タグ:料理 ( 25 ) タグの人気記事

夫の料理と菜園の白菜で作ったすき焼き


アメリカでは感謝祭から新年の間は ”ホリデイシーズン”と呼ばれて

忙しくなるのですが、夫は相変わらず料理に精を出しています。



庭仕事や卓球をしたい時、

「夕食は俺が作るから、君は好きなことをして。」と言われると、

夫がひときわ ✨眩しく✨ 見えます。


f0359879_02522696.jpg



☆ミネストローネスープ


イタリアンレストランに行けば、私がいつもミネストローネを注文するので、

自分が作って家でも食べさせたかったそうな…

いろいろ試行錯誤を重ね、5つ星レストラン級の美味しいスープを作ってくれました。



私が好きなのはスープが透明なタイプですが、北イタリアのスタイルだそうです。


f0359879_23204514.jpg

☆別の日のミネストローネスープとビーフ


f0359879_23210185.jpg


☆その次の日はミネストローネの残りとチキン


f0359879_23212810.jpg

ムール貝のエンジェルヘア



私が有り合わせの野菜で作ったすき焼きには、

キッチンガーデンから取って来たばかりの白菜を使いました。



虫に食べられて、網の目のようになっている葉っぱもありましたが、

すき焼きに入れてしまえば、見えなくなってしまう(#^^#)

(鍋に入れる前の写真を撮るのを忘れました。)



f0359879_23211666.jpg


白菜を育てたのは今年が初めてです!

シャキシャキして、お店で買うのよりも青いと言うか、元気な味…

新鮮だとこうも違うのかとビックリでした(*_*)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-30 04:13 | 夫の料理

夫の料理3食:お洒落な料理と大胆な料理



「男子厨房に多いに入るべし」の我が家、夫と私とでは全く違う料理を作ります。




ミモザも過去にはイタリアンやフレンチを作っていたのですが、

夫がビデオレクチャーで西洋料理を勉強し始め、メキメキ腕を上げて来たので、

半ば引退、デザートだけは時々洋風の物を作ります。




彼が作るものは目新しいものが多いですが、

時々とびっきりお洒落な物を作ってくれるので、

それを見ると、♡幸福度♡がアップ。



① 牛肉を煮込んで作るポットロースト、

f0359879_22525734.jpg



夫が1か月ほど前に買ったタイマー式圧力釜で作りました。(私はまだ使ったことがありません)

「低温調理」という設定で、時間をかけて肉を煮込んであるので、

柔らかくて、味がよく滲み込んでました。




サラダも作ろうか?と聞かれたのですが、

その日風邪気味だったミモザは、「サラダよりも温かいスープが飲みたい」とリクエスト、

それに応えて、ゴールデンビート・スープを作ってくれました。

f0359879_23001081.jpg
(お皿に盛り付けたポットローストとゴールデンビーツのスープ)



ゴールデンビーツは美味しくて色が綺麗なので大好きです。

お洒落💚 そして、体が芯から温まりました✨



② ピーマンの詰め物

アメリカのピーマンは大きいので、ボリュームあります。

f0359879_23061742.jpg


中身は3種類の野菜や鶏ひき肉、チーズと一緒に米も少量入っているので、

これだけで夕食は十分です。



③ 野菜の串焼き、

f0359879_23152789.jpg


しし唐は日本の居酒屋風に大根おろしと出し醤油で頂きました。



そして、この日もう一品の料理はハリバットのカマ焼き、

ハリバットは日本では見かけない魚ですが、鱸(スズキ)の仲間です。


f0359879_23375375.jpg


このまま食卓に、デ~ン!と乗っていました。

大胆だな(*^^*)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-12 04:45 | 夫の料理

キッチン:2つの引き出しとフランス雑貨



f0359879_01243362.jpg


今日のキッチンネタに入る前に、

2週間前、空き箱からガラス瓶収納に替えたキッチン引き出し(使いかけ袋入り食材用)の

その後の使い心地を報告します。

f0359879_02354179.jpg



結果は上々171.png

見た目スッキリ、少し余裕があるのが便利で、

引き出しを開けるたびに、幸せな気持ちになっています♡



さて今日は、残り3段のうち2段の引き出しの公開です。大したものじゃないけど。。



私のキッチンの片づけは、”使う物を使う場所に収納する” が基本なので、

引き出しもほぼそうなっています。

調理台の引き出しには調理に使う物、

レンジ台横の引き出しは、煮炊きの時に必要な物が入っています。




調理に使う物、細かく言うと、

”食材を切る作業”に使う道具は全部ここに入っています。

f0359879_02114228.jpg




奥右側:パイカッター、ケーキサーバー、2種類のピーラー(夫と私其々1個)、チーズカッター
赤い取っ手付きのブラシとピーラーは夫専用。

奥左側:ショウガおろし、缶切り、チーズ下ろし2種類、夫専用のガーリッククラッシャーとパイカッター

手前:各種の栓、野菜の抜型等



私の理想は、包丁1本で何でも料理することですが、

右手の人差し指を痛めてからは、夫のお下がりのピーラーが役立っています。



少ない物で暮らしたい+お洒落な物が好きなミモザにとっては、

不要かな?と思う物や、重複している物、

あとはビジュアル的にXな物もありますが(〃▽〃)…



我が家には料理人が2人いるのだから、そこは折り合いをつけなきゃね…💦

もう一人の料理人(夫)が料理を作ってくれなくなったら、困ります(〃▽〃)



レンジ台横の引き出しは煮炊きの時に使う物、


f0359879_02331230.jpg

手前:鍋つかみ、スプーントレイ(料理中のお玉を置くのに使う)、チャッカマン
奥:温度計、お菓子の焼け具合をチェックするのに使う金串、ハンドミキサーの部品



f0359879_02022266.jpg


私の♥を鷲摑みした、甘渋い色合いの ♡鍋掴みミトン♡ は、

9月に行ったヨーロッパ・ハンガリーのセンテンドレという小さな町で買いました。


f0359879_01243362.jpg


店の名前は忘れましたが、フランス雑貨のお店です。

ここに置いてある品物はすべて、

オーナーの方がパリで買い付けされるのだそうです。



ミトンを見た途端一目惚れ♡ 嵌めてみたら、自分の手にピッタリ、

手を折り曲げやすくて、実用的です✨


f0359879_02540460.jpg



これも同じお店で一目惚れ☆…バラの絵が付いた丸い空き缶、

中にペーパードイリーを敷いて、

開封したチョコレートやショートブレッドを入れるのに使っています。



f0359879_02543862.jpg



今回のヨーロッパ旅行中、自分のために買った物はこの2つの雑貨と

ドイツ・ニュルンベルクのフリアマーケットで見つけたアンティークレースだけ、

レースのお値段は1ユーロ(約130円)でした。


f0359879_02542643.jpg



買い物嫌いの私は旅行中もほとんど買い物しません。

たまに、素敵だな~と思う物にも出会いますが、



買う前に、道中持って歩く不便さや、

自分の生活に本当に必要かどうかを考えてしまって、

…ほとんどの物は結局、要らなく思えるのです。



5年振りのヨーロッパでも、これだけしか買わないのですから、

経済効果は全く期待できないおばさんですね。(;^_^A




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。


外国語を楽しむ




[PR]
by mimozacottage | 2017-11-11 06:45 | キッチン

松茸ご飯と松茸のお吸い物+卵焼きに感嘆する夫



久し振りに日本食品店に行ったら、今年初の松茸が出ていました。


f0359879_23373092.jpg



海外で日本食品を買うと、日本の1.5倍~3倍するのが普通ですが、

松茸だけは日本と比べてお安いです。

(17ドル85セントは現在の為替レートで約2000円)




と言うのは、ワシントン州は森が多くマツタケが豊富に採れるからです。

日本人以外誰も食べ方を知らないので、

森にそのまま放置される松茸も多いとか…勿体ないですね~💦




松茸と言えば、土瓶蒸しと松茸ご飯、

その日は大きいのを1個使って、土瓶蒸し風お吸い物を作りました。


f0359879_03542093.jpg



盛り付けに大雑把な性格が出てますね~ … 恥ずかしや(*ノωノ)

でも折角写真を撮ったから、アップしました。

それに、花型ニンジンはうっかり「梅」にしてしまったのですが、

この季節は「菊」ですよね💦





f0359879_00011048.jpg


次の日は残り1個を使って松茸ご飯、

松茸の量が少なかったので、シメジを足しました。

こんな料理の仕方って、どうなのか?よくわかりませんが…美味しかったです。




日本に住んでいた時、松茸を食べたのは1回だけで、

その時、貧乏舌の私には値打ちがちっともわからなかったので、

松茸を食べることは、自分の人生でもう2度と無いと思いました。




ワシントン州に住むようになって、松茸料理を作ってみると、

純和食大好き夫が大喜びしたので、以来、この季節には松茸料理が食卓に上がります。

それでもやっぱり贅沢品なので、少しだけ…



f0359879_00004946.jpg


これは松茸とは関係ないですが、この日の夕食はネギトロ丼




夫は料理が趣味ですが、作るのは洋食かエスニック料理なので、

私が夕食作りをする時は主に和食を作ります。

彼が言うには、和食は私のテリトリーだから手を出したくないそうです。

(昨年末、足の手術で私が台所に立てない時だけは作ってくれました)




そんな彼になんと、最近変化が…

私が卵焼きを作っていると、「俺も作り方覚えたいから、見ててもいい?」

そばに来てじっと見ているのです。




ホホーウ!そうやって作るのか…箸の動かし方が芸術的だな~! 俺には出来ないだろうな … etc

聞いてるのが恥ずかしくなるほど、褒めちぎります。


f0359879_00381679.jpg
f0359879_01141701.jpg
(この日作ったのはパクチョイ入りだし巻き卵)



照れ隠しに、「あら、こんな物、日本人なら誰でも作れるわよ。」

と言いながら、実は褒め言葉はいくら聞いても嬉しい(〃▽〃)ポッ




でも夫くん、これからはどんどん和食を覚えて、

料理はぜ~んぶ、自分のテリトリーにしていいのよん(^^ゞ




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





外国語を学ぶ苦楽を共有するサークルを始めました。
エキサイトブログを使われていて語学に興味がある方、どしどしご参加下さい。

外国語を楽しむ


[PR]
by mimozacottage | 2017-11-04 03:51 | 料理

夫が作った美しいパエリア



2日続けてオットねたですが、彼が最近作った料理の紹介です。



夫は退職してから料理が趣味になって、大体週2回夕食を作っています。

初めは慣れない手つきでしたが、回を重ねるごとに上手くなり、

最近では手間暇かけて、 私が作らないような”凝った料理” を作ります。


f0359879_02242274.jpg

(パエリア)


ほっぺたが落ちそうなほど美味しかったのですが、見た目も美しくて、

正直、「わお!高級レストランなんて目じゃないよ。」と思いました。

元になるスープは、冷凍しておいた鶏がらをグツグツ煮て作った本格派、



+ハンガリーで買ってきた(旅行の記事→ブダペストの中央市場)パプリカを使いました。

本当に美味しくて綺麗で…夫婦と言えどベタ褒めしてしまいます


f0359879_02323022.jpg

f0359879_02325329.jpg


これは何だったっけ?

薪集めから帰ってきた夫に聞くと、「ポットロースト」だそうです。

新しく買ったタイマー付きの圧力鍋で作りました。


f0359879_04051428.jpg

f0359879_02352915.jpg


(チキンの生ハム巻き)

元のレシピはベーコンで巻いてあるのですが、

ベーコンは脂身が多いので、夫はいつも生ハムを使うようです。


f0359879_02361691.jpg


エンジェルヘアのケッパーソース



夫は夕食後は後片付けをきちんとして、

すぐさま自室に籠るので、

たまに「何をしてるかな?」と覗きに行くと、



大抵は料理講座のビデオを見ながら、次の料理の研究をしてるんですよ(*^^*)

いつもありがとう!そしておいしい料理をご馳走様~😋



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村



[PR]
by mimozacottage | 2017-10-30 03:21 | 夫の料理

野菜たっぷり、パリッパリの手作り餃子




f0359879_23510394.jpg



今日のメニューは夫の大好物の餃子、

手抜き大好きのミモザでも、冷凍品は好きでないので、

毎回野菜たっぷりの餃子を手作りします。+ 餃子は焼き具合が決め手(^_-)-☆



水気が切れてパリッパリ、こんがりキツネ色の餃子に仕上げるために、

毎回気を抜かず、コンロの前に立つのですが、

上手く行ったり、行かなかったり…

餃子道(餃子を究める道)はまだまだ遠い(〃▽〃)



f0359879_23574669.jpg



我が家はなるべく赤肉を避けているので、使うのはチキンです。

材料:キャベツ (小)1/2
マッシュルーム 大2~3個
ニラ1束 (40~50本?)
玉葱(小) 1/2くらい
ニンニク (お好み量)
生姜 (お好み量)
チキン挽肉 1パウンド(約454g)
50個分の餃子皮

調味料:酒大さじ1/2
だし醤油大さじ1/2
だしの素(塩、化学調味料不使用)スティック1本
ごま油大さじ1/2
塩(野菜の水切り用)

水(焼く時)
ごま油(焼き油)

アバウトです。ミモザはお菓子作りをする時以外は普段何も計らないので…
(この材料では中身が少し残りますが、後日マーボ豆腐やマーボ茄子に使えます。)



餃子の作り方は皆さんご存知だと思うし、

それぞれにご自慢の味があると思いますから、作り方は省きます。


f0359879_00095505.jpg


f0359879_00101011.jpg



私がこだわるのは焼き方です。

カリッと焼くためには…”水を入れ過ぎない” ”火を弱めないで焼く”のがコツ177.png



1.フライパンを強火に近い中火で温め、焼き油にゴマ油を少し多めに入れる。

2.餃子を並べ、そのまま火を弱めないで焼く。

3.焦げ目がついたら(好みの焦げ具合より少々少な目に)、水少々を入れて蓋をする。(水を入れ過ぎない)

4.火の強さはそのままにして、4~5分焼きます。
(蓋を開けてもし水気が残っていたら、蓋を開けたまま焼き続け水分を全部飛ばす。)



f0359879_00102908.jpg

うちは炎にムラがあるのと、

コンロかフライパンに傾きがあって、フライパンに油が均一に引けないので、

どんなに頑張っても、いつも2~3個は焦げ過ぎになってしまいますが、

焦げ過ぎたのはいつも二人で争って食べます。




二人共、相手には良い焼き色のを食べさせたいのです。

フフ☆ 私達は案外、仲が良いのですよ(≧▽≦)


f0359879_00103785.jpg

明日の朝は予定がないので、タレにもニンニクをたっぷり(〃▽〃)



ところで全部で50個焼いて、そのうちミモザが食べたのは8個、

なのに…食事の後お皿に残っていたのはたった11個💦



50 ー 8 ー 11=31

31個の餃子 (*_*;…こんなにたくさん、いったいどこへ消えるんでしょうね?

自分の体重のことをもっと考えて欲しいわッ(-_-;)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2017-10-25 03:31 | 料理

夫が作った最近の夏野菜料理



どういう訳か、

うちの胡瓜を荒らしていたドブネズミが最近出没しません。




あんなに腹立たしかったドブネズミでも、

しばらく姿を見せないと、「どうしたのかな?」と気になるから、不思議です。




夫が仕掛けたネズミ捕りには引っ掛かっていないので、

夫と私は、「野生動物の餌食になったのかもしれないね。」と話しています。




この辺はダウンタウンに近いので、シカやクマは出ませんが、

キツネやコヨーテを時々見かけます。

自家栽培胡瓜が再び食べれるようになったのは嬉しいのですが…複雑な気分です(;´・ω・)




さて、2週間前位から昨日までに夫が作った料理を数点紹介します。

夫は大体週2回料理を作っています。撮るのを忘れたり、面倒だったりで、

そんなに写真が残っていないのですが、




愛が一杯162.png 、お洒落でお味も高級レストラン並みの時がありますのよ182.png(*^^*)

f0359879_02183347.jpg

昨日のメニュー:(黄色)ズッキーニ・スパゲティのサラダ、カプレーゼ、アラスカ蟹。



ダイエットが必要な私達は、只今ズッキーニ・スパゲティにハマってます(^_-)-☆



f0359879_02233212.jpg


昨日は庭で採れたトマトたっぷりメニュー、全部で5個使ったそうです。


f0359879_02220480.jpg


ズッキーニのような野菜をスパゲティのような形にスライスするスライサーです。



f0359879_02254933.jpg


8月25日のメニュー: カプレーゼ、グリーンサラダ、チキンのピカタ

チキンのピカタは、ホントにお世辞抜きで、

高級ホテルの一流シェフが舞い降りたようなお味でしたよ✨182.png


f0359879_02275613.jpg


f0359879_02281041.jpg


8月21日のメニュー:ピザ2種類とサラダ、夫が作るピザは豪快です(〃▽〃)

f0359879_02283095.jpg

8月18日のメニュー:カプレーゼ、タンドリーチキン、胡瓜


タンドリーチキンは私も偶に作りますが、夫が作ってくれると、断然美味しい(≧▽≦)




↓ここからは番外編、夫+他の人の料理です。

f0359879_02312088.jpg


近所のパブの持ち寄りディナー、

我が家は夫が作ったシーザーサラダを持って行きました。

f0359879_02453789.jpg

夫の元上司/親友のPさんに、トマトと胡瓜を差し上げたら、

日本の胡瓜が殊の外お気に召したようで、

写真を添付したお礼のメールが届きました。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2017-08-31 05:25 | 夫の料理

夏野菜料理と玉葱の保存法


7月中旬ごろまで涼しい日が多かったコテージの町、

ここ2~3週間ほど暑い日が続いています。



この辺りは暑くても湿気がないので、

日本の夏より、ずっとずっと、ず~~~~~っと(ごめんなさいね、でもリアルな実感💦) 凌ぎやすく、

夏野菜の成長には、持ってこいの暑さです174.png

f0359879_02402971.jpg

(水菜とルッコラのサラダ、スズキのフライ: 料理は夫です)




キッチンガーデンでは、胡瓜とトマトが二人では食べ切れないほど取れるので、

ご近所さんや友人達に配って、食べるのを手伝ってもらいながら、

うちでも夏野菜をせっせと料理しています。


f0359879_02404454.jpg

(シシトウとマッシュルームの串焼き:夫
胡瓜の味噌載せ、ナスと牛肉の焼肉味の炒め物:ミモザ)


f0359879_02492650.jpg

(ある時は、夫が剥いた生牡蠣に庭のトマト)



話は変わりますが…先日の玉葱の記事を読んで下さったブロ友、

「Garden 東の谷」のリラ様からメールを頂き、

私の玉ねぎの保存法が気になると教えて下さいました。




リラさんがメールと一緒に送って下さったHPを簡単にまとめると、



1.収穫は葉が倒れた1週間後を目安に
晴天がしばらく続く日に収穫を行い、収穫後は、2~3日畑に置いて乾燥させる。


2. 畑で乾燥させたタマネギは、葉を15㎝程残して切り取り、
根は付け根から切り落とす。

葉を根元で切らず、15㎝程残しておくと萌芽葉が出にくくなり、
根を切り落としておくと、
根から空気中の水分を吸い取れず、乾燥が早くなるそうです。




玉葱の産地として有名な淡路島にお住まいのリラさん、玉ねぎ栽培はお手の物です。

この春お宅にお邪魔し、宿泊までさせて頂きました。

その時、りらさんの立派な玉葱畑を拝見して、私も玉葱栽培に挑戦してみたくなったのです。

(言うまでもないことですが…リラさんの畑とうちの畑は月とスッポンです。)




散々お世話になった上に、今でも私のことを気にして下さって、

有難いと言うか、申し訳ないような気持ちで一杯です。

リラさん、本当にありがとうございました!

f0359879_03131611.jpg



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2017-08-12 07:05 | 料理

薪割りに意地を燃やす夫&お洒落な料理



夫が今年する予定だった薪割りが全部終わりました。

f0359879_01113851.jpg



キッチンの流し台に立ってこの風景が見えると、豊かな気持ちになります。




薪積みを外から見ると、こんな感じです。

f0359879_01144750.jpg
f0359879_01145878.jpg


今年の薪は節が多くて、割るのが大変だったそうです。

”薪割りは斧で” を鉄則にしている夫は、最後の最後までチェーンソーを使いたくなかったのですが、




最後、節のせいで、どうしても薪ストーブに入れる大きさに割れない薪が数本、

それだけにチェーンソーを使いました。




夫はもういい年をしているので、そんなに意地になって頑張らなくても…と私は思うのだけど、

何なのでしょう?男のロマン or プライド?

彼の体は心配ですが、本人が好きでしょうがないものを止める気にもなれず、静観しています。




幸い、こちらの今年の気温は日中も大体20℃前後なので、それにも助けられたようです。

そして、ご近所さんが分けてくれた切株も全部運び終えて、

裏庭の作業場は切株の山ができています。


f0359879_01333456.jpg

薪に詳しい方は既にお気づきだと思いますが、

実はこの種類の木は、薪に相応しくないのだそうです。

すぐに燃え尽き、その上大量の煤が煙突にこびりつくので、ストーブにも良くないらしいです。




この事実を知った時、「この切株を貰ったのは失敗だったかもしれない…。」

夫はかなりガッカリしましたが、




焚き付けや、ストーブの火が途中で消えかかった時には重宝しそうなので、

ほかの薪と組み合わせて、有難く使わせて頂くことにしました。




退職後の夫が、薪作りと同じくらいに情熱を燃やしているのが料理、

朝涼しいうちに薪割りに精を出し、昼寝をしてから夕方は私と交替でキッチンに立ちます。

最初はおぼつかない手付きでしたが、今や手の込んだものやお洒落な料理も作れるようになりました。


f0359879_01423358.jpg
チキンカチトーリ(イタリア料理)
f0359879_01425837.jpg
タコス(メキシカン)

f0359879_01430849.jpg

これは地元のマーケットの「ロブスター祭り」で、夫が買って来たロブスターです。

一年に一度、東海岸のメイン州からその店にロブスターが直送され、

その場で希望のサイズをボイルしてくれるそうです。




このロブスターの重さは約1.5パウンド、お値段は1パウンドに付き13ドルなので、

大体20ドル(2200円位)…二人で食べきれない程の大きさです。




そして信じられないくらい新鮮177.png

普段店頭に並んでいるのとは「天と地」程の差がありました。




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-22 02:24 | 薪ストーブ

ブドウの葉の天ぷら



f0359879_12134242.jpg



ブドウの実は食べて美味しいだけでなく、ワインの材料になりますが、

ブドウの葉も食用に使われていますね。



今まで自分ではブドウの葉の料理を作ったことはないのですが、

野菜や肉を包み込んだDolma という地中海料理や、

日本の料亭か旅館でブドウの葉の天ぷらを頂いたことがあります。



ブドウ棚を作った時、綺麗な葉がついた枝をたくさん切り落としたので、

半分はウサギのためにしばらくその場に残しましたが、

あと半分はブドウの葉の天ぷらを作ってみたくて、家に持って入り来ました。




ブドウの葉は見た目にも美しいので、まず一枝をグラスに入れて飾り、

残りは天ぷら用にする柔らかい葉だけを枝から切り離しました。



天ぷらは、夫(と自分)のお腹周りが気になるのと後の掃除が大変なので、

実はあまり作りたくないのですが、

その日はどうしてもブドウの葉の天ぷらが作ってみたくなったのです。


f0359879_08144145.jpg


紫蘇や海苔など薄い素材の天ぷらを作る要領で、

ブドウの葉の片面だけに衣をつけてからさっと揚げます。



サクサクして、まだ熟れてないブドウのような酸味があって、独特な美味しさです。

ブドウの葉の外には、白身魚とマッシュルームの天ぷら、ゴボウと玉葱のかき揚げを作り、

f0359879_12254867.jpg

それに、5分でチャカチャカと作れるほうれん草の胡麻和え、

庭で採れた葱や間引き菜を入れた味噌汁を添えて…



f0359879_13264852.jpg


一汁一菜に近い質素な夕食…

レストランや人を家に招待する時の食事もいいけれど、私はこんな食事が一番好き162.png

外見は100%アメリカ人の夫も隣に座って、

「美味しい、美味しい。」と言いながら、本当に美味しそうに食べています。



こんな時、夫と結婚して本当によかったな~と思うのですよ(*^-^*)





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしかったら応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-07-09 12:47 | 料理