タグ:冬 ( 7 ) タグの人気記事

家の中で冬越しする植物と心が痛んだ胡蝶蘭



私達が住む町の緯度は、ずっと北海道と同じくらいと思っていましたが

実際はさらに北、南樺太と同じだそうです。

それだけ聞けば、凍てつくような寒さを想像されるかもしれませんが、

ワシントン州の近海を流れている暖流のおかげで、冬の寒さはさほど厳しくありません。




夏は爽やかで、冬はほどほどの寒さと言ったらいいでしょうか?

ガーデナーにとって、夏は天国、冬の間は庭が使えないので庭仕事はお休みです。




先日は冬越しさせたい植物を家の中に持ち込みました。

とは言え、温室やサンルームがあるわけではないので、

植木鉢に植えておいた植物3鉢だけを 南向きのダイニングルームへ運びます。

f0359879_02524597.jpg


お吸い物や茶わん蒸しにあると嬉しい三つ葉、


日本食品店で買った三つ葉を料理に使った後、根っこを植えておいたら、

1本だけ根付いて花が咲き、その種がこぼれてたくさん増えました。

1年中好きなだけ使えるので、重宝しています。


f0359879_02530284.jpg




三つ葉の白い花も繊細で好きです。



f0359879_02551012.jpg




夏の間はホワイトガーデンの中に置いてる白のヘリオトロープ、

夏、ベンチに座っていると、良い香りが漂ってきます。


f0359879_02562844.jpg




雪を被ったせいか、花は枯れましたが、白いゼラニウムです。

毎年20~30本ほど庭に必要なので、

冬越しさせた1鉢のゼラニウムを春に挿し木して、必要な分だけ増やしています。



f0359879_02582441.jpg



これは年中この場所にいる胡蝶蘭です。今は花が落ちてますが、黄色の花が咲きます。


f0359879_01524811.jpg

(花が咲くとこんな感じ:2016年7月撮影)



9月の旅行で3週間家を留守にした時、夫の長男のお嫁さん(百合ちゃん)に預かってもらいました。

夫の長男と私は血が繋がってないので、百合ちゃんは言わば「義理のお嫁さん」、

彼女と私は「嫁姑」というよりは、年の離れた姉妹か、友人同士のような間柄です。




胡蝶蘭を預けた時は花が咲いていたのですが、4~5か月間も咲き続けた後なので、

「もうそろそろ花が終わる頃かもしれない、百合ちゃんにそれを言わなきゃ。」と思いましたが、

つい言うのを忘れて、旅行に出発してしまいました(-"-;A ...、



旅行から帰り、長男の家に預けた鉢を受け取りに行った夫、

花が落ちて葉だけになった胡蝶蘭と白い花が咲いている胡蝶蘭、

家に二つの鉢を持ち帰って来たのです!( ゚Д゚)



能天気な私が、「あらまあ、綺麗ね~!でもその白い胡蝶蘭、どうしたの?」と聞くと、



なんと、律儀で責任感の強い百合ちゃんは、胡蝶蘭の花が落ちたのを

自分の世話の仕方が悪くて、枯らしてしまったものと思い込み、

新しいのを買ってくれたのだそうです。



f0359879_03015069.jpg


超多忙な長男を支えながら、自分も外で仕事をしている百合ちゃんに、

花の世話をしてもらっただけでも申し訳ないのに、

新しい花を買わせたなんて、申し訳なくて申し訳なくて…心が痛みました。



夫は、「君たち日本人は、何でも自分の責任だと思い過ぎるよ。」と言います。

そうなのかな~?…でも、これ以上自分を責めないで、

百合ちゃんの気持ちを有難く受け取り、美しい爛を思いっきり楽しませて頂くことにします✨



f0359879_03115186.jpg



最後に、これは夏の間だけ外に出すクリスマスカクタス、



数年前に亡くなった友人のお母さま、マーガレットさんが育てていたものを分けて頂きました。

体の自由が利かなくなっても、最期までユーモアを失わなかったマーガレットさん、

ミモザは大好きでした💚



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-09 04:17

薪集めに励む夫




f0359879_04455392.jpg


冬に薪ストーブを焚くコテージでは、薪集めがとても重要な仕事です。



夫は薪の情報をキャッチするアンテナを常に張り巡らし、

高い木のてっぺんから小さな獲物を見つける鋭い目を持った鷹のように、

薪になる原木を集めて来ます。



友人知人からの情報はもちろん、

何処其処を運転してたら、「無料」と書いた紙と一緒に原木が道路脇に置いてあったとか、

ご近所の情報を流すSNSで、「木を切ったので、薪がいる方取りに来て下さい。」という掲示板を見つけたとか…



夏に、「ここ3年程使う薪はもう十分集まったから、これ以上はいらない。」と言っていたのに、

薪の情報を見るとどうしても見過ごせないようで、友人宅の木を伐るのを手伝ったり、

ここ1週間ほどは、新しく原木を譲り受けるようになったご近所へ毎朝通っていました。


f0359879_05101550.jpg

f0359879_05114578.jpg

(裏庭:北出口)

f0359879_05100728.jpg


(裏庭:道具小屋の横)


当然、原木を置くスペースが足りなくなって来たので、あちこち増やして、

キッチン窓の薪積みも益々高くなっています。


f0359879_04464362.jpg



この景色大好き♡ キッチンの窓に薪が山積みになると、

中は多少暗くなるのですが、十分明るい(逆光だから暗く見えるけど)。

と言うより、明る過ぎず、程よい明るさ✨


f0359879_04332856.jpg
f0359879_04324215.jpg




薪の山を見てると、この冬も無事に過ごせるという安心感で、心まで温まります。


f0359879_04300856.jpg




我が家の庭はまだ秋だけど、

近くの通りは、色鮮やかだった街路樹の葉がすっかり落ちて、寂しい冬枯れの景色に代わっています。

冬はすぐそこまで来ているのかな?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-10-29 05:32 | 薪ストーブ

薪づくりを頑張っている夫

f0359879_08052335.jpg

薪にする切株を分けてくれるご近所さん、夫はまだ毎日のようにそこへ通っています。



心配していた腰痛もなくて、

「自分の運動だと思ってやってるから、大丈夫だよ。」と言うので、

私が一緒に付いて行ったのは初日以外には一日だけですが、その時はまだたくさんの切り株が残っていました。



f0359879_08055988.jpg

f0359879_08054410.jpg

f0359879_08051105.jpg


(車のタイヤと比べてみると、切株の直径がどんなに大きいかお分かり頂けるでしょうか?)



そのままでは重くて運べないので、

ナタとハンマーを使って、適当な大きさに割ってから運びます。

f0359879_08065588.jpg



f0359879_08070962.jpg



車が一杯になると家に持って帰り、その後すぐに夫は薪割りを始めます。

f0359879_08063809.jpg


割るのはこの時貰って来たのではなく、数年前に集めて庭で十分乾かした切株です。

切ったばかりの木は割るのが大変ですが、ある程度乾くとずっと割り易くなります。



夫がこの夏割る予定にしている切株を置いているデッキの傍です。

f0359879_08075653.jpg




割らないといけない切株はこんなにたくさんあるのですが、

6月下旬から少しずつ割っているので、薪置き場の薪もちょっと溜まって来ました。

f0359879_08074599.jpg


リビング側にある薪ラック



f0359879_08072910.jpg


キッチン窓下の薪置き場




薪積みが少しずつ高くなって、キッチンの窓枠を超えるようになると…

キッチンの中からも薪がいっぱい見えて、

何とも言えない安心感を感じるのです。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-07-11 11:51 | 薪ストーブ

雪景色と薪ストーブ



朝起きると、一面の雪景色…♡

ここはカナダに近いので雪が多いと思われがちですが、意外と少なく、

これだけの積雪は4~5年振りです。


f0359879_03520342.jpg

f0359879_03521856.jpg



夫が起きて来る前に、薪ストーブの灰を掃除し、

ガラス扉を磨いてから、緑茶を飲んで、

カメラ(スマホ)片手に、隣近所を歩いてみました。


f0359879_03524525.jpg

玄関から南側の歩道に出るところです。

f0359879_03525599.jpg

緩やかな坂を上ると、三叉路に出ます。

f0359879_03533688.jpg


三叉路に立った所、真ん前に見えるのは2つのコテージ風な家…


家の外観は雰囲気があって…たぶんこの辺で私が1番好きな家じゃないかな~?

f0359879_03532724.jpg

三叉路の右側


f0359879_03534656.jpg

三叉路の左側


f0359879_03531443.jpg


そして三叉路の真ん中にある坂を下って、我が家に戻ります。


f0359879_04112627.jpg


南門から入って裏庭へ、


f0359879_03523554.jpg

裏庭のアーチにもベンチに雪が積もっています。

f0359879_03540117.jpg



もう夫が起きて薪ストーブを焚いてるかな?と思いながら、家に入ってみると、

彼はまだ起きてない様子、自分で薪ストーブを焚きます。



薪ストーブに詳しい方に質問させて戴きたいことがあるのですが…

灰を掃除する時、少し残して置くほうがいいのか、

それともきれいに取ってしまう方がいいのか?いつも迷います。



灰は保温効果があるので、少し残しておく方が薪が燃えやすいかな?と思って、

残すのですが、どうなのでしょうか?

教えて頂けると嬉しいです。

f0359879_04255869.jpg


部屋が暖まって…やっぱり我が家が一番💕

今日は一日この部屋で、縫物その他をする予定です。





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-02-07 04:46 | 薪ストーブ | Comments(2)

薪ストーブ争奪戦に負けた後ラーメン作り


f0359879_01575257.jpg



朝目が覚めて最初に考えることは毎日同じ、「さて、薪ストーブを磨かなくっちゃ。」

薪ストーブは炎が見えると楽しいので、私は前面のガラス扉をいつも透明にしておくのが好き。

誰でもそうだろうと思っていたら、そうでもない。




夫は朝起きるとすぐにストーブに突進して🐗(←イノシシ)、

ストーブ内に溜まった灰や、ガラス扉に付いた黒い煤も全くお構いなしにガンガン焚き始める。

綺麗好きで、キッチンの片づけや掃除は率先してやるのに、何故ストーブは汚くても平気なの?




とにかく、炎が見える綺麗な薪ストーブを楽しみたかったら、夫より先に起きないといけない。

ストーブを一度焚き始めると、ガラス扉はすぐに高温になって水拭きするのが怖いから。

毎日の早起きは、夫との薪ストーブ争奪戦に勝つためにしているようなものだ。




さて、普段は大体この争奪戦に勝つけど、今日はヤラレタ…( ノД`)




目が覚めると夫はもうガンガン焚いていた。

ガラス扉は半分以上煤で真っ黒、中途半端な炎しか見えない…( ;´・ω・)

仕方がないのでストーブ周りだけを掃除して、昼になってからラーメンを作った。


f0359879_02130945.jpg



ストーブでの煮炊きは楽しいし、燃料の節約にもなるので、

私は冬場の料理はできるだけストーブを使う。

f0359879_02115777.jpg



麵は茹でると吹きこぼれるので、その時だけ鍋をガスコンロに移すが、

あとはゆで卵もスープを作るのも全部ストーブを使う。

そうすると何故か達成感があるというか、気持ちがいい。


f0359879_02245122.jpg



はい、出来上がり~!

薪ストーブで作ったラーメンは、特別美味しいんですよ~…ナンて( ̄∇ ̄;)




では皆様、幸せな一日を過ごしてくださいね!


応援して下さる方がいると励みになります。

いつもありがとうございます。









[PR]
by mimozacottage | 2016-12-21 02:54 | 薪ストーブ | Comments(6)

雪景色と薪ストーブ


f0359879_03103416.jpg


コテージの町に初雪が降りました。



f0359879_18205807.jpg


夜遅くなって降り始めた雪、

☆外はキリリと冷え込んで、雪の結晶も見えそうなほど☆

f0359879_18204388.jpg



翌朝、窓を開けると外は一面の雪… °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

写真を撮りたいけど、

気になっている薪ストーブの掃除を 先にやり終えてしまおう。




でないと夫が起きて来て、すぐにストーブを焚き始めますからね。


f0359879_03073492.jpg



°˖✧✧ストーブは綺麗になったことだし✧✧˖° 、

お湯を沸かして緑茶を飲んで、外に出てみたら、

雪が雨に変わって、積もった雪は少し融け始めていました。


f0359879_03084189.jpg



今年初めての積雪

やっぱり冬は雪があったほうが楽しいなあ~✨


f0359879_03091762.jpg

f0359879_03093425.jpg

f0359879_03094845.jpg

f0359879_03100313.jpg


朝起きた時は道路も真っ白だったのに…ちょっと残念かな。。


f0359879_03101780.jpg


柘植の木に積もった雪は雨に濡れて、葉っぱがもったりと重そう~('◇')

家に入ってみると、夫が起きていて、

早速、ストーブで火を焚いています。



f0359879_03104811.jpg


外は寒いけれど、

家の中はポカポカあったかくて…しあわせ~(#^^#)




では皆様、幸せな一日を過ごしてくださいね!


応援してくださる方がいて、励みになっています。








[PR]
by mimozacottage | 2016-12-12 03:56 | 薪ストーブ | Comments(14)

冬が来る前の裏庭



カナダに近いコテージの町、例年だとこの時期は霜が降りたり、

氷が張ることも珍しくないのに、今年は冬が来るのが遅い。



今日は午前中に仕事の資料作り、午後は裏庭の手入れをしました。

ここしばらく、前庭の芝生の草取りぐらいしかしていなかったので、裏庭で過ごすのは久しぶり。

f0359879_13145480.jpg


仕事の話があってから、庭に出ることは極端に少なくなって、

手入れが行き届かないので、

そんな庭を見たくなくて、意識的に目を逸らせていたような気がします。


f0359879_13194487.jpg


ホワイトガーデンの中、立ち枯れになった植物の茎や葉を取り払い、

落ち葉をサッと掃くと、思ったほど悪くない。

f0359879_13271507.jpg

f0359879_13202035.jpg

菊もまだ頑張っているし、
f0359879_13205072.jpg

エキセアナがことのほか元気です。

f0359879_13264533.jpg



種を蒔いて育てたスイートアリッサムは、茎が伸びてボサボサだけど、

このままにして、来年もまた同じ場所で楽しむことにしましょう。

f0359879_13342708.jpg
f0359879_13343865.jpg


西隣の塀の傍には桜草が咲いています。


f0359879_13150972.jpg


そして道具小屋の前の和風ガーデンは…

うちの敷地内に放置してあった(北側)お隣さんの大量の材木のゴミ、お隣さんがやっと片付けてくれたので、

悩みの種だった場所がスッキリ!


北隣との間には、春までにフェンスを立てる計画です。

久しぶりの庭仕事、あ~気持ち良かった~!




応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ



[PR]
by mimozacottage | 2016-11-29 13:58 | ホワイト/ブルーガーデン | Comments(4)