タグ:ディナー ( 9 ) タグの人気記事

夫の元上司/親友夫妻のお宅でディナー



夫の元上司で今は親友Pさん夫妻のお宅に招待されました。

元々は今週中に何処かのレストランで、夫の誕生日を一緒に祝う予定になっていたのですが、

日程が決まっておらず、



夫と私の都合がよかった日、当日になって、「今日、一緒にレストランに行けますか?」と聞いたら、

奥様のKさんの親友Eさんが泊りに来ているから、

「レストランへ行く代わりに、うちで簡単なディナーをしない?」と誘われたのです。



モンタナ州に住んでいるEさんは知的な女性で、私もこれまで2度会ったことがあります。

たぶん私より年上ですがバリバリ働いておられ、今回は出張でこの町へ来たそうです。

私達はもちろん二つ返事でお邪魔させて頂くことにしました。


f0359879_23373417.jpg

(P家のダイニングルーム)

f0359879_23382559.jpg

(リビングルーム:左の方にある2つの彫塑はKさんの今は亡きお母さま、マーガレットさんの作品。
Kさんと兄Lさんが子供の頃の頭像です。)


f0359879_00012594.jpg

(マーガレットさんが育てていたクリスマス・カクタス)


このカクタス、実は我が家で育てているカクタスの親なのですよ。

数年前、マーガレットさんが亡くなる前に一茎だけ頂いたのが大きくなって、今も大事に育てています。

これを見るたび、最期までユーモラスだった彼女を思い出して楽しい気持ちになるのです。


f0359879_00021949.jpg

(我が家のカクタスはちょうど満開です。)


ワイン、社会の出来事、モンタナの自然や動物、環境のこと…次から次に話が弾みましたが、

こんな時いつも私は、英語力をあと一歩伸ばさなければ…と思うのに、

もう3年ぐらい同じ場所で踏み止まっている気がします。


f0359879_00015365.jpg

f0359879_00020548.jpg

(P家にある日本画のコレクション)


Eさんはテクニカルライターで仕事をバリバリこなし、

Eさんの旦那様Mさんは小説を書いておられますが、無名の方です。



Eさん夫妻は美しいモンタナの大自然の中で、好きなスキーや山歩きを楽しまれ、

夢のような暮らしをされていますが、

Eさんが言うには、Mさんは(作家になる)夢を追いかけることへの悩みが深いそうです。


f0359879_23423524.jpg


純文学で成功すること、それを目指して何十年も努力を続けること、

それがどんなに難しいことか…大体の想像はつきます。


f0359879_00081065.jpg


f0359879_00082178.jpg

(Pさん夫妻から夫へワインとビールのプレゼント。飲兵衛の夫にピッタリ過ぎる…)



夢をとことん追いかけるのは素晴らしいことだと思います。

ミモザもかつては小説家になりたいという夢を持ち、文学学校に通ったこともあったのですが、

今はもっと現実的なところで手を打つかな~?…なんて考えてしまいました。



例えば、ブログを書くとかね…(^_-)-☆、



好きなことを好きなように書いて、

文章がグダグダ長かったり、下手だったりするのに読んで下さる人がいて、

どなたか存じませんが、お手数なのに応援クリックも頂いて、

どんなに有り難いことかと思います。



大袈裟だと思われるかもしれませんが…

嬉しくて有難くて胸がきゅんとなるんですよ(≧▽≦)。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!

読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-06 04:44 | 友人、ホームパーティ

エレガントなゲスト



ポールズヒマラヤンムスクが咲いている時期に、

4回に分けてディナー客を招待した話(その時の記事はこちら→来客)は、以前書きましたが、



それでもまだ、お宅に招待して頂いたままで、こっちはお返しの招待をしていない人達、

言わば、”借りのある”友人達が何人かいます。




先日そのうちの一人、シシリア&ジムを招待しました。

ハワイ生まれのジムはおばあ様が日本人なので、1/4だけ日本人の血が入っています。

背が高くて料理好き、周りの人を暖かい気持ちにさせてくれる素敵な男性です。




奥様のシシリアは私より10歳位?年上のフランス系アメリカ人女性、

小学校から高校まで、アメリカでは珍しい寄宿学校で過ごしたそうです。




女優のオードリー・ヘップバーンがもう少し長生きしていたら、

彼女(シシリア)のようになったのではないか?と思えるほど、上品で魅力的な女性です。

f0359879_08472015.jpg


オードリー・ヘプバーン(Borrowed from Bing Images: 画像はお借りしました。)



オードリーのようにチャーミングな外見もそうなのですが、

それよりも、唸るほど洗練された物腰や会話が私の憧れであり、お手本です✨




数年前に癌の手術をされたにもかかわらず、いつも前向きでユーモラス、

政治の話をする時はリベラルで率直ですが、周りの人に対しては気配りを忘れず、

私は常々、彼女が人を傷つけることなんて、きっとないだろうな?と思っています。




さて、我が家に夏場のディナー客が来る時は、大体、

「乾杯、飲み物片手に庭をツアー、それから食事」という流れでおもてなしをするのですが、

この日、エレガントなゲスト夫妻を裏庭の枯れた芝生に案内するのは忍びない気持ちでした。




ところがシシリアは、芝生が枯れていること等全く気付かないかの如く、小さな靴で軽やかに庭中を歩き回り、

庭の植物やブルーヘロンの像、和風ガーデンの池や石等を褒めちぎって、

心からガーデンツアーを楽しんでいる様子でした。


f0359879_05434679.jpg


(黄色のストライプの上衣がシシリア、顔の写真がなくて残念ですが…)




この日料理を担当したのは、腕をメキメキ上げている夫(最近料理はいつも夫で、ミモザはデザートだけ^^)、

写真を撮ってなくて残念ですが、夫が作ったディップ、サラダ、スープ、パスタ…全部美味しかったです✨




シシリアは庭のハーブを使ったサラダと、

パイナップルミントを飾ったティラミスが殊の外、お気に入りだったようです。


f0359879_05433599.jpg


(夫の得意料理: チキンカチトーリ)


f0359879_05435971.jpg


(ミモザ作: 庭のミントを飾ったティラミス)


f0359879_03143007.jpg


(パイナップルミント: ハーブガーデン)



そして帰り際には、「美味しい食事や素敵な庭を見せて頂いて、本当に素晴らしい夜だったわ!

ブルーヘロン(像)と池は、こっそり持ち帰りたいほど大好きだったけど、

一番羨ましいのはハーブガーデンだわ!」と茶目っ気たっぷりに仰いました(^_-)-☆。


f0359879_03150048.jpg


(花オレガノ:ハーブガーデン)

f0359879_03013936.jpg


(ハーブガーデン)


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-28 03:33 | ハーブガーデン

来客、来客、来客、来客☆



ここ3週間ほどの間に、カップルや家族などディナー客を4回招待しました。



庭を見せてほしいと言った友人や、

以前招かれたお返しに「今度は我が家へ…」と思っていた人達を

庭が一番綺麗なこの時期に合わせて招待したいと思っていたら、



招待客4組の予定がそれぞれ微妙に違って、一組ずつ個別に招待することに…

楽しくも忙しい3週間でしたが、昨日最後の来客が終わりホッ(*^^*)としました。


f0359879_02270321.jpg


(今朝の裏庭)



花が散るのでは?と心配していたポールズ・ヒマラヤンムスクも、

何とか持ち堪えてくれ、

最終回のディナー客にも十分庭を楽しんでもらえました。


f0359879_02272946.jpg



ポールズ・ヒマラヤンムスク…散り始めですが、

もう少し楽しめそうかな~?


f0359879_02290266.jpg


ラベンダーのウエルカム花かご

f0359879_02584815.jpg


f0359879_02334025.jpg


(昨日のテーブルセッティング)


第3回目の招待日は暑かったので、パティオで庭を眺めながら食事、

庭がお好きなゲスト(夫の元上司夫妻)に喜んで頂きました。




f0359879_02381660.jpg


f0359879_02382772.jpg


(夫の元上司夫妻:写真掲載はご本人達の承諾済みです。)



この後しばらくは自分ひとりの時間をゆっくり持って、

庭も夫と二人だけで楽しむことになりそうです。


f0359879_02465725.jpg


f0359879_02470830.jpg





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

バナーを新しくしました。クリックして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ









[PR]
by mimozacottage | 2017-06-15 03:10 | 裏庭全体

お隣さんをディナーに招待



f0359879_00591687.jpg


週末、裏隣りのお隣さんをディナーに招待しました。

先々週お茶に呼ばれたお返しというよりは、

何十年来の友人のように親しみを感じたので、お話の続きをしたかったのです。


f0359879_01022018.jpg


(この日はピンクのスプレーバラを買って、家中に飾りました。)


娘さん一家も招待したのですが、生憎先約があって、

日本人のご両親Wさん夫妻だけの参加になりました。

f0359879_14575157.jpg



事前にご夫妻の好みを伺って決めたこの日のメニューは、

★蒟蒻と大根(前菜)
★アスパラのスープ
★オルゾサラダ
★牛ステーキ
★抹茶ロールケーキ


このうち私が用意したのは、前菜、デザート、ステーキに添える野菜だけで、

あとは全部、夫です。(前菜の写真は撮るのを忘れました。)

f0359879_15065200.jpg


(アスパラのスープ)


f0359879_15071019.jpg


(オルゾサラダ)


f0359879_15074481.jpg


ステーキは牛たたきと普通のステーキの2種、

牛たたきはポン酢をつけて頂きました。


私のお皿の肉は、夫が一口大に切り分けてくれたので、こま切れ状態(^-^;


f0359879_15090073.jpg


お茶を嗜まれる奥様Eさんに合わせて作ったデザート、栗入り抹茶ロールです。

レシピはクックパッドで公開しています→しっとり美味しい抹茶ロール




4人で話が弾んで弾んで…Eさんはインテリアや収納に興味をお持ちなので、

家の中のミニツアーにご案内(人に見せても大丈夫な所だけ…(〃▽〃)ポッ)、



自慢^^の収納スペース、「幸せのパントリー」も見て頂きました(^_-)-☆


f0359879_01313367.jpg


(お土産に頂いた豪華な花束)


Eさんは褒め上手と言うのか、飾り気のない誉め言葉をよく口にされます。

人を疑ったり、批判したり…そんなことは人生で1度もないのではないか?と

思われるほど、純朴な方…私はすっかり彼女のファンになりました☆彡


f0359879_05164377.jpg


お二人とも本当は顔を隠したくないくらい、良い笑顔をされています。

夜10時過ぎ…今度は日本のWさん宅で再会を約束し、お開きになりました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-02-28 03:08 | 料理 | Comments(8)

夫の元上司夫妻を招待してディナー☆



先日、夫の元上司/親友のPさん夫妻をディナーに招待した時の話です。

当日は6時の約束でしたが、5時頃、Pさんから夫へ電話があり、

もっと早く来てもいいかと聞かれました。

f0359879_14350919.jpg



Pさんの奥様Kさんは気さくな方ですが、小さい頃から召使いに囲まれて育ち、

ご自分でお掃除をされたこともなく、

今のお住まいもプロの掃除の方に任されているので、いつもピカピカ✨



毎年自宅で大きなクリスマスパーティを開かれる、もてなし上手の方です。



未だに”おもてなし見習い中”の私は、P夫妻を招待すると

緊張して、直前まで慌てふためくのですが、

その日は時間に余裕があったので、「どうぞどうぞ、ご遠慮なく。」と二つ返事。



P夫妻は予定より15分前に到着されました。


f0359879_12474943.jpg



実はアメリカでは、「ディナーに招待されたら、10分~15分遅れて行く」という暗黙のルールがあります。

ホスト側に時間の余裕を持たせるために、少し遅れて行くのが良いとされるのです。



Pさん夫妻のように早めに来る人は滅多にいません。

なのに、予定より早く家にやって来たいというお申し出!?



ディナーをすごく楽しみにされているのかな?…だったら嬉しいけど、

それとも何か用事があって、早く来て早く家に帰りたいのかしら?

ともかくディナーは、予定より早くスタートしました。



まずは乾杯、前菜に白和えを出して、

キッチンカウンターの傍で立ったまま、皆でしばらくおしゃべり。



f0359879_13082878.jpg



事前の打ち合わせで、サラダはP家が担当することになっていたので、

奥様のKさんが、持参したサラダボールに材料をパパッと入れて、

おしゃべりしながら、シーザーサラダを作って下さいました。



Kさんのサラダドレッシングは生卵から作る本格派、本当に美味しくて、

常々私は、「世界一のシーザーサラダ」だと思っています。



テーブルに移動して、食事が始まりました。

f0359879_13120604.jpg

(シーザーサラダ)


f0359879_13115852.jpg

(夫が作ったオルゾスープ)


f0359879_08432642.jpg


そしてメインディッシュは、野菜詰めポーク生ハム巻き…これは夫の創作料理です。

切り分けたのがすごく綺麗だったのですが、写真を撮り忘れました。



デザートのキャロットケーキも切り分けた時の写真がないので、切る前の写真です。

皆、好きなだけ自分で切り分けたのですが、 Pさんと夫は2回もお代わり、

Kさんも1回お代わりして下さって…大好評でした(^_-)-☆


f0359879_02091792.jpg


Pさん夫妻は夫が30代の時からの知り合いなので、

夫の前の結婚時代とその終わり、その後10年間の独身時代…私よりもずっと長く、

夫の人生を傍で見てきた人達です。




独身時代、一人ぼっちの夫は毎週Pさんの家に招待されて、

P家の人達と夕食を伴にし、家族のように過ごしたそうです。




Kさんは、「ミモザがダーウィン(夫)の人生にやって来てくれて、

ダーウィンはもう寂しくないから、あんまり一緒にディナーをしなくなったね。」と仰います。




遠く離れている家族のことや、アメリカの社会問題など、

喋っても喋っても話は尽きず…結局お開きは、夜の11時過ぎ!




お二人は、早く来て早く帰りたかったのではなく、

ただ早くうちに来て、私達と一緒に楽しい時間を過ごしたかったようです✨

嬉しいな~(^^♪

f0359879_04012884.jpg


"Thank you for this wonderful wonderful dinner!"

「これからもっとたたびたび、一緒にディナーしようよ!」

帰り際、PさんとKさんは何度も口を揃えて仰いました。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-02-22 04:52 | 料理 | Comments(3)

春を待つ庭




お天気が良い日、庭に遊びに来たリスに誘われて(?)…

私も裏庭の仕事でもしようかな~?と分厚いセーターを着たまま裏庭に出た。

f0359879_03025014.jpg


f0359879_03030753.jpg


ほったらかしだった押し車や、ワイン樽プランターの枯れた植物を片付けていると、

冷気がすごくて…

f0359879_03041231.jpg

(裏庭:ホワイトガーデンの木蓮)



春はまだ遠いような気がする。


f0359879_03043276.jpg

f0359879_03044369.jpg

(前庭:ドライブウェイのクリスマスローズ)

f0359879_03045693.jpg
f0359879_05171401.jpg


引っ越し前から同じ場所にある、

前庭ガレージ前のイベリスは推定30年以上の巨大株。


f0359879_03050887.jpg

(2年前に植えた芝生横のイベリスには花がついていた。)




前庭に廻って急いで写真だけ撮って、すごすごと家の中に退散。

やっぱりまだしばらくは、片付けやインテリアに集中しよう。

夜は久し振りに、”Blu Sardinia”(青いサーディニア)でディナー069.gif


f0359879_03072301.jpg


手術の前日に来て以来初めて…スタッフの人達が温かく迎えてくれた。

ここの人達は皆好きだが、中でも特に、水汲みやお皿を下げるだけの仕事をしている、

メキシカンの人達の屈託のない笑顔が好きだ。




皆いろいろ抱えていて、

トランプが大統領に就任してから、不安になっているでしょうに…

夫がちょっとしたスペイン語を使って話しかけると、彼らの笑顔が一層輝く✨




人種に関係なく、世界中の人が皆仲良くなれたらいいのに!


f0359879_03075083.jpg


「今日のスープ」を食べてみたら、ミネストローネに似てとても美味しかった。





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ




[PR]
by mimozacottage | 2017-02-03 04:00 | Comments(2)

夫の長男家族とディナー&イチゴのスイーツ2種



隣町に住んでいる夫の長男家族をディナーに招待しました。

f0359879_15101089.jpg



メインディッシュとサラダは夫、パンとアペタイザーは長男のお嫁さん、

デザートはミモザ…と事前に皆で役割分担を決めました。

(多忙な勤務医の長男も普段は進んで役割分担に加わるのですが…この日は夜勤明け。)


f0359879_02355879.jpg
f0359879_15232969.jpg


百合ちゃん(お嫁さん)が作ったハワイアンロールパン、ハマチのカルパチオ、

野菜の何とか(名前を聞いたのですが、忘れました)

百合ちゃんはお料理がとても上手で、すごく美味しかった~☆



f0359879_15235345.jpg
f0359879_15242904.jpg


夫が作ったギリシアサラダとローストビーフに、百合ちゃん作の野菜を添えて。

どれも美味しく…皆にたくさん褒められて、夫はとても嬉しそうでした。



私はいろいろ迷った挙句、長男一家の好みを考えて、

ラズベリー&イチゴのムースケーキとイチゴ大福を作ることに決めました。

どちらも初挑戦なので、ドキドキ💓…うまくできるかな~?




この選択は、素敵なブロ友リラさんuchimameさんの記事や、頂いたコメントを参考にさせて頂きました。

イチゴ大福はリラさんのコメントから、ムースケーキはuchimameさんの記事から…

お二人ともありがとうございました!


f0359879_15255964.jpg


イチゴ大福作りは思いの外、悪戦苦闘💦

イチゴが大きい上に、餡子が多過ぎて…デカくなっちゃった。。(;'∀')… けど味は大好評💛




1番上の層がジュレになったムースケーキ、長い間の憧れです✨

自分が過去に作ったムースケーキを基にレシピを考え、

クックパッドで理想に近いジュレを探し出して、アイディアをミックス…

大体思い通りのものになりました!(^^)!


f0359879_15254852.jpg

(ラズベリーとイチゴのムースケーキ)



上手な方のムースケーキは、ジュレの部分が透明でキラキラ光っているのですが、

私のは明らかに光沢が足りない💦

どうやったら光沢が出せるのでしょうか?…これからの課題です。



楽しい時間はあっという間に過ぎて、長男一家は帰り支度の時間です。



ローストビーフとデザートの残り物、それにラーメン好きな一家のために、

前日から作っておいた自家製チャーシューと味玉(味付け玉子)をお土産に渡すと、

味玉好きな孫のクリス君が大喜び…嬉しかったな~☆彡




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-02-01 03:09 | スイーツ | Comments(6)

毎日が結婚記念日(くらし部門)




貧しい農家の8人兄弟の長男として生まれたぢっさま、

6、7歳の頃から新聞配達や親戚の果樹園で働いて家計を助け、勉学に勤しみ、

大人になってからは、日米技術翻訳やコンピューターエンジニアとして、ず~っと働き詰めでした。


f0359879_03151600.jpg
(ダイニングルームで夕食をする時は、キャンドルを灯してロマンチックに…)




2年前に退職してからやっと自由な時間が出来て…料理が趣味になったのです。



f0359879_17524971.jpg

ポテトスープ


f0359879_18524308.jpg

f0359879_17534275.jpg

トマトバジルスープ




f0359879_02132719.jpg

f0359879_02131943.jpg

(食べる直前に剥く生牡蠣)



正直で働き者の両親から譲り受けた、実直さそのままのぢっさまは、

性格も外見も飾り気がなく、所謂「カッコ良さ」や「お洒落」とはまるで無縁。



なのに、綺麗なものが大好きな(本当は若い)ばっさまに作る料理は、

どんどんお洒落になっていきます。

ああ見えてぢっさま、実は根っからのロマンチストなのかもしれません。


f0359879_19175047.jpg

パブの持ち寄りパーティに持って行った卵料理:Deviled Eggs


f0359879_02122636.jpg

f0359879_02121766.jpg


ポレンタ(トウモロコシ粉を使ったイタリア料理)、ローストポーク、野菜



昨日は赤いバラを2ダース買って来て、(本当は若い)ばっさまに手渡し、

いきなり、「結婚記念日、おめでとう!…」と言うのです。

f0359879_18504437.jpg



「あれま( ゚Д゚)、ぢっさま!…もう認知症が始まったとな?結婚記念日は半年先だんべ。」

(本当は若い)ばっさまが驚くと、



ぢっさま、首を振りながら笑って…こう言います。

「いんや、ばっさま…ばっさまとの生活は、毎日が結婚記念日なんじゃよ。」


(*日本語の方言は、ぢっさまが昔住んだ日本の地方都市で習い、≪本当は若い≫ばっさまに教えたのですよ。)

f0359879_18532201.jpg

(1回目の結婚記念日、ぢっさまからの贈り物「イタリアの街」)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。
ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]
by mimozacottage | 2017-01-28 04:04 | 家族 | Comments(16)

長男家族とガーデンディナー

f0359879_22422509.jpg



昨日は夫の長男家族を招待して、庭でディナーでした。

長男一家は、車で移動すれば「スープの冷めない距離」、

歩いたら、スープが冷え切ってしまう距離に住んでいます。



一家は私にとってはステップファミリー(継子家族)、

家族と言っても血が繋がっていないので、遠慮なく言いますが、

さっぱりした本当に良い人達です。



人付き合いの苦手な私がやってしまった 後から考えれば思わず赤面するような

数々の失敗も、皆おおらかに笑って許してくれるので、


ステップファミリーと言うよりは、

まるで親しい友人家族のような付き合いをしています。





昨日は生憎、長男は勤め先の病院から緊急呼び出しがかかり(勤務医です)、

参加出来ませんでしたが、


長男の日本人妻ユリちゃん(仮名:色が白くて可愛いので)、

孫のエミリーちゃん、クリス君が来てくれました。



f0359879_04394914.jpg


今日のメニューは、

グリーンサラダ
かぼちゃのサラダ
茄子の蒸し焼き
丸焼きチキン
トウモロコシ


このうち、カボチャのサラダと茄子の蒸し焼きは私が作り、

あとは全部夫です。




ちなみに…夫の友人カップルの多くは、

男性の方が女性より料理好きだったり上手だったりします。

(うちの場合、夫の在職中は9:1の割合で私が料理を作りましたが、
今は7:3か6:4までに減っています。)



f0359879_04404067.jpg


ダイニングテーブルを置いている外のデッキは、和風ガーデンの傍にあります。



和風ガーデンの中の小さな小さな滝(小川?)から聞こえてくる

せせらぎの音、

f0359879_00141613.jpg

心地よい風と共に、涼を届けてくれます。

(この滝と池は2年前に自作しました。)





みんなで気持ちよく食事をしていると、

食べ物の匂いを嗅ぎつけた蜂が次々とやって来るので、五月蠅くて…

会話もそこそこに屋内のダイニングルームへ移動して、デザートにしました。





料理上手のユリちゃんが凄く美味しいお手製プリンを持ってきてくれたのですが、

写真を撮るのを忘れてしまいました。
ごめんなさい。

f0359879_22433341.jpg


これは私が作ったブルーベリーのロールケーキ、


ブルーベリーのプリザーブと砂糖を入れない生クリームで作った

ブルーベリークリームがたっぷり入っています。

前日に作り、冷蔵庫で一晩寝かせました。



飾りつけは土曜市で買った地元のブルーベリーと

庭から摘んで来たパイナップルミント、(イチゴは近くのスーパーです)

甘さ控えめで、「日本のケーキ屋さんの味がする」と好評でした。




楽しい時間はあっという間に過ぎて、長男家族が帰る時間です。

18歳のエミリーちゃん、思春期に入った14歳のクリス君も、

いつも通り、夫と私に優しく「さよなら」のハグをしてくれました。016.gif








[PR]
by mimozacottage | 2016-07-19 02:41 | 家族 | Comments(2)