室内楽コンサートとディナー(旅行、お出かけ部門)



夫の元上司で今は親友のPさん夫妻から、室内楽コンサートのお誘いが来ました。


私の足は2日前に抜糸が終わり、「普通の靴を履いてよい」と診断が出ていたので、

夫と二人、「お祝いを兼ねて行ってみようか?」と久しぶりの外出を決めました。

「何を着て行こうかな~?」ウキウキ✧♡


f0359879_03511530.jpg


最近お気に入りの帽子に合わせて、焦げ茶のニットドレスとベージュのカーディガン、

その上にベージュのフェイクファーコートを羽織り、

足元はバッグに合わせた茶色のブーツ…久しぶりに普通の靴で外出です♪~♬。



f0359879_03120178.jpg



会場に着くと、コートを掛けるハンガーラックが置いてあって、コートがズラッと並んでいたので、

私のもハンガーに掛けようと、コートを脱ぎかけたところ…



2~3mぐらい離れた所にいらした老齢の紳士がサッとかけ寄って来て、

「お手伝い致しましょうか?」の言葉と一緒に、私のコートに手を伸ばされます。

一瞬ビックリしましたが…「どうもありがとうございます!」喜んで手伝って頂きました。



見知らぬ紳士にコートを手伝って頂く機会は、私の場合日本では皆無でしたが、

アメリカやヨーロッパでは時々あります。

そんな時には少し遠慮があっても、「自分でできるから大丈夫」だと思っても、

お手伝いして頂くことにしています。



f0359879_03122321.jpg


幼い頃から「紳士道」を躾けるような家庭に育った男性にとっては、

(相手が見知らぬ女性であっても)コートを手伝うのは当たり前のことなので、

逆に断ったりすると、その方のプライドを人前で傷つけ、親切心を台無しにするからです。



それに自分にとっても、こういう時は…

ツルハシを使って庭をガンガン耕したり、生活臭ぷんぷんのパントリーを家に隠し持ってることを

一瞬忘れ…(^_-)-☆、レディになった気がして楽しいのです✨



f0359879_04274550.jpg



さて、私達がやって来たシアトル室内楽コンサートフェスティバルは、

毎年シアトルのダウンタウンで夏は3週間、冬は10日間位開催され、

その期間中は毎回違うプログラムで、クラシック中心の室内楽を楽しむことができます。



今日のプログラムは、J・ブラームス「ビオラとピアノのためのソナタ・Fマイナー」、

新鋭作曲家A・カーニス「永遠のシャコンヌ」、

B・スメタナ「バイオリンとチェロとピアノの三重奏・Gマイナー」でした。


f0359879_03142500.jpg



この中で、私はブラームスとスメタナが好きでしたが、

中でもスメタナが圧巻\(◎o◎)/!

会場にいる人もほぼ全員が、スタンディングオベーションをしていました。



そして、コンサート終了後は会場を出て、ディナーに繰り出します。


f0359879_03150536.jpg


私達のお気に入りの店、The Brooklynはコンサート会場近くにあります。

座ったのは奥のブース席だったので、

Pさん夫妻に断ってから、料理の写真を少し撮りました。

f0359879_01070749.jpg


夫が頼んだビールのサンプル

f0359879_03152140.jpg

シーザーサラダ

f0359879_03154682.jpg


マンゴーのシャーベット



Pさん夫妻と私たち夫婦は、長い間家族同然のお付き合いをしている気の置けない仲なので、

話題は自然に先の大統領就任式の話に…




アメリカの目先の利益を追いかけるのではなく、

「若い世代、そしてその次の世代のために綺麗な地球を残したい。」

こんな思いを持つ私達に、今できることは何だろう?…そんな話で盛り上がった夜でした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-25 01:03 | Comments(6)

屋根の上のリス




キッチンでラーメンを作っていると、

何やらフワフワした灰色っぽいものが視界に入ってきました。

f0359879_07540084.jpg


窓に近寄ってみると、一匹のリスが屋根にいます。

どれどれ(._.)、写真を拡大してみました。↓

f0359879_07553112.jpg




f0359879_07561781.jpg


あら!アタシのこと、見てるの?

ふふん(・∀・)アタシって…なかなか可愛いでしょ?


f0359879_07555736.jpg


まだ見てるの?

f0359879_07591256.jpg


いいわ、見せてあげるわ。アタシ、いろんなことできるんだから…(〃艸〃)ムフッ

f0359879_07595267.jpg


ほら、こうやってね~、屋根の上をスイスイよ~!

f0359879_08000490.jpg


もっともっと端のほうまで行けるわ~!行くわよ~(*^^)v!!


f0359879_08004129.jpg

オッ、トッ、トッ、トッ~!



ミモザ「あぁッ~(;゚Д゚)、落ちる!落ちるってば~!」

f0359879_08161057.jpg
f0359879_08171132.jpg


だ、大丈夫なんだから…


f0359879_08013417.jpg



ンもうっ~ヽ(`Д´)ノ!…ほっといてくれない!?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-23 03:20 | Comments(6)

ぢっさまがばっさまに作るお洒落な夕ご飯



体型はクマのプーさんで、流行やオシャレにはとんと疎く、

外来語よりも純粋日本語、「スパゲティ」のことを「うどん」と言いたがる夫は、

顔さえ見なければ、「浪速のおっさん」そのもの。



ところがこの「おっさん」的な夫、クラシックとジャズと語学の勉強が大好きで、

料理をすれば、なかなかお洒落であります。



お洒落な料理を見れば、目が💛になる妻(ばっさま)のために、

いそいそと買い物に行き、じっくり長い時間をかけて料理を作ります。

では、最近のぢっさまの奮闘振りをご覧くださいね。




f0359879_02123848.jpg
野菜サラダ、ムール貝のスパゲティ

f0359879_02125827.jpg
f0359879_02124658.jpg

オルゾスープとタラのカマ焼き



「オルゾ」というのはパスタの一種、形は米粒に似てサイズは米より少し大きめです。

発祥地はイタリアですが、現在はトルコ、ギリシア、イスラエル等で食されているそうです。


f0359879_02131065.jpg

ゴールデンビートスープ、サラダ、ステーキ

ゴールデンビートスープは色が綺麗で、味も薄味で旨味があって…もう最高でした☆



因みに、ばっさまが昔むかしに作ったゴールデンビートスープの写真があるので、

比べてみると…↓

f0359879_02262043.jpg

なんと!ぢっさまのスープの方が色がずっと綺麗なのです✨

う~ん、ヤラレタ…(*ノωノ)



夫は自分のフェイスブックにこの料理を載せて、

友人の日本人女性から「レシピが欲しい。」と言われていました☆彡



そして、自分のコメントにこう書いておりました。

「評価が厳しい妻から、『今日は美味しい』と言ってもらえた。やったー!」



自分ではいつも「美味しい!」と言ってるつもりだったのに…

私は評価が厳しいのか!?…それは良くないですね、深く反省。。

いつも、すっごーく美味しいよ~(≧▽≦)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-22 02:54 | 料理 | Comments(8)

アメリカ大統領就任式と”I have a dream”スピーチ



アメリカは今日大統領就任式を迎えた。

我が家はTVが壊れて修理に出しているので、私はPCを使ってCNNの中継を見た。

夫は「そんなもの、見たくもない。」と言って顔を背けた。



トランプのスピーチは小学3年生の語彙力のレベルで、

思いつきばったり、その時の感情をそのまま言葉にしただけのものなので、

多くの知的なアメリカ人は聞くに堪えないらしい。



私はアメリカ人ではないし知的でもないので、一応、「らしい」…と書いたが、

正直言って、彼やメラニア夫人のスピーチはあまりにもお粗末で、

ノンネイティブスピーカーの私でも聞くに堪えない。



オバマ元大統領やミシェル夫人の美しいスピーチと比べると、

明らかに雲泥以上の差があり、夫の気持ちはよくわかるが、私は一応、

彼が何を言っているかぐらいは聞くべきだと思って、我慢して聞いた。



就任式でトランプは、

「私ドナルド・J・トランプは、大統領としてアメリカ憲法を守ることに全力を尽くします。」

と宣誓し、次に宣誓書にサインをしてトランプ大統領が誕生した。

今日からトランプはMr. Trump ではなく、President Trumpと呼ばれる。



宣誓をしたのはいいが、

果たしてトランプが憲法を理解しているか、そもそも読んだことがあるかどうかも疑わしい。


f0359879_10294451.jpg


(アメリカの憲法:6年前カレッジの新学期に教科書を買おうと本屋で並んでいた時、
憲法を配って歩く人がいて、その人からもらいました。)




憲法と並ぶアメリカの最重要文書「アメリカ独立宣言」には、

「すべての人間は平等に作られている。」と記してあるが、



トランプは、アメリカ政治史上最も汚点とされる、日本人に対する人種隔離政策
(第二次世界大戦中、日本人だという理由だけで強制収容所に入れた)を

称賛すべき前例として引き合いに出し、

イスラム教国出身の人達に、かつて日本人にしたような登録制を義務付けようとしている。



また、トランプ政権の最重要ポスト(相談役)のバノンは、

「白人以外の人間は生まれながらの犯罪者である。」と発言するほどの邪悪な人種差別主義者である。


f0359879_10295420.jpg

(独立宣言:憲法の中に付録として入っています。)


2009年1月20日、私がアメリカに住んで2年半余りの時、アメリカ史上初の黒人大統領が誕生した。

その時生まれて初めて、アメリカ人のすることに心から拍手を送り、アメリカという国に誇りを持った。

アメリカは建国以来の長い年月をかけて、世界に誇るべき精神的財産をやっと勝ち得たと思った。



だから、昨年11月8日の選挙結果で、人種差別主義者の次期大統領が誕生した瞬間、

その貴重な財産は一瞬にして灰になった。



今日の大統領就任式のスピーチでトランプは言った。

「今まで一部の政治家の特権だった政治を人民のものに取り戻すんだ!」

それを聞く聴衆は熱狂して、大歓声を上げる。



息を吐くように嘘をつき、自己中心的な言動を繰り返す人物の口から出る、

こんな言葉をよく信じれるものだと、ただただ驚くばかりだ。

スピーチの持つ力は地に落ち、言葉の虚しさだけが宙を舞う。



アメリカは今週の初めに、黒人市民権運動に尽くしたキング牧師を記念する、

「マーティン・ルーサー・キング・デイ」を祝ったばかり。

アメリカで最高のスピーチと言われる "I have a dream" スピーチを改めて読んでみた。



”I have a dream” by Martin Luther King 1963年8月28日
(このスピーチの和訳は、アメリカ大使館のホームページを元にしています。)


…私には夢がある。それはいつの日かこの国が立ち上がり、
「すべての人間は平等に作られているということを自明の真実であると考える。」という
この国の信条を真の意味で実現させるという夢である。

私には夢がある。それはいつの日かジョージア州の赤土の丘の上で、
かつての奴隷の子供達とかつての奴隷主の子供達が、
兄弟として同じテーブルに着くという夢である。

私には夢がある。それはいつの日か、
不正と抑圧の灼熱で焼け付きそうなミシシッピ州でさえも、
自由と正義のオアシスに変わることができるという夢である。

私には夢がある。それはいつの日か、
私の幼い4人の子供達が肌の色によってではなく、
人格そのもので評価される国に住むという夢である。

私には夢がある。それは邪悪な人種差別者達、
洲権優位で連邦法実施拒否をする知事のいるアラバマ州でさえも、
いつの日か、黒人の少年少女達が白人の少年少女達と兄弟姉妹として手を取り合うという夢である。

(これはほんの一部の抜粋です。スピーチ全文はこちらから→アメリカ大使館のサイト



黒人として生まれ、幼い頃から様々な人種差別に苦しんだキング牧師は、

市民運動のリーダーになっても非暴力を貫いたが、1968年凶弾に倒れ39年の生涯を閉じた。



キング牧師の言葉は、一言一言が自分の人生経験から滲み出たもの、

彼の人生を慮ると、言わば命懸けで語った言葉だ。

口先だけで白人ブルーカラー労働者層を扇動する、大富豪のトランプの言葉とは重さがまるで違う。



時代が逆行したアメリカは、これからどこへ行くのだろう?

一期目の就任式直前(2009年1月)、オバマ元大統領の支持率は83%に達したが、

トランプ支持率は僅か39%である。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-21 11:13 | Comments(2)

本当は薪ストーブで作りたかったチャーシュー



ラーメン好きの私達夫婦がこの町に住んで嬉しいことは、

隣町に日本式のラーメン屋さんがあること。

そこのラーメン屋さん、これがまた美味しいのですよ!(^^)!



家でラーメンを作る時も、そこの味やトッピングを真似しながら作ります。



トッピングの中で私が一番好きなのは味付け卵、

中は半熟なのに、味がしっかり染みついているのが長い間不思議だったのですが、

最近ついにその謎が判明emoticon-0112-wondering.gif … 遅い?('◇')ゞ



卵を半熟に茹でて、タレにつけておくだけ。中でもチャーシューを作った後のタレが良いらしい。

以前からチャーシューも作ってみたかったので、

二つまとめて作っちゃおうっと、今朝頑張りました。

f0359879_03045775.jpg



こんなものは本当は薪ストーブでコトコト煮込むと楽しいのですが、

最近気温がちょっと高くて…



我が家が薪ストーブを焚くのは、うんと寒い時だけ。

そうでないと、室温が上がり過ぎるというのもありますが、

CO2の排出をできるだけ抑えることと、薪の節約のためです。



私としては夫の薪割りの負担を減らしたいので、

寒くない時にはなるべく薪ストーブを焚かないで、ガスストーブで凌ぎたい。



そういう訳で、きょうはガスコンロの上にダッチオーブンを乗せて、

コトコト煮込みました。



f0359879_04152374.jpg

冷蔵庫の残り野菜で、旨味が出そうなものをザクザクと切ります。
(我が家は玉ねぎ、ネギの青い部分、セロリを使用)


f0359879_03043622.jpg


今日は豚肉の代わりに鶏肉を使いました。

タコ糸で固く縛ってまとめた鶏肉+残り野菜+ニンニクと生姜を1かけずつを

ダッチオーブンに入れて、水、チキンスープ、調味料を加えます。

(ダッチオーブンがない時は普通の鍋で全然OK)


f0359879_03045775.jpg

途中2~3回鶏肉をひっくり返しながら、30~40分ほど煮込めば出来上がり。


f0359879_03050726.jpg


一日寝かせると美味しくなるらしいので、冷ましてから冷蔵庫に保存します。



材料は覚えやすいように、鶏肉以外「1」か「半分(0.5)」という数字にしました。

お好みで適当に変えて下さい…このままの材料で「鶏肉1㎏」もありかも?


鶏肉:650g(もう少し多くてもいい)
残り野菜:適宜
水:1カップ(あればチキンスープを半々に入れるか、鶏がらスープの素を少々)
減塩醤油と出し醤油半々:1カップ
酒:1カップ
味醂:半カップ
ニンニク、生姜:1片

f0359879_03474904.jpg


試食用に、一番小さいのを切ってみました。

柔らかくてジューシーで、とても美味しかった~!+ 超簡単(^_-)-☆

(長くなったので、味付け玉子はまた今度)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-20 04:07 | 料理 | Comments(6)

家で冬越しする植物と春を告げる球根類




白いゼラニウムは我が家の定番、

オフホワイトの外壁に合うので、玄関ドア近くの花壇に毎年植えます。


f0359879_08231198.jpg
(2016年5月の前庭)



毎年春の初めに14~5個程鉢植えを買うのですが、

この町では小さいプラスチック製植木鉢を回収しないので、

花壇に植え替えた後、植木鉢はゴミに出しています。




オーガニックの庭を育てながら、一方で

ガーデニングのゴミを出し続けるのは矛盾していると思いつつ、

どっかで言い訳しながら、去年までずっとその習慣を続けていました。


f0359879_02592361.jpg


今年はなるべく新しい苗を買わなくて済むように、

昨秋の終わり、庭のゼラニウムを家に入れました。



かと言ってサンルームがある訳じゃなく、場所が限られているので、

1番大きいのを1株だけ掘り出して来て、植木鉢に入れています。


f0359879_02595358.jpg


春になったら、必要な数だけ挿し木で増やそうと思っています。



f0359879_02483804.jpg


「香水の花」と呼ばれるヘリオトロープ、春~秋は裏庭のベンチのすぐ傍に置いています。

夕暮れ時に夫と二人、ベンチでワインを傾けながら寛ぐ時、

芳香が風に乗って漂って来るので、ワインも一層美味しくなります。




ヘリオトロープは外では冬が越せず、

初めから家に入れるつもりで鉢植えにしていたので、

家に持ち込むのは簡単でした。


f0359879_02484906.jpg

近くに行くと、う~ん、やっぱりいい香り~…幸せな気持ちになります。

一年中、家に置きたいくらい☆彡




ベランダに置いていた三つ葉の鉢植えも家に入れたら、

いつの間にか一杯芽が出てきました。


f0359879_02591082.jpg


まだ三つ葉かどうかわからないので…只今観察中。





ところで、水仙やその他の球根の芽がもう出ているというブロガーさんの記事を

あちこちで拝読しています。




うちもそろそろ出ているかも?と今朝3週間ぶりに庭を見て歩くと…


あ、あった、あった、ありました!

f0359879_07582240.jpg


前庭南側:水仙


f0359879_07583313.jpg


南側垣根の傍:水仙


f0359879_07585413.jpg



南門:クロッカス

春が少しずつ近づいていると思うと、ワクワクしますね(*^-^*)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-19 08:30 | Comments(4)

パントリーの収納を考えてワクワク♪



3週間程前、パントリー収納の記事(←記事はこちら)を書いて、皆様から貴重なアドバイスを頂きました。

それからというもの、度々ブログ村の収納やインテリアのブログを訪問し、勉強させて頂いています。

いやはや…✨皆様、素晴らしい✨の一言です。




美しいと言うだけでは言葉が足りません。

もうほんとに収納というより、芸術作品ですね。

アイディアもそうだし、綺麗な空間を作ることへの熱意、そしてそれを持続する力…




それに引き換え私のパントリーときたら…素敵な収納を見慣れた方にとっては、

凄まじい破壊力だったことでしょう!

あ~、あんなのを見せて恥ずかしいワン🐩…(〃▽〃)ポッ




…さて、古いことは置いといて、

美しいパントリーを手に入れるために、私もいろいろアイディアを練ってみました。




最初にパントリー収納を考える上で、我が家には3つの課題があります。

その1: 夫も料理をするので、何がどこにあるのか一目でわかるようにする。

その2: プラスチック製の収納用品は使わない。

その3: 好みや買い物事情のため、今のストックは減らせない。




次に現状の最大の問題点は、生活臭ぷんぷんの収納用品と言うか、空き箱emoticon-0107-sweating.gif

それもビールの空き箱とか、ヤカンの入っていた空き箱とか(-_-;)…そんなものを全部やめて、

美しく機能的な収納用品に入れ替えたいと思っています。




収納用品に関して頂いたアドバイスの中で、北海道にお住まいのukicoさんのコメント、

「100均はプラスチックだけでなく、紙や木製多種多様ですよ。」に心がトキメキ、

すぐにでも隣町の「ダイソーJapan」へ見に行きたかったのですが、




足の医者から車の運転が禁止されていて、

まだ一人で買い物に行くことが出来ないので、代わりにネットでじっくり下調べ…




自分の理想に近い収納方法や収納用品を検索し、

結局、パントリーの形や大きさ、収納してある物が我が家に近いのが分かり易いかな?と

アメリカのパントリーに絞り込んで、参考になりそうな写真を集めてみました。


f0359879_09560741.jpg


f0359879_09553976.jpg


f0359879_10014705.jpg


上の3つのパントリーは美しく豪華で、

大きさや設備がうちとはまるで比較になりませんが、

アイディアは真似したいです。


f0359879_10011729.jpg


f0359879_10025258.jpg


f0359879_10073352.jpg



上の3つのパントリーは、うちよりずっと高級な建材でできていますが、

大きさや形は比較的我が家に近いです。

すごく参考になるので、上から下までジロジロ、ジロジロemoticon-0122-itwasntme.gif


f0359879_12540092.jpg


これは今までのとちょっと違いますが、扉が可愛いので目に留まりました。

「こんなドア欲しいなあ~💛」




写真を見ているうちに、昔から篭やガラス瓶が大好きだったことを思い出しました。

そして自分が何を求めているのか?…わかってきました。

一言で言うと、「ドアを開けた時、幸せを感じられる」パントリーが欲しいのです。




大好きなガラス瓶やバスケットを使って、誰にでも見やすく、取り出しやすく、

暖かい雰囲気のあるパントリーを作りたいな。

あ~、買い物に行ける日が待ち遠しい…°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°




*画像はすべて、Pantry Ideas Bing.com Images さんからお借りしました。
(*All of the images here are borrowed from "Pantry Ideas" Bing .com Images.)


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-18 01:14 | キッチン | Comments(4)

冬枯れの庭はリス達の遊び場



今の時期、この辺りの戸外の気温は零度以下になることが多くて、

地面はカチカチに凍っています。



コテージの裏庭も、寒さに強い一部の植物を除いて

木々や花は葉をすっかり落とし、

息をひそめるかのように、春が来るのをじっと待っています。


f0359879_09294037.jpg

(道具小屋の周りにある大きな木がビッグリーフ・メイプルです。)


そんな静寂な時間を突然破るのはリス達、

大体3~4匹くらい徒党を組んでやって来て、メイプルの種を拾って食べたり、

木によじ登ったり、芝生の中を追いかけっこしながら遊んでいます。


f0359879_02180047.jpg


f0359879_02181429.jpg


(上の2つの写真は別々のリスなんですが、写真では全く区別がつかないですね。
実際近くで見ても、全部同じように見えます(^^;)



この子達は動きがすばしっこいので、

来ているリス達を全部一緒にカメラに収めることができなくて残念ですが、

本当に人間の子供が追いかけっこをするのと同じように、仲良く楽しそうに遊んでいます。


f0359879_02183055.jpg


f0359879_02185905.jpg

(向こうの方はお隣さんの庭です。)



嵐のようにやって来て、庭を運動場にしてダッシュで駆け回り、

また一目散に去っていきます。

f0359879_02184022.jpg


f0359879_02184967.jpg



庭にイチゴや果物が実っている時は、思い切り荒らされるので、

私達人間にとっては、頭の痛い「招かれざる客」なのですが…




冬の間は庭もお休み、

日差しの中でリスが遊ぶのを眺めていると、平和な時間がより楽しくなります。

いくら荒らされても、こんな子達がいない庭は考えられない。




鳥やウサギやリス、たまに来てくれる隣の猫、

そして前庭を公園代わりに使うインド人の方達(→その時の記事)…招かれざる客も招きたいお客さんも入り混じって、

いろんな訪問客がいるから、庭が楽しいのだと思います。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-16 04:10 | Comments(6)

「日本の心」が分かった夫 (くらし部門)



年末から2週間ほど、食事づくりを一身に引き受けた夫、

私が食べたかった和食に挑戦してくれ、

アメリカで日本のお正月の味を味わえたのは、涙が出るほど嬉しいことでした。




初めて和食づくりに挑戦した感想を夫に聞いたら、

「和食は『出し』が決め手なんだと思った。」と言います。

「おお~ッ!ついに『日本の心』がここまで分かったか?」とひれ伏す思いでした。



f0359879_02510750.jpg

夫が作った、出しの利いた味噌汁と刺身のお造り
(巻きずしは買ってきました。)



そして、「60年以上も生きて、初めて和風の料理が作れるようになったよ…お陰様で。

ところで、ミモザは自分の料理をいつ覚えたの?」と聞きます。




「はて?そんなこと考えたこともなかったな。」…思い出してみると、

自分が家庭を持ってから料理の本を買い、それを読んで一から覚えたのでした。




料理が苦手だった実家の母は、自分の娘達に教えることも嫌だったようで、

母を手伝おうと台所に行くといつも怒られたので、母から料理を習った記憶はありません。

(のちに母の味を思い出して、再現したのはあります。)


f0359879_02433965.jpg


f0359879_02440496.jpg



初めて買った料理の本は、

土井勝さんの「和風のおかず:500選」…35年以上も前の物です。

これ1冊で家庭料理の基礎を覚え、子育て期間中の和風のおかずを全部作りました。




夫と再婚する時、私がアメリカに持ってきた荷物は段ボール6個だけでしたが、

その中にこの本を入れ、

今でもたまに、料理作りのヒントを求めて読むことがあります。

f0359879_02443549.jpg

(本はボロボロでページも外れています。)


鯖が大好物な夫のために、このページを開けて鯖料理のアレンジを考えたり、

みそ煮の材料の分量を確かめたりします。




それにしても、この本が30数年間も自分の手元に残り、

外国人の夫に「日本の心(味)」を教えるのに役立つとは思ってもみませんでした。


f0359879_02383482.jpg



私が松葉杖を使っている期間中、

最後に夫が作ってくれた和風料理は、残りご飯を使った炒飯でした。

夫はこれを「ピラフ」と呼ばずに、必ず「チャーハン」か「焼き飯」と言います。




チャーハンは純和風ではないですが、

残り物メニューや昼ご飯として、日本の食卓には欠かせないものですよね。

夫が作ったチャーハンは、私が作るよりも美味しかったです。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ



第一回プラチナブロガーコンテスト




[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-15 03:39 | 料理 | Comments(9)

余り布で作ったテーブルランナーとワインセラーカバー(インテリア・収納部門)




夏にダイニングチェアの座面張替えをした時の余り布があったので、

(その時の記事はこちらをクリック→座面張替え)

テーブルランナーとミニワインセラーのカバーを作ってみました。


f0359879_08252729.jpg


茶系グレーの布、座面を張り替えた当時はなんだか重く見えて、

あまり好きではなかったのですが、

今では目が慣れ、落ち着いた色がすっかり気に入っています。



f0359879_08314646.jpg


テーブルランナーと言っても、

布を適当な大きさに切って、端ミシンをかけるだけ。

久しぶり(10年振り?)にミシンを取り出して、カタカタやりました(#^^#)。



f0359879_00175943.jpg


白いフリンジは両サイトに初めから付いていたので、

それをそのまま生かして…



f0359879_08255578.jpg


真ん中にアンティークレースを敷いて、

花や小物を置いてみると…まあまあ、思い通りになったかな?



f0359879_08303584.jpg


余り布はたくさんあるので、もうひと頑張り…

ミニワインセラー(ワイン用冷蔵庫)のカバーも作ってみました。



f0359879_00215294.jpg


これは適当な大きさに切り、

端ミシンをかけずに四方ぐるっとフリンジに…



f0359879_08445173.jpg


カバーの上にアンティークレースを敷いて、



f0359879_11443305.jpg



もともとあった置物を上に乗せるとこんな感じ、



f0359879_09253806.jpg


布はまだ余っているので、今度はテーブルランナーとお揃いの

ディナー用ランチョンマットを作ろうと思っています。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!




応援して下さる方がいて励みになっています。

オリジナルバナーを作ってみました。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ




第一回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by mimozacottage | 2017-01-14 01:26 | ダイニングルーム | Comments(4)