タグ:ガーデニング ( 116 ) タグの人気記事

目に涼やかな夏の花


皆さま、おはようございます。

昨日は朝早くから、プロジェクトのためにモルタルの勉強をして、

夫が起きると二人でホームセンターへ行って、モルタルの材料を買って来ました。



その後は1日中、裏庭でプロジェクトの続きをしていたので、

さすがの私も、体のあちこちに少し痛みが…^^;

でもこれを知ったら夫が心配するので、彼には内緒です。



…ナンて、ブログに書いてしまったら、

彼は読むかも…(夫は生粋のアメリカ人ですが、

日本語の会話や読み書きが出来るので、時々このブログを読んでいるようです^^)




さて、今日はちょっと気分を変えて、庭に咲いている花の特集です。




我が家のローズ/ブルーガーデンに咲いている 涼やかなブルーの花を中心にアップします。

残暑が続いている所にお住いの皆様方に、

少しでも「涼」を感じて頂ければ幸いです。


f0359879_04033053.jpg


名前を忘れましたが、

庭に花が少なくなってくる8月の後半、

ちょっと紫がかった綺麗なブルーの花が咲きます。

f0359879_04075475.jpg



後ろにあるホワイトガーデンとのコラボレーション、

さわやかで大好きな組み合わせです。



その他、ローズ/ブルーガーデンに咲いているブルーの花は、

f0359879_04092672.jpg

(ロべリア)

f0359879_04105921.jpg

モーニング・グローリー(ブルー・マイ・マインド)
学名:エボルバラス(Evolvulus)



日本では、「アメリカンブルー」と呼ばれていると

ブロ友のさくらさんに教えて頂きました。

f0359879_04112593.jpg

(リンドウ)

f0359879_04151231.jpg

(ピーチリーフ・べルフラワー)


ローズ/ブルーガーデンの仲間入りをさせようと思って、

最近買ってきて鉢に入ったまま、まだ庭に植え替えていません。




ブルーではないのですが、

「ブルーガール」という名の青味がかったピンクのバラ、



この花はローズ/ブルーガーデンの象徴なので、

ガーデンの真ん中に植えています。


f0359879_04182467.jpg


その他、ローズ/ブルーガーデンの中に咲いているバラ、

f0359879_04223721.jpg


今にも花びらを開きそうで開かないスカボロフェア✨…

花びらが薄くて繊細です♡

f0359879_04225944.jpg



f0359879_04231191.jpg


上2つのカーペットローズは病気知らず☆

…育てやすくて重宝しています。

f0359879_04232712.jpg


情熱的な色だけど、しっとりと上品なこのバラの名は、

「赤の叫び:Screaming Neon Red」です。



私は腹心の友、アン・シャーリーに似て、

花に退屈な名前や強烈過ぎる名前を付けるのは、失礼なような気がするので、

密かに「赤のエレガンス:The Elegance of Red」と呼んでいますよ☆彡




キッチンガーデンとハーブガーデンの間にあるリンゴの木の下にも、

涼やかなブルーの花があるので、ちょっと移動します。

f0359879_04312800.jpg

大好きな花ですが、これも名前を忘れました。すみません。



さて、「暑さ寒さも彼岸まで」にはまだ日はありますが、

8月も終わりに近づき、日本もこれから

少しずつ、過ごしやすくなって来るのではないでしょうか?



それでは皆様、今日も幸せな一日をお迎え下さいね!



応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-08-30 02:05 | ポタジェ | Comments(4)

道具小屋の入り口をレンガ敷きに~その1




f0359879_00103693.jpg



裏庭にある我が家の道具小屋です。

土色の壁のペンキをオフホワイトに塗り替えてから、
(その時の記事はこちら→衝撃の変身






かつての見すぼらしい掘っ立て小屋が、

Before ↓  ↑ After
f0359879_09233444.jpg


ちょっと可愛い今の道具小屋に大変身したのは、2年前のことです。



その時から最近までずっと、私はこの小屋を

ハッピー°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° な気持ちで眺めていました。




ところが、ガーデニングブログに登録し、

皆さまのお庭に伺う機会が増えてから、気持ちに変化が出始めたのです。



手入れの行き届いたお庭の片隅に、まるでカフェと間違えそうなほどお洒落な

 ✨美しい道具小屋✨ が建てられています。

しかも多くの方がご自分で建てられてたりするので、さらに驚きました。005.gif




それからと言うもの、我が家の道具小屋も、

もっと✨キレイ✨を追求したほうが

いいんじゃないかと思うようになったのです。



✨キレイ✨
を追求するということは、

すなわち、*汚い*を少なくしたり、無くしていくことですよね。



そういう視点で、ちょっと我が家の道具小屋を見てみましょう。

私にとっては、手塩にかけて変身させた”可愛い可愛い”道具小屋なんですが…


f0359879_09190541.jpg



長年見続けて来たので目が慣れたというか、

見て見ぬふりをしてきた汚い物がここにあります。



そこで、甘い甘い母親の目で010.gif この小屋を見るのはもうやめて、

カワ(・∀・)イイ!! ←ダメ、 こうならなくっちゃ→ カワ(・∀・)イイ!!


厳しい意地悪おばさんの目をして、小屋をジロジロ見てみると、

それが何なのか…はっきりわかりました!082.gif

f0359879_07395749.jpg

ここです。入口です。025.gif



この汚らしい木の踏み台はここに引っ越した時からあったので、

少なくとも9年半以上、

この家は築36年だから…ひょっとして、…もしかしたら、…その時以来?002.gif




ちょっとびっくりと言うか、怖くなりました008.gif 

「…だから、この踏み台はいくら掃除しても綺麗にならなかったんだ~!」←(気づくの遅過ぎ)


このままじゃ、まるでゴミ屋敷じゃないですか!

…目が慣れるというのは、実に怖いものです。




さて、過ぎたことは忘れて、未来を見ましょう。017.gif

この踏み台をどけて、代わりに清潔なレンガを敷けば、

どんなに素敵な小屋になるでしょう?




一瞬暗い気持ちになった私も、レンガ敷きの新しい入り口を思い浮かべると、

未来が  °˖✧◝()◜✧˖°  と虹色に輝きましたよ。

そして落ち着いて…まず本でレンガの敷き方を勉強することから始めました。



レンガの勉強が終わったので、



さて、いよいよ新しいプロジェクトの始まり、始まり…👏

最初は夢のない写真から始まりますが…002.gif



f0359879_09543888.jpg


踏み台の左右にあった小さい石ころをどけ、汚らしい踏み台をどけ、

それでもまだ、埋まっていたブロックやら、錆びたパイプやら

どけないといけない物があったので、

f0359879_09545639.jpg

(踏み台を左右から支えていたパイプ:汚い写真ばかりでごめんなさい🙇)



愛用のツルハシを使って、

どんどんどけて行きました。



汚いものを全部どけた後、水平器を使いながら砕石を敷いて行きます。

f0359879_07431661.jpg


砕石の敷くのはレンガを落ち着かせるためだそうです。

この工程を省略すると、

いくら丁寧にレンガを敷いても綺麗に見えるのは最初だけで、




年数が経つと、

レンガが沈んで表面がデコボコになり、

水が溜まったり苔が生えたりするのだそうです。


f0359879_07281515.jpg


ここは道具小屋の入口なので、綺麗に見えることも大事なんですが、

夫が重い芝刈り機などを出し入れする場所なので、デコボコのレンガで躓いて転んだりしては大変です。

なるべくしっかりした物にしたいと思いました。




そこで、我が家の ✨家宝✨ ミニローラーの登場です!

f0359879_07311186.jpg

ミニローラーを砕石の上にコロコロ転がすと、砕石が地面にしっかり食い込み、

より平坦になったのがおわかり頂けますでしょうか?

我が家のお宝のローラーは可愛いだけじゃなくて、立派なお仕事もできるのですよ。




次に、夫が作ってくれた杭付きの木枠を取り付けました。

f0359879_07343175.jpg


こう見ると…

なんだか本物の建設現場のように見えませんか?

「木枠でワクワク」なんてね…037.gif 026.gif




さて今日はここまで…工事が進んだら、この続きをアップしますね。

それまで皆さま、ハッピーでいて下さいね。




応援して下さる方がいると、また明日も頑張れます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




[PR]
by mimozacottage | 2016-08-28 00:45 | DIY | Comments(8)

やった~!☆宝物発見☆



ここだけの話ですが…わたくし実は先日、

 宝物✨  を発見しました!




もし買うとしたら、随分お高い買い物になると思うけど、

いくらお金があっても、こんな物を敢えて買おうとは思いませんし、

お店で売っているかどうかもわかりません。



だけどこれがあれば、

現在だけでなくこれから先もず~っと、凄く役立ちそうな一品、

…どんなお金持ちでもこれを自宅に持っている人は、ほとんどいないのではないか?と思うほど、


✧˖°類い稀な貴重品°˖✧ 
かもしれません。




それがなんとなんと!うちの裏庭に埋まっていたのです。

9年半も慣れ親しんで来た庭が、「宝島」ならぬ「宝庭」だったとは!

嘘のような夢のような本当の話です。




では私が発見した °˖✧宝物✧˖° を大公開しますね。

ジャーン!


f0359879_01572190.jpg



ここは我が家の裏庭、道具小屋の裏です。

本当は綺麗にするまで、人には見せたくなかったのですが、

コテージのビッグニュースだから、恥を忍んで公開することにしました。





9年半前、

夫と私がこのコテージを買った時、庭は荒れ放題…いろいろな物が埋まっていて、

それを片付けて捨てるのに何週間もかかりました。

f0359879_02095915.jpg


これも引っ越し以来、半分顔を出したまま

ずっとここに埋まっていたのですが、見るからに重そうで、

どうやって捨てたらいいのかわからないので、そのまま放置していました。

  


正確な名前は知りませんが、整地に使う大きいローラーのミニ版です。

でも何だか、 カワ(・∀・)イイ!! と思いませんか?


f0359879_02093144.jpg


錆びて古くて、とても汚い顔をしているけれど…

土木工事にも挑戦するハードボイルド系DIYガールの私にとっては、

物凄くハンディな「優れもの」なのです。

f0359879_02103690.jpg



新しいプロジェクトはこの辺りでやっているので、

たまたまここに足を踏み入れて、

これが地面から半分顔を出しているのに気付いて、改めて見直してみると…



その便利さや、

これがここにあったことの偶然さに気付き…ゾクッときました。



まさに、✨宝物✨!




とは言え、半分土に埋まっているこんな重い物を掘り出すのは、

いくら力自慢の私でも一苦労、008.gif




最初は押しても引いても動かず、一瞬、夫の助けを借りようとしましたが、

(頼めば何でもしてくれる)夫の腰痛を悪化させてはいけないと、

一人で頑張りました。




やっとの思いで掘り起こして、ミニローラーの全体像を見た時は、

土で汚れた汚いお顔でさえも、 

カワ(・∀・)イイ!! と思えましたよ。☆彡




さてさて、この宝物が大活躍してくれる

新しいプロジェクトの様子は次の記事に書くので、

よかったら読んで下さいね。




それでは皆さま、

幸せな一日をお過ごしください! 

(私は腰痛などは全く無いので、ご心配なく…)チャオ! 016.gif




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ







[PR]
by mimozacottage | 2016-08-27 00:33 | DIY | Comments(6)

大人しい優等生達~我が家の多肉植物



私が多肉植物を育て始めた理由は、もしかしたら”不純な動機”かもしれません。

多くの多肉植物愛好家の方々のように、可愛さにメロメロになって始めたのではなくて、

ちょっと植えてみようか?で始まって、その後は育てやすさで重宝している感じです。

f0359879_23162133.jpg

(もうすぐ花開こうとしているセダムの蜜を吸っている蜂)



最初に植えたのはここ、玄関の石段の横です。


f0359879_04270352.jpg


ブロックを積み上げて雛壇のような小さな花壇スペースが作ってあります。



一つ一つのスペースが小さくて土が少ししか入らないので、

水を頻繁に遣らないと植物は枯れてしまう。

それなのに、板壁の板が剥き出しになっているので、頻繁に水をやることができない。


f0359879_23165362.jpg


このジレンマの解決策は乾燥に強く、小さな植物を植えること…



そう思いながら、ある日園芸店を歩いていたら、

何種類か多肉植物が植えてあるケースが目に入ったので、取り合えずそれを買って、

雛壇に植えておきました。

f0359879_23201156.jpg


f0359879_23211487.jpg


水を遣らないといけないのに、遣ることができないという悩みを

あっさり解決してくれた多肉達✨

f0359879_23215005.jpg


どれだけ手抜きをしても文句ひとつ言わず、玄関脇を1年中彩ってくれます。



育てやすさを実感したので、他の乾燥しやすい場所にも植えてみましたが、

どこに植えても、やはり私の手を煩わすことはありません。

f0359879_00203610.jpg

(裏庭:切り株に植えた多肉植物)

f0359879_00210185.jpg
f0359879_00201941.jpg

(裏庭:ベンチ横の寄せ植え)



その出来の良さに乗じて、

私は他の子達をかまってやれる時間が出来たので、

この子達はまさに我が家の庭の優等生なのです。


f0359879_23362238.jpg

そのおとなしい優等生達が、今そぉ~ッと小さな花を咲かせています。

f0359879_23334532.jpg


そぉ~ッと、そぉ~ッと…

f0359879_23364722.jpg



それでは皆さま…幸せな一日を過ごしてくださいね!

Have a Nice Day!




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ









[PR]
by mimozacottage | 2016-08-26 00:07 | 前庭 | Comments(6)

美しいキッチンガーデンを目指して~西洋ツゲの挿し木




私が目指している美しいキッチンガーデンとは、ヘルシーで見た目にも美しいもの、

健康な土や野菜であり、庭全体と調和しているものです。




我が家の菜園は、健康な土や野菜については、

無農薬と有機肥料(コンポスト)で、理想に近づいている気がしますが、

見た目の美しさはまだまだ理想に遠く及びません。

f0359879_04560092.jpg
(一番大きいキッチンガーデンの周りには、現在5株の西洋つげを植えています。)



私の理想は、如何にも野菜畑という感じで土臭さがむき出しになっている菜園ではなく、

フランスの田舎にあるような、

西洋ツゲで縁取りされたエレガントなキッチンガーデン✨…




言葉ではイメージしにくいと思うので、

Portager Piterest さんから画像をお借りして来ました。

f0359879_06354715.jpg
(This image is borrowed from Portager Piterest)


上の写真の菜園の縁取りに使われているのが西洋ツゲです。

私の好みから言えば、この菜園は少し”作り過ぎ”のデザインなので、

欲を言えば、もう少し素朴な方がいいかな?




うちの一番大きいキッチンガーデンはこれよりずっとずっと小さいですが、

それでもぐるっと縁取るには、あと20株ほどの西洋ツゲが必要です。




それを全部苗で買うとなると、コストが掛かりますが、

それ以上に、1個1個プラスチックのプランターに入っているものを20個も買って、

プラスチックのゴミを増やすのには抵抗がありました。

(私は苗を買う時についてくるプランターはできる限りリサイクルに回していますが、
引き取ってくれない物もあるので、出来れば初めから買いたくありません。)





幸い西洋つげは、ヨーロッパやアメリカで最も愛されているブッシュなので、

本やビデオに挿し木のやり方がいっぱい出ています。




挿し木が成功するとコストはほぼゼロだし、

プラスチックごみを大幅に減らすことができるので、

ダメ元でやってみました。


f0359879_09125946.jpg

まず最初に、西洋つげをカットしたものを1~2日間水揚げさせます。



f0359879_00552865.jpg
f0359879_00554200.jpg
乾燥を防ぐために、先をちょっとだけ残して残りの葉は切り落とします。


f0359879_00555809.jpg


日本では売っているかどうかわからないのですが、

アメリカやイギリスでは「ルートホルモン」という植物用のホルモン剤(?)が売られています。

これを使うと根が出やすいそうなので、使ってみました。



f0359879_00561298.jpg

根は葉を切り落とした節の所から生えてくるので、

ルートホルモンを古いお皿などに少し出して、茎の先から葉の近くまでまんべんなく付け、

用意したプランターなどに刺していきます。


f0359879_05094405.jpg

(このプランターはリサイクルです。)


挿し木用の土があればもっといいのですが、

手に入りにくい場合は普通のプランター用の土で良いらしいので、私もそうしました。




明るくて直射日光の当たらない場所に置いて、

5週間~8週間も経つと(乾燥に注意)、根がしっかりするので、

あとは何処に植えてもいいそうです。


f0359879_05100467.jpg

(うちの南側にあるベランダ:
屋根がついているので直射日光が避けられます。)


f0359879_05320649.jpg


西洋ツゲの挿し木が大きくなって、

奥のキッチンガーデンを縁取る日が来るのは、何年後のことでしょう?

考えるとちょっと気が遠くなりますが^^…焦らず、納得の行く庭造りをしたいです。



では皆さま、幸せな一日を過ごしてくださいね!

Have a Nice Day!




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-08-25 04:59 | キッチンガーデン、果樹 | Comments(4)

前庭コンテナ花壇のペイント(ビフォー&アフター)



おはようございます。

コテージでは夫が裏庭で大きなプロジェクトに取り組んでいる一方、

私は前庭や裏庭で小さいプロジェクトにちょこちょこ取り組んでいます。




昨日は、前庭ガレージ前にあるコンテナ花壇をペイントしたかったのですが、

外は94℉(34.4℃)で今年1番の暑さ、

東向きのガレージ前は、

朝から お日様058.gifが容赦なく照りつけていました。



ここは午前中~午後3時頃まで紫外線でいっぱいになるので、

夕方になってから仕事をするのがベストです。




窓から外を見ながら、

「乙女(昔だけど)は庭も大事だけど、お肌も大事なのよ~、

『赤毛のアン』と同じ悩みがこれ以上大きくなったら、大変007.gif」と言う私に、


「じゃあ、夕食は俺が作るから、君はその間にペンキ塗りしたら?」夫は言います。

「よっ!男前ッ~!」こういう時の与作(夫)は、まるでギルバート004.gifに見えます。




夕方、まるでギルバート004.gifが夕食を作っている間に、

昔乙女アン016.gifはポニーテールを振りながら、幸せな気持ちでペンキを塗りました。




さて、コンテナ花壇のビフォーはこれです。


f0359879_20005592.jpg

ガレージのシャッターは引っ越し後取り替えたのですが、

シャッターの左右にある2つのちょっと大きめ木製コンテナは、

9年半前、引っ越して来た時のままです。

f0359879_20013784.jpg

ガレージに向かって右にあるコンテナです。



ラスティック(素朴で風情があるというような意味)な魅力で、

嫌いじゃなかったのですが、

なんとなく汚く見えるかな?って、ずっと気になっていました。




日が陰り始めた3時過ぎにコンテナの表面をじゃばじゃば水で洗って、

4時過ぎ、前庭は完全に日陰になって、

コンテナがまあまあ乾いた頃に、ペンキを塗り始めました。



アフター(慌てて写真を撮ったのでまだ乾いていません)

f0359879_20015639.jpg

向かって左側のコンテナは、

f0359879_20491970.jpg

↑ビフォー ↓アフター
f0359879_20493043.jpg

色は、家の板壁のアクセントカラー(こげ茶)に合わせたつもりだけど、

…ん? 近くで見ると色のトーンが微妙に違うかな?

ま、いいかッ…遠くからだとあんまり目立たないかも^^



ペイント後は汚らしさがなくなって、

コテージと調和しているように思うけど、どうかな~?


f0359879_19584584.jpg

ちょうど塗り終わった頃に、

「お、いいね~!ご飯できたよ~。」まるでギルバート004.gifが呼びに来ました。

f0359879_21152722.jpg

今夜のメニューは、カプレーゼと青じそペーストチキンの生ハム巻き、

コテージのキッチンガーデンで採れた野菜たっぷりのサラダもついていました。

ありがとう~!まるでギルバート💛 美味しゅうございましたよ♪




読んで頂きありがとうございます。幸せな一日をお迎え下さい!

Have a Nice Day!




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-08-21 05:20 | DIY | Comments(14)

友人の家の美しい庭とインテリア



f0359879_00121644.jpg


美大を卒業し、アメリカに移住する前は、

ファッションデザイナーとして東京で働いていた日本人の友人Tちゃん、

服装でも何でもとにかくセンスがいいんです。

f0359879_00233069.jpg


初めて彼女のお宅に招待された時(3年位前)、

美しさとセンスに感動して、写真を撮らせてもらいました。

この家はなんと友人自身が設計して、20年位前に建てられたものだそうです。


f0359879_00241406.jpg

(数年前に改装したキッチンで、友人はディナーの準備中)


f0359879_00235883.jpg


お庭もインテリアに負けず劣らず美しいのに、

「手入れが行き届いていないのよ、こんなのでいいの?」

と謙遜する彼女に案内してもらった庭は、

f0359879_00265915.jpg


f0359879_00274499.jpg


f0359879_00552206.jpg


まるで植物園かと思うくらいにいろんな種類の草花が集められ、

イングリッシュガーデン風なのに

しっとりとした和風のスペースと調和がとれていて、


f0359879_02433195.jpg
(写真右下にチラッと小川が見えます。)



何もかもが理想的でため息が出るようでした。


f0359879_00282615.jpg


f0359879_00293433.jpg


(まさに月とスッポンなので、こんなことを言うのはちょっと恥ずかしいのですが…
我が家の滝は元々はこの小川からヒントをもらいました。)


家の裏庭は小高い山になっているので、

庭の中に人工的に作られた小川も、

まるで山から自然に流れてくる湧き水のように見えます。


f0359879_00453646.jpg



この石灯籠は、友人がその辺にあった石を拾って積み上げたのだそうです。



小川や和風スペースを設計&施工されたのは日本人庭師の方だそうで、

友人はその方のことを「天才」と呼んでいましたが、

私は彼女自身も天才だと思います。


f0359879_00485611.jpg



適材適所?いやそれ以上の調和が庭全体にあります。

植栽や庭の隅々に置かれている物はどれも的を得ていて、まったくブレがないのです。


f0359879_02430307.jpg


完璧過ぎると言ってもいいくらいですが

かと言って緊張させる雰囲気は何もなくて、あくまでも自然体で温かい…

彼女の人柄とセンスが光ります。

f0359879_00494090.jpg

f0359879_00503316.jpg


f0359879_00500709.jpg



広い広いお庭なので、これらの写真はほんの一部、

私の写真の腕やカメラではその美しさが十分伝えられません。



庭やインテリアのヒントだけでなく、

私はいつもいろんなことを彼女から学んでいるんですよ。

(写真の掲載は友人の了承済)


次の写真はおまけです。 

素敵なインテリアや庭を見た後のお目汚しですが、

この日私が友人の家に持って行ったデザートの写真も残っていたので、UPします。

f0359879_01442939.jpg


Have a Nice Day! 006.gif




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ







[PR]
by mimozacottage | 2016-08-19 02:45 | 友人の庭、園芸店など | Comments(8)

青じそでペーストを作りました!…夫がネ




青紫蘇が毎日毎日大量にできる我が家のキッチンガーデン、


f0359879_02151795.jpg


丸ごとの葉は刺身の飾り、紫蘇の天婦羅、餃子に巻いて、

細切りにした葉はスパゲティにかけて、蕎麦にかけて、ソーメンにかけて、冷やしうどんにかけて、

散らし寿司にかけて、ビビンバにかけて…



使っても、使っても、使っても…2日後にはさらに葉っぱが増えて復活します。

「使へども 使へども 猶我が青じそ減ってくれず ぢっと葉を見る」 by 石川夢木

f0359879_01123107.jpg



日本食品店で10枚パック入り青じそを買って、

1枚1枚、大事に食べていた頃には想像もできなかった、夢のような食卓✨



が、夢は何時でも終わりがありまして…

日本食が大好きで、特に青じそに目がない夫でさえ、004.gif

日に日に嬉しい悲鳴を上げるようになってきました。005.gif



でも食べ物を無駄にするなんて私たちの辞書にはありませんから、

この夏2回目の青紫蘇ペーストを作りました!…夫がネ

f0359879_01265050.jpg


我が家では、ペーストなど保存食づくりは夫の仕事です。←(他の事も与作さん≪夫≫がしてるのと違うのん?)

(保存食作りは宅の趣味ざますから、任せてるざますのよ~、ホホホ037.gif

f0359879_01270459.jpg

私はニンニクの薄皮を剥いて、

パルメザンチーズを5mmの 細の目切りにする手伝いをしました。


f0359879_01271648.jpg

「出来た出来た、早く写真撮って。」と与作が呼びに来ました。


う~ん、おい紫蘇う~ °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



このペーストはスパゲティにかけるとよく合うんですが、その他

ジャガイモのホイル焼き、ピザ、タコス、オムライス等に添えて食べても美味しいです。






応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-08-18 02:30 | キッチンガーデン、果樹 | Comments(6)

イングリッシュガーデンに憧れた日々とそれを諦めた時

f0359879_02485989.jpg

(2013年6月我が家の裏庭:現在はジャガイモ畑になっている所ですが、
当時はイングリッシュガーデンでした。)




イングリッシュガーデンに憧れてガーデニングを始めた頃(7年ちょっと前)、

何をどうすればいいのやらさっぱり分からず、


イングリッシュガーデン作りの教科書になるような本を

オンラインで探して、これを見つけました。

f0359879_15183266.jpg

(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)


ターシャ・チューダーさんによる序文と

写真家でもあるガーデナー、マーガレット・ヘンセル(Margaret Hensel)さんの

美しい写真と文で構成されています。

f0359879_03314946.jpg
(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)



ターシャさんの庭やマーガレット・ヘンセルさん自身の庭、

イギリスのいくつかのコテージガーデンの写真など、

イングリッシュ(コテージ)ガーデンファンならどのページも楽しめるし、庭造りのヒントにもなると思います。

f0359879_03312999.jpg

(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)


本を購入当時、ガーデニングの超入門者だった私は、

この本に出てくる庭に植えられている花、ひとつひとつの名前を紙に書き出して、

園芸店に通い始めました。


f0359879_02194869.jpg
(我が家のハーブの道…元は曲線でハーブはありませんでした:2012年6月撮影)



買ってきた種や苗を イングリッシュガーデン予定地に少しずつ植えて行って…


f0359879_02210136.jpg


枯れた芝生だけの見苦しい場所が、

2~3年くらいで、裏庭の中で最も美しい場所に生まれ変わったのです。


f0359879_05435509.jpg

f0359879_02240168.jpg



2年前、

イングリッシュガーデンが理想に近づきつつあった頃のことですが…



当時通っていた大学の勉強が急に忙しくなって、庭の世話が追い付かなくなり、

あれこれ悩んだ末に、庭を諦めて大学を優先させようと決断しました。

f0359879_02220890.jpg


手のかかるイングリッシュガーデンの代わりに、シュラブ(低木)と芝生中心の庭にしようと考え、

ここを一旦全部更地にしてしまいました。

f0359879_05471469.jpg


その時は大学の勉強が一番大事だと思ったし、

自分の決断を後悔する気持ちは全くないのですが、

f0359879_02224472.jpg



体調を壊して休学し、たぶん大学にはもう戻らないだろうと考えている今…

昔の写真を見ると、複雑な気持ちになります。

f0359879_03490974.jpg

(2014年7月:大学が忙しくなり始めた頃)


昨日、久しぶりに”English Cottage Gardening"を手に取って、

序文を読み返してみました。



ターシャは言っています。

「アメリカでは、花よりもシュラブが多く植えてある庭をよく見かけるけど、

なんて退屈なのかしら! なんて想像力がないのかしら!



『でもシュラブは手がかからないわ。』って、その人達は言うけど…

本当に価値のある物は、何でも簡単ではないのよ。」

f0359879_07312198.jpg

(”English Cottage Gardening” Originally photographed by Margaret Hensel)



…なるほど、初心に帰って、また頑張ってみようかな~?



ところで、更地に戻した場所がなぜ今はジャガイモ畑になっているのか?

話せば長くなるので、それはまた別の機会に…


それではみなさま、Have a Nice Day!  チャオ006.gif



応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-08-16 05:33 | キッチンガーデン、果樹 | Comments(10)

掘った芋いじるな~ジャガイモの収穫


ジャガイモの茎や葉っぱが枯れて来たら、それは良い知らせ、

「もう、芋が出来てるよ。」のサインです。



夢子さん(ミモザ)のキッチンガーデンでも、

枯れてしまったのや、枯れ始めのやら、半々のやら…いろいろありました。

f0359879_00111210.jpg



夢子「今日はジャガイモ掘りをして、ブログのネタにしよっ060.gif

庭に出ようとしたら、


背後で「ちょっと待った~!004.gif」の声が…夫の与作です。



夢子「なに?009.gif

与作「ジャガイモ、俺に掘らして~、お願い!017.gif

夢子「いいよ。掘らせてあげるよ。009.gif


f0359879_00120111.jpg


食いしん坊の与作は、夢子さんのキッチンガーデンで野菜を収穫するのが大好き。012.gif

f0359879_00130304.jpg


一人で頑張っている与作を 

夢子は今日も歌を歌って応援しましたよ。


「♪~ 与作は いィも ほォる~ ポテポテト~、ポテポテト~060.gif」by 夢子



妻の美声を聞くと、夫の仕事もはかどって…芋があとからあとから出てきます。

夫が掘った芋を夢子が拾い集めようとすると、

与作が言います。「掘った芋、いじんな。」

f0359879_00150386.jpg


ホッタイモイジンナ?

知らない人も多いでしょうね。特に40代以下の若い人達は…



その昔、与作(アメリカ人です)は日本の英会話教室で英語を教えていたのですが、

ある日本人の生徒さんから、このフレーズを聞いたそうです。


その人は、”What time is it now?”は言いにくいので、

代わりに「ホッタイモイジンナ…(掘った芋、いじるな。)」と憶えて、実際使っていたそうです。



当時、与作は英語を教えると同時に日本語を学習中、

英語と日本のギャグを考えるのが大好きだった彼にとって、



このフレーズはもう、大受け!…おぉ004.gif♪(ノ)’∀`(ヾ)、

忘れられない和製英語(?)として、頭の中に深く刻み込まれ、

今でも家で時間を聞く時に使いたがるのです。(夢子にとっては大迷惑なんですけどね。)




さてさて、与作のきょうの台詞「掘った芋、いじんな。」は、

文字通り「掘った芋をいじるな。」の意味でふざけて言ったのですが、



夢子はこれを当~然無視して、掘った芋をブリキのバケツに拾い集め、

与作&夢子夫婦の芋ほり大会は無事終了しましたとサ。


f0359879_00165665.jpg


正統派英語学習者の一言:ちなみに米語では、
時間を聞く時、普通What time is it now?とは言わないで、What time is it?と言います。

なぜ”Now”を言わないかというと、
Nowはわかりきっていることなので、それを強調したい時以外には使わないのです。




例えば、時間を気にしている時など、一度時間を訊いた後に、
しばらくたって、もう一度時間を確かめたい時がありますよね?

その時は、What time is it now?と言いますが、
”What time is it now?”という具合に、nowを強く言います。


f0359879_00160813.jpg

それではみなさま、Have a Nice Day!


応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-08-15 01:38 | キッチンガーデン、果樹 | Comments(4)