タグ:庭 ( 107 ) タグの人気記事

できた!春を待つポタジェガーデン☆



11月上旬から少しずつ作り始めたポタジェ、

最初は私にポタジェガーデンなんて作れるかしら?と半信半疑で始めたのですが、



作業をしているうちにどんどんハマって、青ネギを植えた後も「植えたい熱病」が収まらず、

花キャベツを植え、その周りに春菊を植えました。


f0359879_00461914.jpg



このブログを読んで下さる方はポタジェガーデンをご存知の方が多いかと思いますが、

そうでない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、



ポタジェとは、収穫優先で畝を立て同じ品種を一列に植え付けるイギリス式菜園に対して、

デザインや配色を考えながら花と混同で野菜を植え、実用と装飾を兼ね備えているフランス式菜園のことを言い、



フランス語でポタジェ(potager)、またはジャルダン・ポタジェ(jardin potager)と呼ばれます。

(フランス語でポタジェは”とろみのあるスープ”、ジャルダンは”庭”を意味します。)


f0359879_00472537.jpg


自給自足の生活を送っていたフランス中世紀の修道院で、

スープにする野菜を院内の庭で栽培したのが始まりとされ、(一説には5~6世紀のイタリア)

ベルサイユ宮殿の庭作りにも取り入れられています。


f0359879_03011632.jpg

(ベルサイユ宮殿のポタジェ:画像はandrelenotre.comさんからお借りしました。)




さて、ベルサイユに比べると「猫の額」と言うより「雀の額」ぐらいの、

小さなコテージに話を戻すと…



裏庭の中心にあったブルー/ローズガーデンが

(宿根草の)花が終われば、全く美しくない「へっぽこガーデン」だったので、



何とかしたいと思っていたちょうどその頃、たまたま読んだガーデニング本、

”Edible Landscaping(食べられる植物で庭作り)”に夢中になり、

「いっそのこと、ここをポタジェガーデンに替えてしまおう。」と思ったのが事の始まりです。


f0359879_03163013.jpg
Edible Landscaping by Rosalind Creasy




とは言え、維持管理がものすごく大変なそうなポタジェ、

デザインのセンスも無ければ、庭を綺麗な野菜でキープしておくガッツも無いミモザが、

ポタジェガーデンなんて…とおっかなびっくりで始めた実験的庭づくりです。



f0359879_07062787.jpg


旧ブルーガーデンの左側部分だけ(コンクリートブロックから左)、ちょこっとポタジェを作ったら、

それがきっと私の能力の限界だろうな~と思っていたのに、



ポタジェに対する愛着と欲は日に日に増すばかり♡

「ちょいとお姉サン…あんさん、まだまだ行けまっせ~。」と言う声がどこからか聞こえたので(〃▽〃)



f0359879_11031697.jpg


花壇のまま残そうと思っていた三角形のこの部分も、

結局コンクリートブロックを取り払い、バラを別の場所に移して、

左側のポタジェガーデンと繋げました。



まだ残っている他の花も、来年、咲き終わったら全部別の場所に移して、

ここもポタジェにしたいと思っています。



f0359879_09083869.jpg

その土台として、土止めにラムズイヤーを植え、


f0359879_09093535.jpg


散歩道の流れに沿った所はアジュガとラムズイヤー、

既に出来ているポタジェガーデンと同じにしました。

アクセントのテラコッタはポタジェの4角に置き、中はパンジーの寄せ植えです。


f0359879_09153306.jpg


本当はパンジーを一鉢5個くらい一緒に植えたかったのですが、

パンジーの値段が高かったので、1個だけにして(´;ω;`)… その時の記事は→悲しい買い物

代わりに、間引きで要らなくなったルッコラを一緒に植えました。


f0359879_00444374.jpg


パンジーが多ければ華やかでもっと素敵だと思いますが、

今は身の丈に合った寄せ植えで十分幸せ178.png

パンジーとルッコラの成長が楽しみです。


f0359879_09305179.jpg
f0359879_09452831.jpg
f0359879_09312766.jpg


さて、取り合えずポタジェの冬の作業はこれで終わって、

春を待つことにしますね(^_-)-☆。



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-26 05:13 | ポタジェ | Comments(4)

ウサギに追われて金網柵作り★




以前はウサギが我が家の作物を荒らすと、

夫が、「コラ~!バカもの~!」と日本語で言いながら、

顔を真っ赤にしてウサギを追いかけたので、



ミモザはそれを見て、初めて、童謡「故郷(ふるさと)」の歌詞の意味が分かった気がして、

「ウサギ追いし、かのやま~♪」と歌ったものですが、



今や彼の足ではウサギに追い付けないので、

夫はいつの間にか追いかけるのをやめてしまいました。



場所を変え、品を変え(ウサギが食べないような植物の種類を求めて)、

花や野菜を植えても、どこまでもどこまでも追いかけて来るウサギ達、

今や、私達の方がウサギに追われる身になったのです。



ウサギの手はついにポタジェガーデンにまで及んで、

青ネギを植えた日の翌朝、半分が食いちぎられ、次の日は残りの半分…

ネギの長さは日に日に短くなりました( ノД`)


f0359879_23444614.jpg

f0359879_23445791.jpg


この辺りに出没するウサギは1羽や2羽ではないのです。

多い時は4~5羽が徒党を組んで道路を走り回り、そのままドドドーっとうちの庭になだれ込んで来ます。



「ウサギ多し、この庭~♪ (´;ω;`)ウゥゥ」

…ため息交じりにこんな歌を歌うようでは、

折角作ったポタジェガーデンにも未来はありません。


f0359879_03083298.jpg



麻紐で作った柵は無残に食いちぎられるようになったので、

今度は金網でしっかりしたフェンスを作ろうと思います。


f0359879_22525536.jpg

(北側の板塀:何と言うこともないんですが、柵を作る手を休めて空や木に見入りました)


北側と西側2/3ほどは板塀でしっかり囲ってあるので、

必要なのは西側1/3と南側半分ほど、合計で30m程です。


f0359879_23101070.jpg

(裏庭西:月桂樹の根本付近)


西側1/3と南側にも木のフェンスがあるのですが、こういう隙間からウサギが入ってきます。



しかし、ウサギから作物を守るために仕方がないと思っても、

家の周囲に金網を張るのはビジュアル的に抵抗があります。



周辺の美観を損なわないように、できるだけ目立たない物がいい!

…道具小屋を探したら、ちょうど良いものがありました☆彡

f0359879_23292794.jpg



長さは足りなかったので、あとで買い足しましたが、

これを針金でフェンスに括り付ければ、あまり目立たないし、

何とかウサギの侵入を防げそうです✨


f0359879_03080866.jpg

(裏庭西)

f0359879_03082165.jpg

(裏庭南)

f0359879_03084269.jpg

(南側のフェンスを道路側から見た所)


裏庭のフェンスに金網を取り付けてから、ウサギの侵入がピタッと止みました。

バンザイ104.png バンザイ104.png バンザーイ!\(^o^)/



ところで、ミモザが勝手に替え歌にしてしまった童謡故郷(ふるさと)、

本当はとても美しい日本語で書かれています。



もしかしたら、この歌をご存じない世代の方が記事を読んで下さってるかもしれないので、

元の歌詞を書いておきますね。



故郷(ふるさと)高野辰之作詞・岡野貞一作曲

兎(うさぎ)追いし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて、
忘れがたき 故郷(ふるさと)

如何(いか)に在(い)ます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思い出(い)ずる 故郷

志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-23 03:56 | 裏庭全体

少しだけポタジェっぽくなってきたポタジェガーデン☆



ポタジェに取り組んで7日目、



ポタジェ予定地にコンポストを入れて隅々まで耕すと、

固くてガチガチだった土がサラサラふわふわになって、目に優しい178.png


そして、右側の旧ブルーガーデンとの境に、レンガ型コンクリートブロッグを置いてみました。



f0359879_02111158.jpg
f0359879_02113849.jpg


う~ん、なんだか微妙('◇')ゞ



ブロックを止めて、ツゲの木を植える方がいいかな? その方が自然で美しいと思いますが、

うちにあるツゲは挿し木したばかりで、小さ過ぎる。

ブロックは後で簡単に動かせるから、取り合えずこのままにして次に進みます。



ポタジェガーデン上側60㎝ほどは、その上の散歩道の雰囲気を残したいので、

散歩道の流れに合わせて、アジュガとラムズイヤーを移植し、


f0359879_03495640.jpg
f0359879_01250122.jpg

(アジュガ)



球根も(今年植える予定だった球根のうち、最後に残っていた25個)植えました。


f0359879_04442340.jpg
(球根を植えた場所2か所)



f0359879_03043325.jpg

(球根はこんな花が咲きます。:Camassia(Blue Melody) 和名は分かりません。)





下側20センチほどは、土止めのためにラムズイヤーを並べて植えました。

f0359879_03494488.jpg



そしてポタジェの中央に、ブルーヘロン像を立てます。

ブルーヘロンは夫が大好きな鳥で、北アメリカの水辺に生息しています。



ヘロン君、ポタジェが上手く行くように見守ってね!


f0359879_06090856.jpg
ブルーヘロン(青鷺):Borrowed from "1d Great Blue Heron[1],Bing Images"
(この画像はお借りしました。)




8日目…野菜を植えるのは、春まで待とうと思っていたのですが、

ここまで来ると、もう嬉しくてウズウズして、春まで待ち切れなくて

キッチンガーデンからネギを抜いて来て、植えちゃいました。



f0359879_01241341.jpg
(写真は植えた日の翌日:朝見たら、ネギがウサギに食べられて長さが半分程に… ノД`)




f0359879_04263311.jpg



中央を交差する線にネギを選んだのは、年中青々して見栄えが良いことと、

もしネギを食べても、根っこを残しておけば、すぐに新しいのが生えて来るからです。



なんか、ほんの少しだけポタジェっぽくなって来たかな~?




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-20 04:38 | ポタジェ

玄関の寄せ植えと大失敗だった買い物★




f0359879_02070773.jpg



コテージの玄関にゴールドクレストの鉢を置いたのは何時だったのか?

もう忘れてしまうほど、昔(10年くらい前?)のことでした。

それからずっと ”我が家の象徴”として、訪問客を迎えてくれたゴールドクレスト…そろそろ限界です。


f0359879_02113178.jpg



小さい鉢が窮屈過ぎて、木に勢いが無くなって来たので、

地植えにして、庭の中で余生を過ごさせようと思います。


f0359879_02125943.jpg

f0359879_03170072.jpg


何だか弱々しい…もっと早く植え替えればよかった、ごめんね🙇。




さてと…前日買って来た2つのゴールドクレストを 植えるとしますか!

パンジーとダスティミラーも一緒です(^^♪



あれ?あれ?…ゴールドクレスト、

並べてみれば、2つの大きさが全然違います。

Σ(゚д゚lll)ガーン


f0359879_02162249.jpg



そう言えば、この苗を買う時、

細長いコンテナに、横並び一列に置いてあったので、

一番端の鉢(小さい方)の値段だけを見て、すぐ横にあった鉢(大きい方)は、

何も見ないでカートに入れてしまいました。(よく見ると、大きい方の鉢は7ドル高い´;ω;`)



堅実主婦を目指しているミモザ、実はおマヌケの見本です(-_-;)。

明らかに大きさが違う鉢を2つ買ってしまって…

誰かさんに「違うだろー!」と怒られそうです( ノД`)



この二つ、樹齢で言うと、少なくとも1年の開きがありそうに見えます。

ペアの ”象徴ツリー” の大きさがこんなに違ったら、ヘンだな…(〃▽〃)

どうしよう?



わざわざ取り換えに行くのも面倒だし~… ま、いっか💦

今は大きさが違うけど、

何年か経てば、ほとんど見分けがつかなくなるしね(^_-)-☆



人間でいえば、生後1か月の赤ちゃんと1歳1か月の赤ちゃんは簡単に見分けがつくけど、

60歳のジジババと61歳のジジババは、全く見分けがつかない。(私のことです)

それと同じである。


f0359879_02342642.jpg



フフ☆ ゴールドクレストはちっさくて、

大きな鉢に埋もれていますが💦


f0359879_02070773.jpg

f0359879_04245585.jpg


今朝、玄関のドアを開けたら、パンジーがものすごく香ってて、

とっても幸せな気持ちでしたよ✨



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-19 04:31 | 前庭

裏庭大改造の進み具合と球根の植え付け




町に不意打ちのような初雪が降った後、少し天候が落ち着きました。

庭が冬の眠りにつく前に、あと少し時間がありそうなので、

毎日せっせと庭に出ています。



やっておきたい仕事は山積み、

癇癪持ちの冬将軍がやってくる前に、手早く、抜かりなくやらなくっちゃ…

「鬼の居ぬ間の洗濯」のような気分?



球根はチューリップ、新たに買ったアイリス等、合計約140個を植えました。

まだ植えてないのが25個あって、只今場所を選択中。


f0359879_00125582.jpg

(色が薄い方のテラコッタには、オフホワイトにグリーンの縦縞のチューリップ「Green Sprit」を
濃い色の植木鉢は「ピンクダイヤモンド」を植えました。)



f0359879_03040415.jpg

(Green Sprit)


f0359879_00131227.jpg

(和風ガーデン前には60個余りのアイリスと
和名がわからない百合の仲間Chiondoxa forbesii を7個植えました。)


f0359879_03044291.jpg

(Chiondoxa forbesii )



ポタジェ(フランス式キッチンガーデン)は予定地の植物を移動させてるところですが、

あともう少しで作業が終わりそうです。

裏庭大改造のメインは、庭の中心にあるへっぽこブルーガーデンを

ポタジェに替えることなのですが…


f0359879_00355369.jpg

(へっぽこブルーガーデン…( ノД`))



f0359879_00360605.jpg

(作業3日目:全面をポタジェにすると管理が難しいので、取り合えずブルー枠の中だけ、
写真では横長の長方形に見えますが、奥行きがあるので結構正方形に近いです。)



正直言うと、「私にそんなことできるのかな?」と、まだ半信半疑です。



おどおどミモザは時々、目標を前にへなへなとへたり込んでしまいます。

出来ないと思ったら何もできない、とにかくやってみないと!

…自分にはっぱをかけながら、おどおどやってます。



ブルーガーデンの植物、一番気になっているのはバラ🌹の移植

バラの植え替えは、バラが眠りにつく10月が一番良いと聞いたので…急がないと💦

f0359879_00442870.jpg

(バラの植え替え予定地:ベンチ前通路の両端はバラを植えて、歩く所はレンガ敷きにしたい。)



一昨日、やっと4本のバラを移植完了、

昨日はロシアンセージ、美女撫子、リアトリス1本を移植、

生育が良くなかったバラ(バレリーナ)と 病気が見つかったリアトリスは抜きました。

f0359879_03574363.jpg

(美女撫子・グリーンボール)




この際、何もかも取っておこうとしないで、自分が好きな物、

庭にあったらいいなと思う物だけを選んで、(こんまりさんの言う”ときめき”(^_-)-☆)

あとは断捨離しようと思っています。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。
外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-10 04:05 | ポタジェ

家の中で冬越しする植物と心が痛んだ胡蝶蘭



私達が住む町の緯度は、ずっと北海道と同じくらいと思っていましたが

実際はさらに北、南樺太と同じだそうです。

それだけ聞けば、凍てつくような寒さを想像されるかもしれませんが、

ワシントン州の近海を流れている暖流のおかげで、冬の寒さはさほど厳しくありません。




夏は爽やかで、冬はほどほどの寒さと言ったらいいでしょうか?

ガーデナーにとって、夏は天国、冬の間は庭が使えないので庭仕事はお休みです。




先日は冬越しさせたい植物を家の中に持ち込みました。

とは言え、温室やサンルームがあるわけではないので、

植木鉢に植えておいた植物3鉢だけを 南向きのダイニングルームへ運びます。

f0359879_02524597.jpg


お吸い物や茶わん蒸しにあると嬉しい三つ葉、


日本食品店で買った三つ葉を料理に使った後、根っこを植えておいたら、

1本だけ根付いて花が咲き、その種がこぼれてたくさん増えました。

1年中好きなだけ使えるので、重宝しています。


f0359879_02530284.jpg




三つ葉の白い花も繊細で好きです。



f0359879_02551012.jpg




夏の間はホワイトガーデンの中に置いてる白のヘリオトロープ、

夏、ベンチに座っていると、良い香りが漂ってきます。


f0359879_02562844.jpg




雪を被ったせいか、花は枯れましたが、白いゼラニウムです。

毎年20~30本ほど庭に必要なので、

冬越しさせた1鉢のゼラニウムを春に挿し木して、必要な分だけ増やしています。



f0359879_02582441.jpg



これは年中この場所にいる胡蝶蘭です。今は花が落ちてますが、黄色の花が咲きます。


f0359879_01524811.jpg

(花が咲くとこんな感じ:2016年7月撮影)



9月の旅行で3週間家を留守にした時、夫の長男のお嫁さん(百合ちゃん)に預かってもらいました。

夫の長男と私は血が繋がってないので、百合ちゃんは言わば「義理のお嫁さん」、

彼女と私は「嫁姑」というよりは、年の離れた姉妹か、友人同士のような間柄です。




胡蝶蘭を預けた時は花が咲いていたのですが、4~5か月間も咲き続けた後なので、

「もうそろそろ花が終わる頃かもしれない、百合ちゃんにそれを言わなきゃ。」と思いましたが、

つい言うのを忘れて、旅行に出発してしまいました(-"-;A ...、



旅行から帰り、長男の家に預けた鉢を受け取りに行った夫、

花が落ちて葉だけになった胡蝶蘭と白い花が咲いている胡蝶蘭、

家に二つの鉢を持ち帰って来たのです!( ゚Д゚)



能天気な私が、「あらまあ、綺麗ね~!でもその白い胡蝶蘭、どうしたの?」と聞くと、



なんと、律儀で責任感の強い百合ちゃんは、胡蝶蘭の花が落ちたのを

自分の世話の仕方が悪くて、枯らしてしまったものと思い込み、

新しいのを買ってくれたのだそうです。



f0359879_03015069.jpg


超多忙な長男を支えながら、自分も外で仕事をしている百合ちゃんに、

花の世話をしてもらっただけでも申し訳ないのに、

新しい花を買わせたなんて、申し訳なくて申し訳なくて…心が痛みました。



夫は、「君たち日本人は、何でも自分の責任だと思い過ぎるよ。」と言います。

そうなのかな~?…でも、これ以上自分を責めないで、

百合ちゃんの気持ちを有難く受け取り、美しい爛を思いっきり楽しませて頂くことにします✨



f0359879_03115186.jpg



最後に、これは夏の間だけ外に出すクリスマスカクタス、



数年前に亡くなった友人のお母さま、マーガレットさんが育てていたものを分けて頂きました。

体の自由が利かなくなっても、最期までユーモアを失わなかったマーガレットさん、

ミモザは大好きでした💚



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-09 04:17

裏庭の大改造始めました★



秋野菜を植え終えたので、裏庭の大改造に取り組み始めました。

ヨーロッパ旅行から帰ってもう1か月以上になるというのに、

今まで庭仕事が捗らなかったのは、指の故障があったからです。



ブログには書いてませんでしたが、旅行に出発する2か月ほど前から、

冷たい水に触れると、右手の人差し指にピリピリッと鋭い痛みが走るようになり、

色々調べてみたら、指を酷使した結果だとわかりました。



50代以上の女性に多いそうで…

認めたくありませんが(^^;)、要するに「老化」ということですね。



旅行中は家事や庭仕事等、仕事らしきものは一切しなかったのに痛みが消えず、

アメリカに戻ってからも、冷たい水に触れるのが怖いほど痛みが残っていたので、



力のいる庭仕事や家事は夫に頼み、草取り鎌やパソコンのマウスも左手に持ち替えて、

右手の負担を減らす生活を続けていると、

2週間程前に痛みが消えたので、それ以後少しずつ庭仕事を始めました。



説明が長くなりましたが、そういう訳で必要に迫られていない庭仕事は全部後回し、

庭の手入れが行き届かなくて、裏庭改造計画の予定は大幅に遅れてしまいました。


f0359879_01415955.jpg

(裏庭道具小屋前:この辺りを大幅に変えていく予定です。)




さて、裏庭大改造の柱…庭の中央にあるブルーガーデンをポタジェ(フランス式キッチンガーデン)に替えるために、

現在ブルーガーデンにある植物を何処かに移さないといけないので、

5日前からツルハシを手に、和風ガーデン前の芝生を剥がして植栽スペースを作っています。



とは言え、場所柄、何でもかんでも植えていい訳でもなく、

「和風ガーデンと調和するもの」ということで…アイリスだけを移すことにしました。


f0359879_01031883.jpg

f0359879_01033202.jpg
(青い線の内側がアイリスの植栽スペース予定)



ツルハシで芝生を剥がしてから、固い地面を耕していくのですが、

直径5㎝以下の小さい石は無数にあって、

5㎝以上の大きい石も5㎝~10㎝間隔ごとに出て来るから、



ツルハシを振り下ろすたびに大きな石にガツンとぶつかって、その音が大きいし、

ぶつかった時の反動が手に跳ね返って来るのが気持ち悪くて、なかなか前に進まない。


f0359879_01432868.jpg
1日目

f0359879_01293759.jpg


フウ…2日かかってやっとこれだけ(~_~;)、

時々、「将来年老いた時のために、芝生のままの方がいいのではないか?」

という変な迷いもやって来ます。



でもその時はその時…

20年後30年後の心配をするより、今を楽しみ、やりたいことをやらなければ!



3日目は写真を撮り忘れたのですが、

耕して耕して…

f0359879_01411240.jpg



芝生を剥がしただけの1日目(3つ上の写真↑)と比べて、掘り出した石が増えているのがわかるでしょうか?


f0359879_01405267.jpg


やっと4日目に、

ブルーガーデンにあった3株のアイリスのうち、2株を移しました。

f0359879_01505849.jpg


先日注文したダッチアイリスの球根が届いたので、それも植えないといけないし、

ここが少しずつ、「アイリスガーデン」になっていくのが楽しみ✨

f0359879_03042260.jpg



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2017-11-01 02:20 | 裏庭全体

玉葱とゴールデンビーツの植え付けをしました☆




f0359879_03300827.jpg
(前庭に植えたゴールデンビーツ)



玉葱の苗を植えました。

今度こそ、ちゃんとした玉葱を育てようと、

2週間がかりで準備した178.pngキッチンガーデン178.pngです。



春に植えた玉ねぎは小さくて、皮を剥くのがホント面倒くさかった…(;´д`)


f0359879_01193759.jpg

(玉ねぎを植えたキッチンガーデン:右横は青ネギ)




ホームセンターをあちこち探しても、玉葱の苗はこれだけしか売ってなくて(50本位?)、

細過ぎる苗もあるので、ちゃんと育つか心配なのですが、

取り合えず全部植えてみました。



来年は種から挑戦してみようか?と一瞬思いましたが、

ハードルが高そうとか、毎年恒例の秋の旅行はどうなる?とか考えると…難しいな~(;´・ω・)



玉葱苗を買ったホームセンターで、

6ポットセットになったゴールデンビーツ(黄カブ)の苗も売っていたので、それも買って、

(ウサギに食べられて歯抜け状態になった)大根の畝に一緒に植えました。


f0359879_01282355.jpg
f0359879_01281493.jpg



大根の中に黄カブが混じった畝なんて、変と言えば変なのですが…

もう何でもありでいいから、育ててみたい。


f0359879_01304003.jpg


大根の隣の春菊はすくすく育っています。春菊達、可愛いな~💙




黄カブの苗は沢山余ったので、前庭にも植えました。

ここは去年チューリップを植えたけど、モグラにやられて全滅した場所です。



今朝見たら、ウサギに襲われていたので、大急ぎで柵を作りました。

動物たちが地上からも地下からも襲って来るなんて…(´;ω;`)



f0359879_03295918.jpg


フランス片田舎のキッチンガーデンの写真でヒントを得て、

棒切れと麻ひもで作ったちゃちな柵ですが、

ウサギは臆病なので、これで結構効き目があるんですよ✨




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-10-28 03:41 | キッチンガーデン、果樹

猛烈な後悔と仕切り直しの挿し木




f0359879_02421457.jpg

(キッチンガーデンとコンポストスペースを仕切っているツゲ)




ガーデニングをしていると、失敗も多い…少なくとも私の場合は💦



以前西洋ツゲの挿し木の記事を書きましたが(記事はこちら→「美しいキッチンガーデンを目指して」)、

その結果報告がまだなので、

ここで正直に、「大失敗の巻」を打ち明けることにします。151.png




結論から言いますと…挿し木した枝のうち20個くらいがちゃんと根付いたのに、全部捨てたのです。




プラスチックのゴミを出したくないという大看板を掲げて、挿し木を試み、

折角根付いたというのに…それを全部捨てるとは…矛盾ですよね!?




実は…根付いた小さなツゲが、半年以上経ってもさほど大きくならなかったので、

「これが理想的な大きさになるまでに、一体何年かかるのだろう?」と、

ツゲの挿し木のことが書いてあった本”A Guide to Green Housekeeping”を読み返してみました。

f0359879_03112452.jpg


f0359879_02464901.jpg

P.114 "A Guide to Green Housekeeping" by Christina Strutt



成長した西洋ツゲの木でぐるりと囲われた、可愛いキッチンガーデン、

これらのツゲは全部挿し木で増やされたそうですが、なんと25年も前のことだそうです!




Σ(゚д゚lll)ガーン! 挿し木が理想的な大きさに成長するのは25年後!?

いい年をした私には気が遠くなるような数字です。




はあ?25年後(@_@)…その頃ミモザはなんと80代!(詳しくは言いません^^;)

「そんな年まで生きているかどうかもわからないのに、25年も待ちたくないわ!」と、

折角根付いた挿し木を全部捨て、代わりに程よい大きさのツゲを12個買って来て植えました。

f0359879_02403135.jpg


今年春:薔薇とキッチンガーデンの仕切りに植えたツゲ



その時はそれで大満足だったのですが、

最近になって、ポタジェの計画やそのほかキッチンガーデンの仕切りなど、

ツゲがもっと必要になってきて、





「あの時の挿し木を捨てなかったらよかったのに…」と

猛烈な後悔に襲われました。。(´;ω;`)ウッ

とは言え、捨てたものは戻ってこないし…どうしたらいいだろう?



f0359879_01535704.jpg

(挿し木用にカットした枝)


最初は、ホームセンターで必要な分だけまた買って来ようかと思いましたが、

近頃、ごみ削減にもっと真面目に取り組みたいと考えているので、

ポット入りのツゲを新たに買わず、再度挿し木することにしました。




「仕切り直し」の挿し木…失敗の可能性も考えて、今回は50本。


f0359879_01540710.jpg

カットした枝は丸1日くらい水に浸して、十分水を吸わせます。

f0359879_01541885.jpg

f0359879_01542882.jpg


枝を切り落とす時は、切り口の面積がなるべく広くなるように斜めにスパッと切ります。

そして上部3~4枚だけ残し、あとの葉はハサミで切り落とすか、

茎を傷つけないように、葉の根本を片手で押さえながら手で丁寧に取ります。


f0359879_05133225.jpg


オーガニックの発根活性剤をつけて、ポットに挿していきますが、

この時も先に割りばしなどで穴を開けておいて、根が生えてくる場所を傷つけないようにします。


f0359879_05055075.jpg


何年経ってもいいし、未完成でもいいから…

次の時代を担う子供達のために、

なるべく地球を汚さない庭造りをしたいと思います。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-10-21 05:34 | オーガニックな生活

キッチンガーデンの手入れと旅行中に見た夢



春に植えた玉ねぎがイマイチだったので、

この秋、2度目のチャレンジ!(^O^)/

胡瓜を抜いた後の土を耕して、コンポストを漉き込みました。

f0359879_03071069.jpg

(右横は青ネギです。)



1週間ほど経って土が熟成したら、苗を植えようと思っています。

冷涼な気候のこの辺は、10月の下旬から11月中旬までに植えると良いそうです。





大根、白菜、春菊を植えた所は草取りをしました。


f0359879_03134691.jpg



左側の点蒔きにした大根は、ところどころウサギに食べられて消えました。

まばらになった畝が悲しい(:_;)



3粒ずつ点蒔きにした種の芽が全部出て、苗が3本になっている所もあったので、

空いてる場所に無理やり植え替えてみましたが、

大根は基本的に植え替え出来ないらしいので、どうなることやら?


f0359879_03142033.jpg




白菜は植え替えが出来るので、3本固まって生えていたのを空いた場所に植え替えて、

予定した数に近い株が育っています。



私が見たサイトでは、筋蒔きより点蒔きの方を勧めていたのですが、

何事も臨機応変が肝心!

我が家はウサギの被害が酷いので、来年は筋蒔きにしようと思っています。



f0359879_03145553.jpg



筋蒔きにした春菊はすくすく育って、余分な苗を間引きしました。

冬の鍋が楽しみです。(^^♪




今まで言うのを忘れていましたが、ヨーロッパ旅行中に一度だけコテージの夢を見ました。

夢の中の見慣れた庭には、花や野菜が青々と育っていたのです。



旅行から家に帰って庭に出てみたら、夢で見た通り…

植物は全部元気で、枯れたのは1本もありませんでした。



うちの庭の面倒を見てくれていた「斜め向かいのアン」こと10歳のベイリーちゃんが

ものすごく頑張って仕事をしてくれたお陰です。

おうちの方のサポートもあったのですが、10歳の子供がこんなに責任を持って仕事をやれるとは…

正直言って、ビックリしました!

f0359879_05373745.jpg

(私達の旅行中、ベイリーちゃんのお母さんから送られてきた2枚目の写真)



アメリカに帰って、ベイリーちゃんにスイスのお土産+バイト料を渡しに行った時、

私が見た夢の話をして、

「ベイリー、あなたが頑張ってくれたおかげで、この庭は夢で見た通りだったわ。」と言ったら、

とても嬉しそうでした。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2017-10-19 06:02 | キッチンガーデン、果樹