タグ:庭 ( 103 ) タグの人気記事

裏庭の改造 第2弾:庭の醜い部分を新しいスペースに変える☆



裏庭の改造で一番大きな仕事は、旧ローズ/ブルーガーデンをポタジェに替えることでしたが、

まだまだやりたいことがあります。

先日は、(新)ブルーガーデンとポタジェの一部を削りました。

f0359879_23145164.jpg


道具小屋の近くがブルーガーデン、散歩道の左側がポタジェです。



ブルーガーデンは道具小屋の前にベロンと突き出ている部分、

ポタジェは手前(ツゲの木周辺)の鋭いカーブ、

どちらも傾斜がきつくて、水遣りをしてもすぐに水が流れてしまうという問題があり、

そのうちにだんだん、形も嫌いになって来たのです。



何とかしたいなと思って、夫に相談すると、

「何処が悪いの?そのままでいいじゃないか。」と言います。

必要があればどんどん変えていきたいミモザと違って、彼は変化を好まないのです。



夫にそう言われると、

プロの手で整然と並べられたコンクリートブロックを動かして、

自分でレイアウトし直す勇気は無くて、長い間そのままにしました。



実はこの裏庭は、引っ越した時(11年前)には何もなくて、

2年後にミモザが大まかなレイアウトを考え、

細部のデザインと工事はプロの業者に任せたのですが、


f0359879_00251130.jpg

(2007年2月≪コテージへ引っ越して2か月後≫の裏庭)



花壇の枠にレンガを希望しても、コンクリートブロックしか使わないとか言われて(´;ω;`)…

結果は私の思い通りではありませんでした。



年月が経つと庭の欠点も目立つし、

業者の人に遠慮しないで、自分の希望をもっと強く言えばよかったとか思ったり、

今頃思っても、もう遅過ぎですが(;^_^A アセアセ・・・



とにかく何だか悶々としてた時に読んだ本、

ロザリンド・クリージーさん「食べられる植物で庭作り」”Edible Landscaping”がきっかけで、

それまでの遠慮というか、迷いがキッパリなくなりました。

f0359879_03163013.jpg


Rosalind Creasy ”Edible Landscaping”



°˖✧ この庭は私の夢と想像力のカンバスだから、もっと自由に描けばいいんだ! ✧˖°




コンクリートブロックを動かして、嫌いな部分を削り、

もっと可愛いカーブをつけて、新しい庭を作りたい!と思ったのです。



緑の線からこっち側が削りたい部分です。↓

f0359879_23150468.jpg


方向を変えてみると…

f0359879_23152156.jpg



大分歪んでいますが、二つの緑の線を繋ぐと、

円の周囲のような緩いカーブになります。



そして頑張って、コンクリートブロックを動かした結果は…

大体思い通りの形のカーブができました。


f0359879_23153750.jpg

f0359879_23155045.jpg

f0359879_23160287.jpg

(ブロックの並べ方がガタガタ💦 …あとで直します。)



削って広くなった所に丸い形のガーデンスペースを作り、ハーブを植えたい178.png

ハーブガーデンの周りをぐるっと回りながら、色んな方向へ繋がる散歩道を作りたい178.png



夢(妄想?)はどんどん広がります。




以前私が描いた庭の見取り図はバランスが悪くて、実際の大きさと少し違うのですが、

これを使って説明すると、もっとわかりやすいかな?

f0359879_23170157.jpg

9月の庭↑ こうなる予定↓

f0359879_00081671.jpg

(茶色の線が今回削った所、ハーブガーデン予定地は円形のスペース、
その横の滅茶苦茶な落書きは先月作ったアイリスガーデンです。)



これはまだ完成ではないのです。



設計図は無いですが、妄想はもう十分練ったと思うので、

これからは いちいち夫に相談しないで 計画を進めて行き、

進み具合をまた報告しますね(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-10 04:30 | 裏庭全体

庭の落ち葉でコンポスト作り



f0359879_03431559.jpg



長い間雨続きだったこの町に、やっと「晴れの日が1週間続く」という天気予報が出ました。

反対に南のカリフォルニア州は晴天続きで、またもや大きい山火事が起きているようです。

しばらくTVニュースを見ていなかったので、ブロ友さんの記事で初めて火事のことを知りました。



カリフォルニア在住2人のブロ友さんはご無事、

ロサンゼルス近郊に住んでいる義妹家族も無事なようで安心致しましたが、

早く鎮火することを祈っています。



さて、我が家ではコンポスト作りをするために、晴れの日を待ち続け、

一昨日(晴天3日目)庭の落ち葉が少し乾いたので、仕事に取り掛かりました。


f0359879_00310874.jpg



これはリーフ・ブロワー(Leaf Blower)という機械です。

f0359879_00320784.jpg




日本だと落ち葉の掃除は、箒や熊手で搔き集めるのが主流だと思いますが、

アメリカではガソリンで動くブロワーを使って、落ち葉を舞い上がらせ、

それを一箇所に集めて、ごみ袋に詰めるのが主流です。



うちのブロワー(電動式)は、落ち葉を舞い上がらせるだけでなく、

枯葉を吸い込んで細かく砕く装置が付いて、専用の布袋で細かくなった葉っぱを集めることができるので、

自家製コンポスト作りにはもってこいの、”優れもの”です。

f0359879_02214341.jpg


(スイッチを入れる前)

f0359879_02215712.jpg


(スイッチを入れた所)


この機械は私も操作できるのですが、夫がやってくれると言うので、

その仕事は全部夫に任せ、

f0359879_00324110.jpg


f0359879_00330512.jpg


ミモザは自分がやりたかった庭仕事に精を出しました。(どんな仕事なのかはまた今度)

晴れの日にしたいことが山ほどあるので、

ウズウズしながら、こんなお天気を待っていたのです。


f0359879_02265423.jpg

(細かくなった枯れ葉は生ごみと混ぜて、
夫がコンポストスペースや野菜畑に穴を掘って埋めています。)



我が家のコンポストは主にキッチンの生ごみと落ち葉を使っているのですが、

以前受講した「コンポスト作りセミナー」で、紙類も使えるというのを聞き、

玉子ケースの紙のカートンも細かくちぎって、コンポスト作りに使うようになりました。


f0359879_02393019.jpg


夕食後ミモザはTVを観ながら、時々カートンをこういう風に千切っています。

英語字幕付きで仏、独、西語の番組を観るのが楽しみなのですが、

目と耳でTV🏄しながら、手はこんな時代遅れ(?)の仕事をチマチマしてるんですよ。(〃▽〃)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-09 04:18 | 裏庭全体

レスキューしたパンジーと冬の庭のグリーン



裏庭の新しいゲートとフェンスは溶接業者に見積もりに来てもらいましたが、

いろいろ問題があって、工事に着手するのに時間がかかりそうです。

仕方ないと思いますが、その間、ポタジェの植物がウサギに食べられるがままでは悲しい。


特に、花を咲かすこともできないで、丸坊主になったままのパンジーを放っておくのが忍びなくて、

玄関のハンギングバスケットにレスキューしました。


本当はこの子達もこんなに可愛い花を咲かせているはずでしたが、


f0359879_02482900.jpg


f0359879_02481145.jpg

(写真を撮っているのに、上を向いてくれない…)



今はこんな状態です(;´д`) ↓


f0359879_02491651.jpg


そのうち花が咲くでしょうし、

全体のボリュームを出すために花を早めに切るのが良いと、どこかで読んだような気もするので、

私がする仕事を ウサギが代わりにやってくれたと考えることにしましょう(^_-)-☆


f0359879_04014453.jpg



ところで先日、石段横の花壇にチューリップの球根を植えましたが、

その時、上の段々になっているスペースが汚くて気になったので、

ホームセンターでクロッカスの球根を買って来ました。


f0359879_03421206.jpg



この花壇はガレージの板壁にピタッとくっ付いているので、

あまり水遣りのいらない多肉類を植えていたのですが、

だんだんみすぼらしくなってきたのです。



本当は多肉類を全部抜こうと思っていたのですが、

真ん中の段は可愛い芽がいっぱい出ていたので、抜くのが可哀そうになって残し、

紫色の所にクロッカスを植えました。



f0359879_05382375.jpg

(でも…真ん中の段はやっぱりみすぼらしいかな?)


とにかく、これで春を待つ楽しみがまた一つ増えました178.png




ホームセンターに行ったついでに、ふとみると、

レモンサイプレス(ゴールドクレスト)が1株だけ、忘れられたようにぽつんと置いてあって、

値札を見たら15ドル、


f0359879_03132814.jpg


「この大きさでこの値段は悪くない。」と思って買って来ました。


裏庭のブルーガーデンに、あまり大きくならない木を植えたいと思ってたのですが、

これだとあまり大きくならず、横にも広がらなくていい。

玄関の植木鉢から路地植えにした2本のレモンサイプレスと同じ種類です。


f0359879_23205306.jpg


f0359879_03141541.jpg


一年中綺麗なグリーンの木は、冬の庭を明るくしてくれますね✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-07 04:08 | 前庭

ガレージ前と玄関前庭の手入れ


ガレージ前と玄関前の庭を手入れしました。

今日の仕事はアジサイ(ガレージ前)とセダム(玄関前)を掘り出すことです。



ここはガレージ前の最北、北隣と隣接する場所です。

f0359879_01400541.jpg

(左がアナベル、右がガクアジサイ:
スプリンクラーの水はアナベルの真ん中辺りまで届きます。)



大好きなアナベル、花のあとはリースにして楽しんだものですが、

スプリンクラーが届きにくい所にあったせいか、場所によっては白い花びらが茶色に変色し、

全体では白と茶色のまだら模様に見えるので困っていました。



手で水やりする回数をもっと増やせばいいのかもしれませんが、裏庭の世話で手一杯、

これ以上はしたくないと言うのが正直な気持ち…



この辺り、夏は乾季で全く雨が降らないので、

アジサイのように水を多く必要とする植物はそもそも適さないのです。


f0359879_01401953.jpg



隣のガクアジサイとブルーサイプレスのスペースが近過ぎるのも問題で、

苦渋の選択(大袈裟?)でガクアジサイだけを残し、アナベルを掘り出すことにしました。


f0359879_01403318.jpg



アナベルは4年前に移植して、結構大きい株になっていたので、掘り出すのが大変💦

15分ほどの作業で、いきなりキン肉マンになった気持ちです。

ガクアジサイも一度掘り出して動かし、ブルーサイプレスとの距離を取りました。


f0359879_02203614.jpg



玄関の石段横に植えたセダムはぐんぐん背を伸ばして、ガレージの板壁に張り付くような巨大株に成長!

冬枯れになった茎を短く切ったら、黒い花粉のような物が壁にびっしりついていました。

ホースの水で洗い流しそうとしても…黒い色は落ちない。

…よく見ると、カビでした💦

f0359879_01410252.jpg

(セダムを掘り出す前:汚くてごめんなさい🙇)


壁をタワシでゴシゴシ擦りながら、大きくなる植物はもうここに植えられないし、

どうしよう?背が低くて適当な物はないかな?と考えていたら、

ふと、物凄い事に気付きました173.png …他の人にとっては、全然大した事じゃないんですが(〃▽〃)




ここは家の前ですが、メインの前庭とはつながっていないので、

チューリップの天敵、 108.pngモグラ108.png がやって来ないのです!




球根を買うには、もう遅いかな?と思ったけれど、

とにかく大急ぎでホームセンターまで行ってみたら…置いてありました!

可愛い色が残ってて、しかも半額だそうです!もう嬉しくって~♪


f0359879_01555301.jpg



だけど、チューリップが咲くまで、そこに何も無いのは寂しいので、

花キャベツも植えたいなと思って、探してみたら、

売り場にあったのは、こんな感じの物ばかり💦

f0359879_02021918.jpg


葉っぱが枯れてる…



このホームセンターは園芸専門店より値段は安いけれど、管理が悪いのです。

ひそかに、「少し値引きしてくれないかな?」と期待しながらレジへ持って行ったけど、定価通りでした。

ミモザは結構アメリカナイズされてますが、値引き交渉は絶対に出来ない小心者です( ノД`)


f0359879_02124086.jpg

f0359879_06311280.jpg


カビ落としを頑張ってみたら、板壁がまあまあ綺麗になったので、

ピンクで囲んだところにチューリップを植えました。

春が楽しみです178.png



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-12-05 05:48 | 前庭

ブルーガーデンで種蒔きの続き☆



f0359879_14213414.jpg



「ホワイトガーデン」改め「ブルーガーデン」と呼ぶようになった場所で、

種蒔きの続きをしました。


f0359879_00313995.jpg



ここは左側にベンチがあって、右側に小鳥の水浴び場があります。




大きなシャスタデイジー(フランス菊)が2株見えますが、

フランス菊は他にも2株あるので、右側の方は掘り出しました。

ここを広くしてヒゴタイの種を蒔きたいのです。


f0359879_22484266.jpg

(ヒゴタイ)


次は土作り…私は今まで土作りを疎かにしていたことを猛省中です💦



最初はツルハシで耕しながら、黙々と石拾いでしたが、

コンポストを土に混ぜて、もう一度耕すところまで来ると、

何だか自分の心まで耕される感じ♡



フワフワふかふかの土に触って、やさしい気持ちになります。

ガーデニングって、やっぱりいいなあ~178.png

今まで土作りをおろそかにしてたのが勿体なく感じる。



無知+「土作り」という地味な仕事をするより、

早く植えたいという子供のような気持ちを優先させてたのでしょうね(*ノωノ)



さて、最近は気温が結構低くて、種蒔きをしても発芽するかどうかが心配なので、

もしダメな場合、春になってもう一度蒔こうと

どの種も袋の1/3だけ蒔いて、残りは春のためにとっておきました。



種を蒔き終えた時はもう暗くなって、雨も降ってきたので、

写真を撮るのを諦め、急いで家に入りました。

f0359879_23205306.jpg



翌朝には地面が少し固まっていたので、

この写真ではそんなにフワフワふかふか感が伝わらないのですが、こんな感じです。




黄色の枠内が種を蒔いた場所です。↓


f0359879_23580814.jpg

種を植えた場所と散歩道の間は

今は冬枯れですが、春にはスズランの花が咲きます。


f0359879_23261464.jpg
f0359879_23262605.jpg


生憎、スズランの花を撮った写真がないですが、

今年6月のホワイトガーデンの写真をちょっと見てください。

スズラン(葉っぱだけ)がダスティミラー(一番手前の植物)の向こうに見えています。



f0359879_11324415.jpg
(芝生の散歩道:左側が旧ホワイトガーデン、右側は旧ローズ/ブルーガーデン)




f0359879_23483025.jpg



それともう一つ…蔓が道具小屋まで来るのを

今か今かと待っていたポールズ・ヒマラヤンムスク、

ついに道具小屋の壁に到達したんですよ!




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ







[PR]
by mimozacottage | 2017-12-01 05:32 | ホワイト/ブルーガーデン

裏庭のゲートとフェンスをデザインしました☆



昨日は久し振りに色鉛筆を取り出して、絵を描いてみました。

と言うのは…

先日フェンスに金網を付けて、これでウサギを防げると喜んだのも束の間、

ポタジェに花キャベツとパンジーを植えた次の日、どちらも食べられたからです(´;ω;`)ウゥゥ


f0359879_13404334.jpg

f0359879_13410953.jpg
(パンジー:花が全部食べられている)



f0359879_13413092.jpg

f0359879_13405659.jpg


花キャベツは周りの葉が全部食べられて (;´д`)


↓ こうなるのを夢見ていたのに…(´;ω;`)ウゥゥ


f0359879_23321335.jpg
(画像はColormagicphotography.comさんからお借りしました。)



この10年間、あの手この手でウサギと格闘しながらガーデニングをして来たのですが、

ほとほと草臥れました。




西側と南側の金網を点検したところ、

しっかりと閉じられているので、そこからウサギは入れず、

南門の何処かの隙間から入って来るようです。



f0359879_08324600.jpg

改めて南門を見てみると隙間だらけ、

まるで「うさぎさん、いらっしゃ~い」という感じ(-_-;)




実はプライバシーを守るために、

ここにフェンスとドアをつけるという話は以前からあったのですが、

夫と私の意見が対立して面倒だったので、その計画を放りっぱなしにしたのです。




けれど、最近のウサギの被害で困り果てたミモザが、

「もうダメ135.png アイアンのゲートで、ウサギを完全にシャットアウトしたい!」と言うと、

夫がすぐに賛成してくれたので、ゲートのデザイン画を描いてみたという訳です。



f0359879_08324600.jpg



f0359879_03513250.jpg



2本のポストをレンガで作り、中にアイアンのドア、左右に同じくアイアンのフェンス、

ポストの上にはランプ+ぶどうの蔓を絡ませるためのアーチを取り付けます。



以前(3年前くらい?)話し合いをした時、ポストのレンガは自分で積んでみたいと言う私に、

夫は業者に任せる方が良いと言い…そこでケンカ別れ 計画が中断しました💦



(アイアンのドアとフェンスを支えられる)頑丈なポストを自分で作れるかどうか自信もなく、

ウサギのことでこれ以上計画を先延ばしにしたくないミモザは、

デザインは自分がするという条件で、今度は大人しく夫の意見を聞くことにしました。



…自分でレンガを積みたい理由は、面白そう+節約だったのですが、

あとのことは、大蔵省+太っ腹?の夫の肩にド~ンと乗せますわよ (;''∀'')



このデザインは、ずっと私の頭の中にあった夢のゲートを

そっくりそのまま絵に描いただけなので、現実的じゃないかもしれません。



それに、下の方にウサギ除けの金網を張るとか、後で変更しないといけない部分があるし、

コテージの雰囲気に合うかどうかも少し疑問ですが💦

取り合えずこのデザインを溶接業者の方に見せて、工事ができるかどうか聞いてみるつもりです。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-29 04:30 | 裏庭全体

できた!春を待つポタジェガーデン☆



11月上旬から少しずつ作り始めたポタジェ、

最初は私にポタジェガーデンなんて作れるかしら?と半信半疑で始めたのですが、



作業をしているうちにどんどんハマって、青ネギを植えた後も「植えたい熱病」が収まらず、

花キャベツを植え、その周りに春菊を植えました。


f0359879_00461914.jpg



このブログを読んで下さる方はポタジェガーデンをご存知の方が多いかと思いますが、

そうでない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、



ポタジェとは、収穫優先で畝を立て同じ品種を一列に植え付けるイギリス式菜園に対して、

デザインや配色を考えながら花と混同で野菜を植え、実用と装飾を兼ね備えているフランス式菜園のことを言い、



フランス語でポタジェ(potager)、またはジャルダン・ポタジェ(jardin potager)と呼ばれます。

(フランス語でポタジェは”とろみのあるスープ”、ジャルダンは”庭”を意味します。)


f0359879_00472537.jpg


自給自足の生活を送っていたフランス中世紀の修道院で、

スープにする野菜を院内の庭で栽培したのが始まりとされ、(一説には5~6世紀のイタリア)

ベルサイユ宮殿の庭作りにも取り入れられています。


f0359879_03011632.jpg

(ベルサイユ宮殿のポタジェ:画像はandrelenotre.comさんからお借りしました。)




さて、ベルサイユに比べると「猫の額」と言うより「雀の額」ぐらいの、

小さなコテージに話を戻すと…



裏庭の中心にあったブルー/ローズガーデンが

(宿根草の)花が終われば、全く美しくない「へっぽこガーデン」だったので、



何とかしたいと思っていたちょうどその頃、たまたま読んだガーデニング本、

”Edible Landscaping(食べられる植物で庭作り)”に夢中になり、

「いっそのこと、ここをポタジェガーデンに替えてしまおう。」と思ったのが事の始まりです。


f0359879_03163013.jpg
Edible Landscaping by Rosalind Creasy




とは言え、維持管理がものすごく大変なそうなポタジェ、

デザインのセンスも無ければ、庭を綺麗な野菜でキープしておくガッツも無いミモザが、

ポタジェガーデンなんて…とおっかなびっくりで始めた実験的庭づくりです。



f0359879_07062787.jpg


旧ブルーガーデンの左側部分だけ(コンクリートブロックから左)、ちょこっとポタジェを作ったら、

それがきっと私の能力の限界だろうな~と思っていたのに、



ポタジェに対する愛着と欲は日に日に増すばかり♡

「ちょいとお姉サン…あんさん、まだまだ行けまっせ~。」と言う声がどこからか聞こえたので(〃▽〃)



f0359879_11031697.jpg


花壇のまま残そうと思っていた三角形のこの部分も、

結局コンクリートブロックを取り払い、バラを別の場所に移して、

左側のポタジェガーデンと繋げました。



まだ残っている他の花も、来年、咲き終わったら全部別の場所に移して、

ここもポタジェにしたいと思っています。



f0359879_09083869.jpg

その土台として、土止めにラムズイヤーを植え、


f0359879_09093535.jpg


散歩道の流れに沿った所はアジュガとラムズイヤー、

既に出来ているポタジェガーデンと同じにしました。

アクセントのテラコッタはポタジェの4角に置き、中はパンジーの寄せ植えです。


f0359879_09153306.jpg


本当はパンジーを一鉢5個くらい一緒に植えたかったのですが、

パンジーの値段が高かったので、1個だけにして(´;ω;`)… その時の記事は→悲しい買い物

代わりに、間引きで要らなくなったルッコラを一緒に植えました。


f0359879_00444374.jpg


パンジーが多ければ華やかでもっと素敵だと思いますが、

今は身の丈に合った寄せ植えで十分幸せ178.png

パンジーとルッコラの成長が楽しみです。


f0359879_09305179.jpg
f0359879_09452831.jpg
f0359879_09312766.jpg


さて、取り合えずポタジェの冬の作業はこれで終わって、

春を待つことにしますね(^_-)-☆。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-26 05:13 | ポタジェ | Comments(4)

ウサギに追われて金網柵作り★




以前はウサギが我が家の作物を荒らすと、

夫が、「コラ~!バカもの~!」と日本語で言いながら、

顔を真っ赤にしてウサギを追いかけたので、



ミモザはそれを見て、初めて、童謡「故郷(ふるさと)」の歌詞の意味が分かった気がして、

「ウサギ追いし、かのやま~♪」と歌ったものですが、



今や彼の足ではウサギに追い付けないので、

夫はいつの間にか追いかけるのをやめてしまいました。



場所を変え、品を変え(ウサギが食べないような植物の種類を求めて)、

花や野菜を植えても、どこまでもどこまでも追いかけて来るウサギ達、

今や、私達の方がウサギに追われる身になったのです。



ウサギの手はついにポタジェガーデンにまで及んで、

青ネギを植えた日の翌朝、半分が食いちぎられ、次の日は残りの半分…

ネギの長さは日に日に短くなりました( ノД`)


f0359879_23444614.jpg

f0359879_23445791.jpg


この辺りに出没するウサギは1羽や2羽ではないのです。

多い時は4~5羽が徒党を組んで道路を走り回り、そのままドドドーっとうちの庭になだれ込んで来ます。



「ウサギ多し、この庭~♪ (´;ω;`)ウゥゥ」

…ため息交じりにこんな歌を歌うようでは、

折角作ったポタジェガーデンにも未来はありません。


f0359879_03083298.jpg



麻紐で作った柵は無残に食いちぎられるようになったので、

今度は金網でしっかりしたフェンスを作ろうと思います。


f0359879_22525536.jpg

(北側の板塀:何と言うこともないんですが、柵を作る手を休めて空や木に見入りました)


北側と西側2/3ほどは板塀でしっかり囲ってあるので、

必要なのは西側1/3と南側半分ほど、合計で30m程です。


f0359879_23101070.jpg

(裏庭西:月桂樹の根本付近)


西側1/3と南側にも木のフェンスがあるのですが、こういう隙間からウサギが入ってきます。



しかし、ウサギから作物を守るために仕方がないと思っても、

家の周囲に金網を張るのはビジュアル的に抵抗があります。



周辺の美観を損なわないように、できるだけ目立たない物がいい!

…道具小屋を探したら、ちょうど良いものがありました☆彡

f0359879_23292794.jpg



長さは足りなかったので、あとで買い足しましたが、

これを針金でフェンスに括り付ければ、あまり目立たないし、

何とかウサギの侵入を防げそうです✨


f0359879_03080866.jpg

(裏庭西)

f0359879_03082165.jpg

(裏庭南)

f0359879_03084269.jpg

(南側のフェンスを道路側から見た所)


裏庭のフェンスに金網を取り付けてから、ウサギの侵入がピタッと止みました。

バンザイ104.png バンザイ104.png バンザーイ!\(^o^)/



ところで、ミモザが勝手に替え歌にしてしまった童謡故郷(ふるさと)、

本当はとても美しい日本語で書かれています。



もしかしたら、この歌をご存じない世代の方が記事を読んで下さってるかもしれないので、

元の歌詞を書いておきますね。



故郷(ふるさと)高野辰之作詞・岡野貞一作曲

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて、
忘れがたき 故郷(ふるさと)

如何(いか)に在(い)ます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷

志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-23 03:56 | 裏庭全体

少しだけポタジェっぽくなってきたポタジェガーデン☆



ポタジェに取り組んで7日目、



ポタジェ予定地にコンポストを入れて隅々まで耕すと、

固くてガチガチだった土がサラサラふわふわになって、目に優しい178.png


そして、右側の旧ブルーガーデンとの境に、レンガ型コンクリートブロッグを置いてみました。



f0359879_02111158.jpg
f0359879_02113849.jpg


う~ん、なんだか微妙('◇')ゞ



ブロックを止めて、ツゲの木を植える方がいいかな? その方が自然で美しいと思いますが、

うちにあるツゲは挿し木したばかりで、小さ過ぎる。

ブロックは後で簡単に動かせるから、取り合えずこのままにして次に進みます。



ポタジェガーデン上側60㎝ほどは、その上の散歩道の雰囲気を残したいので、

散歩道の流れに合わせて、アジュガとラムズイヤーを移植し、


f0359879_03495640.jpg
f0359879_01250122.jpg

(アジュガ)



球根も(今年植える予定だった球根のうち、最後に残っていた25個)植えました。


f0359879_04442340.jpg
(球根を植えた場所2か所)



f0359879_03043325.jpg

(球根はこんな花が咲きます。:Camassia(Blue Melody) 和名は分かりません。)





下側20センチほどは、土止めのためにラムズイヤーを並べて植えました。

f0359879_03494488.jpg



そしてポタジェの中央に、ブルーヘロン像を立てます。

ブルーヘロンは夫が大好きな鳥で、北アメリカの水辺に生息しています。



ヘロン君、ポタジェが上手く行くように見守ってね!


f0359879_06090856.jpg
ブルーヘロン(青鷺):Borrowed from "1d Great Blue Heron[1],Bing Images"
(この画像はお借りしました。)




8日目…野菜を植えるのは、春まで待とうと思っていたのですが、

ここまで来ると、もう嬉しくてウズウズして、春まで待ち切れなくて

キッチンガーデンからネギを抜いて来て、植えちゃいました。



f0359879_01241341.jpg
(写真は植えた日の翌日:朝見たら、ネギがウサギに食べられて長さが半分程に… ノД`)




f0359879_04263311.jpg



中央を交差する線にネギを選んだのは、年中青々して見栄えが良いことと、

もしネギを食べても、根っこを残しておけば、すぐに新しいのが生えて来るからです。



なんか、ほんの少しだけポタジェっぽくなって来たかな~?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-20 04:38 | ポタジェ

玄関の寄せ植えと大失敗だった買い物★




f0359879_02070773.jpg



コテージの玄関にゴールドクレストの鉢を置いたのは何時だったのか?

もう忘れてしまうほど、昔(10年くらい前?)のことでした。

それからずっと ”我が家の象徴”として、訪問客を迎えてくれたゴールドクレスト…そろそろ限界です。


f0359879_02113178.jpg



小さい鉢が窮屈過ぎて、木に勢いが無くなって来たので、

地植えにして、庭の中で余生を過ごさせようと思います。


f0359879_02125943.jpg

f0359879_03170072.jpg


何だか弱々しい…もっと早く植え替えればよかった、ごめんね🙇。




さてと…前日買って来た2つのゴールドクレストを 植えるとしますか!

パンジーとダスティミラーも一緒です(^^♪



あれ?あれ?…ゴールドクレスト、

並べてみれば、2つの大きさが全然違います。

Σ(゚д゚lll)ガーン


f0359879_02162249.jpg



そう言えば、この苗を買う時、

細長いコンテナに、横並び一列に置いてあったので、

一番端の鉢(小さい方)の値段だけを見て、すぐ横にあった鉢(大きい方)は、

何も見ないでカートに入れてしまいました。(よく見ると、大きい方の鉢は7ドル高い´;ω;`)



堅実主婦を目指しているミモザ、実はおマヌケの見本です(-_-;)。

明らかに大きさが違う鉢を2つ買ってしまって…

誰かさんに「違うだろー!」と怒られそうです( ノД`)



この二つ、樹齢で言うと、少なくとも1年の開きがありそうに見えます。

ペアの ”象徴ツリー” の大きさがこんなに違ったら、ヘンだな…(〃▽〃)

どうしよう?



わざわざ取り換えに行くのも面倒だし~… ま、いっか💦

今は大きさが違うけど、

何年か経てば、ほとんど見分けがつかなくなるしね(^_-)-☆



人間でいえば、生後1か月の赤ちゃんと1歳1か月の赤ちゃんは簡単に見分けがつくけど、

60歳のジジババと61歳のジジババは、全く見分けがつかない。(私のことです)

それと同じである。


f0359879_02342642.jpg



フフ☆ ゴールドクレストはちっさくて、

大きな鉢に埋もれていますが💦


f0359879_02070773.jpg

f0359879_04245585.jpg


今朝、玄関のドアを開けたら、パンジーがものすごく香ってて、

とっても幸せな気持ちでしたよ✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-19 04:31 | 前庭