香りがなく、風情もあまりないような花だと思いますが、
明るくて好きです。

我が家の裏庭には6株のシャスタデイジーがあります。
背が高くてどっしりとしているので、この花が咲くと庭が急に華やかになります。



f0359879_05274104.jpg
写真では分かりにくいのですが
高さを測ってみると、120センチ以上ありました。
(と言っても、標準がどのくらいかわかりません009.gif


f0359879_05271296.jpg

この花を見ると、

060.gif花びらの白色は、初恋の色~060.gif

という昔懐かしい歌を半ば自動的に口ずさみます。

古いですね~037.gif…歌も私も。




奥のベンチ周りにあるシャスタデイジーも満開です。


f0359879_05280808.jpg



ベンチ周りの写真を撮っていると、
近くにある剪定をしてないバラ056.gifが気になり、

写真を中断してバラの剪定、
バッサバッサと思い切りやっていたら…


オッと…まだ咲いているバラも切ってしまったので、
あとで部屋の中に飾ろうと、とりあえずベンチの上へ置きました。


…話はシャスタデイジーに戻ります。

ベンチの左側にあるのがこれで、

f0359879_05254168.jpg


右側にあるのがこれです。

f0359879_05264140.jpg

あとはホワイトガーデンに3株あるのですが、
一つは咲いていて、二つは蕾~2分咲きというところでしょうか?


全部咲いたら、
ホワイトガーデンがそれらしくなると思うので、
楽しみです。




[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-30 06:11 | ホワイトガーデン | Comments(0)

ハーブの小径

f0359879_15335794.jpg



我が家の裏庭へ通じる入り口は二か所、北と南にある。

北の入り口付近には小さな和風ガーデンがあり、
南の入り口は石段を上った処にラベンダーの道がある。


煉瓦の踏み石周りにはイングリッシュラベンダーとクリーピングタイム、
道の左右は小さなキッチンガーデン。

さらに奥へ進むと、古い切り株の所で道は左右に分かれ
右手はラベンダーが誘う少し大きめのキッチンガーデン、

f0359879_16124627.jpg

左手には私が「ハーブの小径」と呼ぶ
小さなハーブガーデンがある。
f0359879_15374755.jpg
f0359879_01211086.jpg



マジョラム、花オレガノ、オレガノ、
ペパーミント、パイナップルミント、レモンバーム、ローズマリー…

f0359879_16312424.jpg
f0359879_00205501.jpg
f0359879_00203567.jpg
f0359879_04002417.jpg

今はマジョラムの花が綺麗☆

f0359879_16312424.jpg

私はハーブティをあまり頂かないし、
ハーブ料理も得意でないので、

ここに来るのは水遣りや雑草取りをする時と
たまにデザートのデコレーションに使うパイナップルミントを摘みに来る程度、


f0359879_01212884.jpg

それに引き換え、夫は料理にハーブを使うことが多いので、
頻繁にここへやって来る。
このハーブガーデン頻繁を利用している

f0359879_15393264.jpg


その彼は3日前、実家の用事をするために、
1週間の予定でモンタナ州へ出かけた。

”I love and miss you more everyday."

夕方、こんなメールが来たが、
彼はこの庭のことも恋しく思っているに違いない。






[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-28 16:20 | ハーブガーデン | Comments(0)

ハンギングバスケットに小鳥の巣が…




ある朝、玄関を開けると、
ドア近くのハンギングバスケットの中から突然、小鳥が飛び立ちました。

もしや?と思って、バスケットを覗き込んで見ると、

こんなものが…
f0359879_01584539.jpg

中央より少し下に灰色の小石のようなものが3個見えますが、
これは石ではなく、ジュンコー(Junco)という種類の小鳥の卵です。

「えっ?いつの間に?」…よく見れば、
卵の周りには、小さいけれど立派な巣もありました。

f0359879_01202001.jpg


実は3年前にもこのハンギングバスケットの中に、
ジュンコーが巣を作ったことがあります。

水遣りをすれば巣が濡れるのと思ったので、
その時はハンギングバスケットへの水遣りを完全にストップして

花は枯れるに任せ、
赤ちゃん鳥が巣立つのを楽しみにしていたのですが、



ある朝、赤ちゃん鳥は巣から落ちたと見えて、
玄関ドアの傍で死んでいました。

野鳥の世界には、親鳥が子育てのストレス等から
自分の子供を巣から蹴り落とすことがよくあるそうです。



過去にそんなことがあったので、
ハンギングバスケットの中に小鳥の巣を見つけても、私は全然嬉しくなくて、

できれば親鳥には、
卵と一緒にどこかへ引っ越してって欲しいと思うのですが…

私が勝手に小鳥の巣を移す訳にも行かず、

さてどうするかな?



f0359879_01550802.jpg

今年はなるべく巣を濡らさないように気を付けながら、

水遣りを続けようと思っています。

(巣は中央から少し左寄り、スイートアリッサムの中にあります。)


にほんブログ村


[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-26 02:20 | 前庭 | Comments(0)

サファイア色の季節~アガパンサス



前庭・玄関横に来客や家族を出迎えるための花壇があります。
西洋ツゲ、白いサクラソウとゼラニウム、アガパンサス等を植えています。

f0359879_07454538.jpg

玄関周りは見た目が煩くならないように、
花の種類は少なめ、色も白とブルーに限定していましたが、

今年は赤紫のアリッサムを加えてみました。

f0359879_07452762.jpg


今、この花壇を彩っているのは
サファイア色のアガパンサス、

f0359879_07451227.jpg


アガパンサスの開花するこの季節は、
この場所が1年中で最も華やかになる時期です。


アガパンサスの開花期間はどのくらいだったかな?
2~3週間くらいでしょうか?

f0359879_07460168.jpg
f0359879_07461346.jpg


短いサファイヤ色の季節を楽しんでいます。


[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-25 08:20 | 前庭 | Comments(0)

至福の時~ラズベリーの季節


f0359879_07152416.jpg

自分の庭で熟したイチゴやサクランボ、
ベリー類を摘んで食べる時、極上の幸せを感じる。


サクランボとイチゴが終わって、
今はラズベリーの季節…

f0359879_11151972.jpg
f0359879_11172422.jpg


我が家のラズベリーは、店で売っているのとは違って野生に近い種類、
味も見た目も素朴で、

遠い昔、姉達と野山で食べた野イチゴに似ている。



f0359879_07084281.jpg
裏庭の隅っこ、隣家との境に7年前に1本だけ植えたラズベリー、

手前にあるキッチンガーデンを占領しそうなほどの勢いで増え続けるので、
広がり過ぎないように気を付けているが、

毎年この季節には、私1人では食べ切れない程の実がなる。

f0359879_07165180.jpg

食べるのを助けてくれる人がほしいところだが、

アメリカのフルーツ農家に育った夫は
ラズベリーを食べることには興味がなく、

ラズベリー摘みに夢中の私を
ちょっと離れたベンチから眺めている。

f0359879_11144573.jpg
・・・静かな至福の時。




[PR]
# by mimozacottage | 2016-06-18 11:31 | キッチンガーデン、果樹 | Comments(0)