シアトルで観劇★17世紀の英語で沈没…


f0359879_00482548.jpg



夫の元上司/親友のPさん夫妻から観劇に誘われ、シアトルへ行ってきました。

Pさん夫妻はシェイクスピアの劇を観るために、毎年他州へ足を運ばれるほど熱心なシェイクスピアファンですが、

今回の劇はアーサー・ミラー(Arthur Miller)原作の ”坩堝(るつぼ):The Crucible” だそうです。



f0359879_00484917.jpg



「坩堝」に関しては何の知識もなかったので、劇を観る前に一通り原作を読んでおこうと

アマゾンでキンドル版を注文して読み始めました。



この作品は台詞が17世紀の言葉遣いで書かれているので、難解な英語が多く、

意味をチェックしながら読むと、すごく時間がかかって、半分も進まないうちに時間切れ💦

そのまま観劇の日を迎えてしまいました。


f0359879_00492792.jpg


(私たちの席は2階でした。)


この戯曲は、17世紀の終わり頃にアメリカ・マサチューセッツ州セイラム村で

実際に起きた事件→Salem Witch Trialsを基にして、1953年に書かれています。



内容を書くと長くなるので省略しますが、この事件は

理不尽な魔女裁判によって無実の村人19人(うち18人が女性)が絞首刑、魔女(悪魔)の自白を拒否した1人が拷問中に圧死、

子供2人を含む5人が獄死という凄惨な結果を生みました。


f0359879_00505543.jpg

(背景の黒い壁に書かれているのが、実際に死刑になった人達の名前です。)



身重の妻とお腹の子供を守るために、嘘の証言をして供述書を書いた農夫ジョン(主役:実在した人物)、

最後は良心の呵責に苛まれて供述書を破り、

誇りと信念に満ちた表情で処刑台へ上っていくシーンで劇が終わります。


f0359879_00522147.jpg

(劇終了後の会場はスタンディングオベーション)



重いテーマでした。

この事件は集団ヒステリーの顕著なケースとして、アメリカでは有名だそうです。



不穏さを秘めている今の時代もそんな危険性が全く無いとは言い切れない。

間違った判断をしないために、

常に自分の頭で物事を考えることが大事だと思いました。



英語に関しては、原作を読んだ前半部分はよく理解できたのですが、

後半は理解できない台詞が多くて、100%楽しめたとは言えません。

何故もっと頑張って、原作を最後まで読まなかったのかと悔やまれました。



Pさんの奥様Kさんに劇の感想を聞かれたので、正直にそれを言うと、



Kさん「古い言葉遣いが多いから、私だって分かりにくいと思ったのよ。」

夫は「君は完璧主義なんだよ。ネイティブだって難しいんだから、君が落胆することないよ。」

Pさんは助言や誉め言葉など…皆に口々に慰めてもらったのですが、



アメリカに移住して11年半で読んだ日本語の本は(最近買った3冊の掃除本を含め)合計7冊だけ、

日本語の本を禁じて英語を勉強してきた私にとっては、自分の理解度に不満です。



特に、皆が笑っていた劇中のジョークが理解できず、

分かったふりで一緒に笑うしかないのが情けなかった~ (;^_^A



さて、劇のことはこのくらいにして、折角シアトルに出て来たのだから楽しまなきゃ(^_-)-☆

Pさん夫妻とは時々一緒に出かけて、最後はディナーを楽しみます。


f0359879_01045254.jpg

(アメリカの有名なデパートMacy'sなどが入っているお洒落なショッピングモール)



f0359879_01051231.jpg

店の名前は忘れましたが、素敵だったイタリアンレストラン


f0359879_01070307.jpg


この日私は食欲がなかったので、ミネストローネとベジタリアン風エンジェルヘアにしました。

エンジェルヘアはアルデンテでとても美味しかったです✨

失敗や情けないこと色々あっても、また立ち上がればいいさ! これからも英語頑張ろう~☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-11-21 04:25 | 英語・英語の記事

少しだけポタジェっぽくなってきたポタジェガーデン☆



ポタジェに取り組んで7日目、



ポタジェ予定地にコンポストを入れて隅々まで耕すと、

固くてガチガチだった土がサラサラふわふわになって、目に優しい178.png


そして、右側の旧ブルーガーデンとの境に、レンガ型コンクリートブロッグを置いてみました。



f0359879_02111158.jpg
f0359879_02113849.jpg


う~ん、なんだか微妙('◇')ゞ



ブロックを止めて、ツゲの木を植える方がいいかな? その方が自然で美しいと思いますが、

うちにあるツゲは挿し木したばかりで、小さ過ぎる。

ブロックは後で簡単に動かせるから、取り合えずこのままにして次に進みます。



ポタジェガーデン上側60㎝ほどは、その上の散歩道の雰囲気を残したいので、

散歩道の流れに合わせて、アジュガとラムズイヤーを移植し、


f0359879_03495640.jpg
f0359879_01250122.jpg

(アジュガ)



球根も(今年植える予定だった球根のうち、最後に残っていた25個)植えました。


f0359879_04442340.jpg
(球根を植えた場所2か所)



f0359879_03043325.jpg

(球根はこんな花が咲きます。:Camassia(Blue Melody) 和名は分かりません。)





下側20センチほどは、土止めのためにラムズイヤーを並べて植えました。

f0359879_03494488.jpg



そしてポタジェの中央に、ブルーヘロン像を立てます。

ブルーヘロンは夫が大好きな鳥で、北アメリカの水辺に生息しています。



ヘロン君、ポタジェが上手く行くように見守ってね!


f0359879_06090856.jpg
ブルーヘロン(青鷺):Borrowed from "1d Great Blue Heron[1],Bing Images"
(この画像はお借りしました。)




8日目…野菜を植えるのは、春まで待とうと思っていたのですが、

ここまで来ると、もう嬉しくてウズウズして、春まで待ち切れなくて

キッチンガーデンからネギを抜いて来て、植えちゃいました。



f0359879_01241341.jpg
(写真は植えた日の翌日:朝見たら、ネギがウサギに食べられて長さが半分程に… ノД`)




f0359879_04263311.jpg



中央を交差する線にネギを選んだのは、年中青々して見栄えが良いことと、

もしネギを食べても、根っこを残しておけば、すぐに新しいのが生えて来るからです。



なんか、ほんの少しだけポタジェっぽくなって来たかな~?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-11-20 04:38 | ポタジェ

玄関の寄せ植えと大失敗だった買い物★




f0359879_02070773.jpg



コテージの玄関にゴールドクレストの鉢を置いたのは何時だったのか?

もう忘れてしまうほど、昔(10年くらい前?)のことでした。

それからずっと ”我が家の象徴”として、訪問客を迎えてくれたゴールドクレスト…そろそろ限界です。


f0359879_02113178.jpg



小さい鉢が窮屈過ぎて、木に勢いが無くなって来たので、

地植えにして、庭の中で余生を過ごさせようと思います。


f0359879_02125943.jpg

f0359879_03170072.jpg


何だか弱々しい…もっと早く植え替えればよかった、ごめんね🙇。




さてと…前日買って来た2つのゴールドクレストを 植えるとしますか!

パンジーとダスティミラーも一緒です(^^♪



あれ?あれ?…ゴールドクレスト、

並べてみれば、2つの大きさが全然違います。

Σ(゚д゚lll)ガーン


f0359879_02162249.jpg



そう言えば、この苗を買う時、

細長いコンテナに、横並び一列に置いてあったので、

一番端の鉢(小さい方)の値段だけを見て、すぐ横にあった鉢(大きい方)は、

何も見ないでカートに入れてしまいました。(よく見ると、大きい方の鉢は7ドル高い´;ω;`)



堅実主婦を目指しているミモザ、実はおマヌケの見本です(-_-;)。

明らかに大きさが違う鉢を2つ買ってしまって…

誰かさんに「違うだろー!」と怒られそうです( ノД`)



この二つ、樹齢で言うと、少なくとも1年の開きがありそうに見えます。

ペアの ”象徴ツリー” の大きさがこんなに違ったら、ヘンだな…(〃▽〃)

どうしよう?



わざわざ取り換えに行くのも面倒だし~… ま、いっか💦

今は大きさが違うけど、

何年か経てば、ほとんど見分けがつかなくなるしね(^_-)-☆



人間でいえば、生後1か月の赤ちゃんと1歳1か月の赤ちゃんは簡単に見分けがつくけど、

60歳のジジババと61歳のジジババは、全く見分けがつかない。(私のことです)

それと同じである。


f0359879_02342642.jpg



フフ☆ ゴールドクレストはちっさくて、

大きな鉢に埋もれていますが💦


f0359879_02070773.jpg

f0359879_04245585.jpg


今朝、玄関のドアを開けたら、パンジーがものすごく香ってて、

とっても幸せな気持ちでしたよ✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-11-19 04:31 | 前庭

園芸専門店のディスプレイとちょっと悲しい買い物



f0359879_22372218.jpg


久しぶりにちょっと遠くの園芸専門店まで足を伸ばしてきました。

普段は近くのホームセンターでガーデニングの用事を全部済ませるのですが

ホームセンターに置いてない物があると、このお店へ来ます。



この園芸専門店、品揃えや品質は素晴らしいのですが、とにかく何でもお高いので、

ミモザにとっては、物理的にも心理的にも少し遠い距離にある ”高級園芸店” なのです。


f0359879_22393242.jpg



店の中はもうクリスマス一色、ここのディスプレイはセンスが良くて、目の保養になります。

自分の庭づくりにも生かせたらいいのですが、

スケールが違い過ぎて… (''◇'')ゞ


f0359879_22401724.jpg


f0359879_22431360.jpg

f0359879_22410105.jpg


f0359879_22404842.jpg


特に気に入ったのがこのディスプレイ、

吊るしたブリキの如雨露から、キラキラキラキラ 水がこぼれています。



f0359879_22403648.jpg
f0359879_22420559.jpg

植木鉢もクリスマスカラー 173.png


f0359879_22414820.jpg


黄色のポインセチアもシックでいいですね。



圧巻だったのが赤いポインセチアのツリー 173.png


f0359879_22421906.jpg

ポインセチアの植木鉢を積み重ねて、ツリーが作られています。



f0359879_22430164.jpg

そしてこれも好きだったな~ 173.png

シロクマ君がいる、涼しげなアジサイと黄色いポインセチアのディスプレイ





こっちは普通の花のディスプレイですが、高級感漂って…やはり遠い存在 (''◇'')ゞ


f0359879_22411412.jpg
f0359879_22413136.jpg
f0359879_22423432.jpg



ところで私の今日の用事は、パンジーとレモンサイプレス(ゴールドクレスト)、室内に置く植木鉢の受け皿、

この季節、パンジーなんてホームセンターに幾らでもあると思ったのですが、

探しても探しても無かったので、ここへ来たのです。




ゴールドクレストは2個、パンジーは30個くらい欲しいな~♡

あ、あったあった!青いパンジー♡

f0359879_22395143.jpg


値札を見たら…1個2ドル99セント(約340円)💦

30個買ったら、なんと10200円!……おっ、恐ろしや~( ゚Д゚)




ちょっと悲しかったけど…6個だけにしました。

あとは春になってから、ホームセンターでまとめ買いパックにしようッと… (〃▽〃)ポッ





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ





[PR]
# by mimozacottage | 2017-11-18 04:10 | 友人の庭、園芸店など | Comments(4)

石黒智子さんの「わたしの台所のつくり方」で我が家のキッチンを見直し☆




私が家の中で一番綺麗にしておきたい所はキッチン、

我が家のキッチンは取り合えず、散らかってないのですが(自分の基準では)、



もっと良い片づけ方法があるのではないか?と思うことが度々あるので、

何かヒントを得たいと、

気になっていたお掃除本3冊を日本から取り寄せました。


f0359879_04002545.jpg


最初に読んだのは石黒智子さんの「わたしの台所のつくり方」、

参考になるところとそうでもないところがありました。

f0359879_04405042.jpg




まず設計に関する記述が多く、それは今の私には手の届かない領域、

もし将来キッチンを改装する機会があれば、この本を参考にしたいと思います。

特にタイルの色を白、目地をライトグレーにされているところが気に入りました。



白は汚れやすいと思われがちですが、

シンク周りの水撥ねでシミになるのは、水道水に含まれているカルキ成分(白っぽい)なので、

逆に黒っぽいタイルの方が目立ちやすく、白い方がよいのだそうです。



目地はシミができやすい場所なので、グレーにするのが良いと書いてありますが、

これは私も実証済み、

うちの客用バスルームをデザインした時、同じ理由で目地をグレーにしました。


f0359879_02455245.jpg


(2年前に私がデザインした客用バスルーム)



石黒さんのお台所は壁にかける収納が多いですが、

うちのキッチンは壁がほとんどないので、今のステンレス容器収納のままでいいと思う。



小麦粉や砂糖等粉状の物をガラス容器に収納されていて、これはうちと似ています。

我が家は使用頻度の多い小麦粉、パン粉、砂糖だけを調理台に置き、

あとは引き出しやパントリーに収納しています。(石黒さんは全部引き出し)

f0359879_04494437.jpg



これを書きながら気づきましたが、私が砂糖を使うのはデザートを作る時だけです。

すし飯を作る以外、料理には全く砂糖を使わないので再考が必要かもしれません。



ダブルシンクもうちと同じですが、

我が家のシンクは石黒さん宅と比べるとおもちゃのように小さい💦


f0359879_13164149.jpg

(我が家のシンク:石鹸は小さくなった物を集めて白いネットに入れ、使い切っています。
スポンジ立てや包丁等を立てて乾かす篭、この位置だとシンクに立たない限り目に入りません。
包丁等を立てる篭はステンレス製に替えたいですが…)



私は洗い桶を使いませんが、片方のシンクにステンレスの水切り篭をかけてあるのは同じ、

今まで、これでいいのかな?工夫の余地があるのでは?と思っていたのですが、

石黒さんの本を読んで、このままでいいんだと納得!(^^)!



冷蔵庫の中の食品は透明のガラス容器に保存されているのですが、

味噌を透明の容器に入れると綺麗に見えないので、白いホーロー容器を使うとのこと、

これは早速マネしたいです(^_-)-☆



その他、我が家に取り入れたいと思ったことが4点あります。


① 新聞紙でガラス磨きをする。

② 使いかけ袋入り食材の袋を止めておくクリップがシンプルで使いやすそう。

ウェーロック社 クリップイット 特特大320mm 1個パック(ダークブルー) POM320FD-DB


スウェーデンWelock社のクリップ


③ 引き出しを仕切る箱を木の端材で手作りされていること。

④ ゴミ箱の下にローリエとローズマリーの葉(ドライ)を敷くと、嫌な臭いがしない。



石黒さんのお宅は、主にご主人が買い出しとお料理を担当されているそうです。

買い出しは主に夫、料理は半々(私の方がやや多い)の我が家と似ていますが、

大きく違うことは、キッチンを設計したのが奥様の智子さんだということ。



キッチンに置く物や内装を全部、

自分で決められるというのが、何とも羨ましい °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
# by mimozacottage | 2017-11-16 05:49 | キッチン