タグ:ガーデニング ( 84 ) タグの人気記事

キッチンガーデンの様子



昨日、こちらは久しぶりに暑い日を迎えました。



f0359879_03270727.jpg




キッチンガーデンでは数個のトマトが赤くなって、ほぼ完熟!

こんな早い時期にトマトが熟れるのは今年が初めて(*^^)v

f0359879_03345960.jpg




この辺りは冷涼な夏が多くて、

トマトの実が赤くならずに緑のままで終わることも多いので、

この地方にしては奇跡的な早さです。



赤くならないトマトは「グリーントマト」と呼ばれ、

専用のレシピで料理されて、食卓に運ばれます。


f0359879_03360033.jpg



夫はうちの真っ赤になったトマトを大喜びで眺めて、「すごい、すごい!」とはしゃいだり、

「立派に育ててくれてありがとうね!」と私にお礼を言ったり、

写真を撮ってFacebookで自慢したりしています。(*^-^*)



トマトの苗は近くの朝市で夫が買って来たのですが、苗は暖かい地方で育てられて、

うちに来た時は既に結構大きかったので、早く実ったのだと思います。

f0359879_03351735.jpg



小さい苗で買ったピーマンと4月に室内で種を蒔いて育てた胡瓜は、

トマト程早い実りではありませんが、順調に育っています。



f0359879_03353006.jpg


(実をつけ始めたピーマン)



f0359879_03410130.jpg


(トレリスにつかまり、すくすく伸びている胡瓜)


f0359879_03420407.jpg


明日辺りに食べられそうな胡瓜が3個、

f0359879_03421524.jpg


1週間ほどしたら食べられそうな胡瓜が10個ほどあります。



f0359879_03415244.jpg


サラダ水菜は少しずつ食べています。



玉葱は成長を楽しみにしていたのですが、憎っきウサギにまたもや荒らされて、

先の部分が食いちぎられました( ノД`)…


f0359879_03422972.jpg



先っぽが無くても無事に育つのかな~? 観察中です(^_-)-☆


何はともあれ、自然の恵みは偉大なり✨




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-24 04:03 | キッチンガーデン、果樹

すっきりしたホワイトガーデン☆




f0359879_01585300.jpg


小菊がそろそろ終わりなので思い切って全部片づけたら、

ホワイトガーデンがスッキリしました173.png


片づける前はこんな感じでした。



f0359879_02021765.jpg


小菊の茎の下の方が枯れて見苦しいし、

咲き始めている他の花もよく見えません。



f0359879_02040292.jpg


ここはエキナセアが咲いているのですが、分かりにくいですよね。


小菊を切った後は、こうなりました。


f0359879_03053192.jpg
f0359879_02054548.jpg




小菊を切ったら、その他の花もよく見えるようになりました。


f0359879_02080485.jpg


匍匐性のある白バラ(名前は忘れました。)

f0359879_02114544.jpg


白いリアトリス


f0359879_02120951.jpg


桔梗

f0359879_02131406.jpg


鉄砲ユリとスイートアリッサム、

スイートアリッサムは去年の零れ種です。




小菊を切った後はバラや花木にマルチを敷きました。

f0359879_02245488.jpg


シャクナゲ

f0359879_02083585.jpg


植えて3年目のマグノリア(木蓮)です。




ホワイトガーデンの中央付近に咲いている花です。

f0359879_02134677.jpg


カーネーション

f0359879_02140564.jpg


小鳥の水浴び場の傍ではジギタリスがひっそりと…



ホワイトガーデン左の方(ベンチに近い方)も、

伸び過ぎたダスティミラー(白妙菊)を切ったら、スッキリしました。

f0359879_02125440.jpg


f0359879_02112411.jpg


植えて2年目のマグノリア(コブシ)



f0359879_02082229.jpg


大きくなってきたダリア


f0359879_02141565.jpg


白いカンパニュラ


カンパニュラはもっとたくさん蕾がついていて、花が咲くのを楽しみにしてたのですが、

この2つの花以外、あとは全部ウサギに食べられました( ノД`)



コテージのガーデニングはある意味、常に野生動物との闘い…

悩みは尽きないですが、

それでもガーデニングは楽しいです178.png




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしければ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-17 03:26 | ホワイトガーデン

ラベンダーオイル作り

f0359879_02453953.jpg


(奥側の「ラベンダーの小径」で摘んだ一番花最後のラベンダー)



先日、いつも行ってる卓球クラブで、ニューヨーク出身の友人パティから、

庭の様子を聞かれたので、ラベンダーの剪定の話をしたところ、

「ミモザは摘み取ったラベンダーをどうするの?」と聞かれました。



「どうもしないわ。剪定をしないと綺麗な花が咲かないから切っているだけなのよ。」と言うと、

パティは、「NYの友人はラベンダーオイルを作ってたわ。」と言います。



その時は、「ラベンダーオイルって何だろう?それを手作りって、ハードル高そうだな…」と思いながら、

何となく話を聞いただけですが、



家に帰ってから、

ふと、ラベンダーオイルに興味が芽生えて、どんなものか調べてみました。

私が参考にしたのはこのサイトです。→自宅で作れる!ハーブオイルの作り方



オリーブオイルやホホバオイルに、ラベンダーの花を漬け込んで作るラベンダーオイルは、

顔や髪につけてもいいし、ラベンダーにはリラックス効果や傷の殺菌鎮静作用などもあるそうです。



「フ~ン、そうか…アロマオイルのようなものかな?

さすがパティ、ニューヨーク出身だけあって、お友達もお洒落なのね。」

田舎者のミモザはえらく感心したのです(*^^)v



アロマセラピーやマッサージのことは何も知らないのですが、

自分の髪の手入れのために、ラベンダーオイルを作ってみたくなりました。

作り方は思ったよりずっと簡単そうです。



ラベンダーの花の部分を摘み取って、


f0359879_05233860.jpg



香りを引き出すように揉みほぐします。

煮沸消毒して乾かした耐熱ガラス瓶に詰めて、


f0359879_03101432.jpg



エキストラバージンオリーブオイルを注ぎ込みます。

f0359879_04044505.jpg


蓋をして、1時間湯煎にかけます。



f0359879_04065111.jpg



火を止めてからそのままで2~3時間おいて冷まし、

直射日光の当たらない場所で数日間、

オイルにラベンダーの香りをしっかり浸み込ませます。



その後、オイルを濾したり、遮光瓶に詰め替えるという作業が残っているのですが、

昨日は取り合えず、ここまでやり終えました。




部屋の中で、ラベンダーの花を摘む作業をしていると、

いい香りがぷんぷん立ち込めて、

部屋はにわか香水工場にでもなったかのようでした。




小川未明の童話「月夜と眼鏡」に、

香水製造場で働いている少女(実は蝶の化身)の話が出てきます。




私がこの童話を読んだのは大人になってからですが、

少女が働いている「香水製造場」なるものを想像して、

自分もそんなところで一度働いてみたいものだと思いました。



青字部分は小川未明「月夜と眼鏡」の抜粋です。

「私は、町の香水製造場こうすいせいぞうじょうにやとわれています。
毎日、毎日、白ばらの花からとった香水をびんにつめています。そして、夜、おそく家に帰ります。
今夜もはたらいて、ひとりぶらぶら月がいいので歩いてきますと、石につまずいて、ゆびをこんなにきずつけてしまいました。



f0359879_01400614.jpg


ラベンダーオイルを作るために、花を一つ一つ摘む作業は単調で時間がかかるので、ちょっと退屈です。

「自分は今、このお話に出て来る香水工場で働いているのだ。」と想像しながら花を摘んだら、

とっても楽しい気持ちで作業ができましたよ178.png フフ☆





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-16 07:59 | ハーブガーデン

ラズベリー畑よ、永遠に

f0359879_09193599.jpg



キッチンガーデンの隅では、ラズベリーがたわわに実っています。

手で触れると、艶々した赤い実がポロっと手の中に落ちてくる。

それを口に運ぶと、甘酸っぱさが口の中に広がって喉の渇きが潤う。


ラズベリー摘みは大人の私でも、わくわくするほど楽しい。


f0359879_09275732.jpg


我が家のラズベリーは、ラズベリーの中でも野生に近い種類だそうだ。


遠い昔、私が子供の頃に山で食べた野イチゴに似ている。




9年前、1本のラズベリーの苗を買って、庭の隅に植えたら、

瞬く間に広がって、辺りが「ラズベリー畑」になった。

f0359879_10420421.jpg


うちに遊びに来るお客さんに子供がいると、ここに連れて来てラズベリー摘みをしてもらう。

どの子も目を輝かせて夢中になって摘む姿は、「幸せ」そのものだ。


f0359879_10363879.jpg


その子の家が貧しいとか、お父さんとお母さんの仲が悪いとか、

学校でうまくいってないとか…そんなことは関係無しに、

f0359879_10304100.jpg


子供が子供でいられる時間は、

大人になって味わうどんな幸せな時間よりも、新鮮で生き生きしている。

朝日を浴びた露のようにキラキラと輝いている。

f0359879_10433398.jpg



世界中の子供達が子供らしい時間を過ごせますように…

その子達が大きくなったら、また次の世代の子供達のために、

綺麗な地球を残そうと心がける大人になってくれますように…



ラズベリーの季節が来たら、いつもそう思う。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-14 11:07 | キッチンガーデン、果樹

キッチンガーデンのトレリス&竹のフェンス

f0359879_08140348.jpg


我が家の近辺には3か所のホームセンターがありますが、

そのうちの1か所が閉鎖されることになりました。

夫のお気に入りだったので、とても残念です。



私もそこに行けば、植物だけでなく、

ハードウェアや木材、石材などいろいろ見るのが好きだったんだけどな…(;´・ω・)



今月末で閉鎖されるということで、早速、夫と二人で出かけて行って、

前から目星をつけてた物を買ってきました。

f0359879_07305636.jpg



和風ガーデンのフェンスにするための竹です。

今まで売れてなくてよかった~!(*^^)v



実はこれ、竹は既につなげてあるので、

日本で手に入る普通の竹とは違うのですが、

それでも、アメリカのホームセンターでこんな物を売ってるなんて…大感激(≧▽≦)



ついでに店内を見回っていると、欲しいものが出て来たので、それも購入。

f0359879_07360183.jpg


f0359879_07371752.jpg



上のトレリスはキッチンガーデンの胡瓜に使います。

剪定ばさみはラベンダーの剪定に役立ったし、

2股に分かれた草取り道具は、芝生の中のクローバーを取るのに便利そうです。

f0359879_07414217.jpg
f0359879_09272026.jpg

今回買ったのは平面体のトレリス3個、

f0359879_07421704.jpg


こちらのタワー型トレリスは昨年、

別の園芸店で、清水の舞台から飛び降りるつもりで買った宝物です。177.png

(宝物なので…^-^)冬の間はガレージの中へ大事に片づけてました。



ビジュアルから入りがちな私、

キッチンガーデンが楽しいと、

俄然、野菜作りにやる気が出るんですよ。178.png




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-13 09:37

ラベンダーの剪定で大失敗(泣)

f0359879_09584700.jpg



5月から楽しんだラベンダー、そろそろ終わりなので剪定しました。




剪定する前の様子です。
(前庭から見たところ:ラベンダーの間に植えているのはタイムです)。


f0359879_09594021.jpg



近くにいれば爽やかな香りに包まれ、

遠くからは青紫のベールのように霞んで見えます。



これは反対方向から撮った写真…裏庭から前庭に向かっています。

f0359879_10314744.jpg


なるべく長く置いておきたいのですが、

毎年綺麗に花を咲かせるには剪定が大事だと聞きました。



ラベンダーで有名な北海道・富良野ファームでは、

草刈り鎌でザクザクと刈っておられるようですが、

コテージの小さなラベンダー畑は小さな剪定ばさみでチョキチョキと切っていきます。



実は剪定をした前夜よく眠れなかったので、

朝ボンヤリした頭で、ボーっと鋏を動かしていたら、

あれ?おかしいな?

f0359879_11314299.jpg


剪定をした後の株は、去年より緑が少ないっていうか…全く無い‼(;´・ω・)

f0359879_11370086.jpg


(これはちゃんとしたやり方で切った株です。)


慌てて家に飛び込んで、ラベンダーの剪定をググってみたら、

私はとんでもない深切りをしたことが分かりました(;´д`)…トホホ。



ラベンダーは根元から4節ほど上の葉がついている部分より上を切ります。

切り過ぎて根元の茶色い部分だけにしてしまうと、光合成が出来なくて、

翌年花が咲かなかったり、枯れてしまうこともあるそうです。



やっちゃった~!大失敗!

(´;ω;`)ウッ、ウッウッ…涙



…でもまあ、失敗したのは一株だけだし、

あとは気を付けてやれば、まあいっか…(;´・ω・)

てなわけで、全体の2/3をやり終えて、これだけの量になりました。

f0359879_11035816.jpg


f0359879_11041085.jpg


奥の方(全体の1/3)はまだ残っていますが、

剪定後の「ラベンダーの小径」です。


f0359879_11034158.jpg

f0359879_11032661.jpg

失敗したのは右側の一番奥の茶色い株です💦




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-12 12:08

コテージ風ぶどう棚




昨年植えたブドウが大きくなりました。

f0359879_02245021.jpg

春に苗を買って植え、綺麗な葉っぱが出てきたと思ったら、

あっという間にウサギが葉を食べて丸坊主になってしまったので、

鳥小屋用のネットでブドウの周りに柵を付けたのですが、今やそこから大きくはみ出ています。



今年は柵から出してブドウ棚に仕立てたいと思って、

インターネットでブドウ棚の作り方を調べてみたら、(参考にしたのはこのサイト→「ブドウの育て方」

昨年、自分がとんでもない失敗を犯してしまったことを知りました(;゚Д゚)



…ブドウ栽培1年目にするべき、大事なことをやってなかったのです!



ブドウは1年目の夏に1番元気な枝を主枝として残し、

あとの枝を切り落とさないといけないのですが、

私はそれを知らず、ただウサギに食べられた葉が再び出て来たのが嬉しくて、

葉も枝も全部伸ばし放題にしてしまいました💦



去年どうして栽培法を勉強しなかったのだろうか?と後悔しましたが、もう後の祭り…

終わったことを悔いてもしようがないので、今できる対策を考えました。



サイトには、「2年目の夏は主枝の近くに伸びている枝を副枝として伸ばす。」と書いてあるので、

10本前後伸びている枝の中から、

1番勢いよく伸びている枝2本(1本が主枝でもう1本が副枝)を

2年分(昨年と今年の分)として残し、あとの枝を切り落とすことにしました。



さて、棚づくりですが、

最終的にベランダの柵に這わすつもりなので、

今回必要なのはベランダに届くまでの繋ぎ…大掛かりな棚はいらないと思います。




で、私が憧れるのはこんな柵(棚)です。



f0359879_05294623.jpg


178.png素朴でロマンチック~178.png


画像は天野麻理絵さん「一年中美しい 手間いらずの小さな庭づくり」(第11ページ)からお借りしました。




材料は、ブドウを植えるずっと前から、この柵のようなブドウ棚を作ることを夢見て、

道具小屋の裏に木の枝を集めていたので、それを使います。



f0359879_02173365.jpg


(道具小屋裏:材料の枝を使った残りです。)



ブドウ棚に使えそうな枝を選び出して、芝生の上に並べていると、

夫が通りすがりにチラッと見て言います。

「そんな古い醜い木なんて使わないで、ちゃんとしたのを買えばいいのに…」



いえいえ…私が目指しているのは、

コテージに似合うRustic:素朴、或いは鄙びた侘びさび風なブドウ棚なので、

こんなのがピッタリなのですよ173.png



さてさて、のこぎりで枝を適当な長さに切り、ラフィアや麻ひもでくくって…

出来上がった、素朴過ぎる(?)ブドウ棚をお見せしますね。

先ほどのお借りした画像とは比べ物にならないほど、シンプルで頼りないですが💦

f0359879_02513420.jpg


前庭東側


f0359879_02514598.jpg


南側


f0359879_02515741.jpg

ブドウを植えてるスペース全体


これからブドウが成長したら、少しずつそれらしくなるかな?と期待してます。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-08 03:17 | キッチンガーデン、果樹

小鳥の水浴び場&シャスタデイジー




ホワイトガーデンにある小鳥の水浴び場を見て下さい。


f0359879_01071434.jpg


あれ?水浴び場なんて無いじゃん?!…実はあるんです。

こちらからは小菊、向こう側からはシャスタデイジーに隠れてよく見えません。

これじゃあ、小鳥だって水浴び場を見つけることが出来ないでしょう。


f0359879_01160048.jpg


不要になった六角形の踏み石を土台に使って水浴び台の背を高くし、

目立つところ(ホワイトガーデンの中の何もない場所)へ移動させました。

ついでに奥の方でひっそりと咲いていた白いコスモスも178.png


f0359879_01173600.jpg

f0359879_22524307.jpg

f0359879_22551446.jpg



水浴び台を移動させた後の裏庭の様子です。



f0359879_22475254.jpg

f0359879_15410853.jpg



さて、シャスタデイジーは裏庭のホワイトガーデンにある3株のうち、

道具小屋の傍の1株が只今満開、あと2株は5~6分咲です。

f0359879_01570065.jpg

f0359879_00481904.jpg

f0359879_23505639.jpg




ベンチ周り2株と「ラベンダーの小径」にある1株、全部満開です。

f0359879_01195935.jpg



「ラベンダーの小径」にあるシャスタデイジーは大きくなり過ぎて、

奥側の「ラベンダーの小径」と「ハーブの小径」を歩く時邪魔になり、

リンゴの木の成長にもよくないので、


f0359879_01193701.jpg


花が終わった後に掘り出そうと思っています。



f0359879_00462841.jpg


数年間この景色に馴染んできたので、ちょっと寂しいのですが、

しょうがないかな~?



ところで、話を水浴び場に戻すと…

ホワイトガーデンの水浴び場が花に埋もれている間に、

庭の小鳥たちは和風ガーデンの池に移動して、水浴びを始めました。



池の浴場は連日、押すな押すなの大繁盛171.png(ホントに順番待ちしてる小鳥がいるんですよ*^^*)



方や、ホワイトガーデンの水浴び場は閑古鳥が鳴いています。

閑古鳥も鳥のうち?…ナンてね(-"-;A ...アセアセ



f0359879_00584360.jpg



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-06 01:49 | ホワイトガーデン

前庭の様子



我が家の前庭は東向きで、

4か所(家の玄関近くに2つとドライブウェイの車庫前に2つ)に小さな花壇があります。


f0359879_22523542.jpg

(玄関ドアの傍に吊るしたハンギングバスケット:ペチュニアとバコパ≪Bacopa≫)





f0359879_23172647.jpg

ここは車庫前の花壇、車庫に向かって左側(家に近い方)です。



石塀の近くは家の陰で午前中しか日が当たらないのと石塀の影響もあるので、

主に日陰を好む植物を植えています。

f0359879_23293834.jpg

f0359879_23295050.jpg


アスチルベ


f0359879_23212067.jpg


少し日当たりがいいところでは、

ニフォーフィアの花が咲き始めました。




車庫前右側の花壇は北隣との境界線近くにあり、

主にシャクナゲや萩など花木を植えています。

f0359879_23323782.jpg


f0359879_22522081.jpg


アナベルは相変わらず、爽やかな花を咲かせています。


f0359879_23335099.jpg


レディスマントル(アルケミラ)はもう終わりですが、

可愛い子供(零れ種)が一杯芽吹いています178.png



玄関に向かう石段横の花壇は車庫の板壁と接しています。

ここはあまり水が遣れず乾燥気味になるので、多肉植物を植えています。

f0359879_23364813.jpg

f0359879_23371768.jpg




今、この花(セダムの種類だと思いますが名前が分かりません)が満開で、石段まで溢れています。



玄関脇のスペースです。

玄関に近い手前は花壇で、向こう側にはブドウを植えています。

f0359879_23421046.jpg



ブドウは大きくなって来ているので、近いうちに、

素朴な178.pngコテージ風葡萄棚178.pngを作ろうと計画しています。



ところで、

「花壇に花が無いじゃん!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね(^^;)



実は5月の終わり、

零れ種で芽吹いた小さなスイートアリッサムの苗を30本程植えたのですが、

憎っくきカラスめが2羽108.png108.png、少し離れたところでその様子をじっと見ていて、



私が傍を離れた隙に、土中のミミズを狙って苗を掘り出してしまったので、

なんと!5回も植え直し‼133.png

5回目に堀り出された時は、もう心が折れて…只今お手上げ状態。(´;ω;`)ウッ…


f0359879_00002839.jpg

もうすぐ咲き揃いそうなアガパンサス、

アガパンサスが大好きなので、楽しみです162.png


ガーデニングには苦労も多いのですが、

やはり何にも代えがたい喜びがあります。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-05 02:09 | 前庭

広くなった和風ガーデン



裏庭の一番北にある和風ガーデンを手入れしました。


f0359879_01125039.jpg


(和風ガーデンの中から裏庭を眺めたところ)



和風ガーデンの中央辺りはこんな感じです。

f0359879_03013565.jpg
f0359879_02535574.jpg




そしてここは、和風ガーデンの一番西側です。

f0359879_03083809.jpg



元はコンポストを置いていたのですが、コンポスト容器をネズミが齧って中に入り、

生ゴミを荒らすようになったので容器は廃棄し、




代わりに、生ごみはキッチンガーデンの中に堀った深い穴に埋めるようにしたので、

ここは和風ガーデンの一部として使うことにしました。



f0359879_02354596.jpg


綺麗に片付けて土地を均すと、結構広さがあります。



ここをどんな庭にしようか?と

まるで白いキャンバスを前にした絵描きさんのような気分(*^^)v


f0359879_02412164.jpg


松や梅を植え、つくばいや石灯籠のあるしっとりとした和風ガーデンもいいのですが、

どこにでもあるような和庭ではなく、

我が家ならではのユニークな庭造りをしたいです。



f0359879_02331535.jpg
f0359879_02332867.jpg


(3年前、自力で作った池+小川とその周りです。)



ユニークな庭…私の頭にパッと思い浮かんだのは、「故郷の野山」を再現すること!173.png



子供時代を田舎で過ごした私は、3人の姉に連れられてよく山へわらび取りに行きました。



当時の私は今と違って土や枯れ草や汚く思えて、山や野原で遊ぶのがイヤでした。

それよりも、家の中で静かに本を読んで過ごすのが好きだったのですが、

末っ子の私は2歳年上の強い姉にせかされ、渋々一緒に山へ蕨取りに行ったのです。



あれから何十年?…年を取るごとに自然や野山歩きが好きになって、

中でも特に、故郷の山菜取りが懐かしくてたまらない。

今、無性に日本の野山が恋しいのです。


f0359879_02374372.jpg


(裏庭北西側の隅:わらびを植えようと思っているのはここです。)




自宅の裏庭に日本の野山を再現するなんて…

嬉しくって楽しくて、考えただけでぞくぞくしちゃいます(*''▽'')




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!



いつも読んで下さっている方に励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




[PR]
by mimozacottage | 2017-07-04 03:30 | 和風ガーデン