悲しい時は…やっぱり食べることよね!



薪のことでモヤモヤしていた時、

「アリス(お孫さん)の桃の節句だから、作ったのよ~!」

裏隣のWさんの奥様Eさんから、手作りのおはぎを頂きました。


f0359879_16001434.jpg



もう嬉しくて、嬉しくて…幸せ~♪~♫~(^^♪

本当は7個入っていたのですが、

すぐに1個ぱくっと食べちゃったので、写真が間に合いませんでした。



考えてみたら、10年以上のアメリカ生活で初めての手作りおはぎ!

悲しい時、私は食べ物に走ってしまうのですが( ノД`)…

この時のおはぎほど、美味しい物はなかった!



もう美味しくて美味しくて…あ~、癒されました!~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

やっぱり、和風が一番よね☆彡



和風つながりで…ここ1週間のうちに作った夕ご飯をUpしますね。



先週と先々週はパーティ続きで、夫が料理を頑張ってくれたので、

ほかの日は私が作る和食が多かったです。

来週旅行を控えているので…私が得意な冷蔵庫の掃除メニューです。

f0359879_02242993.jpg

天婦羅ときゅうりの酢の物


f0359879_02252971.jpg


昼ごはんのそば(天婦羅から出た天かすを入れて…)


f0359879_02250319.jpg


おでん

米のとぎ汁で下茹でした大根、とろけるように柔らか~!(*^^)v


f0359879_02251672.jpg


ビビンバもどき


f0359879_02402354.jpg


なす田楽



昨日は(安売りしていた)タラのカマを入れた鍋でした。

f0359879_02254369.jpg


f0359879_02255235.jpg


f0359879_02260314.jpg


傍で夫が「カニもちゃんと写真に撮らなきゃだめだよ。」と言うのです。(〃▽〃)



そして、これは夫が1週間前に作ったピザです。

f0359879_02410894.jpg


f0359879_02411782.jpg


夫のピザは、ピザ屋さんで食べるより美味しいんです。(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
# by mimozacottage | 2017-03-03 03:51 | 料理 | Comments(8)

家族用リビング:本棚の整理



家族用リビングの大掃除の続きです。

机の左側に、(あまり使わない)トレッドミル、本棚、TVがあります。

f0359879_06271044.jpg



私は2年半前に休学するまでは理系の学生だったので、本棚の中には、

数学や化学のレポート、テスト、問題集などがごっそり残っていました。

すぐに大学へ復帰するつもりだったので、捨てずにいたのです。



今は復帰を考えておらず、(単位の取れないオンラインでは勉強中)、

また万一復帰しても、元の理系(Pre‐Med=医学部に入る準備コース)に戻ることはないので、

大量の物を思い切って処分しました。


テスト、レポート類は人生で1番頑張った時の物だったので、捨てる時にちょっと涙が。。


f0359879_05231008.jpg


本棚の上です。

左から、ローラ博物館で買ったかごの中に入れたカスミソウ、

ピクニック用バスケット、ディナーセット、ソーイングバスケット…

f0359879_05251935.jpg



アンティークの物入れ(👒入れ?)、ポトスが並んでいます。

アンティークの物入れには、洋服を買ったときに付いてくる

予備のボタンや糸を入れた袋、そしてリボンなど。


f0359879_05252961.jpg



ソーイングバスケットは10年前に購入、

小さいけれど、これで十分間に合っています。


f0359879_05234608.jpg


f0359879_05240085.jpg


上段:ピンクッションは10年前の自作です(*^^*)

f0359879_05242239.jpg


下段:空き箱で糸を収納。



ピクニックバスケットは、親友Pさん夫妻からの贈り物です。

f0359879_05254707.jpg
f0359879_05255779.jpg


蓋はカバーを開ければ、ミニテーブルに変身。

f0359879_05260856.jpg


バスケットの中には、

ワイングラス、ミニまな板、ナイフセット、紙皿などが入っています。

ピクニックや野外コンサートで大活躍しています。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
# by mimozacottage | 2017-03-02 06:09 | リビングルーム | Comments(6)

薪を分けてくれと言う、隣の白人夫婦にモヤモヤ



*後半はネガティブな内容なので、読みたくない人はスルーして下さい。

f0359879_09332178.jpg



昨朝目を覚ますと、一面の雪景色…この冬3度目の積雪だ。

f0359879_09410529.jpg


雪景色を見ると、三好達治の短い詩が口をついて出る。

「雪」三好達治
太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降りつむ。


夫が起きて、久しぶりに薪ストーブを焚いた。


f0359879_09365156.jpg


雪の日は薪ストーブが似合う。

外の冷たく白い雪と家の中の暖かく赤い炎…対照的なものが調和している。

f0359879_09381172.jpg


ストーブの上に置いたお湯が沸いたので、抹茶を点てた。

f0359879_09463518.jpg


と、ここまではよかったが…



夫に「あとで隣の人(西隣に住んでいる白人夫婦)がうちの薪を取りに来るから…」

と言われてから、モヤモヤが始まった。



西隣の夫婦は、家の暖房(セントラルヒーティング)が壊れて暖炉しかなく

今まで暖炉に使う薪を店で買っていたが、

店で買うのは高いから、うちの薪を分けてくれと言ったそうだ。



「え~っ!?」



急に雪が降ったけれど、うちは先週友人から貰って来た薪があるので、(記事はこちら→記事)

薪の蓄えが十分でよかったな、と安心していたところだった。



私だって、困っている人を助けたくない訳じゃないし、

相手が普通のご近所さんなら、喜んで分けて上げたいと思う。



だけど彼らは、私達がここへ引っ越して以来、私に失礼な態度を取り続けている。

そんな夫婦が「薪は店で買うより、

隣(私達のこと)の薪をただで貰ったほうが安上がり。」と考えているのが嫌だ。



腰痛持ちの夫は、一度に大量の薪を割ることができなくて、

夏の間から少しずつ割って、冬までに蓄える。

私は夫の腰が心配で、そばでひやひやしながら見守る。



近所の人や友人達が家の木を切る時、「薪にするなら上げるよ。」と声をかけられると、

その人達にお礼を持って、頂きに行く。



うちの薪はそんな苦労を繰り返して、やっと蓄えた薪で、

何もしないで手に入れた物ではない。



方や、隣の夫婦が薪割りをしている姿は、この10年間1度も見たことがない。

そしてもっと嫌なのは、この10年間私を名前で呼ばず、名前を覚えようともしないことだ。



ここに引っ越した時、二人で隣近所へ挨拶に行って、

隣の夫婦は、うちの夫の名前はその場で覚えたが、

私の名前は、10年間隣に住んでも覚えようとしない。



彼ら曰く、”名前が難しくて覚えられない”そうだが、

私の名前の発音は簡単なので、他のアメリカ人はすぐに覚えてくれる。

また、夫婦は難しくて覚えられないと言いながら、私の名前を尋ねもしない。
(要は覚える気はなく、どうでもいいと思っているのです。)



私達に用事がある時、夫に対してはちゃんと名前で呼びかけるのだが、

私には”Hello"とか、”Hey"とか、

酷い時は、「あ~」とか、「う~」とか声を出して私の注意を引き、会話を始める。



初めの5~6年、私は彼らを名前で呼んだが、

彼らの、(たぶん私が東洋人だから)名前を覚えなくていいという態度に腹が立ち、

私も彼らを名前で呼ぶことをやめた。



その上彼らは、〇〇(芝刈り機とか)が無いから貸してくれ、タイヤがパンクしたから助けに来てくれ、

木が邪魔になるから切ってくれ、困ったことがあるからちょっと来てくれ、

保険に入ってくれ…



ことあるたびに、夫や私にいろいろ頼みごとをするが、

かといって、向こうからは何一つ申し出をしてくれたことはない。



夫が言うには、夫婦は今回持って行くのと同じ量の薪を あとで私達に返すつもりらしいが、

私としては、薪を返してもらうよりも、彼らの人種差別的な態度を改めてほしい。

(私はもう関わりたくないからどうでもいいけど、他の非白人に対して…)



そして、薪を店で買うのが嫌だったら、薪集めや薪割りを自分達でちゃんとして、

次の冬に困らないように備えてほしいのです。



今日はネガティブな内容でごめんなさい。こんな日もあるのです。


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-03-01 10:40 | 薪ストーブ | Comments(12)

お隣さんをディナーに招待



f0359879_00591687.jpg


週末、裏隣りのお隣さんをディナーに招待しました。

先々週お茶に呼ばれたお返しというよりは、

何十年来の友人のように親しみを感じたので、お話の続きをしたかったのです。


f0359879_01022018.jpg


(この日はピンクのスプレーバラを買って、家中に飾りました。)


娘さん一家も招待したのですが、生憎先約があって、

日本人のご両親Wさん夫妻だけの参加になりました。

f0359879_14575157.jpg



事前にご夫妻の好みを伺って決めたこの日のメニューは、

★蒟蒻と大根(前菜)
★アスパラのスープ
★オルゾサラダ
★牛ステーキ
★抹茶ロールケーキ


このうち私が用意したのは、前菜、デザート、ステーキに添える野菜だけで、

あとは全部、夫です。(前菜の写真は撮るのを忘れました。)

f0359879_15065200.jpg


(アスパラのスープ)


f0359879_15071019.jpg


(オルゾサラダ)


f0359879_15074481.jpg


ステーキは牛たたきと普通のステーキの2種、

牛たたきはポン酢をつけて頂きました。


私のお皿の肉は、夫が一口大に切り分けてくれたので、こま切れ状態(^-^;


f0359879_15090073.jpg


お茶を嗜まれる奥様Eさんに合わせて作ったデザート、栗入り抹茶ロールです。

レシピはクックパッドで公開しています→しっとり美味しい抹茶ロール




4人で話が弾んで弾んで…Eさんはインテリアや収納に興味をお持ちなので、

家の中のミニツアーにご案内(人に見せても大丈夫な所だけ…(〃▽〃)ポッ)、



自慢^^の収納スペース、「幸せのパントリー」も見て頂きました(^_-)-☆


f0359879_01313367.jpg


(お土産に頂いた豪華な花束)


Eさんは褒め上手と言うのか、飾り気のない誉め言葉をよく口にされます。

人を疑ったり、批判したり…そんなことは人生で1度もないのではないか?と

思われるほど、純朴な方…私はすっかり彼女のファンになりました☆彡


f0359879_05164377.jpg


お二人とも本当は顔を隠したくないくらい、良い笑顔をされています。

夜10時過ぎ…今度は日本のWさん宅で再会を約束し、お開きになりました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-28 03:08 | 料理 | Comments(8)

自分でデザインした客用バスルーム



10年前に家を買う時、この家の魅力のひとつが、

3つのベッドルーム全部に、バストイレが付いていた事でした。



しかし10年も住めば、不具合が見つかったり、

故障や老朽化など(この家は今年で築36年)いろいろ問題が出て来て、

3つのバスルームのうち、2つを改装しました。




そのうちの一つ、客用寝室のバスルームは、

昨年5月までは泊り客が来るたびに、

私のベッドルームを明け渡さないといけないほど問題がありました。




(洗面台の上にあるキャビネットの位置が悪くて)顔を洗う時に頭をぶつける、

シャワーの排水が悪い、天井に水漏れのシミがある等々…頭痛の種でした。




新しいバスルームのデザインは私に任されたので、

以前泊まったベルギーのホテルの「白いバスルーム」をイメージしながら、

それを再現+自分のこだわりでデザインしました。




そして腕の良い大工さんに来て頂き、思い通りのバスルームが完成!

かつては頭痛の種だった場所が…

今や、家で一番美しい場所に変身しました✨

f0359879_02455245.jpg


f0359879_02461272.jpg



それでは、私の「こだわり」を見て下さいね。


こだわりその1.鏡はシンプルで美しいもの。

f0359879_04041087.jpg



その2.タイルの目地はシルバーグレー

カビが発生しやすい場所なので、

目地の色は白を避けて、金具の色とマッチさせました。

f0359879_04074356.jpg


その3.シャワールームの床に天然の小石を使う。

TVのインテリア番組で見て、憧れていました。

小石が足に心地よい刺激…足裏マッサージのようで、気持ちいいです。


f0359879_04052337.jpg



その4.照明は明るさが調整できるもの。

f0359879_04060826.jpg


(鏡の上の照明を最大にした時)
f0359879_04071424.jpg


(最小にした時)


その5.棚は清潔感のあるガラス


f0359879_04143962.jpg



その6.蛇口は水が滝のように流れるもの

これは単に…せせらぎの音を立てながら、滝のように落ちる水を見るのが楽しいからです。(*^^)v

f0359879_04151401.jpg


その7.狭いバスルームを圧迫しないように、小ぶりの洗面台とトイレ

f0359879_04174615.jpg



その8.廊下にバスルームと同じタイルを使う。

その7.と通じるのですが…バスルームを広く見せる工夫です。


f0359879_04184833.jpg


(ここは階段を下りて、ゲストルームへ行くまでの廊下)



f0359879_04260285.jpg


バスルームは引き戸の向こうだけで、手前は廊下なのですが、

同じタイルのパターンが続くので、

まるで、バスルームが続いているような錯覚を覚え、広く感じます。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-27 05:05 | バスルームその他 | Comments(8)

家族用リビングの大掃除:使用頻度の低い物を移動




家族用リビング大掃除の続きです。


f0359879_01564353.jpg


ペン立ての中にある使用頻度が低い物を どうしたらいいのか?



f0359879_03541550.jpg


空き缶ペン立てに入っているのは、鉛筆、シャーペン、ボールペンの予備。

その他はマーカー(これもセットでないと買えなくて( ノД`))、はさみ、科学用電卓、ペンキブラシ*

(*は今リフォームに使っているので、他のペンキブラシと一緒にしたくないのです。)




左側真ん中の引き出しにスペースがあるので、そこへ移動させようっと…034.gif


f0359879_03534665.jpg


(水拭きした後、まだ乾いていません…💦)



今は空っぽですが、普段この引き出しに入っているのは、

封筒、グリーティングカード、郵便局で使う税関の用紙等。



今の整理法では無駄なスペースがあるので、

それを解消するために、空き箱で紙工作をしました。

f0359879_09453409.jpg



f0359879_09455016.jpg



細い方の空き箱は封筒を入れると、ピッタリ!

f0359879_04220989.jpg


そしてこれは、夫の古い大きな辞書のカバーです。

本棚を整理していて、閃きました。(*^^)v


f0359879_09461009.jpg


実は事後承諾なんですが…(;'∀') 使っても良いと言うので、

有り難く使わせて頂きます。嬉しいッ!(≧▽≦)、 ありがとう~☆

税関の用紙、切手シート、栞等の整理に…。


f0359879_03532099.jpg


奥にちょっと余裕があるけど…なかなかいい感じ。

茶色い箱には、人から送られて来た未整理写真が入っています。


f0359879_04071512.jpg




左側の隙間には、旅行用の薄いバッグ

(机の上に置きっぱなしだった)眼鏡のクリーニング液、部屋用ローズウォーターは、

空き缶にまとめて、ここへ収納。



やっと…机の上のゴチャゴチャが一掃されました。

あ~、気持ち良い~!(^-^)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-26 04:53 | リビングルーム | Comments(4)

家族用リビングの大掃除:デスク周り



アメリカの家で、Family Room(家族用の部屋)と呼ばれるのは、

客を迎えるためのメインリビングと違って、家族が寛ぐために使います。

言わば、「第2のリビングルーム」です。



大体、家のメインフロワーの奥や、

メインフロアーとは違う階等、玄関から遠い場所にあります。


f0359879_09095021.jpg


TVや暖炉(うちは薪ストーブ)があるので、普通は家族が集まりやすい場所ですが、

コンピューターおたくの我が夫、TVを見ないで自分の部屋で過ごすことが多いので、

うちの家族用リビングは「家族用」と言うよりも、私専用です。


f0359879_09143673.jpg


そのせいでしょうか?掃除の優先順位が下のほうになるので、

気が付けば、散らかったり埃が溜まったりしています。

最近特に気になっていたのは、机回り、本棚、ブラインド、飾り棚の中、観葉植物…



たくさんあったので、

(日本の)年末の大掃除と (アメリカの)春の大掃除を

合わせたような騒ぎで大掃除しました💦



私の机です。8~9年前近所のガレージセールで40ドルで買いました。


f0359879_01564353.jpg


今回、机周りで掃除したのは机の上、

3つのパーツに分かれた引き出し、それと左側真ん中の引き出しです。

あとの引き出しは、まあまあ大丈夫でした。



机の上にはペン立てが3個もあって、中にはいろんな物がギッシリ💦

(上の写真は片づけた後です。その前はとても見せられません。)

このうち1/4は要らないもので、1/2は必要だけど頻繁には使わないもの、残り1/4は頻繁に使うものでした。



要らないものは捨て、頻繁に使わない物は左側真ん中の引き出しに移動させ、

頻繁に使うもの(ペーパーナイフ、はさみ、ボールペン)だけをペン立てに入れて、

机の上には、スタンド、ペン立て(1個)、パソコンだけを置くことにしました。



3つのパーツに分かれている1番上の引き出しの全体像です。

f0359879_09300520.jpg


私は釘を打ったり、家のちょっとした不具合は自分で直すのが好きなので、

工具も引き出しの右側に入れて、必要な時にさっと取り出せるようにしています。

パッと見、机の持ち主が男性のような感じ?(;´・ω・)


f0359879_09405207.jpg



真ん中はPCの掃除道具、メガネ、手帳など…空き箱収納の大活躍です。

メガネの数が多いのは、近視用、遠近両用、老眼鏡…いろんな種類があるのと

どこにでも置きっぱなしにするから(-_-;)



因みに…老眼鏡は英語ではReading Glasses「読書用眼鏡」と言います。

こっちの方好きだわ。若々しい響きで💛


f0359879_09411663.jpg


左側は文房具です。

f0359879_09412955.jpg



スティックのりや(真ん中の引き出しの)消しゴムの数が多いのは、

セットで売っていることが多いからです。

これ、何とかならないものかな?…( ノД`)



「トレーダー・ジョーズ」のチョコボールの空き缶は、

蓋の真ん中が透明になっているので、収納に重宝しています。



f0359879_10443449.jpg
f0359879_09485001.jpg


机の真ん中がパソコンだけになったのは久しぶりです(;^_^A

長くなったので、本棚などはまた今度!


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-25 11:16 | リビングルーム | Comments(2)

忘れていた場所で「春」を発見!



玄関脇の花壇を何気なく見ていたら、

何やら紫っぽいものが目に入りました。

近づいてよく見ると、クロッカスです。たくさんあります。

f0359879_02591748.jpg


f0359879_03092811.jpg


大きな雑草や、

ゼラニウムとスイートアリッサムの残骸(枯れた花)の陰に隠れて、

紫だけでなく、薄紫、白…可憐な花が、ちょっぴり顔を覗かせていました。



昨秋、芝生周りのクロッカスを掘り起こして、

ここに植え替えたことをすっかり忘れていたのです。

なのに、こんな可憐な花を咲かせて…申し訳ない気持ちで、慌てて花の残骸と雑草を引っこ抜きました。


f0359879_03001907.jpg



植えたことも忘れた場所に、

花を咲かせてるなんて…「春発見」の喜びもひとしおです。



f0359879_03003113.jpg



ふと、思いました。人間にも…

種を蒔いて、すぐには芽が出ないので、落胆したり諦めようとしたり、

種を蒔いたことすら忘れかけた頃に、



花が咲き、実を結ぶことがあるのではないかと。



f0359879_03020495.jpg


(南側花壇の水仙)



長く辛い冬の時代があっても、一度蒔いた種は、

土の中で確実に成長し、目覚めの時を待っているのです。



海外へ行くことなど、夢のまた夢…

英語を使う機会があるとも思えず、また英語を習いに行くお金もなかった頃、

ミモザはラジオで英語を独学しました。長い長い間…


f0359879_03023547.jpg



皆様にも、そんな思い出があるかもしれません。

中には、「今、自分はまさに長い冬の中にいる。」と仰る方がいるかもしれません。

もしそうだったら、どうか…(あなたが何歳であろうと)決して夢を諦めないで下さい。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-23 03:24 | 前庭 | Comments(8)

夫の元上司夫妻を招待してディナー☆



先日、夫の元上司/親友のPさん夫妻をディナーに招待した時の話です。

当日は6時の約束でしたが、5時頃、Pさんから夫へ電話があり、

もっと早く来てもいいかと聞かれました。

f0359879_14350919.jpg



Pさんの奥様Kさんは気さくな方ですが、小さい頃から召使いに囲まれて育ち、

ご自分でお掃除をされたこともなく、

今のお住まいもプロの掃除の方に任されているので、いつもピカピカ✨



毎年自宅で大きなクリスマスパーティを開かれる、もてなし上手の方です。



未だに”おもてなし見習い中”の私は、P夫妻を招待すると

緊張して、直前まで慌てふためくのですが、

その日は時間に余裕があったので、「どうぞどうぞ、ご遠慮なく。」と二つ返事。



P夫妻は予定より15分前に到着されました。


f0359879_12474943.jpg



実はアメリカでは、「ディナーに招待されたら、10分~15分遅れて行く」という暗黙のルールがあります。

ホスト側に時間の余裕を持たせるために、少し遅れて行くのが良いとされるのです。



Pさん夫妻のように早めに来る人は滅多にいません。

なのに、予定より早く家にやって来たいというお申し出!?



ディナーをすごく楽しみにされているのかな?…だったら嬉しいけど、

それとも何か用事があって、早く来て早く家に帰りたいのかしら?

ともかくディナーは、予定より早くスタートしました。



まずは乾杯、前菜に白和えを出して、

キッチンカウンターの傍で立ったまま、皆でしばらくおしゃべり。



f0359879_13082878.jpg



事前の打ち合わせで、サラダはP家が担当することになっていたので、

奥様のKさんが、持参したサラダボールに材料をパパッと入れて、

おしゃべりしながら、シーザーサラダを作って下さいました。



Kさんのサラダドレッシングは生卵から作る本格派、本当に美味しくて、

常々私は、「世界一のシーザーサラダ」だと思っています。



テーブルに移動して、食事が始まりました。

f0359879_13120604.jpg

(シーザーサラダ)


f0359879_13115852.jpg

(夫が作ったオルゾスープ)


f0359879_08432642.jpg


そしてメインディッシュは、野菜詰めポーク生ハム巻き…これは夫の創作料理です。

切り分けたのがすごく綺麗だったのですが、写真を撮り忘れました。



デザートのキャロットケーキも切り分けた時の写真がないので、切る前の写真です。

皆、好きなだけ自分で切り分けたのですが、 Pさんと夫は2回もお代わり、

Kさんも1回お代わりして下さって…大好評でした(^_-)-☆


f0359879_02091792.jpg


Pさん夫妻は夫が30代の時からの知り合いなので、

夫の前の結婚時代とその終わり、その後10年間の独身時代…私よりもずっと長く、

夫の人生を傍で見てきた人達です。




独身時代、一人ぼっちの夫は毎週Pさんの家に招待されて、

P家の人達と夕食を伴にし、家族のように過ごしたそうです。




Kさんは、「ミモザがダーウィン(夫)の人生にやって来てくれて、

ダーウィンはもう寂しくないから、あんまり一緒にディナーをしなくなったね。」と仰います。




遠く離れている家族のことや、アメリカの社会問題など、

喋っても喋っても話は尽きず…結局お開きは、夜の11時過ぎ!




お二人は、早く来て早く帰りたかったのではなく、

ただ早くうちに来て、私達と一緒に楽しい時間を過ごしたかったようです✨

嬉しいな~(^^♪

f0359879_04012884.jpg


"Thank you for this wonderful wonderful dinner!"

「これからもっとたたびたび、一緒にディナーしようよ!」

帰り際、PさんとKさんは何度も口を揃えて仰いました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-22 04:52 | 料理 | Comments(3)

薪をもらいに友人の家へ行ったら…



私達が住んでいるコテージは森の中ではないし、

山を所有しているわけでもないので、

薪ストーブに使う薪を集めるのは、結構大変な仕事です。




友人の一人が、「木を切ったから、薪が欲しい人は取りに来て。」

という記事をフェイスブックに投稿したので、「薪をもらいに行って来る。」と言う夫、

…私も一緒について行くことにしました。

f0359879_12595590.jpg


(友人が住む町の入口辺り)


人里離れた森の中のログハウス、家の中では薪ストーブが赤々と燃え、

家の外では、顎髭を生やしている男性がオーバーオールかなんかを着て、

チェーンソーで木を切り、そばには木の切りくずや丸太がごろごろ転がっている。




…そんな光景を頭に思い浮かべて、

汚れても良いジャンパーと靴と軍手を用意し、

「久しぶりの力仕事だ、頑張らなきゃ~!」と張り切って出かけたのですが…




夫が「はい、ここだよ~!」と言って車を止めた場所は、

英語ではGated Communityと言って、その地域一帯がゲイトに囲まれた高級住宅地、

(そこの住人かゲスト以外の)一般の人は、中に入れなくなっている区域です。




管理人ブースで、ここに来た目的と名前を告げ、ゲイトを開けてもらって中へ入ります。

区域の中はすごく広くて…

なんと、ゴルフ場までありました。

f0359879_13004105.jpg

f0359879_13000831.jpg



「はあ~(◎_◎;)、広いね~!」でもゴルフをしない私達には無縁の場所です。

ここがもし、貧しき者も富める者も、誰でも平等に楽しめる公園なら素敵だと思うけれど…。




広い広いゴルフ場を通り越して、立ち並ぶ家はどこを見ても豪邸だらけ、

森の中にポツンと建っている「大きな森の小さな家」風の丸太小屋を想像していた私は、

キツネにつままれたような感覚で、通りを眺めました。




そんな一角に姿を現したのは、「とんがり屋根の大きな家」、

門の傍に、薪がちょこんと積み上げてありました。


f0359879_09192831.jpg



森の中で、大きい丸太をエッサエッサと担ぐ姿を想像して、意気込んでいた私…

小ちゃな薪の山を見て、ちょっと力が抜けそうでしたが、

雨が降っていたので、このぐらいの薪の量でちょうどよかったです。




先々週降った雪の重みで木が1本倒れて、それを切ったのと

昨冬まで使っていた暖炉用の薪の残りだそうです。

暖炉は瓦斯ストーブに替えたので、薪はもういらないとのこと。




友人にお礼のビールを渡して、

雨の中、夫と二人で素早く薪を車に積み込み、有難く頂いて帰りました。


f0359879_02090042.jpg

1番上の段の大きい薪と、その下の小さなのが今回もらって来た薪です。

今年は薪ストーブをもう焚かないかもしれないけど、

これだけあると安心だね~(*^-^*)

f0359879_02092616.jpg


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-02-21 02:55 | 薪ストーブ | Comments(4)