手作りパンの夢と義母のパン



子供達が小さかった頃、よくパンを焼いた。

1日おきにせっせとパンだねを捏ね、

2つのパウンドケーキ型に詰めて、小さいオーブンで焼いたものだ。

f0359879_02243675.jpg



ここ10年近く、年に1回クリスマスシュトーレンを焼く以外、

パン作りからすっかり遠ざかっていたが、

数日前どういう訳か、自分が幼い子供達と一緒にパンを焼いている夢を見た。



目が覚めると、

パンを捏ねる時の触感とか、焼ける時の香ばしい匂いまで残っている気がして、

どうしてもパンを作ってみたくなった。



小麦粉などの分量はすっかり忘れたので、

クックパッドに保存しておいたクリスマスシュトーレンを参考にした。

(材料)

強力粉180g
全粒粉120g
豆乳75㏄
水75㏄
バター15g
ドライイースト3g
塩3g
砂糖少々(イースト発酵用)
オリーブオイル少々(仕上げ用)


☆☆☆☆☆☆☆☆



8年前亡くなった夫の母は、(夫が言うには)料理は下手だったけど、

いつも美味しいパンを焼いた。



夫が小学生の時、家でパンを焼いた日は、

香ばしい匂いが道路まで漂ってきたので、スクールバスから降りるとすぐに、

「あッ!今日は家でパンを焼いてるな。」と分かったそうだ。



その瞬間、夫は全速力で走り始める。

カリッと焼けたパンの端っこを食べたいからだ。

最初の端っこは1切れしかないから、早い者勝ちだ。



だけど、それを見た長姉のメグ姉さんは弟に負けじと走り出す。

夫は8人兄弟の3番目に生まれ、上二人がお姉さんだった。

すばしっこいメグ姉さんは余裕で弟を追い抜いて、いつも一番乗りで家に着いた。



息を切らした夫が家に入ると、メグ姉さんは既にキッチンテーブルに座っていて、

お母さんからもらったパンの端っこを一人占めで食べた。

「メグはずるいんだよ。」夫は今でも時々言う。


☆☆☆☆☆☆☆☆


f0359879_02231170.jpg



昨日、本当に久し振りにパンを作って、

パンが焼き上がった時は夜遅くなっていたが、

夫は焼き立てパンを少しだけ食べてみたいと言う。



カリッと焼けた端っこを切って上げると、幸せそうに食べた。


f0359879_02240752.jpg

(今日の朝ごはん)



それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




エキサイトブログにてサークルを始めました。
語学に興味がある方、英語でおしゃべりしたい方、どしどしご参加下さい。
アメリカ人ネイティブスピーカーも参加中。


外国語を楽しむ



[PR]
by mimozacottage | 2018-04-06 03:21 | 手作りパン | Comments(10)
Commented by downhill50 at 2018-04-06 08:08
ミモザさん
おはようございます。いつも素敵な記事ありがとうございます。前記事のホラーの家の子供たちの話、読みながら涙が止まりませんでした。私も頑張らねば…と思えます。
また遊びに来ますね♪
Commented by sorairo-1224 at 2018-04-06 10:23
こんにちは。
こっちまでパンの焼けるにおいがしてきそうです。
旦那さんのカリッとしたパンの端っこのお話も
映像が浮かんで微笑ましいです(^^♪

カリッとしたパンの焼きたての端っこ美味しいですよね。

私も、もうずっとお菓子やパン焼いてないなぁ・・・
お菓子やパンの焼ける香りってなんであんなに幸せになるんでしょうね。

写真のパンとっても美味しそう♡
Commented by mimozacottage at 2018-04-06 22:14
> downhill50さん
こんばんは。
お忙しい毎日なのに、コメントありがとうございました♪
勉強中は優先順序、大事ですよね!

ホラーの家の子供達のことは、事件が発覚した後も
大丈夫だろうか?と気になって、ずっとアメリカの新聞記事を読んでいました。
最近若者達の現在の姿を知り、深い感動と希望を感じたので
ブログの記事にしたくなりました。

どこからそんなポジティブな力がやって来るのか不思議なほどですが、
若者達が今幸せで、将来に希望を持っているのがとても嬉しいです。
私もDownhillさんの記事の更新、楽しみにしていますね(^-^)
Commented by mimozacottage at 2018-04-06 22:26
> sorairo-1224さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
先ほど、お邪魔させて頂いたら今度はピアスの写真に目が釘付けでした。
デザイン通りというか、それを上回る物が手作りできるなんて、すごいです✨

夫のパンの端っこの話はもう何度も聞きましたが
いくら聞いても飽きません。
この記事を書きながら、これからパンを一杯手作りして
焼き立てパンの端っこを食べさせてあげたいと思いました。(*^^*)
Commented by shownan-rose at 2018-04-06 23:07
ミモザさん、こんばんは。
シフォンケーキのようなふわっとした仕上がり、
美味しそうですね。
私も、最近、昔よく焼いたパンのことを思い出します。
焼いている時に広がるバターの香りって
幸せを感じますね。
ご主人様の思い出も、微笑ましい限りです。
私も、ホームベーカリーを出して焼いてみたくなりました。
ところで、英語サークルの掲示板、メンテナンス中で淋しいですね。
Commented by mimozacottage at 2018-04-07 01:24
> shownan-roseさん
Roseさん、おはようございます。
本当に久しぶりだったので
上手くできるか心配でしたが、まずまずの出来上がりでした。
フワッとして味は美味しかったです。

家にパンやお菓子の焼ける香りがするのはほんとに幸せ✨
ローズさんもパンを焼いてらしたんですね(^-^)

夫の思い出話はもう何十回も聞いているのですが、
今でも聞くたびに笑ってしまいます。

ほんとほんと、英語サークル、淋しいですね!
ちょうど夫も私もコメントを書き終わって、投稿しようとしたところで
メンテナンス中と分かり、夫はガッカリしています。
早く回復してくれるといいのですが…
Commented by Mr_Futchan at 2018-04-07 09:51
おはようございます。

旦那さんが羨ましい。
亡き妻は時々ピサ生地から作って楽しませてくれた。
Commented by mimozacottage at 2018-04-07 21:49
> Mr_Futchanさん
こんばんは。

民族衣装を着た女性達や素朴な笑顔の子供達の写真を見せて頂き、
思わずイイネを押しました。
訪問して下さってありがとうございます。(*^^*)

そうでしたか…
素晴らしい奥様でいらっしゃったのでしょうね!

ピザは私も昔、生地から作っていましたが、
今は料理を勉強中の夫が生のパンだねを買って来て作っています。

ところで…
私に対しては時々「羨ましい」というコメントを頂くのですが、
夫が羨ましいと書いて下さったのはFutchanさんが初めてです(笑)
二人で暮らせる日々を大切にしないといけませんね。
Commented by olive07k at 2018-04-09 07:46
ご主人さまのお話
絵本になりそうな♪ 思い出の話題(^^)
Commented by mimozacottage at 2018-04-10 04:57
> olive07kさん
夫の思い出話はいろいろありますが、
私はこの話が一番好きなんです。♡

まるで映画を観るように
アメリカの長閑な田舎の暮らしが思い浮かんできます。
<< 女性が一人で寛げるパブ 濡れ落ち葉になりそうもない夫 >>