タグ:diy ( 12 ) タグの人気記事

肘掛椅子のリフォーム~続き

f0359879_06203813.jpg



昨日は肘掛椅子の座面を新しい布で覆うところで終わりましたが、

座面ができたら、それはそのまま横に置いといて、

先に背もたれの部分から仕上げます。

f0359879_00052419.jpg

(トリムは統一感が出るように、刺繍の色と同じプラチナ色です。)



背もたれに布をかぶせてタッカーで止めます。

タッカーで止めたところから5㎜~1㎝くらいの幅の布を残して、余った布は切り落とし、

タッカーの針を隠すようにトリムを乗せ、手芸用ボンドで止めていきます。





背もたれ部分ができたら、肘掛部分に移ります。

背もたれと同じように、肘掛に新しいカバーをタッカーで止め、トリムを付けて仕上げます。

f0359879_00054119.jpg



この時、無地の場合は何も気にしなくていいですが、

布に柄が入っている場合、

肘掛の左右の模様が対称的になるように気を付けると、仕上がりが綺麗です。



背もたれと肘掛け部分が完成したところです。

f0359879_00055599.jpg



次に新しいカバーを付けた座面を取り付けます。

f0359879_00062662.jpg



最後に座面にもトリムを付けて、完成です。

f0359879_00063946.jpg



リフォーム前の肘掛椅子を横に並べてみました。


f0359879_00065533.jpg



実は左側の1脚だけを来客ラッシュの前に仕上げた後、

残りの1脚(右側)はまだそのままなんです。



今は庭仕事が山のようにあるので、秋になって庭が少し暇になってから、

右側のリフォームに取り掛かろうかな?と思っています。



取り合えず今は一緒に横に並べて、177.png一目でわかるビフォー・アフター177.png

…来客時の話のネタにしていますよ(^_-)-☆



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-06-18 07:03 | DIY

肘掛け椅子のリフォーム、完成!



f0359879_00063946.jpg



家族用リビングの肘掛椅子(リフォーム)が遂に完成しました!

と言っても、今のところ1脚だけです。^^;





最初(2月頃)に取り掛かかった時の椅子の状態はこれ。



f0359879_00035143.jpg
あまりに汚いので、小さな写真しかお見せできません。




You Tubeを参考にして椅子の座面を取り外し、

座面や背面の表布を剥がしたところまではよかったのですが、



仕上げを焦るあまり、夜になって車庫の中で見つけたペンキを塗って、

朝になってよく見たら、とんでもない色だったのです(-_-;)。




f0359879_00041199.jpg
(オフホワイトだと思って塗ったペンキが実はペールグリーンでした。)



この時、直後に日本&台湾旅行が控えていたので、

取り合えずサンドペーパーでペンキの色を落として旅行に出発しました。





これは旅行前に買っておいたリフォーム用の布と布テープです。


f0359879_00040299.jpg


家族用リビングは19世紀イギリス風をイメージして部屋作りをしたので、茶色が多く暗い感じ。

近い将来、この部屋をフレンチカントリーに替えたいと思っているので、

布はブルー系の色を選びました173.png



コットン100%、ブルーグレーの地に

プラチナ色の糸で小花模様の刺繍が施されています。




私はインテリアの布は無地が好きで、柄物はあまり選ばないのですが、

手芸屋さんで優雅なこの布を見た瞬間、一目ぼれ162.png

すごく気に入ったけれど、お値段は1ヤード(約92㎝)40ドル、




リフォームには2ヤード半必要なので、ちょっとお高いかな?どうしよう?と迷っていたら、

なんと棚の上の方に「この棚40%引き」という表示!

大喜びで買ってきました。(*^^)v




…と、日本旅行に行く前の話はここまでにして、

アメリカ帰国後の作業で最初に取り組んだことは、ペンキの塗り直し177.png


f0359879_00044704.jpg


ホームセンターでちゃんとしたペンキを買って来て、

フレンチカントリーらしいオフホワイトに塗り直しました。




次に取り外した座面に新しい布カバーをかけ、タッカーで止めていきました。


f0359879_00041937.jpg
↑2月撮影

↓5月、新しい布をタッカーで止めている途中です。

f0359879_00043032.jpg


長くなったので、続きは次回(^_-)-☆




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-06-17 01:46 | DIY

肘掛け椅子のリフォーム、迷走中!



肘掛け椅子をリフォームし始めてから時間が経ちましたが、

実は迷走しています。

f0359879_06004262.jpg


(これはシミが少ない方の椅子です)



シミが酷いので、座面取り換え+フランス田舎風の椅子にしようと

手がけた肘掛け椅子のリフォーム、

早く仕上げようと焦るあまり、夜になって、

家のガレージで、ちょっと緑がかった白っぽいペンキを見つけて、



「少しグリーンっぽいけど…こんな雰囲気のオフホワイトもいいな💛」

と思って、ペンキを塗ったのですが…

朝になってみたら、思った以上に緑が濃いというか黄色っぽいのです💦


f0359879_05540829.jpg


この色自体は結構好きなのですが、

「フランスの田舎風」オフホワイトの椅子がほしいので、

ちょっとずれています。



今のイギリス19世紀風(?)の茶色っぽい家族用リビングを

ちょっと今っぽい、フランス田舎風の白い部屋に替えたいので…



「いろんな色があると、纏まりがつかなくなるかもしれない。」

と思い…やっぱり色を落とすことにしました。



ほんとに「急がば回れ」「慌てる〇〇は貰いが少ない」とはよく言ったものです。

せっかち+愚かな自分にウンザリ(;´Д`)



荒い目のサンドペーパーを使って、できるだけ色を落として、

仕上げに細かい目のサンドペーパーで、3~4日かかって木が滑々になるまで磨きました。


f0359879_05541824.jpg


(白っぽいところは光が当たっています)


次の日にホームセンターへ行き、

ちゃんとしたオフホワイトのペンキを買って来て、



椅子を玄関へ持って行き、

「さて、ここに紙を敷いてから、ペンキを塗り始めよう!」と思ったところ、



今度は夫がやってきて、「明後日は雪が降るらしいから、旅行の出発を明日にするよ。」

「ええっー!?」

ペンキを塗ってるどころじゃなくなりました。



次の旅行は3種間余り、日本と台湾へ行くので、準備もいろいろしなきゃいけないし…

リフォームの続きは旅行から帰ってからにします。



ホントにホントに迷走中(;´・ω・)…ゴールまで、ちゃんと辿り着けるかな?


(…ここまでは昨日のことで、実は今からシアトルへ出発するので、
今日は皆様のところへお邪魔できません。ごめんなさい。)


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-03-06 08:15 | DIY | Comments(2)

☆肘掛け椅子のリフォーム☆:途中経過



おはようございます。

朝から見苦しいものをお見せして、申し訳ありません。

家族用リビングに置いているフレンチチェア(肘掛け椅子)です。



そんなに古い物ではない(10年前購入)のですが、こんなことになっています(-_-;)

そしてこれよりはマシですが…似たようなのがもう1脚あります。


f0359879_00035143.jpg


自分で布を張り替えてみたいけど…難しそうだし、プロに頼めばお高くつきそうな気がして

この椅子をずっと見ないように過ごして来たのです。(;'∀')



夏にダイニングチェアの座面張替えをした時、

まず最初に、ハードルが低そうなダイニングチェアをやってみて、

それがうまく出来たら、肘掛け椅子にも挑戦しよう、



出来なかったら、

自分でするのは諦めてプロに頼もう…そんな気持ちでした。



ダイニングチェアが上手くいったので、次は肘掛椅子に進むはずですが…

今度はレベルがぐんと高そう…またもや怖気づいて、時間が過ぎました。



替えないといけない所は座面だけでなく、背面、背面の裏、肘掛2つ…5か所もあります。

それをどうやって剥がすのかも、全く見当もつかず…(´;ω;`)



You TubeでDIYのビデオを探して探して、

やっと剥がし方から張り替えまで全部が載っているビデオを見つけたので、

まず、布を剥がしにかかりました。

f0359879_01431713.jpg



タッカーの固さに根を上げそうになりながら…やっとここまで辿り着きました。



座面の方は布を剥がしている途中で、座面を取り外せる構造だと発見!

全体を取り外してから、布を剥がしました。

こちらは簡単でした。


f0359879_02170652.jpg

(中は綺麗です。)


背面のクッションは、タッカーがビッシリ打ってあり、

そのタッカーが固くて固くて…

夫にやってもらっても、全く外せず(-_-;)、



クッションが外せないので、背面の裏側を張り替えるのは諦めることにしました。

f0359879_03092093.jpg


「背面の裏側」と言うのは、矢印の部分です。(下手な図で失礼💦)

幸い、ここは全く汚れ無し…

このままの状態にして、背面(表側)の布だけ張り替えることにしました。

f0359879_01442534.jpg


次に木枠…フレンチっぽく白にしたいので、

サンドペーパーで擦って、木枠のステインを落としました。

f0359879_01445925.jpg


2日間かかってやっとこれだけ💦

実際見るとステインの色はかなり落ちているのですが、写真ではわかりにくいので、

2つを比べてみると、こんな感じです。

f0359879_02101623.jpg

ビフォー↑↓アフター
f0359879_02100665.jpg



さて、これからこの椅子はどうなるのでしょう?

進行中なので、まだ私にもわかりません。


(白とブルーの °˖✧フレンチカントリー✧˖° っぽい椅子を頭に描いています。#^^#)




それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて励みになっています。

ありがとうございます。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ





[PR]
by mimozacottage | 2017-02-19 03:42 | DIY | Comments(4)

道具小屋の入口をレンガ敷きに~その4(完結編:ビフォー&アフター)




f0359879_07595681.jpg
(朝の木漏れ日を浴びる 昨日の道具小屋)


おはようございます。


道具小屋の入口をレンガ敷きにするプロジェクト、完了しました!

この小屋がよく見えるキッチンから一日中眺めて、満足感に浸っています。


f0359879_11233333.jpg

さて、元を辿れば、

道具小屋のDIYを始めたのは今から2年前…


f0359879_09233444.jpg
この写真は2014年8月初旬の道具小屋です。Before ↑  


なんか(。´・ω・)。。…もの凄い破壊力だと思いませんか?



この時のDIYは、記事1記事2に詳しく書いていますが、

ペンキを塗り替えただけで、こうなりました。↓After

f0359879_00103693.jpg

2016年7月17日撮影の道具小屋です。


オフホワイトの壁、絵に描いた窓やペンキの色で焼杉風の板に見せかけたドア…

私は長い間この小屋が大好きでした。



が、今年5月にこのブログを開設し、

よそ様のお庭の素敵な道具小屋を見せて頂くようになってから、

うちの小屋を見る目が少しずつ変わってきたのです。



絵で描いた窓や焼杉風の板は、変と言われれば変かもしれませんが、

アイディアとしては面白くて、私は今でも大好きです。



問題はこの入口でした。Before↓
f0359879_07395749.jpg

お恥ずかしや…012.gif 



踏み台のヒドさに気付かず、

この小屋を見て、ずっと幸せだった私って…(〃艸〃)ムフッ



まるでごみ屋敷にあるような踏み台だと気づいた後は、

情けなくて( ノД`)…

ここをレンガに替えようと奮闘したのが今回のDIYです。



ごみ屋敷踏み台を取り除き、

生まれて初めてモルタルに挑戦してレンガを敷いたら、

こうなりました。↓After

f0359879_13524353.jpg

レンガ敷き完成後は、

小屋とその周りの掃除、モルタルの補足、雨樋のペンキ塗りをし、



そして… ♡✧ワクワクのディスプレイ✧♡



ディスプレイと言っても、雑貨類は新たに買わず、

なるべくうちにある物を使って、スイスやフランスの片田舎で見かけるような、

♡素朴で実用的+お洒落な道具小屋♡ を目指しました。


f0359879_07503728.jpg

ウサギに食べられてしまうので、地植えにできない植物を

植えるために買っておいたワイン樽のプランター、

デルフィニウムと菊を植えました。


f0359879_07553974.jpg

古い整地用ローラーとピンクの花の組み合わせは、

8月初旬に旅したワシントン州・ウェナチーで、車の中から一瞬見かけた、

可愛い農機具のお店がヒントです。



f0359879_07514212.jpg


エコを目指す私の一番のお気に入りは、この桶です。

夫が雨樋を加工して、中に雨水が溜められるようにしてくれたので、

花の水遣りに使うつもりです。



水は古今東西を問わず貴重な物なので、

雨水を溜める容器は昔から各地で工夫されているようですね。



日本では天水桶(てんすいおけ)と呼ばれ、古い神社などに残っているようですし、

英語ではRain Barrelと呼ばれて、今でもガーデニング等によく使われています。


f0359879_08273092.jpg

私の桶(アンティーク)はRain Barrelとして買ったのではなく、

偶然、老舗の園芸店で見つけて一目ぼれ016.gif



憧れだったトレリスを買った時(記事→トレリス)、清水の舞台から勢いよく飛び降りたので、

飛び降りたついでに、この桶もしっかり握ってレジへ向かったのです。(*`艸´)

(更にレジでは…「誰も買い手がないので半額」というおまけ付き!!)



その時は何の目的もなく買ったのですが、道具小屋での雨水利用を考えた時、

ふとこの桶を思いついて…背筋がゾクッとしました。

f0359879_07525543.jpg


白い木箱は、冬の間屋内に入れる植物を整理するために買ったのですが、

ここへ置く園芸用道具入れにピッタリ!


f0359879_02532086.jpg


このリースは、キッチンガーデンの隅にある月桂樹を剪定して作りました。



そして入口付近に作った小さなガーデンスペース、

左のスペースには、ピンク系ラベンダーとヒナギクを植えました。


f0359879_07533164.jpg

本当は入口の左右にラベンダーを1本ずつ地植えしたかったのですが、


右のスペースを掘ってみると、

太い木の根っこが地面のすぐ下にびっしり…

この場所への植栽は断念して、石を敷いてプランターを置くことにしました。


f0359879_06303856.jpg
f0359879_07564894.jpg

小さな荷車は7年前、旅行先のアンティークショップで買いました。

ちゃんと動くのですよ!(誰が押すのかしら?)


外に出すのは勿体ない気がして、屋根付きベランダで使っていたのですが、

サイズといい形といい、ここにピッタリ☆彡




私が今まで隠し持っていた物は、

何もかもこの日を待っていたかのように、パッと日の目を浴び…☆彡



小屋のディスプレイのために特別に買ったものは(花以外)何もないんです。

(将来は棚とか、大きいブリキの如雨露とかほしくなるかも…)



f0359879_06221251.jpg


その他、破壊力+ごみ屋敷踏み台の小屋を

°˖✧フランスの田舎風(?)道具小屋✧˖° に
変身させるために必要だった物は、

    
最初のプロジェクト(2年前):家にあったペンキ6色
             アイアンのプランター
        アイディア

今回のプロジェクト:普通レンガ150個
         石レンガ12個
           砕石(1袋27㎏)6袋
          砂(1袋22㎏)1袋
                     インスタントモルタル(1袋34㎏)約1.5袋
      水適宜
       愛と情熱




最後に、プロジェクトを楽しみにして下さった方々、

私にインスピレーションを与えて下さったガーデナーやブロガーの皆さま、

そして、いつも私を100%支えてくれた夫、


f0359879_02495500.jpg


みんなみんな、ありがとう~!

皆さまのおかげで、今まで以上にこの庭が大好きになりました💛
   (また新たなプロジェクトを考え出してウズウズしてますけどね。。)




では皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ





[PR]
by mimozacottage | 2016-09-08 03:04 | DIY | Comments(8)

道具小屋の入口をレンガ敷きに~その3(99%完成!)

f0359879_00185545.jpg



前回の記事で、一気にここまでと書きましたが、

実は、好んでここまでやったわけじゃないんです。

モルタルを作り過ぎたために、

途中でやめたくてもやめられなかったんです007.gif



私は庭のためなら、地の果て、海の果て、宇宙の果てまで…(←大袈裟やね026.gif

作業が続いても、ちっとも苦にならないのですが、

腰痛持ちの夫は途中で時々、「痛、あいた、た、た…。」と言うので(日本語でね)、




「腰が痛いのか?膝が痛いのか?それとも、背中か頭が痛いのか?」

私はいろんなことを心配して…焦りました。008.gif




だから、作業後の夕ご飯は、「お疲れ様~016.gif」のつもりで、

彼の好物のいなり寿司をド~ンと作りましたよ。

f0359879_12245259.jpg



夕食後、夫は一人で裏庭に出て行って、

道具小屋を感慨深く眺めていました。

f0359879_12084232.jpg


「頑張ったな~…俺。」




次の日の朝も、起きるとすぐに裏庭に出て行こうとするので、

「道具小屋のレンガが気に入ったら、小屋の前でダンスしてね!」と頼んだら、


f0359879_12314528.jpg



ちゃ~んとダンスしてくれました。💛




彼は我が家のお宝ローラーに負けないくらいアンティークだけど、

ローラーに負けないくらい、可愛いでしょう?

ダンスのヘタさも、夫らしくて カワ(・∀・)イイ!!


(我が家のお宝・整地用ローラー)↓

f0359879_03414847.jpg


さて、ハッピー°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°~ な夫の横で、鬼現場監督ミモザが、

厳しい目を光らせて工事現場を点検してますよ。

どれどれ(._.)、ふーむ、


f0359879_12472789.jpg


鬼監督の鋭い目が捉えたものは…


これ!034.gifこの隙間! これ、ダメじゃん!013.gif

f0359879_12474862.jpg


「監督!隙間の前にレンガをずらっと並べて置いたら、隙間は見えなくなるっすよ。」004.gif

”Wow! That's a wonderful idea, Darwin. Let's do it!”
(Darwinは、科学好きな夫の愛称です。別名:与作)

「よっしゃ~、がってんだい!」047.gif

f0359879_12533491.jpg


翌日の夕方4時頃から作業再開です。


隙間の前に並べたレンガは普通より薄くて、大きさも一回り小振り、

値段は少々高めですが、ヨーロッパの古い街並みの石畳と同じ種類の石です。

古い街並みの石畳…なんて、私好みなのでしょう!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



隙間を石のレンガで埋めた後は、余った+買い足した(普通の)レンガを使って、

既にレンガを敷いた踏み台の手前に、もう一つ低い踏み台をつけます。

(これも夫のアイディアです。)

f0359879_13462450.jpg


f0359879_13501306.jpg

そしてついに、ついに…こうなりました↓。。。感涙

f0359879_13524353.jpg



私の一番のお気に入りは、隙間を埋めるために並べた石レンガです。

アンティーク煉瓦よりも素朴で、

あたかも初めから道具小屋に埋め込んであったかのように、馴染んでいます。





あと少しモルタルがあれば、100%完成したのですが、

土台部分を少し残した所で、モルタルが足りなくなりました。




その時には根気も集中力も使い果たし、お腹も空いていたので

作業はここで打ち切り…

99%完成というところでしょうか?




まあ、一応完成ということで、

作業後は二人で「打ち上げディナー」に行きました。068.gif






次回(3日後くらい?)「道具小屋の入口をレンガ敷きに~その4:完結版」は、

完成した道具小屋のディスプレイと ダイナミックなビフォー&アフターを公開するつもりなので、

是非見て下さいね!





応援して下さる方がいて、励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ






[PR]
by mimozacottage | 2016-09-04 04:26 | DIY | Comments(10)

道具小屋の入り口をレンガ敷きに~その1




f0359879_00103693.jpg



裏庭にある我が家の道具小屋です。

土色の壁のペンキをオフホワイトに塗り替えてから、
(その時の記事はこちら→衝撃の変身






かつての見すぼらしい掘っ立て小屋が、

Before ↓  ↑ After
f0359879_09233444.jpg


ちょっと可愛い今の道具小屋に大変身したのは、2年前のことです。



その時から最近までずっと、私はこの小屋を

ハッピー°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖° な気持ちで眺めていました。




ところが、ガーデニングブログに登録し、

皆さまのお庭に伺う機会が増えてから、気持ちに変化が出始めたのです。



手入れの行き届いたお庭の片隅に、まるでカフェと間違えそうなほどお洒落な

 ✨美しい道具小屋✨ が建てられています。

しかも多くの方がご自分で建てられてたりするので、さらに驚きました。005.gif




それからと言うもの、我が家の道具小屋も、

もっと✨キレイ✨を追求したほうが

いいんじゃないかと思うようになったのです。



✨キレイ✨
を追求するということは、

すなわち、*汚い*を少なくしたり、無くしていくことですよね。



そういう視点で、ちょっと我が家の道具小屋を見てみましょう。

私にとっては、手塩にかけて変身させた”可愛い可愛い”道具小屋なんですが…


f0359879_09190541.jpg



長年見続けて来たので目が慣れたというか、

見て見ぬふりをしてきた汚い物がここにあります。



そこで、甘い甘い母親の目で010.gif この小屋を見るのはもうやめて、

カワ(・∀・)イイ!! ←ダメ、 こうならなくっちゃ→ カワ(・∀・)イイ!!


厳しい意地悪おばさんの目をして、小屋をジロジロ見てみると、

それが何なのか…はっきりわかりました!082.gif

f0359879_07395749.jpg

ここです。入口です。025.gif



この汚らしい木の踏み台はここに引っ越した時からあったので、

少なくとも9年半以上、

この家は築36年だから…ひょっとして、…もしかしたら、…その時以来?002.gif




ちょっとびっくりと言うか、怖くなりました008.gif 

「…だから、この踏み台はいくら掃除しても綺麗にならなかったんだ~!」←(気づくの遅過ぎ)


このままじゃ、まるでゴミ屋敷じゃないですか!

…目が慣れるというのは、実に怖いものです。




さて、過ぎたことは忘れて、未来を見ましょう。017.gif

この踏み台をどけて、代わりに清潔なレンガを敷けば、

どんなに素敵な小屋になるでしょう?




一瞬暗い気持ちになった私も、レンガ敷きの新しい入り口を思い浮かべると、

未来が  °˖✧◝()◜✧˖°  と虹色に輝きましたよ。

そして落ち着いて…まず本でレンガの敷き方を勉強することから始めました。



レンガの勉強が終わったので、



さて、いよいよ新しいプロジェクトの始まり、始まり…👏

最初は夢のない写真から始まりますが…002.gif



f0359879_09543888.jpg


踏み台の左右にあった小さい石ころをどけ、汚らしい踏み台をどけ、

それでもまだ、埋まっていたブロックやら、錆びたパイプやら

どけないといけない物があったので、

f0359879_09545639.jpg

(踏み台を左右から支えていたパイプ:汚い写真ばかりでごめんなさい🙇)



愛用のツルハシを使って、

どんどんどけて行きました。



汚いものを全部どけた後、水平器を使いながら砕石を敷いて行きます。

f0359879_07431661.jpg


砕石の敷くのはレンガを落ち着かせるためだそうです。

この工程を省略すると、

いくら丁寧にレンガを敷いても綺麗に見えるのは最初だけで、




年数が経つと、

レンガが沈んで表面がデコボコになり、

水が溜まったり苔が生えたりするのだそうです。


f0359879_07281515.jpg


ここは道具小屋の入口なので、綺麗に見えることも大事なんですが、

夫が重い芝刈り機などを出し入れする場所なので、デコボコのレンガで躓いて転んだりしては大変です。

なるべくしっかりした物にしたいと思いました。




そこで、我が家の ✨家宝✨ ミニローラーの登場です!

f0359879_07311186.jpg

ミニローラーを砕石の上にコロコロ転がすと、砕石が地面にしっかり食い込み、

より平坦になったのがおわかり頂けますでしょうか?

我が家のお宝のローラーは可愛いだけじゃなくて、立派なお仕事もできるのですよ。




次に、夫が作ってくれた杭付きの木枠を取り付けました。

f0359879_07343175.jpg


こう見ると…

なんだか本物の建設現場のように見えませんか?

「木枠でワクワク」なんてね…037.gif 026.gif




さて今日はここまで…工事が進んだら、この続きをアップしますね。

それまで皆さま、ハッピーでいて下さいね。




応援して下さる方がいると、また明日も頑張れます。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




[PR]
by mimozacottage | 2016-08-28 00:45 | DIY | Comments(8)

やった~!☆宝物発見☆



ここだけの話ですが…わたくし実は先日、

 宝物✨  を発見しました!




もし買うとしたら、随分お高い買い物になると思うけど、

いくらお金があっても、こんな物を敢えて買おうとは思いませんし、

お店で売っているかどうかもわかりません。



だけどこれがあれば、

現在だけでなくこれから先もず~っと、凄く役立ちそうな一品、

…どんなお金持ちでもこれを自宅に持っている人は、ほとんどいないのではないか?と思うほど、


✧˖°類い稀な貴重品°˖✧ 
かもしれません。




それがなんとなんと!うちの裏庭に埋まっていたのです。

9年半も慣れ親しんで来た庭が、「宝島」ならぬ「宝庭」だったとは!

嘘のような夢のような本当の話です。




では私が発見した °˖✧宝物✧˖° を大公開しますね。

ジャーン!


f0359879_01572190.jpg



ここは我が家の裏庭、道具小屋の裏です。

本当は綺麗にするまで、人には見せたくなかったのですが、

コテージのビッグニュースだから、恥を忍んで公開することにしました。





9年半前、

夫と私がこのコテージを買った時、庭は荒れ放題…いろいろな物が埋まっていて、

それを片付けて捨てるのに何週間もかかりました。

f0359879_02095915.jpg


これも引っ越し以来、半分顔を出したまま

ずっとここに埋まっていたのですが、見るからに重そうで、

どうやって捨てたらいいのかわからないので、そのまま放置していました。

  


正確な名前は知りませんが、整地に使う大きいローラーのミニ版です。

でも何だか、 カワ(・∀・)イイ!! と思いませんか?


f0359879_02093144.jpg


錆びて古くて、とても汚い顔をしているけれど…

土木工事にも挑戦するハードボイルド系DIYガールの私にとっては、

物凄くハンディな「優れもの」なのです。

f0359879_02103690.jpg



新しいプロジェクトはこの辺りでやっているので、

たまたまここに足を踏み入れて、

これが地面から半分顔を出しているのに気付いて、改めて見直してみると…



その便利さや、

これがここにあったことの偶然さに気付き…ゾクッときました。



まさに、✨宝物✨!




とは言え、半分土に埋まっているこんな重い物を掘り出すのは、

いくら力自慢の私でも一苦労、008.gif




最初は押しても引いても動かず、一瞬、夫の助けを借りようとしましたが、

(頼めば何でもしてくれる)夫の腰痛を悪化させてはいけないと、

一人で頑張りました。




やっとの思いで掘り起こして、ミニローラーの全体像を見た時は、

土で汚れた汚いお顔でさえも、 

カワ(・∀・)イイ!! と思えましたよ。☆彡




さてさて、この宝物が大活躍してくれる

新しいプロジェクトの様子は次の記事に書くので、

よかったら読んで下さいね。




それでは皆さま、

幸せな一日をお過ごしください! 

(私は腰痛などは全く無いので、ご心配なく…)チャオ! 016.gif




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ







[PR]
by mimozacottage | 2016-08-27 00:33 | DIY | Comments(6)

前庭コンテナ花壇のペイント(ビフォー&アフター)



おはようございます。

コテージでは夫が裏庭で大きなプロジェクトに取り組んでいる一方、

私は前庭や裏庭で小さいプロジェクトにちょこちょこ取り組んでいます。




昨日は、前庭ガレージ前にあるコンテナ花壇をペイントしたかったのですが、

外は94℉(34.4℃)で今年1番の暑さ、

東向きのガレージ前は、

朝から お日様058.gifが容赦なく照りつけていました。



ここは午前中~午後3時頃まで紫外線でいっぱいになるので、

夕方になってから仕事をするのがベストです。




窓から外を見ながら、

「乙女(昔だけど)は庭も大事だけど、お肌も大事なのよ~、

『赤毛のアン』と同じ悩みがこれ以上大きくなったら、大変007.gif」と言う私に、


「じゃあ、夕食は俺が作るから、君はその間にペンキ塗りしたら?」夫は言います。

「よっ!男前ッ~!」こういう時の与作(夫)は、まるでギルバート004.gifに見えます。




夕方、まるでギルバート004.gifが夕食を作っている間に、

昔乙女アン016.gifはポニーテールを振りながら、幸せな気持ちでペンキを塗りました。




さて、コンテナ花壇のビフォーはこれです。


f0359879_20005592.jpg

ガレージのシャッターは引っ越し後取り替えたのですが、

シャッターの左右にある2つのちょっと大きめ木製コンテナは、

9年半前、引っ越して来た時のままです。

f0359879_20013784.jpg

ガレージに向かって右にあるコンテナです。



ラスティック(素朴で風情があるというような意味)な魅力で、

嫌いじゃなかったのですが、

なんとなく汚く見えるかな?って、ずっと気になっていました。




日が陰り始めた3時過ぎにコンテナの表面をじゃばじゃば水で洗って、

4時過ぎ、前庭は完全に日陰になって、

コンテナがまあまあ乾いた頃に、ペンキを塗り始めました。



アフター(慌てて写真を撮ったのでまだ乾いていません)

f0359879_20015639.jpg

向かって左側のコンテナは、

f0359879_20491970.jpg

↑ビフォー ↓アフター
f0359879_20493043.jpg

色は、家の板壁のアクセントカラー(こげ茶)に合わせたつもりだけど、

…ん? 近くで見ると色のトーンが微妙に違うかな?

ま、いいかッ…遠くからだとあんまり目立たないかも^^



ペイント後は汚らしさがなくなって、

コテージと調和しているように思うけど、どうかな~?


f0359879_19584584.jpg

ちょうど塗り終わった頃に、

「お、いいね~!ご飯できたよ~。」まるでギルバート004.gifが呼びに来ました。

f0359879_21152722.jpg

今夜のメニューは、カプレーゼと青じそペーストチキンの生ハム巻き、

コテージのキッチンガーデンで採れた野菜たっぷりのサラダもついていました。

ありがとう~!まるでギルバート💛 美味しゅうございましたよ♪




読んで頂きありがとうございます。幸せな一日をお迎え下さい!

Have a Nice Day!




応援して下さる方がいて励みになっています。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ








[PR]
by mimozacottage | 2016-08-21 05:20 | DIY | Comments(14)

夫に内緒で滝を手作り!(後半)


夫に内緒で滝を手作り(前半)からの続きです。


f0359879_06085746.jpg


夢追い人、夢子(ミモザの別名)が夫の留守中に密かに作り始めた滝、

やっとここまで漕ぎ着けました。

まあ、それにしても、たった一人でこんな大きな石を次々に運んだこと!



写真を見ながら、夢子さん自身も驚きます。

「夢池や 石のおほきに おどろかれぬる」by 夢子





実はここだけの話なんですが…夢子は高校時代、

背筋力がもの凄く強くて035.gif、121㎏もあったのです。(全国平均≪女性≫:75㎏)

時代が時代だったら、女子重量挙げかレスリングの選手になれたかもしれません。066.gif



「男もすなるレスリングといふものを 女もしてみむとてするなり」by 紀夢之 

と思って、実際にやってみたら、

今頃、吉田沙○里さんのような有名人になっていたかもしれません。



夢子さんは有名人でもお金持ちでもなく、ただの力持ちなので、

バーベルの代わりに、

アメリカの西海岸で黙々と石を持ち上げました。008.gif




さて、自分の運命をこれ以上嘆くのは止めて、前に進みますよ。


f0359879_23211281.jpg

f0359879_12381725.jpg



周りにずらっと石を並べて、池が完成した後は、

いよいよ滝の源流になるべくタンクの設置です。




家屋に付属する滝や池や小川、米語では”Water feature”と呼ばれます。

最近のアメリカでは人気があって、自分の庭に作りたい人が多いので、


タンクとホースがセットになっていて、

簡単に自宅で滝が作れる「滝キット」なるものが売り出されています。

(日本にもあるのかな?)



夢子はネットで滝の作り方をリサーチして、

このキットと防水シートとポンプを手に入れました。


f0359879_23285847.jpg
(黒いホースが見えていますが、
きちんとやれば、地中に収まるような構造です。
後で夫が治してくれて、今はこのホースも地中に入っています。)



源流になる場所には、

穴を掘った時に出てきた土を盛り上げて小高い山を作り、

その中に、水平器を使ってタンクを埋め込みました。


f0359879_23290920.jpg


さて、ポンプを池の中に入れて電源を繋ぎ、スイッチを押してみます。


果たして水は無事、流れるでしょうか?


f0359879_23292654.jpg

f0359879_23294836.jpg

f0359879_23300138.jpg


水はさらさらと、優しいせせらぎの音をたてながら

小さな川を通り、小さな小さな滝になって、

池に落ちていきました。


「夢滝や 流れて嬉し 水の音」 by 松尾夢蕉

f0359879_23301326.jpg



夢子さんが夫の助けを借りず、

100%自力で滝を作りたかった最大の理由、

それは夫が非協力的だったり、無理解だったからではありません。




実はこの滝は、滝が大好きな夫への

「父の日のプレゼント」だったからなのです。



前庭の工事で出てきた大きな石の山を見て、

夢子さん得意のアイディアが、パッ072.gifと閃きました。


「そうだ!ヨヒョウ(夢子の夫)に、今年の父の日はプレゼントを上げてなかったから、

裏庭に滝を作って、プレゼントしよう!016.gif



いつも一生懸命働いて、夢子や夢子の子供達をサポートとしてくれる頼もしい夫へ、

夢子さんからの愛と夢とに溢れるプレゼントでした。




(注:アメリカでは子供を持つカップルの間で、相手に対するねぎらいの気持ちから、
「母の日」や「父の日」をお互いに祝うことが多いです。プレゼントやカードを渡します。)





では、長い記事を読んで頂き、ありがとうございました。

良い一日をお過ごしくださいね。



応援して下さる方がいて、とても励みになっています。
ありがとうございます。






[PR]
by mimozacottage | 2016-07-30 01:25 | DIY | Comments(10)