イタリア系移民家族のワイナリー



3日間、夏日のような暑さと明るさが続いたと思ったら、

昨日はどんよりとした曇り空、今朝は雨が降って、

この辺らしい暗く鬱陶しい天気に戻りました。




先週、同じような天気の日に、

ワインの町、Woodinvilleで開かれたワイン新作発表会へ行ってきました。




朝からシトシト雨が降って、

駐車場から傘を差しながらワイナリーの玄関まで歩いて行くと、

立派なリムジンが横付けになってました。

f0359879_08234094.jpg


このワイナリー、外観は倉庫のようで殺風景な感じがするのですが、

一旦中へ入ると、家族経営らしい温かさと

イタリア系独特の親しみやすさがあって、とてもいい雰囲気です。


f0359879_09050024.jpg


今日は新作発表会ということで人が一杯、

ゆっくり写真が撮れず、あまり良いのがありませんが、

天井近くのパネルは、家族経営らしいワイナリーの歴史を物語っている写真です。




オーナーのダニエルさんはイタリア系移民だった両親の下、シカゴで生まれました。

高校生の時から付き合っていたギリシア人の奥様ヘレンさんと結婚し、二人で他のビジネスをしていた時から、

ダニエルさんのお祖父様のブドウ圧搾機を使って、毎年ガレージで趣味のワインを作っていたそうです。




3人の娘さんが学校に通っている頃、ワシントン州に移って来られて、

2001年、長女のお婿さんと一緒に、

ワイナリーEFESTE(ウエブサイト→EFESTE)を始めました。



f0359879_23170523.jpg
f0359879_23171934.jpg


このワイナリーは年2回、ワインクラブのメンバーが参加できる新作発表会があり、

新作のロゼ1種、白ワイン2種、赤ワイン3種が試飲でき、

ワイナリー内のピザオーブンで焼かれるピザが振舞われます。




ワインの町Woodinvilleにあるワイナリーの数は、なんと250軒程!




毎年50軒ほどは経営難で閉鎖され、また新たに50軒ほどのワイナリーがオープンされるので、

生き残るのが大変そうですが、

このワイナリーは年々人気が上がり、来るたびにスタッフの数が増えているように思います。



f0359879_23183183.jpg
f0359879_23200362.jpg



客に振舞われるピザは、上の写真↑中ほどにあるピザオーブンで焼かれています。

私はまだイタリアに行ったことがないので、よくわからないのですが、

ここのピザは生地が薄くて、何だか本場っぽい味がします。←(知らないくせに💦)


f0359879_23165328.jpg




ダニエルさんとヘレンさんがまだシカゴにいた頃、

二人は毎週日曜日に料理を一杯作って近所の人を招待し、

(ナイフとフォークが足りなかったので)近所の人達は自分用のナイフとフォーク持参で集まってきたそうです。



大らかで料理好きなイタリア人らしいエピソードですが、

ナイフとフォークが足りないほどの人数にご馳走を振舞うって、すごいですね。

そんな太っ腹な性格が、ここのワイナリーの人気の秘密かもしれません。


f0359879_23203403.jpg



夫と私は、鬱陶しい天気を跳ね飛ばすような楽しい時間を過ごしました174.png





それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





[PR]
by mimozacottage | 2018-04-29 05:55 | ワイン、ワイナリー
<< 夕方の裏庭に怪しい侵入者★ 外国語サークル終了のお知らせ >>