グルジアの王子夫妻の庭でアフタヌーンティ:ビクトリア


旅にハプニングは付き物だ。

想定外の事故や事件が起きたり、反対に想定外な嬉しい出会いもある。

ブッチャート・ガーデンに来るのが目的だった今回の旅、

なんと、ビクトリアを立つ前日に、ブッチャート・ガーデンよりも心惹かれる庭に出会ってしまった!



ビクトリアは風光明媚で見どころ満載の街、

ここへ来るのが今回で4回目になった私達も、まだ行ってない場所が一杯ある。

観光案内所でお勧めの場所を尋ねると、アブハジー・ガーデン(Abkhazi Garden)を勧められた。


f0359879_00462497.jpg


(アブハジー・ガーデンへ行く途中、海岸線沿いの散歩道)


f0359879_00455857.jpg

(散歩道から太平洋が見えた)


ビクトリア中心街から車で8分ほどで、「アブハジー・ガーデン」と思われる場所に着いた。

住宅地の中にひっそりと佇むその庭は、入口がうっそうと茂る金鎖の木で覆われ、

駐車場もないので、ここが「園芸家の間で国際的に有名な庭」だと聞いても、俄かには信じ難い。


f0359879_00562877.jpg


半ばキツネに抓まれたような気分で門を開けた私達を出迎えてくれたのは、

樹齢70年という巨大なシャクナゲだった。

f0359879_00554433.jpg



夫の提案で先にティーハウスに行き、庭はその後じっくり見ようということになった。

f0359879_01185846.jpg

(ティーハウス)



f0359879_01252240.jpg


ティーハウスの席はティーカップの収納棚のすぐ傍だったので、

コレクションをじっくり見せて頂いた。

f0359879_01260703.jpg


夫は「アブハジーブレンド」と名付けられた特別ブレンドティー、

私はアールグレイを注文した。


f0359879_01264380.jpg


甘い物はすべて甘さ控えめで、日本人の口によく合う。

甘いものが苦手な夫も美味しいと言った。

プリザーブは、庭で採れたブルーベリーから作られたそうで、

家庭で手作りされたような優しい味だった。



アフタヌーンティーの後、シャクナゲやつつじが満開の庭に出た。

庭は1エーカー(1224坪)なので、ブッチャート・ガーデン(55エーカー)とは比べ物にならないほど小さい。

f0359879_01504279.jpg


f0359879_01360537.jpg


f0359879_01402737.jpg



だが、この庭には、壮大でロマンチックな恋物語が隠されている。

f0359879_01425774.jpg



グルジア、アブハジー王朝の末代、ニコラス・アブハジー王子は、

ソ連のグルジア侵攻時に父親を殺害され国を追われて、母親と一緒にフランスのパリへ逃れた。

1922年、上海生まれのイギリス人ペギー(Peggy Pemberton-Carter)は、

養母の旅行の付き添いでこの地を訪れ、偶然、亡命中のニコラスと出会う。

f0359879_01501134.jpg



出会ってすぐに惹かれ合った二人は、散歩やギャラリー見学などを一緒に楽しむようになり、

ペギーが上海に戻った後も、二人の共通言語であるフランス語で文通を続けた。


f0359879_01495753.jpg



だが、第2次世界大戦の勃発で、二人は会うことはおろか、手紙の交換もできない状況に陥った。



フランス軍兵士になったニコラスはドイツ軍につかまって、ドイツで捕虜生活を強いられ、

一方、ペギーは旧日本軍支配下の上海で、収容所に送られてしまったのだ。

f0359879_01502252.jpg



1946年戦争が終わり、収容所から解放されたペギーはアメリカ・サンフランシスコに渡った。

その後、カナダのビクトリアに1エーカーの土地を買い求め、小さなバンガローを建てて引っ越した。

ある日のこと、その家に、13年もの間音信不通だったニコラスから手紙が届いた。



手紙には、その年の秋にニコラスがニューヨークに行く予定があり、

その時に会えないものだろうか?と書いてあった。

ニコラスは、ずっとペギーを探し続けていたのだ。



秋、ニューヨークに飛んだ彼女を待っていたのは、ニコラスからのプロポーズの言葉だった。

3歳で孤児になり、運命に翻弄され続けたペギーは1946年11月、

グルジア・アブハジー王朝の末代王子、ニコラス・アブハジーの妻になった。

f0359879_01433932.jpg



アブハジー王朝最後の王子と言えど、

革命や戦争ですべてを失ったニコラスには、王宮と呼べるような家はない。

ニコラスがビクトリアのペギーの家へ引っ越すという形で、二人の新婚生活は始まった。



小さなバンガローに住みながら、二人で暮らせるちゃんとした家を建て、

それから40年間、ニコラスが84歳で亡くなるまで、二人は庭仕事をしながら仲睦まじく暮らした。

その家が現在はティーハウスと呼ばれ、アフタヌーンティーや軽食が出される場所だ。

f0359879_01592841.jpg

(写真右上に見えている家がティーハウス)



f0359879_01485308.jpg


二人の庭は、岩だらけの傾斜地で力強く根を張り、花を咲かせた。

戦争や運命に翻弄され、13年間引き離された後も愛を貫いた王子夫妻のように…

ペギーの回顧録によると、子供のいない二人は庭を自分達の子供だと思って大切に育てたそうだ。



f0359879_01471680.jpg



ブッチャート・ガーデンは大好きだが、高い入場料を取って観光客を集める「観光用の庭」という印象は否めない。

一方、この庭は、人に見せるためでなく、子供を慈しむように大事に大事に育てられた庭、

華やかさは劣るかもしれないけれど、人を包み込むような温かさがあった。


f0359879_01475031.jpg

f0359879_05001199.jpg
(アブハジー王子夫妻)


アブハジー・ガーデンのウェブサイトはこちら→ Abkhazi Garden



バンクーバー島旅行記はこれで終わりです。ここまで読んで頂き、ありがとうございました。


それでは皆様、幸せな一日をお過ごし下さいね!


読みに来て下さる方にいつも励まされています。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




[PR]
by mimozacottage | 2018-05-18 03:13 | 旅行(カナダ) | Comments(16)
Commented by milletti_naoko at 2018-05-18 06:55
庭そのものの美しさばかりではなく、歴史に翻弄されながらもお互いを想い続け、ついには運命を共にすることができた二人が大切に育てた、すばらしい庭ですね。庭と花、庭に至るまでの海岸の風景も美しいのですが、王子夫妻の出会いと一生、庭への温かい思い、そうしてその愛やもてなしの心が、今も受け継がれ、次々に訪ねる人の心に、ロウソクに火が灯され、火が受け継がれて広がっていくように、多くの人に、後世の人にも受け継がれていくであろうのが、すばらしいと思いました。すてきなお話をありがとうございます。ティーハウスのカップも、どれも美しいものばかり。皆が心と時間と手間を惜しまずに、大切にしてきた場所なのだなと感じました。
Commented by mimozacottage at 2018-05-18 13:00
> milletti_naokoさん
コメントありがとうございます。

書きたいことが沢山あって、全部書けば収まりきらないので、省いたのですが、
植物は珍しい品種がいっぱいあって、大切にされ、
王子夫妻がこの庭にどんなに情熱を注いだか想像できました。

Naokoさんがおっしゃる通りなんです。
2000年に土地開発の波を受けて、取り壊しの危機に見舞われたのですが、
夫妻の伝説と庭を守りたいと思う人が多く、
自然保護協会が敷地を買い上げて、存続できることになりました。
庭の手入れはボランティアでしている人が多いようで、
それだけでも地域でどんなにこの庭が愛されているのかわかります。
Commented by ukico32744 at 2018-05-18 18:11
アブハジー王子夫妻に導かれたように出会ったガーデンは、ミモザさんが今回の旅行で訪ねることが必然だったのかもしれないですね。
旅の偶然のめぐり逢いは、風景であっっても人であっても、ドラマチックです‼
ここのガーデンは、一部日本庭園の趣もありますね。
遠い外国のガーデンなのに、なにか馴染みが深いような、不思議な感覚がありました。

Commented by kayocha1218 at 2018-05-18 23:46
こんばんは!
王子夫妻の物語を聞きながら、一緒にこの素晴らしいお庭を散策しているような気持ちになりましたよ♪

アブバジーガーデン、初めて知りました。
おそらくですけれどわたしは一生行くことができないだろうお庭を見せていただけて、嬉しかったです。
王子夫婦に負けないように、わたしも小さいけれどわたしの庭を大切に育てたいと思いました。
Commented by mimozacottage at 2018-05-18 23:59
> ukico32744さん
コメントありがとうございます。
アブハジー夫妻に導かれたという発想、素敵ですね!
自分では思いつきませんでしたが、本当にそうかもしれません。

ブッチャート・ガーデンが好きでここまでやって来て、それ以上の庭に出会うとは
想像もしてなかったので、本当にドラマチックでした。

日本庭園風と言えば、庭全体がそういう風に見えます。
日本原産の木や植物が沢山植えられているし、
庭に生える”苔”を敵視し、できるだけ排除しようとする西洋の庭と違って、
庭の一部になっています。その点も日本の庭と共通しています。
この庭にいて心が落ち着くのは、
自然をあるがままに受け入れているからかな?なんて思いました。
Commented by mimozacottage at 2018-05-19 00:21
> kayocha1218さん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
この話と庭を楽しんで頂いたようで嬉しいです✨

アブハジー・ガーデンは、
ビクトリアとあまり遠からぬ場所に住んでいる私達にとっても初めて知った名前です。
素晴らしい庭やグルジアの王子様の恋物語に驚きました。

私も同感です。今まで我が家の庭が傾斜地になっているのが不満でしたが、
この庭から大きなヒントをもらい、もっと大切に育てようという気持ちになりました。
Commented by miky2316 at 2018-05-20 09:36
素晴らしいお話とお庭をありがとうございました。
樹木もお花も、アブハジー王子夫妻の愛も、すべて美しいです。
Commented by olive07k at 2018-05-20 10:36
カナダへの旅を ゆっくりと 拝見させて頂きました!
なんと 素敵な空間。
そして なんと素敵な王子夫妻様のお話。

画像が綺麗で 見入ってしまいました!
Commented by mimozacottage at 2018-05-20 23:07
> miky2316さん
mikyちゃん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

アブハジー・ガーデンを楽しんで頂けたようで嬉しいです。
夫妻のことは、庭を訪ねるまで何も知らなかったのですが、
入口で説明を聞いて興味をそそられたので、二人のことを少し調べてみると、
夢のように美しいラブストリーだったのです。
特に、王子が亡くなるまで仲睦まじく暮らしたという完ぺきなエンディングが好きです♡
Commented by mimozacottage at 2018-05-20 23:19
> olive07kさん
Oliveさん、こんばんは!
カナダの旅を読んで頂いてありがとうございます。
カナダは近いのでもう何度も来ていますが、何度来ても飽きない、ほんとに素敵な場所です。

アブハジー王子夫妻のことは何も知らずにこの庭に来たのですが、
なんて素敵な人達なんだろうと思いました。

写真はスマホですが、最近の物は質が良いですね。
昔はあまり考えず写真を撮っていたのですが、最近は、
「景色をどういう風に切り取れば綺麗に見えるかな?」なんて少し考えるようになりました。
画像をお褒め頂き、とても嬉しいです。
Commented by miky2316 at 2018-05-21 10:47
↑記事の、ミモザさんのお庭、素晴らしいです!
ウットリとほんとに癒されました。
お庭、広いんですねー。お手入れのたまものですね。o(^▽^)o
ブッチャートガーデンより、ずっと好きです!!
Commented by mimozacottage at 2018-05-21 23:11
> miky2316さん

Mikyちゃん、ありがとう~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
自分の癒しのために始めた庭なので、
その庭が誰か他の人の癒しになると言われるのが一番嬉しいです。
ちょっと気力が弱っていたので、Mikyちゃんのコメントを読んで、
また頑張ろう!って気になりました。⤴

庭は日本の家と比べれば広いですが、この辺では普通くらいかな?と思います。
広過ぎず狭過ぎず、ガーデニングを楽しむのにちょうど良い大きさで気に入っています。
Commented by shownan-rose at 2018-05-22 10:14
なんと素敵な庭園なのでしょう~!
商業的に作られたただ広いだけのガーデンではなく
愛とぬくもりが感じられますね。
そして、お2人の宿命的な人生にも感動しました。
ネットなど無い時代に、忘れられない人を探し求める情熱!!
ドラマティックですね~~。
今、再訪したい場所のナンバー1になりました!
諸々、落ち着いたら行ってみたいです。
ミモザさんのお庭と共通点があるようにお見受けしましたよ~。
Commented by mimozacottage at 2018-05-23 03:57
> shownan-roseさん

ローズさん、あのね、
この庭園に巡り会うきっかけを作った下さったのは、ローズさんなのですよ。

と言うのは、ローズさんのブログでアフタヌーンティーの記事を拝読して、
過去にアフタヌーンティをしたことのあるブッチャートガーデンに行きたくなったのです。
旅行好きな夫は2か月間ほどどこか旅行に行きたいと言い続けていたので、
即ビクトリアに行くことになりました。
実は…案内所でアブハジーガーデンを勧められた時も、
「アフタヌーンティーがありますよ。」という言葉に動かされたのです(^^;)

素敵なロマンスは数々あると思いますが、このラブストーリーは心を打ちます。
庭を歩くと、本当に二人の思いが伝わるんですよ。
私が目指しているのは、こういう庭なのだと強く思いました。
嬉しいコメント、ありがとうございました!
Commented by shownan-rose at 2018-05-23 08:00
ミモザさん、そうだったんですか??!!
何だか、とっても嬉しいです。
ブログって、本当に楽しいですね。
色々なヒントや刺激などをいただけて!
あまりにも素敵なラブストーリーに、
そちらに気持ちが集中してしまいましたが、
アフタヌーンティーも、とっても魅力的でした。
20年近く前に、バンクーバーとビクトリアに行ったことがあって、
最近ふと思い出していたところに、こちらの記事!
本当にびっくりしました。
フラワーバスケットが街の至るところに配置されて
とっても綺麗で印象的でした。
Commented by mimozacottage at 2018-05-24 02:42
> shownan-roseさん

Roseさん、こんばんは!
>20年近く前に、バンクーバーとビクトリアに行ったことがあって、
最近ふと思い出していたところに、こちらの記事!
本当にびっくりしました。

そうだったんですか…つながっていますね(*^^*)
ちょうどいい時にビクトリアの記事が書けたのだと、私もとても嬉しいです。

バンクーバーとビクトリア、綺麗ですよね!
ビクトリアにはアフタヌーンティができる所が何箇所かありますが、
アブハジー・ガーデンが一番評判が良いようです。

王子の妻プリンセス・ペギーは上海生まれの英国人なので、
二つの国のお茶の文化を学んだそうです。
紅茶にお詳しいローズさんなら、
アブハジーガーデンの楽しみ方がもっと深いものになるでしょうね✨

バンクーバーから我が家までは車で3時間です。
カナダへ来られる時は、是非是非、足を延ばして下さいね!
<< うちの庭も悪くない アンティークショップと漁師の桟... >>