タグ:温泉 ( 3 ) タグの人気記事

寒い信州で心暖まるひととき


京都から新幹線に乗って名古屋まで行き、特急「しなの」に乗り換えて信州を目指した。

列車が多治見を過ぎると、雪がチラチラ舞い始め、

木曽福島から塩尻の間で本格的な雪になった。

f0359879_15454435.jpg


終点松本駅でローカル線「大糸線」に乗り換え、

北アルプスの麓の町に着くと、親友Sちゃんが待っていた。

彼女はこの日会社を早退して、私達を駅まで迎えに来てくれたのだった。

f0359879_16431870.jpg

くろよんロイヤルホテルのロビー


ホテルに着くと、夫は大喜びで露天風呂に急ぎ、

Sちゃんと私は部屋に残ってお茶を飲みながら、積もる話を1時間ほど交わした。




その後、介護中のお母さんの夕食作りがあったSちゃんは家に帰り、

夫と私は二人だけでホテル内の「吉兆」で夕食をした。


f0359879_16385520.jpg


俳句が書いてある短冊型の器に盛られたお造りや、

f0359879_16403447.jpg


お雛様型の器(人形に思えたものは、実は蓋付きの器だった!)に盛られた八寸もよかったけど、

私が一番好きだったのは、木の芽が添えてある若竹と蕗の炊き合わせ✨

器も素敵だが、味付けが薄味で上品だった。

f0359879_23013982.jpg


f0359879_16504626.jpg



デザートは柚子のゼリーと果物…目も舌も同時に楽しめる、美しい懐石だった。



次の日の朝は目を覚ますと、見渡す限りの雪景色!


f0359879_16525700.jpg


(部屋のバルコニーの向こうは林が延々と続きます。)



朝ごはんがすむと、Sちゃんと旦那様Aさんがホテルまで迎えに来てくれて、

Sちゃんの運転で観光に出発、大町山岳博物館を案内して頂いた。

f0359879_15032105.jpg


博物館の3階から見る北アルプスと長野県大町市街

f0359879_15024582.jpg


地質学に興味のある夫はアンモナイトの化石など豊富な化石の展示物に大喜び、


f0359879_15025923.jpg


その他、山岳地帯に住む野生動物の剥製等も保存状態がとても良くて…

見応えのある博物館だった。




Sちゃんは私より6歳年下だけど、二人とも20代の頃からの友達、

いろんな事情で一時連絡が途絶えていたが、数年前からSちゃんも私もお互いを探し続け、

ついに2年前、Sちゃんのメールが共通の知人を通して私に届き、交流が再開した。




私はSちゃんが故郷に戻っていたことを知らず、彼女は私が再婚したことを知らなかったので、

昨年私達が日本を旅行した時、夫を紹介がてら、

彼女に会いに信州まで足を延ばし、15、6年ぶりの再会を果たした。



その時Sちゃんと家族の方は、まるで懐かしい家族を迎えるように、

私達を歓待して下さった。




さて、お昼過ぎには昨年同様、

手打ち蕎麦屋さん「つばくろ」で、Sちゃんのお姉さま・Kさん夫妻と合流。

f0359879_15295919.jpg


手打ちそばに舌鼓を打った後、Kさん夫妻とは一旦別れ、

私達4人は白馬村まで足を延ばした。


f0359879_15315739.jpg


1999年長野オリンピックで使われたスキーのジャンプ台を見たり(実際に見ると、凄い迫力!)

北アルプスが一望できる露天風呂「天神の湯」に入り、壮大な景色を楽しんだ。


f0359879_15314012.jpg


(露天風呂で北アルプスの絶景が楽しめる「白馬ハイランドホテル」)



f0359879_23011543.jpg


(この画像は「白馬ハイランドホテル」のHPから借用:

手前部分が露天風呂の湯舟で、ここから見える景色は「あッ!」と息を呑むほど壮大で美しい。)



その日の夕食はKさん(Sちゃんのお姉さま)のお宅に招待して頂いた。



Kさんのお宅には薪ストーブ、薪がうず高く積まれた大きな薪小屋、

7匹の猫、家の吹き抜け部分に張り巡らせた猫のための渡り廊下…写真に撮りたいものが一杯あったが、

再会の喜びや、お喋りに夢中になってしまって…気が付けば、一枚も撮っていない(;´・ω・)



Kさんは東京から信州にUターンされて、畑や田んぼを作っておられるが、

透き通るような美声の持ち主で、実はCDも出されているプロ歌手!私も彼女のファンの一人だ。




東京のライブ会場で華やかなスポットライトを浴びていらしたKさんが、

今は信州で家を建て農業をしながら逞しく生きておられることに、私は驚きと尊敬の気持ちを持っているが、

その家で、行き場のなくなった猫を7匹も引き取って愛情深く育てておられる姿には、ただ脱帽する。




夕食はKさんSちゃん姉妹による季節の野菜を使った美味しい手料理、(写真がないのが残念です(-_-;))

二人の旦那様達が趣味で作られている手作りビールや、

ヒレ酒や生しらす等珍しいものを一杯頂きながら、夜遅くまで楽しいお喋りに花を咲かせた。




…寒い信州で味わった心暖まるひとときは、

私達にとって至福の時でした。





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ






[PR]
by mimozacottage | 2017-04-12 01:38 | 旅行(日本) | Comments(6)

温泉の写真






f0359879_07342018.jpg

温泉に来て2日目の朝食後、朝風呂に入っていると、


f0359879_07343236.jpg

人が少ない時間帯があって、

部分的にですが、温泉の写真を撮ることができました。


f0359879_07340813.jpg

f0359879_07350741.jpg


上の二つの写真は子供用の温泉(大人も入れます)で、

ビーチボールや浮き輪を持ち込んで遊ぶこともできます。


f0359879_07352955.jpg

こちらは子供入場禁止、18歳以上の大人だけが入れる温泉です。




私は基本的に子供好きですが、

大声で騒ぐ子供をどこでもここでも気にしないといけないのは疲れます。





大人と子供の場所をきちんと区切ってあるのは、

静かな時間を持ちたい大人にとって嬉しい配慮です。





当然のことながらここは水着を着て入るし、西洋式の温泉には違いないのですが、

湯船周りにあしらった石や植木など…

どことなく日本の温泉を彷彿とさせませんか?




それもその筈、

以前、ホテルのオーナーが日本人の方であった時期に、

日本の温泉をイメージして、この二つの温泉と渡り廊下が改装されたそうです。




温泉の温度は日本と比べると、ずっとぬるいので、

体を芯から暖めたい時は、屋内に移動してホットバスに入ります。


f0359879_07344598.jpg

小さく見えますが、ちょっとした温泉旅館の中~大浴場くらいの大きさ、

温度は日本の温泉に近いです。

ホットバスの向こうは温水プールなので、思い切り泳げます。


f0359879_07345532.jpg

(屋外の温水プール)


ホテルの温泉区域には5か所のプール(湯船)とスパがあり、

温泉で体を温めながら、

究極のリラックスゼーションを味わうことができます。





それでは皆様、幸せな一日をお迎えくださいね!




応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-12-04 01:19 | 旅行(カナダ) | Comments(8)

カナダの温泉旅行


(今、旅の途中です。この記事は2日前に書きました。)


昨日からカナダ・ロッキー山脈の麓に来ています。

冬間近になって、さらに北の山間へ…聞くだけで寒い感じですが、



実はこの季節、カナダ・バンクーバーから2時間弱東寄りにある温泉リゾートで、

ゆっくりと暖を取るのが、夫と私のここ数年の定番行事です。

まずは国境越え、自宅から3時間弱でカナダとの国境(Sumas)に着きます。

f0359879_09225388.jpg

(このゲートの向こう側はカナダ、こちら側がアメリカ。)



無事国境を越えたら、近くにあるレストランでランチ、

f0359879_09300453.jpg
f0359879_09295650.jpg


ここはただのファミリーレストランのチェーン店なんですが、

この店のチキンポットパイが大好きなので、

このルートでカナダに来るたびに立ち寄ります。



国境から1時間程で、

カナディアンロッキーの麓・Harrison Hot springsに着きました。





私達がここへ来るのは、毎年感謝祭とクリスマスの間、

この時期は客が少ないので予約が取りやすく、値段もお手頃になるのです。




クリスマスの飾りつけで華やかになったロビーが私達を迎えてくれます。

f0359879_10075002.jpg

f0359879_10083699.jpg

f0359879_10114966.jpg


このホテルは普通のホテルとは違うユニークな特徴が2つあります。



一つは服装。館内にあるレストランに入る以外は、

水着の上に、ホテルから提供される白いバスローブ+ビーチサンダルという格好で、

ホテル内をどこでも自由に歩くことができます。




そして、もう一つは英国式のアフタヌーン・ティーがあること。

毎日午後4時になると、メインロビーで無料の紅茶とお茶菓子が振舞われます。


f0359879_10095855.jpg

紅茶もお菓子もどうってことないし、

紙ナプキンとカップは味気ない(多い時は800人分ですから、しょうがないですね)ですが、

「英国式のアフタヌーン・ティー」という贅沢な時間の過ごし方が好きです。




お茶を頂いた後、

温泉でゆっくりしていると、辺りはもう真っ暗、

村内を散歩して、夕食をするレストランを決めます。

f0359879_10112790.jpg
f0359879_10105013.jpg




ここは温泉街(村)というより、山間の小さな集落、

どこに何があるかもわかっているので、どこへ行っても、

「ただいま~」と呼びかけてしまいます(#^^#)




お目当てだった日本食レストランが閉まっていたので、

丸太を組んで建てられた昔ながらのパブ、”Old Settler's Pub”で、

ビールを飲みながらカジュアルな夕食をしました。

f0359879_10110032.jpg


ホテルに戻ると、

自分達の部屋へ行く前に、ホテル内のバーに立ち寄り、白ワイン。

f0359879_04215820.jpg

(ロビーから見えるバー:昼間はカフェ、夜はバーになります。
アフタヌーン・ティの時間は店で注文をしなくても、中に入ってお茶を頂くことができます。)



従業員の方が皆フレンドリーでゆっくりできるので、ここも大好きなスポットのひとつ、

お酒を飲むことよりも、お喋りしながらまったりと過ごすために来ます。

f0359879_10121102.jpg


それでは皆様、幸せな一日をお迎えくださいね!



応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




[PR]
by mimozacottage | 2016-12-03 03:33 | 旅行(カナダ) | Comments(2)